<   2017年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

「山田洋次 スリップウェア展 再現と新生」 オープン

d0087761_1754937.jpg

山田洋次 スリップウェア展 再現と新生」(~10/29迄)は本日より始まりました。朝から雨が続く中、たくさんの皆様にお越し頂き、厚く御礼申し上げます。お陰様で新作の焼締めスリップウェア、温故の鉛釉のスリップウェア共々、お客様に高いご評価を頂き、1年をかけた山田さんの努力が報われました。ありがとうございます。ありがとうございます。明日も山田さんが在廊いたします。

今回のお花は、井出綾(Bouquet de soleil)さんにシックに和洋の花を入れて頂きました。どうぞ器と合わせてお花もお楽しみ下さい。

d0087761_175568.jpg


d0087761_176269.jpg


d0087761_1761142.jpg


d0087761_1761875.jpg


d0087761_176247.jpg


d0087761_1763243.jpg



山田洋次 スリップウェア展 ~再現と新生~
2017年10月21日(土)~29日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 10月21日(土)22日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_10402983.jpgd0087761_10404135.jpg
 画像クリックで拡大

山田洋次プロフィール
1980年 滋賀県東近江市生まれ
2002年 信楽窯業試験場小物ロクロ科修了
2007年 渡英 Lisa Hammond (Maze Hill Pottery) に師事
2012年 滋賀県信楽町にて築窯
2017年 現在、同地にて製作


by sora_hikari | 2017-10-21 18:26 | 山田洋次2017

「山田洋次 スリップウェア展 再現と新生」 明日10/21より

d0087761_17385159.jpg

明日10月21日(土)から始まる「山田洋次 スリップウェア展 再現と新生」の準備が整いました。古典に近づくスリップウェアと、新たに生まれるスリップウェアの世界。新旧の価値が交錯する興味深い内容となっております。初日、二日目は山田さんが在廊されます。気温の低い日が続きますので、どうぞ暖かくしてお出掛けください。


山田洋次 スリップウェア展 ~再現と新生~
2017年10月21日(土)~29日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 10月21日(土)22日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_10402983.jpgd0087761_10404135.jpg
 画像クリックで拡大

山田洋次プロフィール
1980年 滋賀県東近江市生まれ
2002年 信楽窯業試験場小物ロクロ科修了
2007年 渡英 Lisa Hammond (Maze Hill Pottery) に師事
2012年 滋賀県信楽町にて築窯
2017年 現在、同地にて製作


by sora_hikari | 2017-10-20 17:39 | 山田洋次2017

「山田洋次 スリップウェア展 再現と新生」 出品物2

10月21日(土)から始まる「山田洋次 スリップウェア展 再現と新生」の出品物のご紹介。今展で「新生」する山田さんオリジナルの焼締めのスリップウェア。釉薬を取り除いた太古の文様。河井も濱田もリーチも独自表現へ昇華したけれど、この発想は無かった(のでは)。ご注目下さい。

d0087761_1252457.jpg


d0087761_1253143.jpg


d0087761_1253845.jpg


d0087761_1254623.jpg


d0087761_1255358.jpg



山田洋次 スリップウェア展 ~再現と新生~
2017年10月21日(土)~29日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 10月21日(土)22日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_10402983.jpgd0087761_10404135.jpg
 画像クリックで拡大

山田洋次プロフィール
1980年 滋賀県東近江市生まれ
2002年 信楽窯業試験場小物ロクロ科修了
2007年 渡英 Lisa Hammond (Maze Hill Pottery) に師事
2012年 滋賀県信楽町にて築窯
2017年 現在、同地にて製作


by sora_hikari | 2017-10-19 17:29

「山田洋次 スリップウェア展 再現と新生」 出品物1

10月21日(土)から始まる「山田洋次 スリップウェア展 再現と新生」の出品物のご紹介。まずは「再現」を試みた鉛釉のスリップウェア。会場では、本歌に迫る質感にご注目頂きたいと思います。

d0087761_1191467.jpg
 鉛釉スリップウェア 径410 高さ75mm

d0087761_1192136.jpg
 鉛釉スリップウェア 幅410 奥行275 高さ60mm

d0087761_1192770.jpg
 鉛釉スリップウェア 径410 高さ75mm

d0087761_1193347.jpg
 鉛釉スリップウェア 幅410 奥行275 高さ60mm

d0087761_1194843.jpg


d0087761_1195420.jpg


d0087761_120237.jpg


d0087761_1201517.jpg



山田洋次 スリップウェア展 ~再現と新生~
2017年10月21日(土)~29日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 10月21日(土)22日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_10402983.jpgd0087761_10404135.jpg
 画像クリックで拡大

