<   2017年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

「森岡希世子展 轆轤師・現田市松さんに憧れて」 開催のお知らせ

d0087761_171965.jpg
 画像クリックで拡大

6月24(土)から7月2日(日)に開催する「森岡希世子展 轆轤師・現田市松さんに憧れて」のご案内です。

金沢で白い器を作る森岡希世子さん。清らかな白に轆轤(ろくろ)の美しさが際立つ技能の持ち主です。

元々、陶芸の道に入ったのは、近代陶芸の開拓者・板谷波山(明治5年~昭和38年)の轆轤師(ろくろし)だった現田市松(げんだ・いちまつ)さんのお仕事を美術館で見たことがきっかけになりました。現田さんは50年余り、常に波山とともにあり、轆轤師として波山の作品を支え続けてきた人です。森岡さん曰く、市松さんの仕事を評して「欲張らない心、ただ無心に何十年も轆轤を挽き続けてきた手が生み出す気品がある。」、「最小限しか触れていないにも関わらず、土の持つ新鮮な表情を内からの回転体の張りで素早く留めている。」と語ります。仕事の完成度も、その献身的な生き方にも感動し、こんなものを作りたいと轆轤の技術を学び今に至っています。

ご自身が轆轤を挽くときに心掛けるのは、張りと土の力を活かすこと。土が本来持つ可塑性、つまりは土の生命力を器の形に引き出すことにあります。ぽーんと内側から張り出した白の花入。無理がなく気持ちの良い力学は、内側から形を作り出す轆轤ならではの美しいフォルムです。清らかな白に無段階に織り成す陰影は、手によって生み出された人工物の妙でしょう。花を清々しく活かすのはもちろん、ひとつの彫刻作品としても成立する造形です。

自分の技術を積み重ねてきた今でも「現田市松さんの挽く轆轤は、何でも美しい。」と常に心の師として憧れの存在です。「市松さんの仕事は何故、美しいのか」を今でもずっと探っているそうです。この謙虚さが、森岡希世子さんの仕事を支えているのです。昨年に引き続き弊店2回目となる個展です。白磁の花入をはじめ、日常使いの食器も多く並びます。どうぞ皆様のご来店をお待ちしております。  店主

森岡希世子プロフィール
1974年 石川県金沢市生まれ
1994年 デンマーク王国 Holbek美術国民学校 留学
1999年 石川県立九谷技術研修所 修了
1999~2004年 石川県の窯元にてろくろ師として働く
2006~2009年 茨城県笠間市 伊藤アトリエ助手
2009~2013年 九谷技術者自立支援工房にて職員
2012年 伝統工芸士認定(九谷焼成形部門)
2016年 金沢美術工芸大学 美術工芸研究科 博士課程 修了
2017年 現在、石川県金沢市にて制作


森岡希世子展 ~轆轤師・現田市松さんに憧れて~
2017年6月24日(土)~7月2日(日)会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 6月24日(土)
ギャラリーうつわノート

d0087761_17192245.jpg
 画像クリックで拡大



by sora_hikari | 2017-06-19 22:56 | 森岡希世子2017

「五十嵐裕貴 木工展 朽ち黒」 ありがとうございました

d0087761_1554348.jpg

五十嵐裕貴 木工展 朽ち黒」は本日終了しました。昨年の初個展以上にご評価を頂ける展示会となりました。ご来店の皆様にはあらためて御礼申し上げます。

展示品の残りの一部は、来週火曜日以降に東京のうつわノート八丁堀店の方でご覧頂けます。今回お見逃しになった方は、八丁堀までお越しください。


これからの営業案内
6/19(月)~6/23(金) 搬出・設営休み
6/24(土)~7/2(日) 森岡希世子展 会期中無休
7/3(月)~7/7(金) 搬出・設営休み
7/8(土)~7/16(日) 目片千恵展 会期中無休
7/17(月)~7/21(金)  搬出・設営休み

営業カレンダーはこちら

ギャラリーうつわノート
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 (地図
営業時間:11時~18時
049-298-8715


by sora_hikari | 2017-06-18 18:02 | 五十嵐裕貴2017

「五十嵐裕貴 木工展 朽ち黒」 8日目

d0087761_17455859.jpg

五十嵐裕貴 木工展 朽ち黒」の8日目。会期は明日6/18(日)で終了致します。

割れや欠けを含む黒い器。生活に寄り添う木工品とその様相は異なります。調和よりも美意識の優先。作家として、いや時代としての孤独感も伴います。

五十嵐さんのような世代に見る「新耽美主義」とも言える新しい感覚の作り手や伝え手(古物商等)が現れています。ひと頃の生活工芸的な親和性よりも、より個人主義的、情念的、退廃的な精神性。アンダーな写真や黒い陰の印象からフィルム・ノワールのような映画にも重なります。

