<   2017年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

「 小野哲平展 塊は魂 」4/22(土)より

4月22日(土)から始まる「 小野哲平展 塊(かたまり)は魂(たましい) 」。
哲平さんから今展の荷物発送の際に届いたメールからの抜粋です。

(以下)
スリリングな半年間でした。
今までの経験では予測の出来ない製作と窯でしたが、
それ故に毎日が興奮と緊張の連続で充実していました。 
怖かったけれども自分の中の感情の薄い膜が破れた感じがしています。
「局部に悪魔の宿った」塊が出来たと思います。
(以上)

d0087761_1825182.jpg
 土の柱 高さ 67cm 幅 24cm 奥行 24mm

d0087761_1825921.jpg
 土の柱 幅 41cm 奥行 23m 高さ 22cm

d0087761_18252979.jpg
 泥の鏡 幅 33cm 奥行 26cm 高さ 5cm

d0087761_182538100.jpg
 なまこ 幅 32cm 奥行 14cm 高さ 14cm

小野哲平プロフィール
1958年   愛媛県松山市に生まれる
1978~80年 岡山県備前にて修業
1980~81年 沖縄県知花にて修業
1982~84年 常滑にて鯉江良二氏に弟子入り
1985年   愛知県常滑市にて独立
1998年  高知県谷相に移住
2017年 現在、同地にて作陶


小野哲平展 「塊」は「魂」
2017年4月22日(土)~30日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 4月22日(土)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_11223596.jpgd0087761_11225321.jpg
 画像クリックで拡大


by sora_hikari | 2017-04-18 18:34 | 小野哲平2017

「 小野哲平展 塊は魂 」開催のお知らせ

d0087761_11223596.jpg
 画像クリックで拡大

4月22日(土)から29日(日)に開催する「 小野哲平展 塊(かたまり)は魂(たましい) 」のお知らせです。

高知県谷相で暮らしの「うつわ」を作っている小野哲平さん。その美しさと使い易さもさることながら、存在感ある佇まいと、ものづくりに向かう芯のある姿勢が、多くの人たちを惹きつけてきました。

今展は哲平さんが作る「塊(かたまり)」の展示会。いわゆる「うつわ」は出品されません。しかし「うつわ」を作る時と同じ思いで生み出されたもの。「うつわ」はご飯を食べる道具であると共に、人を感動させる「存在」でもある。つまり今回の「塊(かたまり)」は、哲平さんにとって、「うつわ」と同じであるというメッセージなのです。

時に哲平さんは若い作り手に問い掛けます。「何のために作るのか」「誰のために作るのか」。人の作りしものは、本や音楽や映画と同じように、人の心を揺さぶる力があると。それが、哲平さんのものづくりの信念です。

「塊(かたまり)」は「魂(かたまり)」である。字のつくりも、その意味も重なります。「塊(かたまり)」のような強い意思によって宿る作り手の「魂(たましい)」。そこには「うつわ」から抽出された、より純粋な思いが籠っているように思うのです。どうぞ皆様も、この個展を通して哲平さんのメッセージを受け取って頂ければと思います。
店主


小野哲平展 「塊」は「魂」
2017年4月22日(土)~30日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 4月22日(土)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_11225321.jpg
 画像クリックで拡大


by sora_hikari | 2017-04-14 18:20 | 小野哲平2017

「服部竜也展 神は細部に宿る」 ありがとうございました

服部竜也展 神は細部に宿る 」は、本日終了致しました。会期中は多くの方にご来店頂き厚く御礼申し上げます。

この週末の雨で庭の桜も散り始めました。雨に始まり雨で終わる。そのような景色もまた美しいものです。比較的静かにご覧頂ける展示会だったのではないかと思います。やはり器は落ち着いた環境で見て頂きたいものです。

作家さんの器を販売するお店として、より良く伝え、より多くを売ることが基本的なミッションである訳ですが、今回は過去の反省を踏まえ転売目的の販売をお断りしました。

売りたいような売りたくないような不思議な気持ちの会期を過ごした訳ですが、やはり心のない売れ方は虚無感しかなく、物を売るだけでなく、作り手の心も一緒に届けたい思いが募る展示会でした。

お持ち帰り頂きました服部さんの器で、どうぞ心ある食卓やお茶の時間をお過ごし頂けましたら幸いです。この度はありがとうございました。

d0087761_11591632.jpg


d0087761_115924100.jpg


d0087761_1211999.jpg


d0087761_11593435.jpg


d0087761_1211175.jpg




これからの営業案内
4/10(月)~21(金) 搬出・設営休み
4/22(土)~30(日) 小野哲平展 会期中無休
5/1(月)~12(金) 搬出・設営休み
5/13(土)~21(日) 太田修嗣展 会期中無休
5/1(月)~12(金) 搬出・設営休み

