<   2016年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

「山本忠正展 伊賀の土鍋と白い器」 伊賀の粘土

d0087761_1945981.jpg

山本忠正展 伊賀の土鍋と白い器」(~11/6迄)の3日目。寒い一日。鍋料理が美味しい季節になりました。

今回出品されている土鍋は、全て伊賀で採れる粘土によるもの。最近は粘土に鉱石のペタライトを混ぜた土鍋が多く作られていますが、これは扱い易くて便利な反面、ガラス質が多くなるため加熱が急激であったり、釉薬の艶が出せなかったりと、伊賀の土鍋の良さとは離れてしまいます。

伊賀の土鍋の良さは、遠赤外線効果のあるコトコトと芯から暖めることのできる「土」に特徴があります。それは、数百年前に湖底に堆積した粒子の粗い「蛙目粘土」と、肌理の細かい「木節粘土」を配分することで伊賀の耐熱土が作られます。

山本忠正さんの土鍋も、この伊賀の土の特徴を活かして、艶やかな釉調の飴色、鉄釉色、白化粧の3種類を作っています。また土鍋というと重々しい形状のものが多い中、山本さんの土鍋は、端正で美しい形をしているのも魅力でしょう。

プロの料理人からも評価が高い伊賀の土鍋の特徴を存分に取り入れながら、現代の食卓に自然に馴染む山本さんの土鍋は、本展でも一番の注目を浴びています。

※写真の右側の鉄釉(薄い黄色)のタイプは全て売約済みとなっております。


山本忠正展 ~伊賀の土鍋と白い器~
2016年10月29日(土)~11月6日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_1213145.jpgd0087761_12132741.jpg
 画像クリックで拡大

プロフィール
1972 三重県伊賀市丸柱生まれ
1996 金沢美術工芸大学 彫刻科卒業
1998 京都窯業訓練校卒業
1999 家業である「やまほん陶房」を継承
2016 現在、同地で陶房運営と共に個人活動中


by sora_hikari | 2016-10-31 19:24 | 山本忠正展2016

「山本忠正展 伊賀の土鍋と白い器」 白い器

d0087761_16173445.jpg

山本忠正展 伊賀の土鍋と白い器」(~11/6迄)の2日目。気温が上がらず底冷えのする1日。本日もご来店頂きありがとうございます。

本展はタイトルにもあるように、土鍋と共に白い器がテーマになっております。カップ、湯呑み、マグカップ、皿、ボウル、花入れなど、白い器もどうぞご覧ください。


山本忠正展 ~伊賀の土鍋と白い器~
2016年10月29日(土)~11月6日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_1213145.jpgd0087761_12132741.jpg
 画像クリックで拡大

プロフィール
1972 三重県伊賀市丸柱生まれ
1996 金沢美術工芸大学 彫刻科卒業
1998 京都窯業訓練校卒業
1999 家業である「やまほん陶房」を継承
2016 現在、同地で陶房運営と共に個人活動中


by sora_hikari | 2016-10-30 18:04 | 山本忠正展2016

「山本忠正展 伊賀の土鍋と白い器」 始まりました

d0087761_1721290.jpg

山本忠正展 伊賀の土鍋と白い器」(~11/6迄)は本日よりスタートしました。初日よりたくさんの皆様にお越し頂き厚く御礼申し上げます。

季節柄、土鍋をお選びになる方が多い一日でした。今日は、山本忠正さんはじめ、奥様、お二人のお嬢さんとご家族ご一緒に在店して下さいました。奥様のこずえさんの土鍋料理の説明は、何より一番分かり易い内容でした。そしてお客様の伊賀土鍋への高い信頼性を感じます。

会期は始まったばかり。明日はさらに気温が下がるようです。ご来店の際はどうぞ暖かくしてお出掛けください。


山本忠正展 ~伊賀の土鍋と白い器~
2016年10月29日(土)~11月6日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 10月29日(土)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_1213145.jpgd0087761_12132741.jpg
 画像クリックで拡大

