<   2017年 07月 ( 34 )   > この月の画像一覧

「 白石陽一展 土の現象 」 粔籹 角柱・三角柱

白石陽一展 土の現象 」(7/30迄)の4日目。

昨日に引き続き、原土シリーズ角柱・三角柱の14選。粔籹(きょじゅ)とは「おこし」のこと。形状からの連想。これは水飴ではなく泥奬にて原土を繋ぐ。堆積した土が酸化・還元で変化する様が美しい。圧力と炎を受けながら、どこか虚ろな危うさは、粒子間の空疎な組成にあるだろう。

d0087761_0404643.jpg
 deposition-89 w19 h19 d10cm 35,000yen+tax

d0087761_0405458.jpg
 deposition-91 w19 h18 d8cm 40,000yen+tax

d0087761_041180.jpg
 deposition-78 w10 h18 d8cm 20,000yen+tax

d0087761_0411088.jpg
 deposition-84 w9 h10 d9cm 12,000yen+tax

d0087761_0411691.jpg
 deposition-89-2 w19 h19 d10cm 35,000yen+tax

d0087761_0412388.jpg
 deposition-86 w11 h17 d11cm 15,000yen+tax

d0087761_0413139.jpg
 deposition-88 w10 h17 d6cm 20,000yen+tax

d0087761_0413726.jpg
 deposition-89 w9 h14 d7cm 12,000yen+tax

d0087761_041459.jpg
 soldout

d0087761_0415274.jpg
 deposition-dm2 w18 h17 d13cm 30,000yen+tax

d0087761_0415872.jpg
 deposition-88-2 w14 h8 d9cm 20,000yen+tax

d0087761_042583.jpg
 deposition-79 w27 h6 d17cm 25,000yen+tax

d0087761_0421458.jpg
 deposition-90 w19 h19 d5cm 35,000yen+tax

d0087761_0422371.jpg
 deposition-88 w10 h17 d6cm 20,000yen+tax

d0087761_0423077.jpg
 deposition-89 w19 h19 d10cm 35,000yen+tax


白石陽一展 ~土の現象~
2017年7月22日(土)~30日(日) 会期中無休
営業時間11時~18時 
次回在廊日 7月29日(土)・30日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_15525040.jpgd0087761_155376.jpg

 画像クリックで拡大

白石陽一プロフィール
1981年 福岡県生まれ
2010年 多治見市陶磁器意匠研究所 修了
    個展・グループ展などで活動
2017年 現在、岐阜県瑞浪市にて制作


by sora_hikari | 2017-07-25 18:50 | 白石陽一展

「 白石陽一展 土の現象 」 Stratum 半球・円柱

白石陽一展 土の現象 」(7/30迄)の3日目。

今展で初めて発表する新作。まずは半球、円柱の作品を6点ご紹介します。

地元・瑞浪市の原土を団粒化し、それを型枠の中で積層させて焼き固めています。従来の肌理細かい磁土の作品に比べ、土の原始風景を見るような荒々しいテクスチャーを得ています。

これは何かと問われれば、物体としての存在以外に機能的な意味を持ちませんが、作者の意図は明快です。土をなるべく手を加えず、作為なく作為し、その表情を得る事。これは白石作品に一貫している概念です。

d0087761_17281379.jpg
 Stratum-76 φ28 h15cm 

d0087761_17282060.jpg
 Stratum-75 φ30 h24cm 

d0087761_17282857.jpg
 Stratum-93 φ14 h19cm

d0087761_17283489.jpg
 Stratum-92 φ19 h22cm

d0087761_17284362.jpg
 Stratum-77 φ11 h15cm

d0087761_17285268.jpg
 Stratum-83 φ10 h16cm

d0087761_1729061.jpg
 Stratum-76 φ28 h15cm 


白石陽一展 ~土の現象~
2017年7月22日(土)~30日(日) 会期中無休
営業時間11時~18時 
次回在廊日 7月29日(土)・30日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_15525040.jpgd0087761_155376.jpg

 画像クリックで拡大

白石陽一プロフィール
1981年 福岡県生まれ
2010年 多治見市陶磁器意匠研究所 修了
    個展・グループ展などで活動
2017年 現在、岐阜県瑞浪市にて制作


by sora_hikari | 2017-07-24 18:35 | 白石陽一展

「 白石陽一展 土の現象 」 2日目

d0087761_21283012.jpg

白石陽一展 土の現象 」(7/30迄)の2日目。

新作となる原土の現象を捉えた作品。後日また個々のご紹介をして参ります。


白石陽一展 ~土の現象~
2017年7月22日(土)~30日(日) 会期中無休
営業時間11時~18時 
作家在廊日 7月22日(土)・23日(日)・29日(土)・30日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_15525040.jpgd0087761_155376.jpg