山田洋次プロフィール
1980年 滋賀県東近江市生まれ
2002年 信楽窯業試験場小物ロクロ科修了
2007年 渡英 Lisa Hammond (Maze Hill Pottery) に師事
2012年 滋賀県信楽町にて築窯
2017年 現在、同地にて製作


by sora_hikari | 2017-10-18 17:31 | 山田洋次2017

「山田洋次 スリップウェア展 再現と新生」 開催のお知らせ

d0087761_10402983.jpg
 画像クリックで拡大

10月21日(土)から29日(日)に開催する「山田洋次 スリップウェア展 再現と新生」のお知らせです。

古典の「再現」は学びではあるがノスタルジーでもある。そこから発する「新生」は革新ではあるがチャレンジでもある。滋賀県信楽町でスリップウェアを製作する山田洋次さん。今展では、古典に迫る鉛釉による再現と、敢えて釉薬を取り払った焼締めによる新生のスリップウェアの対比をテーマに開催致します。

スリップウェアとは、泥状の粘土(SLIP)を模様にした陶器(WARE)の事。古くは紀元前まで遡ることのできる技法ですが、日本で一般的に知られているのは、18世紀から19世紀まで英国で作られた実用の器です。化粧泥の抽象模様が特徴的で、柔らかな土の景色は、当時の素朴な生活を感じさせます。本国ではあまり注目されなかったこの器の美しさを見出したのは、柳宗悦や民藝運動の陶芸家でした。英国産なれど、その美の発見は日本産なのです。

山田洋次さんは信楽の窯業試験所で学んだ後、イギリスに渡り現地の陶芸家アシスタントを経験。帰国後、スリップウェアに特化した制作を続けています。独立当初より暮らしに馴染むスリップ模様を中心にしてきましたが、今展では英国の古典的な作風に基づいた鉛釉による再現と、無釉の土にスリップ模様を施した焼締めの新作を発表します。

山田さんの思いは古典の再現に留まらず、その意味に近づくことでした。英国の古作のスリップは当時、その場でしか生まれ得なかったモノ。それを現代の日本で再現だけに終始するのは、懐古主義に過ぎないのではないか。あらためて自分が作る意味を問うたときに、表層を排した日本の焼締めとスリップ模様の交叉に辿りつきました。

今展は新旧の対比が主題となりますが、従来の日常使いのスリップも加えてご覧頂ける内容となります。もちろん評価はまだ未定ですが、皆様の目でご判断頂きたく、ご実見をお待ちしております。店主

山田洋次プロフィール
1980年 滋賀県東近江市生まれ
2002年 信楽窯業試験場小物ロクロ科修了
2007年 渡英 Lisa Hammond (Maze Hill Pottery) に師事
2012年 滋賀県信楽町にて築窯
2017年 現在、同地にて製作


山田洋次 スリップウェア展 ~再現と新生~
2017年10月21日(土)~29日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 10月21日(土)22日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_10404135.jpg
 画像クリックで拡大


by sora_hikari | 2017-10-17 10:59 | 山田洋次2017

「梶原靖元・豊増一雄 二人展 唐津と有田」 ありがとうございました

d0087761_0124178.jpg

梶原靖元・豊増一雄 二人展 唐津と有田」は本日終了しました。ご来店頂きました皆様に厚く御礼申し上げます。

写真は故宮博物館の定窯瓷の図録を見るお二人。右が梶原さん、左が豊増さん。展示会立会日であっても古典の焼き物に熱心な様子が伺えます。

うつわを見始めた当初は、産地を特定しない無国籍なうつわが広まり始めた頃で、伝統的な焼き物には目を向けていませんでした。過去の呪縛から解放された器は伸び伸びと自由で、今の暮らしに調和するリアリティがありました。一方の伝統的な器は、焼き物村化した中で語られる因習や技術論が横行し、特定の流通形態に依存する狭量な世界観であると偏見を持っていました。

しかし時間を経て垣根をはずして近づくと、どちらも一概に決めつける必要はなく、どちらにも良い物はあると思いが変化してきました。例えば音楽のジャンルを限って善し悪しを決めるのに等しいと。好みはあれども、良い音楽はジャンルを超えて良い。そこに限ると見失う出会いがあると気付くように。