伝統、古典、技術など工芸が継承してきた文脈とも断絶した独善性。俯瞰してみれば将来への閉塞感が生み出した新たな拠り所でもあるのかもしれません。それをSNSなどの時間、距離、権威、世代を超えたコミュニケーション手段が後押ししているように思えます。

この不可解な出来事に、年齢を重ねた側から見れば、眉間に皺が寄ることもありますが、道徳を振りかざすことなく、時代の鼓動に共振してみることも必要だと思うのです。


五十嵐裕貴 木工展 ~朽ち黒~
2017年6月10日(土)~18日(日)会期中無休
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_2573024.jpgd0087761_2574345.jpg
 画像クリックで拡大

五十嵐裕貴プロフィール
1984年 千葉県茂原市生まれ
2008年 東京の職業訓練校にて木工を学ぶ
2009年 岐阜県の家具メーカにて家具を作る
2010年 埼玉県川口市の家具工場にて家具を作る
2010年 埼玉県川口市にて独立
2014年 長野県南牧村に移住し、工房を構える
2017年 現在、同地にて製作


by sora_hikari | 2017-06-17 18:00 | 五十嵐裕貴2017

「五十嵐裕貴 木工展 朽ち黒」 7日目

五十嵐裕貴 木工展 朽ち黒」(~6/18迄)の7日目。会期は残すところ2日となりました。敷台、円台、茶入れなど。展示品はまだ十分ご覧頂けますので、どうぞこの週末にお出掛け下さい。

d0087761_16291588.jpg


d0087761_16292336.jpg


d0087761_16293057.jpg


d0087761_16293620.jpg


d0087761_16294334.jpg


d0087761_16295011.jpg



五十嵐裕貴 木工展 ~朽ち黒~
2017年6月10日(土)~18日(日)会期中無休
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_2573024.jpgd0087761_2574345.jpg
 画像クリックで拡大

五十嵐裕貴プロフィール
1984年 千葉県茂原市生まれ
2008年 東京の職業訓練校にて木工を学ぶ
2009年 岐阜県の家具メーカにて家具を作る
2010年 埼玉県川口市の家具工場にて家具を作る
2010年 埼玉県川口市にて独立
2014年 長野県南牧村に移住し、工房を構える
2017年 現在、同地にて製作


by sora_hikari | 2017-06-16 18:05 | 五十嵐裕貴2017

「五十嵐裕貴 木工展 朽ち黒」 6日目

五十嵐裕貴 木工展 朽ち黒」(~6/18迄)の6日目。

盆やリム皿。有機的な立面に対して、平面の黒。これもまた五十嵐的。L'esprit du noir.

d0087761_11464867.jpg


d0087761_1146565.jpg


d0087761_1147382.jpg


d0087761_1147916.jpg


d0087761_1147154.jpg



五十嵐裕貴 木工展 ~朽ち黒~
2017年6月10日(土)~18日(日)会期中無休
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_2573024.jpgd0087761_2574345.jpg
 画像クリックで拡大

五十嵐裕貴プロフィール
1984年 千葉県茂原市生まれ
2008年 東京の職業訓練校にて木工を学ぶ
2009年 岐阜県の家具メーカにて家具を作る
2010年 埼玉県川口市の家具工場にて家具を作る
2010年 埼玉県川口市にて独立
2014年 長野県南牧村に移住し、工房を構える
2017年 現在、同地にて製作


by sora_hikari | 2017-06-15 18:11 | 五十嵐裕貴2017

「五十嵐裕貴 木工展 朽ち黒」 5日目

五十嵐裕貴 木工展 朽ち黒」(~6/18迄)の5日目。会期は折り返しました。

6寸から1尺までの中小サイズのボウル、鉢、壺。今展で点数が充実したラインです。フリーハンドで削り出された心地の良いライン。墨黒の内向的な存在感は、手捏ねの黒楽の印象とも重なります。大型作品に比べ抑制的な表情になる分、実用的で使い易い木器です。価格は大よそ8500円~18000円の範囲。サラダや料理の盛り付け、菓子鉢、花入れ、小物入れなど身近な生活道具としてご利用下さい。

