<   2016年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

本年もありがとうございました

d0087761_2218269.jpg

本年の営業は本日をもちまして終了致しました。年始は1/7(土)からとなっております。併せて来年の営業カレンダーを更新しておりますので、お出掛けの際はご確認ください。

本年はひとかたならぬご愛顧にあずかり、ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

ギャラリーうつわノート
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 (地図
年末年始休み 12/27(火)~1/6(金)

by sora_hikari | 2016-12-26 22:19 | おしらせ

常設展示のご案内

d0087761_20454350.jpg

明日12/23(金)より来年1月まで約1ケ月間ほど常設品の展示となります。幅のある展示品をご覧頂けます。年内は26日(月)まで、年始は1月7日(土)より営業いたします。

ギャラリーうつわノート
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 (地図
営業時間:11時~18時
049-298-8715
年末年始休み 12/27(火)~1/6(金)

by sora_hikari | 2016-12-22 20:46 | おしらせ

「伊藤雅風 展 急須バカ」 ありがとうございました

d0087761_1194195.jpg

伊藤雅風 展 急須バカ」 は本日終了しました。会期中はたくさんの方々にお越し頂き、厚く御礼申し上げます。

良い急須とは、美味しいお茶を飲むための土、焼き、機能性など外的要素の調和が大切です。そこに古典に繋がる品格が備わると、さらに佇まいの美しさに辿りつきます。つまり機能的要件を超えると、抽象的価値に昇華するのです。これが伊藤雅風さんの急須の美学でしょうか。そう感じさせてくれる9日間でした。

お持ち帰りになられたお客様から、伊藤さんの急須で淹れたお茶は美味しいとの声をたくさん頂きました。何よりのご評価を作家共々嬉しく思っております。

どうもこの度はありがとうございました。


これからの営業案内
12/19(月)~22(木) 搬出・設営休み
12/23(金)~26(月) 常設展示
12/27(火)~1/6(金) 年末年始休み

営業カレンダーはこちら

ギャラリーうつわノート
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 (地図
営業時間:11時~18時
049-298-8715


by sora_hikari | 2016-12-18 18:46 | 伊藤雅風

「伊藤雅風 展 急須バカ」 常滑に生れて

伊藤雅風 展 急須バカ」 (~12/18迄)の8日目。会期は残り1日となりました。

写真は、愛知県常滑市の雅風さんの工房の様子。

常滑市は平安時代まで遡ることができる日本古来の窯業地。急須は明治頃から作られ始め、今は急須の産地として知られています。その地で生れ育った伊藤さんですが、ご実家は焼き物のご家系ではありません。

高校はセラミック科、大学時代に急須に出会い、在学中に地元の急須の名手・村越風月氏のもとで3年の修行を積みました。それから急須ひと筋ですが、中学まではプロを目指していたというほど野球に没頭していたそうです。

急須づくりは、土づくりから。これが伊藤雅風さんの基本的な理念です。土は日々の管理が大切。乾燥を気にして常々状態をチェックします。丁寧に丁寧に1年半をかけて土を作り、ようやく轆轤(ろくろ)に使う粘土になります。工房は整理整頓、きちんとしています。自身、急須のコレクターでもあり、お茶が大好きで、淹れ方も研究熱心です。

身長180cmの大柄の割に個展前はお腹が痛くなったりと、細やかな神経の持ち主ではありますが、こと急須の話になると、どんなものが流行しているなどの話には耳を傾けず、自分の作るべき急須への信念はぶれません。

この個展の依頼をしたのが1年半前。なるべく時間をかけて臨みたいという希望でした。なるほど、そこまで手間暇かけていたのか、というのが届いた荷をほどいた時の感想でした。その甲斐あって、お客様の評価も高く、大きな成果の得られる内容になっています。

会期はあと1日。どうぞこの貴重な機会に、ご自身の目でお確かめ頂ければ幸いです。

d0087761_23143472.jpg


d0087761_23144121.jpg


d0087761_23144895.jpg


d0087761_23145478.jpg


d0087761_2315592.jpg


d0087761_23151483.jpg


d0087761_23152385.jpg


d0087761_23153196.jpg


d0087761_23153757.jpg



伊藤雅風 展 ~急須バカ~
2016年12月10日(土)~18日(日) 会期中無休 
営業時間11時~18時 
次回在廊日 12月17日(土)・18日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_20142921.jpgd0087761_2015228.jpg
 画像クリックで拡大