営業カレンダーはこちら

ギャラリーうつわノート
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 (地図
営業時間:11時~18時
049-298-8715


by sora_hikari | 2017-04-09 18:14 | 服部竜也2017

「服部竜也展 神は細部に宿る」 工房

服部竜也展 神は細部に宿る 」は、明日4/9(日)までとなります。喜多院の桜も真っ盛り。どうぞこの機会にお出掛け下さい。

写真は2月に岐阜県土岐市の服部さんの工房へお伺いした際のもの。中国茶を淹れて迎えて下さいました。差し棚には焼成や仕上げを待つ作品が整然と並んでいます。きちんと片付いた工房の様子が几帳面な服部さんのお仕事を象徴しています。

当店での個展はこれが3回目。回を追うごとにお客様の支持も広がっています。特に最近は中国での人気も高まり、出品すれば在庫がすぐに無くなるそうです。そんな忙しさの中で、気をつけているのは、仕事がおろそかにならないこと。方々へ手を広げ過ぎずに、出来ることを決めてきちんと製作を続けています。

需要の高まりと製作量のバランスは、人気のある作家さんにとって常に悩ましいことです。しかし自己演出ばかりに感けることなく「作ることが好きだから、それに専念する」という服部さんの基本姿勢は信頼を確実なものにしています。海外で人気が高まったといえ、仲介業者の依頼を直接受けず、既存の顧客や取引先への道義を優先する律儀さが服部さんらしいのです。

d0087761_11221173.jpg


d0087761_11223336.jpg


d0087761_11221914.jpg


d0087761_11224457.jpg


d0087761_1122519.jpg


d0087761_1123121.jpg



Hattori Tatsuya God is in the Details
服部竜也展 神は細部に宿る

2017年4月1日(土)~9日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_23372749.jpgd0087761_23373990.gif
 画像クリックで拡大

服部竜也 プロフィール
1978年 岐阜県多治見市生まれ
2004年 多治見市陶磁器意匠研究所修了
2017年 現在、岐阜県土岐市にて製作


by sora_hikari | 2017-04-08 18:58 | 服部竜也2017

「服部竜也展 神は細部に宿る」 ディテール

服部竜也展 神は細部に宿る 」(~4/9迄)の7日目。会期は残り2日。展示品はまだ十分にご覧頂けます。

焼き物には大きく二通りの方向があります。ひとつはろくろ成形や窯の中で起こる偶発性を受容する自然造形派。もうひとつは形や焼成を支配的に管理する人為造形派。これを東洋思想と西洋哲学の例えに言い変えることも出来るでしょう。

服部さんの器造りはと言えば後者。細かな手作業を積み重ねて作る、建築設計にも通じるコントロールされた美しさが魅力です。それを実現するのは、やはり服部さんの天性の手先の器用さです。

しかし不思議なことに、工業製品のように規格化された器とは違い、手で丁寧に仕上げられた器に温もりのある人間味が宿っているのです。

d0087761_1101825.jpg


d0087761_110275.jpg


d0087761_1103354.jpg


d0087761_1104058.jpg


d0087761_1104796.jpg


d0087761_1105554.jpg


d0087761_111321.jpg


d0087761_1111029.jpg


d0087761_1111669.jpg


d0087761_111238.jpg


d0087761_111282.jpg


d0087761_1113621.jpg


d0087761_1114464.jpg


d0087761_1115110.jpg



Hattori Tatsuya God is in the Details
服部竜也展 神は細部に宿る

2017年4月1日(土)~9日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_23372749.jpgd0087761_23373990.gif
 画像クリックで拡大

服部竜也 プロフィール
1978年 岐阜県多治見市生まれ
2004年 多治見市陶磁器意匠研究所修了
2017年 現在、岐阜県土岐市にて製作


by sora_hikari | 2017-04-07 19:57 | 服部竜也2017

「服部竜也展 神は細部に宿る」 ボウル

服部竜也展 神は細部に宿る 」(~4/9迄)の6日目。会期は残り3日となりました。

服部さんのボウル。椀なりに広がるラインが、上の空間に抜けて美しい形を作り出します。白釉、錆銀彩、黒銀彩の三種の仕上げ。稜花細工の口縁、飾り高台、高盤など、盛り付けるお料理に気品をもたらします。