プロフィール
1972 三重県伊賀市丸柱生まれ
1996 金沢美術工芸大学 彫刻科卒業
1998 京都窯業訓練校卒業
1999 家業である「やまほん陶房」を継承
2016 現在、同地で陶房運営と共に個人活動中


by sora_hikari | 2016-10-29 18:05 | 山本忠正展2016

「山本忠正展 伊賀の土鍋と白い器」 明日10/29(土)より

d0087761_17544090.jpg

明日10月29日(土)から始まる「山本忠正展 伊賀の土鍋と白い器」の準備が整いました。鍋の季節を美味しく彩る器がたくさん並びました。明日は山本さんが在廊します。どうぞこの機会にお越しください。


山本忠正展 ~伊賀の土鍋と白い器~
2016年10月29日(土)~11月6日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 10月29日(土)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_1213145.jpgd0087761_12132741.jpg
 画像クリックで拡大

プロフィール
1972 三重県伊賀市丸柱生まれ
1996 金沢美術工芸大学 彫刻科卒業
1998 京都窯業訓練校卒業
1999 家業である「やまほん陶房」を継承
2016 現在、同地で陶房運営と共に個人活動中


by sora_hikari | 2016-10-28 18:02 | 山本忠正展2016

「山本忠正展 伊賀の土鍋と白い器」 開催のお知らせ

d0087761_1213145.jpg
 画像クリックで拡大

10月29日(土)から11月6日(日)に開催する「山本忠正展 伊賀の土鍋と白い器」のお知らせです。

山本忠正さんは三重県伊賀市で「やまほん陶房」を主宰しています。伊賀焼と言えば、今や土鍋の代名詞にもなる程、その品質に定評があります。ふっくらと芯まで温めることが出来る耐熱土は、遠赤外線効果が高く、お料理屋さんでも好んで使われています。

その地で山本さんは四代前まで遡ることができる焼き物に関わるご家系。ご自身は美大の彫刻科に進みますが、現在は家業を継ぎ、陶房の経営と生産に携わりながら、作家活動も続けています。本展は作家としての山本さんの器を発表する展示会です。

ご覧いただけるのは大きく2つの軸。ひとつは昔ながらの伊賀焼の良さを継承する土鍋や土瓶などの耐熱の器。もうひとつは現代的なフォルムの洗練された白の器です。伊賀の焼き物の「伝統」と「現在」が交錯するうつわ展です。冬に向かうこの季節に合う展示内容です。どうぞ皆様のご来店をお待ちしております。 店主

プロフィール
1972 三重県伊賀市丸柱生まれ
1996 金沢美術工芸大学 彫刻科卒業
1998 京都窯業訓練校卒業
1999 家業である「やまほん陶房」を継承
2016 現在、同地で陶房運営と共に個人活動中


山本忠正展 ~伊賀の土鍋と白い器~
2016年10月29日(土)~11月6日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 10月29日(土)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_12132741.jpg
 画像クリックで拡大


by sora_hikari | 2016-10-25 12:17 | 山本忠正展2016

「森岡成好展 壺中有天」 ありがとうございました

d0087761_17415828.jpg

森岡成好展 壺中有天」は本日終了しました。会期中はたくさんの方にお越し頂き厚く御礼申し上げます。今回の出品物の一部は、うつわノート八丁堀店で10/25(火曜)より展示いたします。ご都合が宜しければご覧ください。

森岡さんを、ひと言で表すなら「器の大きな人」。これに尽きるでしょう。

個展の立会いからご自宅に戻るなり、すぐに仕事に取り掛かります。薪割り、ろくろ、土掘り、きのこ採取に畑の収穫。休むことがありません。60代後半で、この体力と精神力は、ただただ頭が下がるばかりです。森岡さんのそんなお人柄とうつわづくりに憧れて、たくさんの人が周りに集まってきます。しかし、森岡さんを知らない方に、もっともっと会って頂きたいと願っています。

この度は本当にありがとうございました。

※森岡成好さんのホームページ 毎日の仕事が綴られています。


今後の営業案内
10/24(月)~28(金) 搬出・設営休み
10/29(土)~11/6(日) 山本忠正展 会期中無休
11/7(月)~11(金) 搬出・設営休み
11/12(土)~20(日) 中野知昭展 会期中無休

