「山田洋次 スリップウェア展 再現と新生」 オープン

d0087761_1754937.jpg

山田洋次 スリップウェア展 再現と新生」(~10/29迄)は本日より始まりました。朝から雨が続く中、たくさんの皆様にお越し頂き、厚く御礼申し上げます。お陰様で新作の焼締めスリップウェア、温故の鉛釉のスリップウェア共々、お客様に高いご評価を頂き、1年をかけた山田さんの努力が報われました。ありがとうございます。ありがとうございます。明日も山田さんが在廊いたします。

今回のお花は、井出綾(Bouquet de soleil)さんにシックに和洋の花を入れて頂きました。どうぞ器と合わせてお花もお楽しみ下さい。

d0087761_175568.jpg


d0087761_176269.jpg


d0087761_1761142.jpg


d0087761_1761875.jpg


d0087761_176247.jpg


d0087761_1763243.jpg



山田洋次 スリップウェア展 ~再現と新生~
2017年10月21日(土)~29日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 10月21日(土)22日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_10402983.jpgd0087761_10404135.jpg
 画像クリックで拡大

山田洋次プロフィール
1980年 滋賀県東近江市生まれ
2002年 信楽窯業試験場小物ロクロ科修了
2007年 渡英 Lisa Hammond (Maze Hill Pottery) に師事
2012年 滋賀県信楽町にて築窯
2017年 現在、同地にて製作


# by sora_hikari | 2017-10-21 18:26 | 山田洋次2017

「山田洋次 スリップウェア展 再現と新生」 明日10/21より

d0087761_17385159.jpg

明日10月21日(土)から始まる「山田洋次 スリップウェア展 再現と新生」の準備が整いました。古典に近づくスリップウェアと、新たに生まれるスリップウェアの世界。新旧の価値が交錯する興味深い内容となっております。初日、二日目は山田さんが在廊されます。気温の低い日が続きますので、どうぞ暖かくしてお出掛けください。


山田洋次 スリップウェア展 ~再現と新生~
2017年10月21日(土)~29日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 10月21日(土)22日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_10402983.jpgd0087761_10404135.jpg
 画像クリックで拡大

山田洋次プロフィール
1980年 滋賀県東近江市生まれ
2002年 信楽窯業試験場小物ロクロ科修了
2007年 渡英 Lisa Hammond (Maze Hill Pottery) に師事
2012年 滋賀県信楽町にて築窯
2017年 現在、同地にて製作


# by sora_hikari | 2017-10-20 17:39 | 山田洋次2017

「山田洋次 スリップウェア展 再現と新生」 出品物2

10月21日(土)から始まる「山田洋次 スリップウェア展 再現と新生」の出品物のご紹介。今展で「新生」する山田さんオリジナルの焼締めのスリップウェア。釉薬を取り除いた太古の文様。河井も濱田もリーチも独自表現へ昇華したけれど、この発想は無かった(のでは)。ご注目下さい。

d0087761_1252457.jpg


d0087761_1253143.jpg


d0087761_1253845.jpg


d0087761_1254623.jpg


d0087761_1255358.jpg



山田洋次 スリップウェア展 ~再現と新生~
2017年10月21日(土)~29日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 10月21日(土)22日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_10402983.jpgd0087761_10404135.jpg
 画像クリックで拡大

山田洋次プロフィール
1980年 滋賀県東近江市生まれ
2002年 信楽窯業試験場小物ロクロ科修了
2007年 渡英 Lisa Hammond (Maze Hill Pottery) に師事
2012年 滋賀県信楽町にて築窯
2017年 現在、同地にて製作


# by sora_hikari | 2017-10-19 17:29

「山田洋次 スリップウェア展 再現と新生」 出品物1

10月21日(土)から始まる「山田洋次 スリップウェア展 再現と新生」の出品物のご紹介。まずは「再現」を試みた鉛釉のスリップウェア。会場では、本歌に迫る質感にご注目頂きたいと思います。

d0087761_1191467.jpg
 鉛釉スリップウェア 径410 高さ75mm

d0087761_1192136.jpg
 鉛釉スリップウェア 幅410 奥行275 高さ60mm

d0087761_1192770.jpg
 鉛釉スリップウェア 径410 高さ75mm

d0087761_1193347.jpg
 鉛釉スリップウェア 幅410 奥行275 高さ60mm

d0087761_1194843.jpg


d0087761_1195420.jpg


d0087761_120237.jpg


d0087761_1201517.jpg



山田洋次 スリップウェア展 ~再現と新生~
2017年10月21日(土)~29日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 10月21日(土)22日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_10402983.jpgd0087761_10404135.jpg
 画像クリックで拡大

山田洋次プロフィール
1980年 滋賀県東近江市生まれ
2002年 信楽窯業試験場小物ロクロ科修了
2007年 渡英 Lisa Hammond (Maze Hill Pottery) に師事
2012年 滋賀県信楽町にて築窯
2017年 現在、同地にて製作


# by sora_hikari | 2017-10-18 17:31 | 山田洋次2017

「山田洋次 スリップウェア展 再現と新生」 開催のお知らせ

d0087761_10402983.jpg
 画像クリックで拡大

10月21日(土)から29日(日)に開催する「山田洋次 スリップウェア展 再現と新生」のお知らせです。

古典の「再現」は学びではあるがノスタルジーでもある。そこから発する「新生」は革新ではあるがチャレンジでもある。滋賀県信楽町でスリップウェアを製作する山田洋次さん。今展では、古典に迫る鉛釉による再現と、敢えて釉薬を取り払った焼締めによる新生のスリップウェアの対比をテーマに開催致します。

スリップウェアとは、泥状の粘土(SLIP)を模様にした陶器(WARE)の事。古くは紀元前まで遡ることのできる技法ですが、日本で一般的に知られているのは、18世紀から19世紀まで英国で作られた実用の器です。化粧泥の抽象模様が特徴的で、柔らかな土の景色は、当時の素朴な生活を感じさせます。本国ではあまり注目されなかったこの器の美しさを見出したのは、柳宗悦や民藝運動の陶芸家でした。英国産なれど、その美の発見は日本産なのです。

山田洋次さんは信楽の窯業試験所で学んだ後、イギリスに渡り現地の陶芸家アシスタントを経験。帰国後、スリップウェアに特化した制作を続けています。独立当初より暮らしに馴染むスリップ模様を中心にしてきましたが、今展では英国の古典的な作風に基づいた鉛釉による再現と、無釉の土にスリップ模様を施した焼締めの新作を発表します。

山田さんの思いは古典の再現に留まらず、その意味に近づくことでした。英国の古作のスリップは当時、その場でしか生まれ得なかったモノ。それを現代の日本で再現だけに終始するのは、懐古主義に過ぎないのではないか。あらためて自分が作る意味を問うたときに、表層を排した日本の焼締めとスリップ模様の交叉に辿りつきました。

今展は新旧の対比が主題となりますが、従来の日常使いのスリップも加えてご覧頂ける内容となります。もちろん評価はまだ未定ですが、皆様の目でご判断頂きたく、ご実見をお待ちしております。店主

山田洋次プロフィール
1980年 滋賀県東近江市生まれ
2002年 信楽窯業試験場小物ロクロ科修了
2007年 渡英 Lisa Hammond (Maze Hill Pottery) に師事
2012年 滋賀県信楽町にて築窯
2017年 現在、同地にて製作


山田洋次 スリップウェア展 ~再現と新生~
2017年10月21日(土)~29日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 10月21日(土)22日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_10404135.jpg
 画像クリックで拡大


# by sora_hikari | 2017-10-17 10:59 | 山田洋次2017