伊藤雅風(いとう・がふう)プロフィール
1988年 愛知県常滑市に生まれる
2007年 常滑高等学校セラミック科卒業
2009年 村越風月氏に師事
2011年 名古屋造形大学産業・工芸コース卒業
2012年 独立
2016年 現在、愛知県常滑市にて制作


by sora_hikari | 2016-12-17 18:07 | 伊藤雅風

「伊藤雅風 展 急須バカ」 美味しいお茶のために

伊藤雅風 展 急須バカ」 (~12/18迄)の7日目。会期は残り2日となりました。

本日ご紹介するのは、お茶周りの道具。茶杯、茶海(片口)、湯冷し、茶荷(茶葉受け)、茶心壺(茶入れ)、急須台、茶漏(茶葉の漏斗)など細かな道具が揃っています。お茶を自ら淹れる雅風さんならではの細かな配慮が届いた道具です。

雅風さんの作る急須は、美味しいお茶を飲むために細かな工夫が随所に施されています。

土の選びかたはもちろん、茶コシの種類や位置など急須内でどのように茶葉が広がるかを意識して使い分けています。煎茶、玉露なら底を平らに広く、中国茶を意識したものなら冷めにくいような形状。また急須を垂直にして、中の湯をなるべく注ぎきり、2煎目も美味しくだせるようにバランスや手取りを考えています。

雅風さんの急須は、現在ご家庭で一般的に使われるものよりは小ぶりなものが多いですが、それも美味しいお茶を楽しんで頂くためです。小ぶりな急須は、自ずと丁寧にいれてみようとおもうはずです。小さな急須で、小さな茶杯に少しのお茶。自然と丁寧に味わってのんでいただけるように。

普段のお茶もちょっとした工夫で引き出される旨味も変わってきます。煎茶なら冷ます行為、中国茶なら茶器を事前にあたためたりなどです。色々な急須、茶葉、温度、水、時間などを自分でさがし、自分好みの味を探すのが面白いところです。

今はペットボトルでお茶を飲む方はたくさんいらっしゃいますが、やはり急須を使って丁寧に飲むことでお茶の美味しさが全然変わります。食後に気軽に喉を潤すお茶もあれば、気持ちを切り替えるために、少し時間をかけてお茶を淹れてみる。その時、日本のお茶の味わい深さにあらためて気付く方も多いはずです。

普段のお茶から、もうワンランク上のちょっと良いお茶を丁寧に時間をかけてのんでみませんか?これが、雅風さんが作る急須の基本テーマなのです。

明日(12/17)、あさって(12/18)は伊藤雅風さんが自らお茶を淹れる茶会を開催します。どうぞ直接、美味しいお茶の楽しみ方をお聞きになってください。(茶会のご案内はこちら