 画像クリックで拡大

白石陽一プロフィール
1981年 福岡県生まれ
2010年 多治見市陶磁器意匠研究所 修了
    個展・グループ展などで活動
2017年 現在、岐阜県瑞浪市にて制作


by sora_hikari | 2017-07-23 22:57 | 白石陽一展

「 白石陽一展 土の現象 」 始まりました

d0087761_1817348.jpg

白石陽一展 土の現象 」(7/30迄)は本日よりスタートしました。猛暑の中、ご来店頂きました皆様に厚く御礼申し上げます。土の自然現象を取り入れた作品群。実際に見て触れなければ伝わらないニュアンスがあります。明日も白石さんが在廊いたします。どうぞこの機会にお出掛けください。


白石陽一展 ~土の現象~
2017年7月22日(土)~30日(日) 会期中無休
営業時間11時~18時 
作家在廊日 7月22日(土)・23日(日)・29日(土)・30日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_15525040.jpgd0087761_155376.jpg

 画像クリックで拡大

白石陽一プロフィール
1981年 福岡県生まれ
2010年 多治見市陶磁器意匠研究所 修了
    個展・グループ展などで活動
2017年 現在、岐阜県瑞浪市にて制作


by sora_hikari | 2017-07-22 18:17 | 白石陽一展

「 白石陽一展 土の現象 」 明日7/22より

d0087761_1717584.jpg

明日7月22日(土)よりスタートする「 白石陽一展 土の現象 」の準備が整いました。オブジェ、花器、食器など総数400点を超える内容となっております。明日、あさっては白石さんが在廊します。猛暑のスタートとなりそうですが、ご高覧頂ければ幸いです。


白石陽一展 ~土の現象~
2017年7月22日(土)~30日(日) 会期中無休
営業時間11時~18時 
作家在廊日 7月22日(土)・23日(日)・29日(土)・30日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_15525040.jpgd0087761_155376.jpg

 画像クリックで拡大

白石陽一プロフィール
1981年 福岡県生まれ
2010年 多治見市陶磁器意匠研究所 修了
    個展・グループ展などで活動
2017年 現在、岐阜県瑞浪市にて制作


by sora_hikari | 2017-07-21 17:34 | 白石陽一展

「 白石陽一展 土の現象 」 開催のお知らせ

d0087761_15525040.jpg
 画像クリックで拡大

7月22日(土)から30日(日)に開催する「 白石陽一展 土の現象 」のお知らせです。

大地は太古の時代より、地殻変動によって隆起を繰り返し、風雨にさらされ山を削り、壮大な地形を生み出してきました。土を素材とする陶芸の世界。日常作業のなかで、バケツの中の粘土が乾いた後にできる自然な陥没や皹(ひび)割れに、ミクロながらも地質のダイナミックな現象を見る事があります。泥状の粘土が作り出すこの景色を、そのまま手を加えずに留める事ができれば何と美しいことだろう。土の自然現象をトリミングしたい。白石さんの作品の根底には、そんな思いが貫かれています。

岐阜県瑞浪市で制作する白石陽一さん。社会経験を経て、多治見意匠研究所へ入所。その後、個展やグループ展を中心に活動しています。白石さんの作る陶芸作品は、泥奬鋳込み(でいしょう・いこみ)を基本とする技法です。泥状の磁土を型枠に流し込み、乾燥によって生まれる土の表層をそのまま活かしたオブジェ、花入れ、食器を製作しています。

陶芸の場合、焼成の段階で窯の中でおこる自然現象に委ねることは一般的なことですが、白石さんの場合、粘土の成形の段階でなるべく人為的な手を加えず、土の物理的な現象をそのまま作品に取り入れるのが特徴なのです。

今回、従来より手掛けている泥奬鋳込みの作品の他に、粒状にした粘土を型枠に集積させ、荒々しい土の表情を焼き固めた新作も出品します。土の粒子が生み出す造形を客観的に捉えた白石作品。人智の及ばぬ「土の現象」をアートピースや器の中に封印した美しい景色に、きっと魅せられることでしょう。

夏の盛りの開催となりますが、是非ご高覧頂ければ幸いです。店主

白石陽一プロフィール
1981年 福岡県生まれ
2010年 多治見市陶磁器意匠研究所 修了
    個展・グループ展などで活動
2017年 現在、岐阜県瑞浪市にて制作


白石陽一展 ~土の現象~
2017年7月22日(土)~30日(日) 会期中無休
営業時間11時~18時 
作家在廊日 7月22日(土)・23日(日)・29日(土)・30日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_155376.jpg

 画像クリックで拡大


by sora_hikari | 2017-07-17 18:00 | 白石陽一展

「目片千恵 ガラス展 水彩色の恋心」ありがとうございました

d0087761_1616207.jpg

目片千恵 ガラス展 水彩色の恋心」は本日終了しました。

会期9日間を経て、庭の蝉の鳴き声が一層強まってきました。風流を超えて亜熱帯化する夏にもめげず、足をお運び頂きました皆様に心から感謝申し上げます。お持ち帰りになられました目片さんのガラスが、皆さまのお暮らしに涼をもたらします事を願っております。この度はどうもありがとうございました。

