<   2017年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

「大原光一展 纏う茶器」 纏う釉

大原光一展 ~纏う茶器~」(11/26迄)の3日目。

大原光一さんの茶器。厚みのある釉薬を窯圧で焼き抜いた個性的な急須。纏った釉薬の表情が見所です。

d0087761_17524863.jpg


d0087761_17464427.jpg


d0087761_17465110.jpg


d0087761_17465819.jpg


d0087761_1747590.jpg


d0087761_17471273.jpg


d0087761_17472398.jpg


d0087761_17474081.jpg









大原光一展 ~纏う茶器~  
2017年11月18日(土)~26日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_17201966.jpgd0087761_17203483.jpg
 画像クリックで拡大

大原光一プロフィール
1974年  東京で生まれる。
1994年  大学で物理を学ぶも途中退学し、焼き物を始める。
1995年  日本の陶芸産地を訪ね歩く。
1996年  南山陶苑にて勤務。常滑に移住する。
1999年  同社を退社。独立。韓国の産地を訪ね歩く。
1999年~ 国内で個展、グループ展。韓国、米国などでも制作。
2017年  現在、愛知県常滑市で制作。


by sora_hikari | 2017-11-20 18:02 | 大原光一展

「大原光一展 纏う茶器」 中国茶会

大原光一展 ~纏う茶器~」(11/26迄)の2日目。

本日は富士華名さんに大原さんの茶器を使った中国茶会を開いて頂きました。桂花龍井茶、古樹白茶の2種のお茶とお菓子と共に、大原さんも同席し急須作りの話も交えて楽しいお茶会になりました。ご参加下さいました皆様に御礼申し上げます。

d0087761_2003435.jpg


d0087761_2005280.jpg


d0087761_201347.jpg


d0087761_2014930.jpg


d0087761_20204.jpg


d0087761_202818.jpg



大原光一展 ~纏う茶器~  
2017年11月18日(土)~26日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時
作家在廊日 11月18日、19日
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_17201966.jpgd0087761_17203483.jpg
 画像クリックで拡大

大原光一プロフィール
1974年  東京で生まれる。
1994年  大学で物理を学ぶも途中退学し、焼き物を始める。
1995年  日本の陶芸産地を訪ね歩く。
1996年  南山陶苑にて勤務。常滑に移住する。
1999年  同社を退社。独立。韓国の産地を訪ね歩く。
1999年~ 国内で個展、グループ展。韓国、米国などでも制作。
2017年  現在、愛知県常滑市で制作。


by sora_hikari | 2017-11-19 20:08 | 大原光一展

「大原光一展 纏う茶器」 始まりました

d0087761_1713517.jpg

大原光一展 ~纏う茶器~」(11/26迄)は本日よりスタートしました。気温が低い中、お運び頂きました皆様に御礼申し上げます。曇天の初日、しっとりした外光が大原さんの茶器を優しく包みます。明日も大原さんが在廊致します。暖かくしてどうぞお出掛け下さい。


大原光一展 ~纏う茶器~  
2017年11月18日(土)~26日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時
作家在廊日 11月18日、19日
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_17201966.jpgd0087761_17203483.jpg
 画像クリックで拡大

大原光一プロフィール
1974年  東京で生まれる。
1994年  大学で物理を学ぶも途中退学し、焼き物を始める。
1995年  日本の陶芸産地を訪ね歩く。
1996年  南山陶苑にて勤務。常滑に移住する。
1999年  同社を退社。独立。韓国の産地を訪ね歩く。
1999年~ 国内で個展、グループ展。韓国、米国などでも制作。
2017年  現在、愛知県常滑市で制作。


by sora_hikari | 2017-11-18 18:00 | 大原光一展

「大原光一展 纏う茶器」 11/18(土)11時より

d0087761_1816214.jpg

大原光一展 ~纏う茶器~」の準備が整いました。明日11/18(土)11時よりオープン致します。茶器(急須、茶壺、蓋碗、絞り出し、茶杯、茶托、茶入、湯呑、茶海、湯冷まし等)をはじめ、食器(皿、鉢、飯碗等)・酒器(徳利、ぐい吞)・花器(一輪挿し、壺)など600点近く並びます。初日は大原さんが在廊致します。どうぞこの機会にご来店下さい。


大原光一展 ~纏う茶器~  
2017年11月18日(土)~26日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時
作家在廊日 11月18日、19日
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_17201966.jpgd0087761_17203483.jpg
 画像クリックで拡大