d0087761_11451859.jpg
 226) 炭化茶杯5客組 ¥12,500税別

d0087761_11452484.jpg
 223) 灰釉茶杯5客組¥12,500 税別

d0087761_11453148.jpg
 221) 灰釉茶杯5客組 ¥12,500 税別

d0087761_11454013.jpg
 224) 灰釉茶杯5客組 ¥12,500 税別

d0087761_11454761.jpg
 241) 炭化茶海 A ¥3,500 税別

d0087761_11455480.jpg
 247) 湯冷A ¥3,500 税別

d0087761_1146086.jpg
 248) 梨皮烏泥湯冷 ¥4,000 税別

d0087761_11466100.jpg
 249) 黄泥湯冷 ¥4,000 税別

d0087761_11461357.jpg
 246) 炭化湯冷A,B,C 各¥3,500 税別

d0087761_11461983.jpg
 246) 炭化湯冷A,B,C 各¥3,500 税別

d0087761_11462543.jpg
 208) 灰釉茶荷A ¥2,800 税別
 189) 灰釉茶心壺 ¥18,000 税別

d0087761_11463245.jpg
 185) 白泥藻掛 茶心壺 ¥20,000 税別

d0087761_11463827.jpg
 187) 窯変茶心壺 ¥25,000 税別

d0087761_11464570.jpg
 181) 炭化茶心壺 ¥18,000 税別

d0087761_11465198.jpg
 188) 灰釉茶心壺 ¥18,000 税別

d0087761_1146589.jpg
 10) 灰釉茶心壺 ¥18,000 税別

d0087761_1147562.jpg
 182) 炭化茶心壺 ¥18,000 税別

d0087761_11471226.jpg
 216) 灰釉急須台A ¥5,000 税別

d0087761_11472570.jpg
 197) 炭化茶漏A ¥2,000 税別


伊藤雅風 展 ~急須バカ~
2016年12月10日(土)~18日(日) 会期中無休 
営業時間11時~18時 
次回在廊日 12月17日(土)・18日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_20142921.jpgd0087761_2015228.jpg
 画像クリックで拡大

伊藤雅風(いとう・がふう)プロフィール
1988年 愛知県常滑市に生まれる
2007年 常滑高等学校セラミック科卒業
2009年 村越風月氏に師事
2011年 名古屋造形大学産業・工芸コース卒業
2012年 独立
2016年 現在、愛知県常滑市にて制作


by sora_hikari | 2016-12-16 18:00 | 伊藤雅風

「伊藤雅風 展 急須バカ」 蓋碗と絞り出し

伊藤雅風 展 急須バカ」 (~12/18迄)の6日目。

本日は、伊藤雅風さんの蓋碗(がいわん)と絞り出し。

蓋碗は、中に直接茶葉を入れて飲む急須と湯呑みを兼ねた茶器。究極のパーソナル急須です。一方、絞り出しは、玉露や高級煎茶など湯を冷まして飲むお茶に向いていて、特殊な急須です。今時、絞り出しを作る若い作家は少ないそうです。

日本で煎茶が飲まれ始めたのは江戸後期。煎茶の中興の祖である売茶翁(ばいさおう)は、江戸時代の禅僧でした。それまで上流階級の嗜みであった形式化された茶を、一般庶民にまで広めた人物。当時の茶の楽しみ方を改革したアバンギャルド。町の通りで茶を売り、「お茶の代金は小判二千両から半文までいくらでもけっこう。 ただで飲んでもけっこう。ただより安くはできません。」とした人物。死ぬときには自分の茶道具を全て焼き払ったそうです。それこそ禅の境地であったのです。その純粋さに感化され当時、若冲、大雅、応挙など当時の文化的知識層に影響を与えました。

茶を喫するということは、飲料を目的とするだけではなく、文人墨客による「文人趣味」を根幹とする精神性が重要です。良い道具を身の回りに置いて、自分を高める。本来、お茶や急須にはそのような性質が備わっているのです。

d0087761_1561182.jpg
 160) 静岡土蓋碗中 ¥8,000 税別

d0087761_1561833.jpg
 152) 天竺土蓋碗大 ¥10,000 税別

d0087761_1562562.jpg
 155) 藻掛蓋碗中 ¥14,000 税別

d0087761_1563424.jpg
 151) 天竺土蓋碗中 ¥9,000 税別

d0087761_1564126.jpg
 157) 藻掛蓋碗小 ¥14,000 税別

d0087761_1564745.jpg
 153) 天竺土蓋碗 ¥9,000 税別

d0087761_1565466.jpg
 9) 黄泥蓋碗 ¥10,000 税別

d0087761_157123.jpg
 154)黄泥蓋碗小 ¥9,000 税別
 147) 炭化蓋碗小 ¥8,000 税別

d0087761_157751.jpg
 164) 本朱泥絞り出し大 ¥11,000 税別

d0087761_1571451.jpg
 166) 炭化絞り出し大 ¥11,000 税別

d0087761_1572063.jpg
 174) 梨皮泥絞り出し大 ¥11,000 税別

d0087761_1572721.jpg
 176) 豊浜土絞出糸目 ¥12,000 税別

d0087761_1573311.jpg
 177) 豊浜土絞出飛カンナ ¥12,000 税別

d0087761_1573935.jpg
 169) 梨皮烏泥絞り出し ¥11,000 税別


d0087761_1574668.jpg
 172) 天竺土絞り出し小 ¥9,000 税別
 168) 梨皮烏泥絞り出し ¥12,000 税別


伊藤雅風 展 ~急須バカ~
2016年12月10日(土)~18日(日) 会期中無休 
営業時間11時~18時 
次回在廊日 12月17日(土)・18日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