今でも窯業産地のパターン化されたスタイルにはあまり関心が持てません。例えばお土産のように記号化された唐津焼、有田焼、備前焼、萩焼、美濃焼、、、やちむんも。それは既存価値の焼き直しでしかないのではないかと。しかし、梶原さんや豊増さんのお仕事を知ると、産地の様式が定型化する以前、なぜそうであったのかという時代や素材の意味からアプローチするお仕事を知ると、目から鱗が落ちるように、その窯業地で様式が生まれた必然的な意味が見えてくるのです。

そのように産地の成り立ちを逆流するように辿り始めると、焼き物の骨格の確かさを再認識するのです。お二人のように原点探しをされている器に出会うことで、あらためて古典の大切さを感じます。

例えば流通のまだ発達しない時代に、土地ごとの特色のある料理が生まれたように。その土地の必然が生み出した滋味深さ。そして時代が進むと共にその味が曖昧になっているように。今、ネットを通じた器の広がりを見ると、流行のように現象化した表層だけが見えてきて幻滅することも多いのです。あらためて焼き物(うつわ)が培ってきた産地の良さ、骨格の大切さんに思いが至るのです。

きっと目をそむけていた焼き物の伝統の奥深さは、唐津や有田だけでは留まらないと気づくのです。今、多くの産地であらためて古典の立ち位置を問い直す作家が増えているように思います。個人的な意見でしかありませんが、この思いが少しでも共有できれば今展の開催の意義があったのではないかと思っているのです。

それに気付かせてくれた梶原さん、豊増さんに御礼を申し上げると共に、それを受け入れて下さった多くのお客様のご厚情に深く感謝申し上げます。


これからの営業案内
10/16(月)~20(金) 搬出・設営休み
10/21(土)~29(日) 山田洋次展 会期中無休
10/30(月)~11/2(木) 搬出・設営休み
11/3(金・祝日)~11(土) 田淵太郎展 会期中無休

営業カレンダーはこちら

ギャラリーうつわノート
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 (地図
営業時間:11時~18時
049-298-8715


by sora_hikari | 2017-10-15 21:47 | 梶原靖元・豊増一雄

「梶原靖元・豊増一雄 二人展 唐津と有田」 唐津と有田

梶原靖元・豊増一雄 二人展 唐津と有田」。会期は明日10/15(日)までとなります。

写真は、佐賀県唐津市の梶原靖元さんの工房と、佐賀県有田町の豊増一雄さんの工房の様子です。

梶原さんの工房は、唐津焼きの起源とも言われる岸岳古窯跡群の一つ飯洞甕窯跡の近くにあり、古い韓国式の住まいを参考にして建てました。古唐津の原料は、石である。この考えを基に、地元・唐津で採れる石(砂岩や頁岩)を臼を使って砕きます。窯焚きも独特の考えで焼成時間は、わずか半日。粘土で作られた半地下式の穴窯。壁面は薄く、短時間で温度が上がり、石を素材にした器は堅く焼き締まります。当時の陶工たちが行った合理的な方法であると考えています。地元で豊富にある素材を使って、シンプルな生産方法であった。その実証こそが、梶原さんの器づくりの基本軸になっています。

一方の豊増さんの工房は、初期の有田の磁器が焼かれた小物成、天神森の古窯跡から少し登ったところにあります。上海生まれで景徳鎮の大学教師のお父様を持つご経歴です。陶芸は京都の訓練校で学び、卒業後はそのまま京都で八世・高橋道八の下で職人として修業します。この頃の経験が器づくりの基礎になっています。その後、佐賀県有田に戻り、父親の窯場を1年手伝った後に、1994年に独立。400年前に使われていた有田の泉山陶石を研究して使用し、焼成は薪窯で行うようにし、初期伊萬里の質感に近づくことを目指しました。

唐津焼と有田焼は一見すると全く性質の異なる器のように見えますが、当時、朝鮮で磁器を作っていた陶工たちが同じ技法で臨んだ兄弟関係のような器であることが知られています。有田の古窯跡を訪ねると、無地の唐津と初期の磁器が同じ窯で焼かれていたことも分かっています。