d0087761_23521332.jpg
 白釉ボウル(L) 8,000+tax

d0087761_2352226.jpg
 白釉ボウル(S) 4,000+tax

d0087761_23522991.jpg
 白釉輪花鉢 5,000+tax

d0087761_23523782.jpg
 白釉カップ 3,000+tax

d0087761_2352454.jpg
 錆銀彩輪花足付鉢(L) 8,000+tax

d0087761_23525245.jpg
 錆銀彩輪花足付鉢(M) 4,600+tax

d0087761_2353080.jpg
 錆銀彩高盤(L) 20,000+tax

d0087761_2353661.jpg
 錆銀彩高盤(S) 10,000+tax

d0087761_23531527.jpg
 錆銀彩ボウル 7,000+tax

d0087761_235324100.jpg
 錆銀彩足付小鉢 4,300+tax

d0087761_23533258.jpg
 錆銀彩リムボウル 4,000+tax

d0087761_23534080.jpg
 黒銀彩ボウル   3,600+tax

d0087761_23534718.jpg
 黒銀彩湯呑 3,600+tax


Hattori Tatsuya God is in the Details
服部竜也展 神は細部に宿る

2017年4月1日(土)~9日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_23372749.jpgd0087761_23373990.gif
 画像クリックで拡大

服部竜也 プロフィール
1978年 岐阜県多治見市生まれ
2004年 多治見市陶磁器意匠研究所修了
2017年 現在、岐阜県土岐市にて製作


by sora_hikari | 2017-04-06 18:05 | 服部竜也2017

「服部竜也展 神は細部に宿る」 ポット・マグカップ

服部竜也展 神は細部に宿る 」(~4/9迄)の5日目。会期は折り返しました。

ポットとマグカップ。デビュー以来手掛けてきた服部さんの核となるお仕事です。端正な造りに金属質の釉薬を纏ったモダンスタイル。ポットの水切れの良さは定評があり、リピートも多いアイテムです。

d0087761_2355999.jpg
 白釉土瓶 14,000+tax

d0087761_236661.jpg
 黒釉土瓶 14,000+tax

d0087761_2361324.jpg
 黒釉ポット(縦形) 13,000+tax

d0087761_2362032.jpg
 クリームポット 13,000+tax

d0087761_236279.jpg
 銀彩ポット(丸形) 17,000+tax

d0087761_2363466.jpg
 黒釉ポット(丸形) 13,000+tax

d0087761_236419.jpg
 黒釉耐火土瓶 17,000+tax

d0087761_2364713.jpg
 白釉銀彩マグカップ(S) 4,400+tax 白釉ソーサー 2,600+tax

d0087761_2365426.jpg
 黒釉銀彩マグカップ(筒形S) 4,400+tax 黒釉ソーサー 2,600+tax

d0087761_237290.jpg
 黒釉銀彩マグカップ(台形S) 4,400+tax 黒釉ソーサー 2,600+tax

d0087761_237924.jpg
 クリームマグカップ 3,600+tax

d0087761_2371627.jpg
 クリームスープカップ 4,000+tax


Hattori Tatsuya God is in the Details
服部竜也展 神は細部に宿る

2017年4月1日(土)~9日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_23372749.jpgd0087761_23373990.gif
 画像クリックで拡大

服部竜也 プロフィール
1978年 岐阜県多治見市生まれ
2004年 多治見市陶磁器意匠研究所修了
2017年 現在、岐阜県土岐市にて製作


by sora_hikari | 2017-04-05 18:14 | 服部竜也2017

「服部竜也展 神は細部に宿る」 皿

服部竜也展 神は細部に宿る 」(~4/9迄)の4日目。

白釉の新作も加えてバリエーションの広がったプレート。縁にはプラチナ彩が施され、輪郭を引き締めています。フォルムは古典の輪花漆器やオランダ白デルフトをベースに、洋でも和でも使えるエレガントな仕上がり。料理の盛り付けはもちろん、菓子皿としてもお勧めです。

d0087761_16543655.jpg
 白釉リムプレートφ24 8,000+tax

d0087761_16544389.jpg
 白釉リムプレートφ19 4,200+tax  φ22  6,300+tax

d0087761_16544922.jpg
 白釉八角プレート 7,000+tax

d0087761_16545780.jpg
 白釉輪花皿 7,000+tax

d0087761_1655333.jpg
 白釉輪花プレート φ24 9,000+tax

d0087761_16551032.jpg
 白釉輪花プレート φ12 2,600+tax  φ15 3,600+tax φ18 4,200+tax

d0087761_16551780.jpg
  黒釉輪花プレート φ21 7,000+tax 白釉輪花プレート φ21 7,000+tax

d0087761_16552444.jpg
  黒釉輪花プレート 
 φ12 2,600+tax  φ15 3,600+tax  φ18 4,200+tax φ21 7,000+tax φ24 9,000+tax



Hattori Tatsuya God is in the Details
服部竜也展 神は細部に宿る

2017年4月1日(土)~9日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_23372749.jpgd0087761_23373990.gif
 画像クリックで拡大