12/17(土)・18(日)は、伊藤雅風さんによる茶会を開催します。自ら作った急須や茶杯で美味しいお茶をお淹れします。リラックスしてお話しながら楽しめるお茶会です。ご興味のある方はどうぞご参加ください。

日程: 12月17日(土)、18日(日)
時間: 1日3回  13:30の回 15:00の回 16:30の回 (所要30分程度)
各回: 3~4名
参加料: 700円 ※展示品をお買上げの方は無料
内容:2種類のお茶、お菓子付き

予約をご希望の方は「雅風茶会」と書いてメールでお申し込み下さい。満席でない時間帯は、当日先着順でご参加頂けます。

申し込み先:utsuwanote@gmail.com 
希望日時、お名前、人数、当日のご連絡先(※キャンセルのないようにお願いします)

d0087761_20142921.jpgd0087761_2015228.jpg
 画像クリックで拡大

伊藤雅風(いとう・がふう)プロフィール
1988年 愛知県常滑市に生まれる
2007年 常滑高等学校セラミック科卒業
2009年 村越風月氏に師事
2011年 名古屋造形大学産業・工芸コース卒業
2012年 独立
2016年 現在、愛知県常滑市にて制作


by sora_hikari | 2016-12-15 23:03 | 伊藤雅風

「伊藤雅風 展 急須バカ」 雅風茶会のご案内

d0087761_12325310.jpg

伊藤雅風 展 急須バカ」 (~12/18迄)を開催しております。

来る12/17(土)・18(日)は、伊藤雅風さんによる茶会を開催します。雅風さんは、お茶が大好きで、どうすれば美味しいお茶が淹れられるか日々工夫しています。自ら作った急須や茶杯で美味しいお茶をお淹れします。リラックスしてお話しながら楽しめるお茶会です。ご興味のある方はどうぞご参加ください。

◆日程: 12月17日(土)、18日(日) 所要30分程度
12/17(土)
13:30の回 (満席) 
15:00の回 (満席) 
16:30の回 (満席)

12/18(日)
13:30の回 (満席) 
15:00の回 (残り2席) 
16:30の回 (残り2席)

◆各回: 3~4名
◆参加料: 700円 ※展示品をお買上げの方は無料
◆内容:2種類のお茶、お菓子付き

予約をご希望の方は「雅風茶会」と書いてメールでお申し込み下さい。その際、希望日時、お名前、人数、当日のご連絡先(※キャンセルのないようにお願いします)をお知らせ下さい。満席でない時間帯は、当日先着順でご参加頂けます。

申し込み先:utsuwanote@gmail.com 


伊藤雅風 展 ~急須バカ~
2016年12月10日(土)~18日(日) 会期中無休 
営業時間11時~18時 
次回在廊日 12月17日(土)・18日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_20142921.jpgd0087761_2015228.jpg
 画像クリックで拡大

伊藤雅風(いとう・がふう)プロフィール
1988年 愛知県常滑市に生まれる
2007年 常滑高等学校セラミック科卒業
2009年 村越風月氏に師事
2011年 名古屋造形大学産業・工芸コース卒業
2012年 独立
2016年 現在、愛知県常滑市にて制作


by sora_hikari | 2016-12-15 12:35 | 伊藤雅風

「伊藤雅風 展 急須バカ」 茶銚

伊藤雅風 展 急須バカ」 (~12/18迄)の5日目。

伊藤雅風さんの茶銚(ちゃちょう)。茶銚とは主に中国・宜興窯(ぎこうよう)に発する後手の急須のこと。

お茶や急須の発祥は中国であり、宜興窯の朱泥(しゅでい)、紫泥(しでい)、烏泥(うでい)、梨皮泥(りひでい)は、雅風さんの急須の基本となっています。またその形は、宜興窯の名品として名高い三大茶銚の萬豊順記、三友居、倶輪珠の系譜の線上にあると言えるでしょう。