お二人ともご年齢も近く、京都で修業経験があり、唐津と有田でその源流を辿るお仕事を取り組んでおられ、意識の重なる作家として今回の二人展を企画しました。400年の時を経て、唐津と有田がクロスオーバーする現在の姿を見て頂ければと思います。

佐賀県唐津市の飯洞甕窯・梶原靖元さんの工房

d0087761_14435183.jpg


d0087761_144406.jpg


d0087761_14441162.jpg


d0087761_14441972.jpg


d0087761_14442856.jpg


d0087761_14443718.jpg


佐賀県有田町の七〇八陶房・豊増一雄さんの工房
d0087761_14444881.jpg


d0087761_14445583.jpg


d0087761_1445289.jpg


d0087761_1445910.jpg


d0087761_14452187.jpg


d0087761_14452896.jpg



梶原靖元・豊増一雄 二人展 ~唐津と有田~
2017年10月7日(土)~15日(日) 会期中無休
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6)地図

d0087761_15164518.jpgd0087761_15165554.jpg
 画像クリックで拡大

梶原靖元プロフィール
1962年 佐賀県伊万里市生まれ
1980年 唐津焼太閤三ノ丸窯で修業
1986年 京都 平安陶苑に勤務
1989年 大丸北峰氏に師事
1997年 佐賀県唐津市相知町に築窯
2017年 現在、同地にて作陶

豊増一雄プロフィール
1963年 中国上海市生まれ
1990年 京都府立陶工訓練校 修了
1990年 八世高橋道八に師事
1993年 佐賀県有田町に戻り作陶
1994年 同地にて陶房七〇八を開窯
2017年 現在、佐賀県有田町にて作陶


by sora_hikari | 2017-10-14 17:49 | 梶原靖元・豊増一雄

「梶原靖元・豊増一雄 二人展 唐津と有田」 豊増一雄・花器

梶原靖元・豊増一雄 二人展 唐津と有田」の8日目。会期は明日10/15(日)までとなります。

豊増一雄さんの花器。

白磁と染付。たおやかな立ち姿で花映えする花入。染付の絵筆は20代に中国杭州市の美術学院に留学した際に学んだ水墨画が基礎になっています。

d0087761_064667.jpg


d0087761_065357.jpg


d0087761_07093.jpg


d0087761_07679.jpg


d0087761_07151.jpg


d0087761_072294.jpg


d0087761_073091.jpg



梶原靖元・豊増一雄 二人展 ~唐津と有田~
2017年10月7日(土)~15日(日) 会期中無休
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6)地図

d0087761_15164518.jpgd0087761_15165554.jpg
 画像クリックで拡大

梶原靖元プロフィール
1962年 佐賀県伊万里市生まれ
1980年 唐津焼太閤三ノ丸窯で修業
1986年 京都 平安陶苑に勤務
1989年 大丸北峰氏に師事
1997年 佐賀県唐津市相知町に築窯
2017年 現在、同地にて作陶

豊増一雄プロフィール
1963年 中国上海市生まれ
1990年 京都府立陶工訓練校 修了
1990年 八世高橋道八に師事
1993年 佐賀県有田町に戻り作陶
1994年 同地にて陶房七〇八を開窯
2017年 現在、佐賀県有田町にて作陶


by sora_hikari | 2017-10-14 11:38 | 梶原靖元・豊増一雄

「梶原靖元・豊増一雄 二人展 唐津と有田」 豊増一雄・食器

梶原靖元・豊増一雄 二人展 唐津と有田」(~10/15迄)の7日目。会期は残り2日となりました。週末の14日(土)・15日(日)は、川越最大のお祭り「川越祭り」が開催されます。町中は交通規制されますのでお出掛けの際はご注意ください。

豊増一雄さんの食器。

江戸時代に染付の器が登場しなければ、日本の食器文化はきっと寂しいものになっていたのではないでしょうか。それほど庶民の暮らしの隅々まで根付いた染付の器。堅牢で使い勝手が良く、豊富な絵柄や形は実用に加えて心で楽しませてくれる力がありました。

日本で初めて染付磁器の生産を成し遂げたのが、豊増さんが住む佐賀県の有田町でした。400年の歴史を経ています。豊増さんが作る多くの染付は、その初期に作られた土づくりや焼成方法に倣ったもの。薪窯でしっかりと芯まで焼き抜かれた器胎は、丈夫で実用面でも高い評価を得ています。