営業カレンダーはこちら

ギャラリーうつわノート
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 (地図
営業時間:11時~18時
049-298-8715


by sora_hikari | 2016-10-23 18:27 | 森岡成好 展

「森岡成好展 壺中有天」 元祖暮らし系

森岡成好展 壺中有天」の8日目。会期は明日10/23で終了となります。

本年2月にご自宅にお訪ねした際の写真。和歌山県かつらぎ町。高野山の麓にあります。

まずお住まいや窯場のスケールに圧倒されます。ご自分で建てた玄関先の直径1メートルはあろうかと思われる柱が、雄勁な器を生み出す森岡さんの人物像を象徴しています。

暮らしと仕事が繋がった「場」。いまどきの「丁寧な暮らし」という言葉が軽々しく聞こえてしまう程、毎日を積み重ねてきた時間が刻まれています。日々の仕事、そして食べることを大切に。ごはんの美味しいこと。スタイルじゃなくて、全て事実。

大人物でありながら、決して偉ぶらない。身近なことも、大きな仕事も、ひとつの環の中にあります。その場に立つと、なるほど、こういう暮らしから、この「うつわ」が生まれるのだと、理屈なく納得できるのです。

d0087761_15371452.jpg


d0087761_15372395.jpg


d0087761_15373030.jpg


d0087761_15373958.jpg


d0087761_16331236.jpg


d0087761_15374689.jpg


d0087761_15375455.jpg


d0087761_153831.jpg


d0087761_15381199.jpg


d0087761_15382051.jpg


d0087761_15382944.jpg


d0087761_16335480.jpg


d0087761_15383986.jpg


d0087761_15385079.jpg


d0087761_15385817.jpg


d0087761_1539870.jpg


d0087761_15391710.jpg


d0087761_15392675.jpg


d0087761_15393412.jpg


d0087761_1539438.jpg



森岡成好展 壺中有天
2016年10月15日(土)~23日(日) 会期中無休 
営業時間11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_23292250.jpgd0087761_23293570.jpg
 画像クリックで拡大

森岡成好 略歴
1948年 奈良県生まれ
1970年 米国で映画製作技術を学ぶ
1973年 和歌山県天野に築窯
1991年 ネパールヒマラヤに登頂
2016年 現在、和歌山県にて制作


by sora_hikari | 2016-10-22 18:17 | 森岡成好 展

「森岡成好展 壺中有天」 非インスタント

森岡成好展 壺中有天」の7日目。会期は残り2日となりました。

本日は、徳利または一輪挿し。そして食器(碗・鉢・皿)。

今の時代からすれば、森岡さんのうつわは、重厚な印象があるでしょう。確かに物理的にも厚さも重さもあります。しかしそれは、やわじゃなく、しっかりとした芯のある手ごたえです。

森岡さんが焼き物をはじめた頃は、まだ陶芸家による食器づくりは一般的ではありませんでした。目指すべきは、崇高な茶碗や酒器。食器は生活の糧を得るための手段であり、「雑器」と呼ばれ「その他」扱いだった時代です。そんな頃から陶芸界のヒエラルキーには属さず、暮らしと繋がる器を作り続けてきました。年齢・立場と共に上がっていく「先生型」システムの価格体系も忌避してきました。

いまの軽やかな生活食器ブームと相対すれば、大時代的、巨艦型の陶芸家像を森岡さんに抱く方がいるかもしれませんが、それは間違いです。最初から暮らしの中の「焼き物」の美しさを探究し、それを実践してきたのです。森岡さんのような方がいたからこそ、今がある。そう思うのです。

ネットによるインスタントな伝達やスタイルづくりが出来る時代ですが、あらためて森岡さんのような骨格のある器を支持する若い方が増えています。それは時代に対する反作用なのか、それとも原点探しなのか。いや、思想的共鳴という抽象論よりも、最終的には具象的な「物」としての説得力なのだと思います。

d0087761_16192853.jpg


d0087761_16194621.jpg


d0087761_16195325.jpg


d0087761_1620132.jpg


d0087761_1620739.jpg


d0087761_16201626.jpg


d0087761_16202233.jpg


d0087761_1702925.jpg


d0087761_1704662.jpg


d0087761_171226.jpg


d0087761_1711858.jpg


d0087761_162185.jpg


d0087761_1714152.jpg


d0087761_16212463.jpg


d0087761_16213178.jpg


d0087761_16214057.jpg


d0087761_16214621.jpg


d0087761_16215234.jpg


d0087761_1622150.jpg


d0087761_162289.jpg


※上記ご紹介の写真は一部売約品を含んでおります。


森岡成好展 壺中有天
2016年10月15日(土)~23日(日) 会期中無休 
営業時間11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_23292250.jpgd0087761_23293570.jpg
 画像クリックで拡大