※写真は一部売約品も含まれております。

d0087761_1618258.jpg


d0087761_1618124.jpg


d0087761_1618199.jpg


d0087761_16182624.jpg


d0087761_1618333.jpg


d0087761_16184071.jpg


d0087761_16184785.jpg


d0087761_1618546.jpg


d0087761_1619221.jpg


d0087761_1619954.jpg


d0087761_16191676.jpg


d0087761_16192376.jpg


d0087761_16193111.jpg


d0087761_16193747.jpg


d0087761_16194457.jpg


d0087761_16195042.jpg


d0087761_16195738.jpg


d0087761_162045.jpg



五十嵐裕貴 木工展 ~朽ち黒~
2017年6月10日(土)~18日(日)会期中無休
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_2573024.jpgd0087761_2574345.jpg
 画像クリックで拡大

五十嵐裕貴プロフィール
1984年 千葉県茂原市生まれ
2008年 東京の職業訓練校にて木工を学ぶ
2009年 岐阜県の家具メーカにて家具を作る
2010年 埼玉県川口市の家具工場にて家具を作る
2010年 埼玉県川口市にて独立
2014年 長野県南牧村に移住し、工房を構える
2017年 現在、同地にて製作


by sora_hikari | 2017-06-14 18:20 | 五十嵐裕貴2017

「五十嵐裕貴 木工展 朽ち黒」 4日目

五十嵐裕貴 木工展 朽ち黒」(~6/18迄)の4日目。

五十嵐さんの黒木器の特徴は、木の入り皮、抜け節、割れ、腐食、たわみ、そりなど、つまり 木材の負の要素を転じて見所としている点です。一般的に木工の旋盤や家具の仕事は、建築的な数理の世界とも近く、整然を良しとする傾向にあるのではないでしょうか。そのベクトルとは逆の視点による五十嵐さんの仕事は果たして特殊なことなのか。

一方、焼き物の世界は不良箇所を美的な見所とする偏執的な歴史を辿ってきました。窯変をはじめ、釉薬の縮れである梅華皮(かいらぎ)、化粧土のピンホールによる雨漏り、重ね焼き跡の牡丹餅・目跡、焼け損じのかせ・色斑、さらに成形のゆがみ・たわみなど、枚挙にいとまがありません。これらが特殊な価値とされるばかりか、国宝や重要文化財に指定されるという国家的な「美」として広く認知されているのです。

こう考えてみると、五十嵐さんの黒木器の在り方は決して特殊な事でなく、ごく一般的な日本の美に適う普遍性をもっていると言って問題ないでしょう。それは材料に含まれる自然性、加工時に発生する偶発性を美しさとして受容する高度な感覚なのです。

しかし、ここで肝心なのは、欠けや割れなどを取り入れれば全てが美しくなるかと言えば、決してそのような事はなく、それをどう美しく捉えて表現に至ったか、また見立てたかという「眼」の力が大切なのです。つい外形的なユニークさに目に集まりがちですが、その本質を見誤ってはなりません。

d0087761_028014.jpg


d0087761_028892.jpg


d0087761_0281628.jpg


d0087761_0282630.jpg


d0087761_0283522.jpg


d0087761_028434.jpg


d0087761_0285015.jpg


d0087761_0285727.jpg


d0087761_029561.jpg


d0087761_0291216.jpg



五十嵐裕貴 木工展 ~朽ち黒~
2017年6月10日(土)~18日(日)会期中無休
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_2573024.jpgd0087761_2574345.jpg
 画像クリックで拡大

五十嵐裕貴プロフィール
1984年 千葉県茂原市生まれ
2008年 東京の職業訓練校にて木工を学ぶ
2009年 岐阜県の家具メーカにて家具を作る
2010年 埼玉県川口市の家具工場にて家具を作る
2010年 埼玉県川口市にて独立
2014年 長野県南牧村に移住し、工房を構える
2017年 現在、同地にて製作


by sora_hikari | 2017-06-13 18:05 | 五十嵐裕貴2017

「五十嵐裕貴 木工展 朽ち黒」 3日目

五十嵐裕貴 木工展 朽ち黒」(~6/18迄)の3日目。

五十嵐さんの醍醐味となる大きな黒木器13選。

ゆったりとした胴のラインと薄造りの緊張感ある口縁のバランスが美しいです。昨年に比して技巧的な安定と成長が見られますが、その貢献よりも、個性ある材に合わせた1点1点のフォルムを導き出す五十嵐さんならではの身体的な感覚の良さを称賛すべきでしょう。花入れ、物入れなど実用性もありますが、それ以上にその存在感に魅せられる方が多いようです。

