<   2017年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

「 遠くの太鼓 」展 2/18(土)より

d0087761_20395045.jpg

明日2月18日(土)11時より始まる「遠くの太鼓」展の準備が整いました。店内を埋め尽くす総数500点近い内容です。ズンズンと地響きのような太鼓の音が聞こえるでしょうか。皆様の心の奥にも届くことを願っております。明日は出展者3名ともに在廊いたします。どうぞこの機会にご来店ください。


遠くの太鼓
2017年 2月18日(土)~26日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
出展者在廊日 2月18日(土)

Sezuan Antiques & Art 岩橋直哉
中川伸二 (コレクター)
吉原航平(画家)

ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_1545684.jpgd0087761_15452576.jpg
 画像クリックで拡大


by sora_hikari | 2017-02-17 20:39 | 遠くの太鼓

「 遠くの太鼓 」展 2/18(土)より

d0087761_18213785.jpg

2月18日(土)から始まる「遠くの太鼓」。荷物が届き始めています。人は何故作るのか?何を選ぶのか?それが基本テーマです。時代へのカウンターでもあります。


遠くの太鼓
2017年 2月18日(土)~26日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
出展者在廊日 2月18日(土)

Sezuan Antiques & Art 岩橋直哉
中川伸二 (コレクター)
吉原航平(画家)

ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_1545684.jpgd0087761_15452576.jpg
 画像クリックで拡大


by sora_hikari | 2017-02-16 18:22 | 遠くの太鼓

「 遠くの太鼓 」展 2/18(土)より

d0087761_23373520.jpg
  インドネシア スンバ島 石像

見えざる力の使者である動物たちは、もはや原始時代のようには、人類を教え導く役割を果たしていない。熊、ライオン、象、大角ヤギ、羚羊などはわれわれが訪れる動物園のおりの中にいる。

人間はもはや未開の原野や処女林の世界にやってきた新参者ではない。われわれのすぐそばにいるのは野獣や野鳥ではなく、火の星の周囲を絶え間なく回っている惑星の上で、物と空間を争いあっている同じ人間どもである。

われわれは肉体的にも精神的にも、数十万年続いた旧石器時代の狩猟民族の世界に住んでいる訳ではない。にもかかわらず、われわれの肉体の形そのものは、また精神構造も、彼らの生活とライフスタイルとに大きく負うている。

彼らの使者である動物たちの記憶は、なぜかまだわれわれの内に眠っているに相違ない。その証拠に、われわれが未開の地に足を踏み入れるとき、それらはふと目覚めて動き出す。それらは稲妻の光を見ると驚いて目を覚ます。

そして、われわれが原始的な壁画のある大洞窟を訪れるときも、それらはやはり目を覚まして、太古を思い出す。そういう洞窟のシャーマンたちが恍惚境に入ったときは、内面的な暗がりのなかに陥ったことだろうが、それがどんなものであれ、同じ暗がりがわれわれ自身の内部にあって、われわれは眠りのたびにそこを訪れているに違いない。

ジョーゼフ・キャンベル「アニマル・パワーの道」より引用


遠くの太鼓
2017年 2月18日(土)~26日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
出展者在廊日 2月18日(土)

Sezuan Antiques & Art 岩橋直哉
中川伸二 (コレクター)
吉原航平(画家)

ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_1545684.jpgd0087761_15452576.jpg
 画像クリックで拡大


by sora_hikari | 2017-02-14 23:39 | 遠くの太鼓

「 遠くの太鼓 」展 開催のお知らせ

d0087761_1545684.jpg
 画像クリックで拡大 
 インドネシア ティモール島 祖先仮面 (中川伸二)


2/18(土)から26(日)に開催する「 遠くの太鼓 」展のお知らせです。

遠い昔、まだ人の周りに精霊や神が存在した頃、人の作るものは祭祀具も実用具も区別なく、信仰の対象として作られていました。言語や文明が発達し、人間主体の社会が形成されると共に、その象徴性は人の自己表現に取り替わっていきます。しかし未だ科学では解明しきれない無極の宇宙から極微な分子の世界まで、人は目に見えぬ力によって司られています。

昨今のアールブリュット(アウトサイダーアート)、トライバルアートへの関心は、人は何故作るのかという創生への根源的な問い掛けです。今、再び絶対的なものに捧げた造形物を見るとき、人はあらためて畏怖の念を抱き、そこに籠められた純粋な美しさに気付くのです。

今展にはプリミティブ、民族的、土俗的な物が並びますが、決してアカデミックな文脈から集められた物ではなく、今この時代に人の心を揺さぶる「美の鼓動」として、時代・地域・用途など既成の尺度を超えて蒐集・創作されたものです。形から入るのではなく、未知の力を体で受け止めるように心を開けば、本来人に備わった原始の感性を呼び起こしてくれます。アートも工芸も骨董も、目に見えぬ「知覚」によって捉えてみる。それが今展のテーマです。

昨年の「衝撃の美」に続く第二弾。Sezuan Antiques & Artの岩橋直哉さん、そして個人コレクターの中川伸二さん、画家の吉原航平さんを新たに迎え、展覧いたします。

遠くから聞こえてくる太鼓の音。それは微かながらも確かな振動で心の奥から突上げてきます。それは次の時代が要請する新たな「美の鼓動」ではないでしょうか。 店主

d0087761_1553766.jpg
 紙偶 (吉原航平)

d0087761_155326100.jpg
 妙見菩薩(Sezuan Antiques & Art)

d0087761_15533617.jpg
 ティモール 骨仮面(Sezuan Antiques & Art)

d0087761_15534880.jpg
 傀儡子(くぐつ)頭 (Sezuan Antiques & Art)

d0087761_15535987.jpg
 アフリカ トーゴ ランバ族 守護神像(中川伸二)

d0087761_15541372.jpg
 泥偶 (吉原航平)

d0087761_1554239.jpg
 インドネシア スラウェシ島 岩墓の扉 (中川伸二)


遠くの太鼓
2017年 2月18日(土)~26日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
出展者在廊日 2月18日(土)

Sezuan Antiques & Art 岩橋直哉
中川伸二 (コレクター)
吉原航平(画家)

ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_15452576.jpg
 画像クリックで拡大


by sora_hikari | 2017-02-01 18:51 | 遠くの太鼓

常設展示 2/2(木)まで

d0087761_14221550.jpg

常設展示は明日2/2(木)で終了します。次回の常設展示はGWとなります。2/3(金)より2/17(金)まで冬季休業となります。


営業案内
2/3(金)~17(金) 冬季休業
2/18(土)~26(日) 企画展

営業カレンダーはこちら

ギャラリーうつわノート
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 (地図
営業時間:11時~18時


by sora_hikari | 2017-02-01 14:25 | おしらせ