今展も、有田に留まらず、その原点にあたる中国や韓国の影響を受けた多様な食器が並んでいます。

d0087761_12224481.jpg


d0087761_12225247.jpg


d0087761_122306.jpg


d0087761_1223638.jpg


d0087761_12231181.jpg


d0087761_12231890.jpg


d0087761_12232471.jpg


d0087761_12233155.jpg


d0087761_12233875.jpg


d0087761_12234719.jpg


d0087761_12235476.jpg


d0087761_122419.jpg


d0087761_12241015.jpg


d0087761_12241897.jpg


d0087761_12242812.jpg


d0087761_12243816.jpg


d0087761_12244623.jpg


d0087761_12245428.jpg


d0087761_1225377.jpg


d0087761_1225105.jpg


d0087761_12251877.jpg


d0087761_12252594.jpg


d0087761_1225322.jpg


d0087761_1225409.jpg


d0087761_12254884.jpg


d0087761_1224293.jpg



梶原靖元・豊増一雄 二人展 ~唐津と有田~
2017年10月7日(土)~15日(日) 会期中無休
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6)地図

d0087761_15164518.jpgd0087761_15165554.jpg
 画像クリックで拡大

梶原靖元プロフィール
1962年 佐賀県伊万里市生まれ
1980年 唐津焼太閤三ノ丸窯で修業
1986年 京都 平安陶苑に勤務
1989年 大丸北峰氏に師事
1997年 佐賀県唐津市相知町に築窯
2017年 現在、同地にて作陶

豊増一雄プロフィール
1963年 中国上海市生まれ
1990年 京都府立陶工訓練校 修了
1990年 八世高橋道八に師事
1993年 佐賀県有田町に戻り作陶
1994年 同地にて陶房七〇八を開窯
2017年 現在、佐賀県有田町にて作陶


by sora_hikari | 2017-10-13 17:56 | 梶原靖元・豊増一雄

「梶原靖元・豊増一雄 二人展 唐津と有田」 梶原靖元・食器

梶原靖元・豊増一雄 二人展 唐津と有田」(~10/15迄)の7日目。

梶原靖元さんの食器。

絵唐津、斑唐津、朝鮮唐津などの唐津焼きは、今でも根強い人気を保っています。日本の多くの産地が、その土地の特徴を失いつつある中、唐津焼きは恵まれいるのです。それは即ち、その様式を評価する一定の顧客層に支持されているからです。

ただ、その様式に依存し過ぎてしまうと表層的な唐津スタイルに留まる危険性も伴います。お土産の唐津焼から、茶陶の唐津焼まで、窯元や作家ごとにアプローチは異なるでしょう。

梶原さんの場合は、いわゆる分かり易い唐津様式を全面的には取り入れいません。多くが無紋で素材の根っこから引きだすような作風です。一見すると地味なうつわに映る場合もありますが、むしろ唐津焼の原点を追求した奥行きのある器として、近年評価が高まっています。実際に料理と取り合わせることで、その良さが実感できるのではないでしょうか。

最初は素っ気ないぐらいの人の方が、長く付き合えるということも多いでしょう。ご本人の関心以上に、相手から望まれてしまうという羨ましい事実があるのです。

d0087761_11534311.jpg


d0087761_11535083.jpg


d0087761_11535779.jpg


d0087761_1154267.jpg


d0087761_1154939.jpg


d0087761_11541526.jpg


d0087761_11542132.jpg


d0087761_11542720.jpg


d0087761_11543475.jpg


d0087761_1154402.jpg



梶原靖元・豊増一雄 二人展 ~唐津と有田~
2017年10月7日(土)~15日(日) 会期中無休
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6)地図

d0087761_15164518.jpgd0087761_15165554.jpg
 画像クリックで拡大

梶原靖元プロフィール
1962年 佐賀県伊万里市生まれ
1980年 唐津焼太閤三ノ丸窯で修業
1986年 京都 平安陶苑に勤務
1989年 大丸北峰氏に師事
1997年 佐賀県唐津市相知町に築窯
2017年 現在、同地にて作陶

豊増一雄プロフィール
1963年 中国上海市生まれ
1990年 京都府立陶工訓練校 修了
1990年 八世高橋道八に師事
1993年 佐賀県有田町に戻り作陶
1994年 同地にて陶房七〇八を開窯
2017年 現在、佐賀県有田町にて作陶


by sora_hikari | 2017-10-13 11:58 | 梶原靖元・豊増一雄