多くの材が山桜。抑えめの艶黒と粘りのある質感。最近はこのような大きな材料を入手することが難しくなっているそうです。希少性の高い1点もの。ぜひ実物でお確かめ下さい。

d0087761_17142690.jpg
 No.63 φ50cm h20cm soldout

d0087761_17143452.jpg
 No.2 φ50cm h25cm 140,000 yen+tax

d0087761_17144088.jpg
 No.65 φ45cm h20cm 78,000 yen+tax

d0087761_1733611.jpg
 No.1 φ60cm h37cm soldout

d0087761_17331360.jpg
 No.64 φ30cm h21cm 60,000 yen+tax

d0087761_17331995.jpg
 No.66 φ45cm h22cm 100,000 yen+tax

d0087761_17333093.jpg
 No.59-1 φ37cm h13cm 40,000 yen+tax

d0087761_17333969.jpg
 No.60-1 φ38cm h17cm 60,000yen+tax

d0087761_17334627.jpg
 No.60-2 φ40cm h16cm 60,000yen+tax

d0087761_17335653.jpg
 No.61 φ37cm h21cm soldout

d0087761_1734361.jpg
 No.59-2 φ43cm h11cm 40,000 yen+tax

d0087761_17341138.jpg
 No.62 φ44cm h16cm 70,000 yen+tax

d0087761_17342261.jpg
 soldout


五十嵐裕貴 木工展 ~朽ち黒~
2017年6月10日(土)~18日(日)会期中無休
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_2573024.jpgd0087761_2574345.jpg
 画像クリックで拡大

五十嵐裕貴プロフィール
1984年 千葉県茂原市生まれ
2008年 東京の職業訓練校にて木工を学ぶ
2009年 岐阜県の家具メーカにて家具を作る
2010年 埼玉県川口市の家具工場にて家具を作る
2010年 埼玉県川口市にて独立
2014年 長野県南牧村に移住し、工房を構える
2017年 現在、同地にて製作


by sora_hikari | 2017-06-12 18:45 | 五十嵐裕貴2017

「五十嵐裕貴 木工展 朽ち黒」 2日目

d0087761_21434384.jpg

五十嵐裕貴 木工展 朽ち黒」(~6/18迄)の2日目。五十嵐さんの在廊は本日で終了しました。明日より平日。じっくりと展示品をお選びください。


五十嵐裕貴 木工展 ~朽ち黒~
2017年6月10日(土)~18日(日)会期中無休
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_2573024.jpgd0087761_2574345.jpg
 画像クリックで拡大

五十嵐裕貴プロフィール
1984年 千葉県茂原市生まれ
2008年 東京の職業訓練校にて木工を学ぶ
2009年 岐阜県の家具メーカにて家具を作る
2010年 埼玉県川口市の家具工場にて家具を作る
2010年 埼玉県川口市にて独立
2014年 長野県南牧村に移住し、工房を構える
2017年 現在、同地にて製作


by sora_hikari | 2017-06-11 21:45 | 五十嵐裕貴2017

「五十嵐裕貴 木工展 朽ち黒」 始まりました

d0087761_15411519.jpg

五十嵐裕貴 木工展 朽ち黒」(~6/18迄)は本日よりスタートしました。初日よりたくさんの方々にご来店頂き御礼申し上げます。明日も五十嵐さんが在廊致します。どうぞこの機会にお出掛けください。


五十嵐裕貴 木工展 ~朽ち黒~
2017年6月10日(土)~18日(日)会期中無休
作家在廊日 6月10日(土)・11日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_2573024.jpgd0087761_2574345.jpg
 画像クリックで拡大

五十嵐裕貴プロフィール
1984年 千葉県茂原市生まれ
2008年 東京の職業訓練校にて木工を学ぶ
2009年 岐阜県の家具メーカにて家具を作る
2010年 埼玉県川口市の家具工場にて家具を作る
2010年 埼玉県川口市にて独立
2014年 長野県南牧村に移住し、工房を構える
2017年 現在、同地にて製作


by sora_hikari | 2017-06-10 18:30 | 五十嵐裕貴2017