服部竜也 プロフィール
1978年 岐阜県多治見市生まれ
2004年 多治見市陶磁器意匠研究所修了
2017年 現在、岐阜県土岐市にて製作


by sora_hikari | 2017-04-04 18:21 | 服部竜也2017

「服部竜也展 神は細部に宿る」 中国茶道具

服部竜也展 神は細部に宿る 」(~4/9迄)の3日目。

中国茶道具。注器に定評のある服部さんが取り組むには必然的な出会いであったでしょう。通常のポットをさらに凝縮した細やかなお仕事が光るアイテムです。

今や陶芸家のなかでも重要なアイテムに成りつつある中国茶道具。茶葉の種類も多く、形式ばらずに気軽に楽しめる人気の中国茶。喫茶スタイルも洗練され、台湾や中国で新しい茶のスタイルも生まれつつあります。

それに伴い日本人作家の作る道具の需要が高まっています。服部さんもその一翼を担う存在。日本以上に中華圏での評価が高まっています。

写真をご覧の通り、繊細な造りにモダンなフォルム。古典的な宜興窯スタイルとはまた違った、新たな中国茶の風に良く似合う茶壺(チャフー)なのです。

d0087761_17562135.jpg
 銀彩茶壺(縦形) 17,000+tax

d0087761_17563261.jpg
 白釉茶壺 13,000+tax

d0087761_17563912.jpg
 黒釉茶壺(縦形) 13,000+tax

d0087761_1756453.jpg
 銀彩茶壺(丸形) 17,000+tax

d0087761_17565262.jpg
 黒釉茶壺(薬缶形) 13,000+tax

d0087761_17565951.jpg
 黒銀彩茶海 8,000+tax

d0087761_1757727.jpg
 黒銀彩茶入 12,000+tax

d0087761_17571466.jpg
 錆銀彩茶盤(左側) 26,000+tax

d0087761_17572143.jpg
 銀彩杯(ステム) 8,000+tax

d0087761_17572819.jpg
 黒銀彩茶杯 5,000+tax



Hattori Tatsuya God is in the Details
服部竜也展 神は細部に宿る

2017年4月1日(土)~9日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_23372749.jpgd0087761_23373990.gif
 画像クリックで拡大

服部竜也 プロフィール
1978年 岐阜県多治見市生まれ
2004年 多治見市陶磁器意匠研究所修了
2017年 現在、岐阜県土岐市にて製作


by sora_hikari | 2017-04-03 21:21 | 服部竜也2017

「服部竜也展 神は細部に宿る」 花と心

服部竜也展 神は細部に宿る 」(~4/9迄)の2日目。

今展では服部さんに新しく花入れを作って頂きました。既に茶器、食器では定評があり、特に中国茶関連の道具は、最近中国で高い評価を得ています。

そのような中、敢えて花入れ、それも茶席を意識した古典的な形を選んだのは、より精神的世界と結びつく道具の象徴としてチャレンジして頂きたかったからです。花入れはもちろん用途のある道具ではありますが、実用度の高い食器に比して、より象徴性が求められます。食器がお腹を満たす補助をするならば、花入れは心を満たす手助けをしてくれるでしょう。

花をいける。それは精神的純度の高い行為です。それを受け止める道具としてお客様に選んで頂く。造形性だけに留まらず、どう心を描くかを学ぶにはとても大切な器です。

今回の花は、茨城県古河市の齊藤謙大(さいとうけんた)さんに入れて頂きました。自ら山野草を栽培し、花もいける方。ぎりぎりまで削ぎ落としたストイックな姿。「細部に神が宿る」というテーマを意識しています。服部さんの花入に、自然をトリミングして際立つ景色を描いてくれました。

この邂逅が、さらに服部さんのお仕事に深みを増すことを願っています。

d0087761_19483832.jpg
 錆銀彩尊式花入 ベトナム椿、枯れ草

d0087761_19484617.jpg
 錆銀彩 曽呂利花入 雪柳、木瓜

d0087761_19485270.jpg
 錆銀彩花入 山つつじ、アブラチャン

d0087761_19485830.jpg
 錆銀彩花入 武蔵鐙(ムサシアブミ)

d0087761_1949773.jpg
 銀彩曽呂利花入 白花あけび、割れ竹



Hattori Tatsuya God is in the Details
服部竜也展 神は細部に宿る

2017年4月1日(土)~9日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_23372749.jpgd0087761_23373990.gif
 画像クリックで拡大

服部竜也 プロフィール
1978年 岐阜県多治見市生まれ
2004年 多治見市陶磁器意匠研究所修了
2017年 現在、岐阜県土岐市にて製作


by sora_hikari | 2017-04-02 21:12 | 服部竜也2017