古格を踏まえながら、細かなパターン展開でひとつひとつ形が異なります。雅風さんの茶銚で中国茶はもちろん、煎茶もお楽しみください。

d0087761_1711557.jpg
 103) 本朱泥茶銚  ¥18,000(税別)

d0087761_1712328.jpg
 93) 本朱泥茶銚  ¥18,000(税別)

d0087761_17121789.jpg
 102) 本朱泥茶銚  ¥18,000(税別)

d0087761_17123553.jpg
 106) 本朱泥茶銚  ¥18,000(税別)

d0087761_1712429.jpg
 109) 本朱泥茶銚  sold out

d0087761_17124885.jpg
 120) 黄泥茶銚  ¥20,000(税別)

d0087761_17125596.jpg
 118) 黄泥茶銚  ¥20,000(税別)

d0087761_17131100.jpg
 95) 窯変茶銚  sold out

d0087761_1713778.jpg
 115) 窯変茶銚  ¥25,000(税別)

d0087761_17131474.jpg
 98) 窯変茶銚  ¥25,000(税別)

d0087761_17132062.jpg
 144) 藻掛茶銚  ¥23,000(税別)

d0087761_17132752.jpg
 135) 藻掛茶銚  ¥23,000(税別)

d0087761_17133578.jpg
 136) 藻掛茶銚  ¥23,000(税別)

d0087761_17134257.jpg
 139) 藻掛茶銚  ¥23,000(税別)

d0087761_17135048.jpg
 138) 藻掛茶銚  ¥23,000(税別)

d0087761_17135889.jpg
 105) 炭化茶銚  ¥18,000(税別)

d0087761_1714717.jpg
 126) 天竺土茶銚  ¥18,000(税別)

d0087761_17141488.jpg
 113) 炭化茶銚  ¥18,000(税別)

d0087761_17142255.jpg
 100) 炭化茶銚  ¥18,000(税別)

d0087761_17143517.jpg
 111) 炭化茶銚  ¥18,000(税別)

d0087761_17144668.jpg
 91)炭化茶銚  ¥18,000(税別)

d0087761_17145572.jpg
 101) 炭化茶銚  ¥18,000(税別)

d0087761_1715384.jpg
 104) 炭化茶銚  ¥18,000(税別)

d0087761_17151223.jpg
 129) 天竺土茶銚  ¥18,000(税別)

d0087761_17171814.jpg
 132) 豊浜土茶銚  ¥18,000(税別)

d0087761_17172938.jpg
 131) 炭化茶銚  ¥18,000(税別)

d0087761_17173920.jpg
 129) 天竺土茶銚  ¥18,000(税別)

d0087761_17174943.jpg
 134) 豊浜土茶銚  ¥18,000(税別)

d0087761_1718479.jpg
 94) 炭化茶銚  ¥18,000(税別)

d0087761_17182895.jpg
 107) 炭化茶銚  ¥18,000(税別)

d0087761_1719291.jpg
 124) 天竺土茶銚  sold out

d0087761_17191899.jpg
 114) 天竺土茶銚  ¥18,000(税別)

d0087761_17192943.jpg
 122) 天竺土茶銚  ¥18,000(税別)

d0087761_17194757.jpg
 125) 天竺土茶銚  ¥18,000(税別)

d0087761_17195780.jpg
 130) 天竺土茶銚  ¥18,000(税別)

d0087761_1720737.jpg
 6) 炭化茶銚  ¥20,000(税別)

d0087761_17201665.jpg
 110) 炭化茶銚  ¥20,000

d0087761_17202734.jpg
 142) 豊浜土茶銚  ¥20,000(税別)

d0087761_17204157.jpg
 146) 灰釉茶銚  sold out

d0087761_17204947.jpg
 145) 灰釉茶銚  sold out

d0087761_17205833.jpg
 127) 天竺土茶銚  ¥18,000(税別)

d0087761_1721983.jpg
 137) 豊浜土茶銚  ¥18,000(税別)

d0087761_17211848.jpg
 116) 静岡土茶銚  sold out


伊藤雅風 展 ~急須バカ~
2016年12月10日(土)~18日(日) 会期中無休 
営業時間11時~18時 
次回在廊日 12月17日(土)・18日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