展示品の一部は引き続き、うつわノート八丁堀店でご覧いただけます。お近くにお越しの際はどうぞお立ち寄り下さい。


これからの営業案内
7/17(月)~7/21(金) 搬出・設営休み
7/22(土)~7/30(日) 白石陽一展 会期中無休
7/31(月)~8/4(金) 搬出・設営休み
8/5(土)~8/11(金・祝日) 企画展 会期中無休
8/12(土)~9/8(金)  夏季休業

営業カレンダーはこちら

ギャラリーうつわノート
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 (地図
営業時間:11時~18時
049-298-8715


by sora_hikari | 2017-07-16 18:00 | 目片千恵2017

「目片千恵 ガラス展 水彩色の恋心」一点もの

目片千恵 ガラス展 水彩色の恋心」は明日7月16日(日)で終了します。

最後にご紹介するのは、個展ならではの一点もの。

目片千恵さんのシグニチャーとなる削り出しの作品。肉厚に吹いたガラスを、グラインダーで丹念に削り、さらにもう一度焼き戻すことで、この柔らかな色彩を生み出します。サンドブラスと違い深く削られたガラスは、内面を通過する光が再び拡散し、仄かに発光するような効果が表れるのです。この光の曖昧さが、目片さんのガラスの色合いを特徴づけています。

d0087761_1341895.jpg
 花瓶 φ12 h 21cm 50000円+税

d0087761_1335872.jpg
 コンポートLL φ19.5 h 20cm 42000円+税

d0087761_134551.jpg
 大鉢 φ20.5 h 14.5cm 20000円+税

d0087761_1341214.jpg
 高台鉢 φ14.5 h 8.5cm 13000円+税


目片千恵 ガラス展 ~水彩色の恋心~
2017年7月8日(土)~16日(日) 会期中無休
営業時間11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_0501136.jpgd0087761_0502656.jpg
 画像クリックで拡大

目片千恵プロフィール
1972年 東京に生まれ
2001年 能登島ガラス工房 吹きガラス講座修了
    牧山ガラス工房(石川県)にて製作を始める
2017年 現在、滋賀県大津市にて制作


by sora_hikari | 2017-07-15 18:05 | 目片千恵2017

「目片千恵 ガラス展 水彩色の恋心」箸置き、ペーパーウェイト

目片千恵 ガラス展 水彩色の恋心」は7月16日(日)まで。

夏雲の箸置き(カトラリーレスト)とペーパーウェイト。アクセントになる小品にも惹かれます。

d0087761_23443628.jpg
 夏雲の箸おき・カトラリーレスト 1300円/個+税

d0087761_23421262.jpg
 ペーパーウェイト S 3200円+税、M 4200円+税


目片千恵 ガラス展 ~水彩色の恋心~
2017年7月8日(土)~16日(日) 会期中無休
営業時間11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_0501136.jpgd0087761_0502656.jpg
 画像クリックで拡大

目片千恵プロフィール
1972年 東京に生まれ
2001年 能登島ガラス工房 吹きガラス講座修了
    牧山ガラス工房(石川県)にて製作を始める
2017年 現在、滋賀県大津市にて制作


by sora_hikari | 2017-07-15 11:15 | 目片千恵2017

「目片千恵 ガラス展 水彩色の恋心」茶入・蓋もの

目片千恵 ガラス展 水彩色の恋心」は7月16日(日)まで。残り2日となりました。

目片千恵さんの茶入や蓋物。目片さんの作品に出会って最初に魅せられたのが、これらのアイテムでした。気軽る過ぎず、格式的でもない、用途を持ちながら物として独立した美しさ。そんな魅力が備わっていると、理屈を超えた感情が沸き起こります。結局、何かを選ぶという行為は、恋が芽生えるのと同じような感覚ではないでしょうか。

d0087761_14264629.jpg
 蓋物(脚付き) 14000円+税

d0087761_14265427.jpg
 水風船の蓋物(脚付き) 15000円+税

d0087761_1427065.jpg
 茶入 14000円+税

d0087761_1427814.jpg
 香炉 20000円+税

d0087761_14271473.jpg
 振出 10000円+税

d0087761_14272125.jpg
 振出 10000円+税

d0087761_14272816.jpg
 豆重 二段 12000円+税、三段 14000円+税

d0087761_14273467.jpg
 すりあわせの蓋物 22000円+税

d0087761_14274150.jpg
 薬味入れ 11000円+税


目片千恵 ガラス展 ~水彩色の恋心~
2017年7月8日(土)~16日(日) 会期中無休
営業時間11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_0501136.jpgd0087761_0502656.jpg
 画像クリックで拡大

目片千恵プロフィール
1972年 東京に生まれ
2001年 能登島ガラス工房 吹きガラス講座修了
    牧山ガラス工房(石川県)にて製作を始める
2017年 現在、滋賀県大津市にて制作


by sora_hikari | 2017-07-14 18:14 | 目片千恵2017