森岡成好 略歴
1948年 奈良県生まれ
1970年 米国で映画製作技術を学ぶ
1973年 和歌山県天野に築窯
1991年 ネパールヒマラヤに登頂
2016年 現在、和歌山県にて制作


by sora_hikari | 2016-10-21 18:30 | 森岡成好 展

「森岡成好展 壺中有天」 壷ロマン

森岡成好展 壺中有天」の6日目。

今回の本題である大壺と甕(かめ)。店内一番の見所です。

中世の貯蔵器の形に通じています。森岡さんご自身、江戸以降の自己表現の強い焼き物は好みではないそうです。中世の壺、東南アジアの古陶、そして縄文晩期の精神性に憧れると言います。共通するのは、道具としての無垢な存在でしょうか。自己主張よりも、献身的。しかし芯のある土着的な強度があります。

壺は花を生けたりする実用性もありますが、それ以上に「物体」として純粋性を感じます。造形的であり、彫刻的でもある。実用の食器を作ることにも増して、作り手自身の筋肉を鍛えるアイテムであるでしょう。何より作っていて面白いのです。

今の住空間では、なかなか大きな壺は流通しずらい時代かもしれません。森岡さんにとっても、壺をテーマにした個展は何十年ぶりとのこと。しかし常に大壺を作り、焼き続けています。焼き物屋にとって、やはり壺づくりはロマンがあるのです。

d0087761_2181473.jpg


d0087761_2182248.jpg


d0087761_2183078.jpg


d0087761_2183878.jpg


d0087761_2184791.jpg


d0087761_2185448.jpg



※上記ご紹介の写真は一部売約品を含んでおります。


森岡成好展 壺中有天
2016年10月15日(土)~23日(日) 会期中無休 
営業時間11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_23292250.jpgd0087761_23293570.jpg
 画像クリックで拡大

森岡成好 略歴
1948年 奈良県生まれ
1970年 米国で映画製作技術を学ぶ
1973年 和歌山県天野に築窯
1991年 ネパールヒマラヤに登頂
2016年 現在、和歌山県にて制作


by sora_hikari | 2016-10-20 18:05 | 森岡成好 展

「森岡成好展 壺中有天」 炎の痕跡

森岡成好展 壺中有天」の5日目。

強い還元の掛った黒い焼締め。炎が創り出す造形です。

太古より火を操るのは人間としての証し。火を囲んだ儀式、食生活、冬の生命維持。生死を左右する炎の神聖さは、誰しも深い心の奥に記憶として隠れているのかもしれません。炎を見ると気持ちが昂る人も多いでしょう。

この時代、都会では焚き火は条例で禁止されています。炎の痕跡を残す焼き物は、現代人の深い記憶と繋がるのかもしれません。

d0087761_1671912.jpg


d0087761_1672835.jpg


d0087761_1673675.jpg


d0087761_1674471.jpg


d0087761_168695.jpg


d0087761_1681520.jpg


d0087761_1682229.jpg


d0087761_1683046.jpg


d0087761_1683652.jpg


d0087761_1684451.jpg


d0087761_1685115.jpg


d0087761_169278.jpg


d0087761_1691164.jpg


d0087761_1692068.jpg


※上記ご紹介の写真は一部売約品を含んでおります。


森岡成好展 壺中有天
2016年10月15日(土)~23日(日) 会期中無休 
営業時間11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_23292250.jpgd0087761_23293570.jpg
 画像クリックで拡大

森岡成好 略歴
1948年 奈良県生まれ
1970年 米国で映画製作技術を学ぶ
1973年 和歌山県天野に築窯
1991年 ネパールヒマラヤに登頂
2016年 現在、和歌山県にて制作


by sora_hikari | 2016-10-19 18:13 | 森岡成好 展