※12/17(土)・18(日)は、伊藤雅風さんが自らお茶を淹れる茶席を設けます。
1日3回 :13:30~ 15:00~ 16:30~
各回 3~4名
※1000円(予価) 急須をお買上げの方は無料
※予約をご希望の方は「雅風茶席」と書いてメールでお申し込み下さい。満席でない時間は、当日先着順でご参加頂けます。
宛て先:utsuwanote@gmail.com 希望日時、お名前、人数、当日のご連絡先(※キャンセルのないようにお願いします)

d0087761_20142921.jpgd0087761_2015228.jpg
 画像クリックで拡大

伊藤雅風(いとう・がふう)プロフィール
1988年 愛知県常滑市に生まれる
2007年 常滑高等学校セラミック科卒業
2009年 村越風月氏に師事
2011年 名古屋造形大学産業・工芸コース卒業
2012年 独立
2016年 現在、愛知県常滑市にて制作


by sora_hikari | 2016-12-14 20:58 | 伊藤雅風

「伊藤雅風 展 急須バカ」 横手急須

伊藤雅風 展 急須バカ」 (~12/18迄)の4日目。

伊藤雅風さんの横手の急須。土の種類、形、焼成方法、仕上げ方をそれぞれに変えた1点ものです。雅風さんの急須は、古典に通じる格のあるフォルムをしています。江戸後期の急須の名手・青木木米をはじめ、歴史的に継承された急須を踏まえながら、自分の形を見出しています。お茶を美味しく頂くための道具である訳ですが、それ以上にきゅっと締まったその立ち姿に惚れ惚れとするのです。

d0087761_2134443.jpg
 27.炭化急須  ¥10,000(税別)

d0087761_21345126.jpg
 75.窯変急須  ¥17,000(税別)

d0087761_21345942.jpg
 53.豊浜土くし目急須 ¥13,000(税別)

d0087761_213563.jpg
 19.梨皮烏泥急須 ¥15,000(税別)

d0087761_21351244.jpg
 51.梨皮泥急須  ¥13,000(税別)

d0087761_21351952.jpg
 34.炭化筋挽急須 ¥10,000(税別)

d0087761_21352637.jpg
 55.豊浜土糸目急須 ¥13,000(税別)

d0087761_21353356.jpg
 63.藻掛筋挽急須 ¥15,000(税別)

d0087761_21354187.jpg
 42.梨皮泥急須 ¥13,000(税別)

d0087761_21354859.jpg
 16.梨皮烏泥急須 ¥15,000(税別)

d0087761_21355626.jpg
 45.梨皮泥急須 ¥13,000(税別)

d0087761_2136636.jpg
 71.梨皮泥急須(蓋黒) ¥10,000(税別)

d0087761_21361525.jpg
 47.梨皮泥急須 ¥13,000(税別)

d0087761_21362773.jpg
 52.梨皮泥急須 ¥13,000(税別)

d0087761_21363785.jpg
 15.紫泥急須  ¥10,000(税別)

d0087761_21364668.jpg
 72.炭化くし目急須 ¥10,000(税別)

d0087761_2136573.jpg
 58.藻掛梨皮急須 ¥13,000(税別)

d0087761_2137842.jpg
 48.梨皮泥急須 ¥13,000(税別)

d0087761_21371794.jpg
 26.炭化急須 ¥10,000(税別)

d0087761_21372838.jpg
 56.豊浜土梨皮急須 ¥13,000

d0087761_21374991.jpg
 31.炭化筋挽急須 ¥10,000(税別)

d0087761_21375959.jpg
 66.藻掛筋挽急須 ¥15,000(税別)

d0087761_213888.jpg
 33.炭化筋挽急須 ¥10,000(税別)