大原光一プロフィール
1974年  東京で生まれる。
1994年  大学で物理を学ぶも途中退学し、焼き物を始める。
1995年  日本の陶芸産地を訪ね歩く。
1996年  南山陶苑にて勤務。常滑に移住する。
1999年  同社を退社。独立。韓国の産地を訪ね歩く。
1999年~ 国内で個展、グループ展。韓国、米国などでも制作。
2017年  現在、愛知県常滑市で制作。


by sora_hikari | 2017-11-17 18:16 | 大原光一展

「大原光一展 纏う茶器」 11/18(土)より

d0087761_17255499.jpg

11/18(土)から始まる「大原光一展 ~纏う茶器~」の準備中です。ひたすら新聞紙と格闘する一日となりました。


大原光一展 ~纏う茶器~  
2017年11月18日(土)~26日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時
作家在廊日 11月18日、19日
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_17201966.jpgd0087761_17203483.jpg
 画像クリックで拡大

大原光一プロフィール
1974年  東京で生まれる。
1994年  大学で物理を学ぶも途中退学し、焼き物を始める。
1995年  日本の陶芸産地を訪ね歩く。
1996年  南山陶苑にて勤務。常滑に移住する。
1999年  同社を退社。独立。韓国の産地を訪ね歩く。
1999年~ 国内で個展、グループ展。韓国、米国などでも制作。
2017年  現在、愛知県常滑市で制作。


by sora_hikari | 2017-11-16 17:27 | 大原光一展

「大原光一展 纏う茶器」 11/18(土)より

11/18(土)から始まる「大原光一展 ~纏う茶器~」に出品する湯呑みや急須の一部をご紹介します。展示用の荷物も届き始めています。

d0087761_1958165.jpg

d0087761_19581184.jpg

d0087761_19582529.jpg



大原光一展 ~纏う茶器~  
2017年11月18日(土)~26日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時
作家在廊日 11月18日、19日
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_17201966.jpgd0087761_17203483.jpg
 画像クリックで拡大

大原光一プロフィール
1974年  東京で生まれる。
1994年  大学で物理を学ぶも途中退学し、焼き物を始める。
1995年  日本の陶芸産地を訪ね歩く。
1996年  南山陶苑にて勤務。常滑に移住する。
1999年  同社を退社。独立。韓国の産地を訪ね歩く。
1999年~ 国内で個展、グループ展。韓国、米国などでも制作。
2017年  現在、愛知県常滑市で制作。


by sora_hikari | 2017-11-15 19:59 | 大原光一展

「大原光一展 纏う茶器」 中国茶会のご案内

d0087761_23372775.jpg

11/18(土)から始まる「大原光一展 ~纏う茶器~」の中国茶会のご案内です。

茶寮 ・花名ノ香を主宰する富士華名さんに、大原光一さんの茶器を使って中国茶を淹れて頂きます。ご関心のある方はどうぞご参加ください。 お陰様で満席となりました。

日時:11月19日(日)  各回4名様(予約制)
1) 13:00~14:00 ※満席 
2) 15:30~16:30 ※満席
内容:2種類のお茶とお菓子をお愉しみ頂けます。


大原光一展 ~纏う茶器~  
2017年11月18日(土)~26日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時
作家在廊日 11月18日、19日
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_17201966.jpgd0087761_17203483.jpg
 画像クリックで拡大

大原光一プロフィール
1974年  東京で生まれる。
1994年  大学で物理を学ぶも途中退学し、焼き物を始める。
1995年  日本の陶芸産地を訪ね歩く。
1996年  南山陶苑にて勤務。常滑に移住する。
1999年  同社を退社。独立。韓国の産地を訪ね歩く。
1999年~ 国内で個展、グループ展。韓国、米国などでも制作。
2017年  現在、愛知県常滑市で制作。


by sora_hikari | 2017-11-14 10:00 | 大原光一展

「大原光一展 纏う茶器」 開催のお知らせ

d0087761_17201966.jpg
 画像クリックで拡大

11/18(土)から11/26(日)まで開催する「大原光一展 纏う茶器」のお知らせです。

多彩な釉(うわぐすり)を纏った茶器。白、灰、青、緑、茶など複雑に混ざり合い、一言では形容しがたい質感を呈しています。お茶を愉しむと共に、変化に富む色合いにも引き込まれることでしょう。

愛知県常滑市で制作する大原光一さんの茶器です。近年、日本始め台湾や中国でも需要が高まっています。今展では煎茶、中国茶向きの急須・茶杯、日常用の土瓶・ポット・湯呑などの茶器を中心にしながら、食器(皿、鉢、碗)、花器まで幅のある展示品をご覧頂けます。

大原さんは大学で物理を専攻するも、途中で銅版画や陶芸に出会い途中退学、全国の窯業地を原付バイクで訪ねる旅の途中で常滑に辿りつきました。同地の窯元で三年の修行を経て独立、知多半島の土を使いながらも、常滑の伝統的な様式とはまた違った独自のスタイルを築いています。

個展やグループ展に出品する傍ら、常滑で開催される国際陶芸ワークショップに参加したり、韓国や米国で制作を重ねるなど、一定の場所に留まらないノマドな作り手でもあります。そういう点で陶芸の世界を広げた鯉江良二さん、吉川正道さん達の常滑発の自由な思想に感化された作家でもあると言えるでしょう。

「纏う茶器」をはじめ、溶けあう色が醸し出す釉の妙。大原さんの世界観をこの機会にご体験ください。店主

大原光一プロフィール
1974年  東京で生まれる。
1994年  大学で物理を学ぶも途中退学し、焼き物を始める。
1995年  日本の陶芸産地を訪ね歩く。
1996年  南山陶苑にて勤務。常滑に移住する。
1999年  同社を退社。独立。韓国の産地を訪ね歩く。
1999年~ 国内で個展、グループ展。韓国、米国などでも制作。
2017年  現在、愛知県常滑市で制作。


大原光一展 ~纏う茶器~  
2017年11月18日(土)~26日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時
作家在廊日 11月18日、19日
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

中国茶会のご案内
茶寮 ・花名ノ香を主宰する富士華名さんに大原さんの茶器を使って中国茶を淹れて頂きます。
日時:11月19日(日)  各回4名様(予約制)
1) 13:00~14:00 ※満席 
2) 15:30~16:30 ※満席
内容:2種類のお茶とお菓子をお愉しみ頂けます。

d0087761_17203483.jpg
 画像クリックで拡大

by sora_hikari | 2017-11-12 10:00 | 大原光一展

「田淵太郎展 幽玄白磁」ありがとうございました

田淵太郎展 幽玄白磁」は本日終了しました。会期中にご来店頂きました皆様に厚く御礼申し上げます。

d0087761_2494086.jpg

夏に工房を訪ねた際に、漆芸家の奥様 絵莉さんと一緒に撮った写真。お二人とも笑顔が素敵です。同じ作家として共有できる意識も多いようです。孤独な作業が続く作品づくりに於いて、良き理解者がいるのは何より心強いことです。

d0087761_2494886.jpg

こちらは新しく買った一眼レフを作品に向ける田淵さん。昨年他界されたお父様もカメラがお好きだったそうで、レンズをたくさん譲り受けました。それをマウントして写真を撮ると、お父様に届くような気がするとおっしゃいます。今の工房を探して下さったのもお父様でした。陶芸に理解があり優しかったお父様に、どうぞこの様子が伝わりますように。

弊店3回目となった展示会。益々充実する田淵さんにご注目下さい。この度はありがとうございました。


これからの営業案内
11/12(日)~11/17(金) 搬出・設営休み
11/18(土)~11/26(日) 大原光一展 会期中無休
11/27(月)~12/1(金) 搬出・設営休み
12/2(土)~12/10(日) 小嶋亜創展 会期中無休
12/11(月)~12/15(金) 搬出・設営休み
12/16(土)、17(日) 骨董市
12/18(月)~12/22(金) 搬出・設営休み
12/23(土)~12/26(火) スナフジタ展 会期中無休
※12月の展示会予定が変更になっております。

営業カレンダーはこちら

ギャラリーうつわノート
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 (地図
営業時間:11時~18時
049-298-8715


by sora_hikari | 2017-11-11 18:00 | 田淵太郎2017

「田淵太郎展 幽玄白磁」工房

田淵太郎展 幽玄白磁」は明日11/11(土曜日)で終了致します。

香川県高松市の山間にある田淵太郎さんの工房。穴窯と呼ばれる直炎式の薪窯です。傾斜面に作られる半地下式の単室。炎のコントロールが難しく効率は劣りますが、その分個性的な作品が狙えます。焼成の写真(田淵さん提供)を見ると、噴き出す炎の激しさが伝わってきます。

白磁を窯変で汚すことは本来のセオリーから外れますが、それを美しいと見抜く眼があったからこそ、田淵さんの作品は生れました。しかし当初は断片的な確信でしかなく、それを実証するには地道な努力が求められました。ひと窯焚いても、作品は一切採れずに全滅ということもあったと聞きます。窯の中の偶発的な物理現象を作品に取り入れているとは言え、それを狙う意識がなければ良い結果を導くことは出来ません。焼き物であることの意味。その痕跡の美への希求。その強い思いがあったからこそ、ここにあるのです。

d0087761_2434365.jpg


d0087761_243532.jpg


d0087761_244146.jpg


d0087761_2441094.jpg


d0087761_2442199.jpg


d0087761_2443016.jpg



田淵太郎展 ~幽玄白磁~
2017年11月3日(金・祝日)~11日(土) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_2331032.jpgd0087761_23113443.jpg
  窯変白磁面取茶碗 径135 高さ110mm

田淵太郎プロフィール
1977年  香川県生まれ
2000年  大阪芸術大学工芸学科陶芸コース卒業
2007年  香川県高松市に穴窯を築窯
2017年  現在、同地にて制作


by sora_hikari | 2017-11-10 17:08 | 田淵太郎2017