伊藤雅風 展 ~急須バカ~
2016年12月10日(土)~18日(日) 会期中無休 
営業時間11時~18時 
次回在廊日 12月17日(土)・18日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

※12/17(土)・18(日)は、伊藤雅風さんが自らお茶を淹れる茶席を設けます。
1日3回 :13:30~ 15:00~ 16:30~
各回 3~4名
※1000円(予価) 急須をお買上げの方は無料
※予約をご希望の方は「雅風茶席」と書いてメールでお申し込み下さい。満席でない時間は、当日先着順でご参加頂けます。
宛て先:utsuwanote@gmail.com 希望日時、お名前、人数、当日のご連絡先(※キャンセルのないようにお願いします)

d0087761_20142921.jpgd0087761_2015228.jpg
 画像クリックで拡大

伊藤雅風(いとう・がふう)プロフィール
1988年 愛知県常滑市に生まれる
2007年 常滑高等学校セラミック科卒業
2009年 村越風月氏に師事
2011年 名古屋造形大学産業・工芸コース卒業
2012年 独立
2016年 現在、愛知県常滑市にて制作


by sora_hikari | 2016-12-13 22:31 | 伊藤雅風

「伊藤雅風 展 急須バカ」 土ありき

伊藤雅風 展 急須バカ」 (~12/18迄)の3日目。

伊藤雅風さんの急須の根幹にあるのは、土作りです。知多半島の赤土や田土を中心に使っています。弁柄や長石を混ぜず、またミルですって粒子を細かくすることもしません。土を水簸(すいひ)と呼ばれる水で土を沈殿させて濾していく作業をひたすら繰り返すことで土を作りしていきます。

その作業に約半年を費やし、さらに1年土を寝かすことで、ようやく急須に使う土が出来あがります。朱泥が発明された明治時代の「本朱泥」と呼ばれる急須の土作りの昔ながらの方法を踏襲しています。

急須の産地・常滑ですから同種の粘土を材料屋さんから購入することは簡単です。なぜそんな手間をかけるのか。答はシンプルです。自分の急須は焼締めだから、土にこだわらなければ意味がない。それは、土を焼いた表面がそのままお茶の味に関わるから。

土作り、成形、焼成、そして梱包作業まで、徹底した一貫性。それでようやく自分の急須になると言い切ります。その完成度の高さから、年配の作家と思われることが多いそうですが、若干28歳。常滑の急須作家の有望株なのです。

d0087761_18553895.jpg
 炭化筋挽急須 ¥15,000(税別)

d0087761_1925484.jpg
 本朱泥茶銚 ¥18,000(税別)

d0087761_18554630.jpg
 藻掛急須 ¥15,000(税別)

d0087761_1961332.jpg
 炭化茶銚 ¥20,000(税別)

d0087761_1856211.jpg
 梨皮烏泥急須 ¥15,000(税別)

d0087761_18561774.jpg
 豆急須 ¥10,000(税別)

d0087761_18562522.jpg
 藻掛宝瓶 ¥15,000(税別)

d0087761_18563296.jpg
 黄泥絞り出し ¥12,000(税別)

d0087761_18563885.jpg
 黄泥蓋碗 ¥10,000(税別)


伊藤雅風 展 ~急須バカ~
2016年12月10日(土)~18日(日) 会期中無休 
営業時間11時~18時 
次回在廊日 12月17日(土)・18日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

※12/17(土)・18(日)は、伊藤雅風さんによる茶席をもうけます。詳細は後日ご案内します。

d0087761_20142921.jpgd0087761_2015228.jpg
 画像クリックで拡大

伊藤雅風(いとう・がふう)プロフィール
1988年 愛知県常滑市に生まれる
2007年 常滑高等学校セラミック科卒業
2009年 村越風月氏に師事
2011年 名古屋造形大学産業・工芸コース卒業
2012年 独立
2016年 現在、愛知県常滑市にて制作


by sora_hikari | 2016-12-12 19:32 | 伊藤雅風