<   2015年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

「小嶋亜創 展 下手の美」 循環の美しさ

d0087761_15363455.jpg
   緑彩7.5寸鉢

小嶋亜創 展 ~下手の美~ 」(~12/7迄)を開催中です。

小嶋亜創さんの個展は、当店5回目となりますが、あらためて小嶋さんの器づくりの背景についてご紹介を致します。

小嶋亜創(こじまあそう)さんは1978年生まれ。長野県大町市で半農半陶の暮らしをしています。米、野菜、鶏卵、味噌、醤油など毎日の食材は自分の敷地で穫れたもので賄っています。窯業学校に行かず、先生にも師事せず、陶芸は全て独学です。農業も陶芸もはじめは全て未経験。何となく出来そうな気がするという自信を基にゼロから取り組んできました。作った薪窯は20基に及び、試行錯誤の積み重ねから、今の器のスタイルを築きました。自らの体で覚えた経験は、どんなマニュアルにも無い、小嶋さんだけの大切な実績となって今に繋がっています。

農業にも陶芸にも共通するのは、土を対象とすることです。10代の頃から土地さえあれば何とか生きていけるという思いがあったそうです。田畑を耕し、粘土をこねて器を作る毎日。それは時勢にのったスローライフとは違い、古来から続いてきたもっと泥臭く根源的な生活の実践です。

小嶋さんが目標とするのは、かつて庶民が衒いなく作った普通の器。生活に必要な用具として効率的で飾らない器。そんな器を作るには、当時のような生活レベルに近づいて、その精神性から学びたいと言います。思考が追いつかないぐらい手早く作ることで、無駄な概念を削ぎ落とし、器の健全な美しさを生みだそうとしています。

小嶋さんの器の魅力は、外形もさることながら、その根底にある一貫した思想性なのです。耕して糧を得る。土を捏ねて器を作る。必要以上の対価を求めない。毎日、毎月、毎年の繰り返し。この循環の中から小嶋さんの器の美しさが生まれるのです。


小嶋亜創展 ~下手(げて)の美~
2015年11月28日 (土)~12月7日 (月) 会期中無休
営業時間 11時~18時
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_2545855.jpgd0087761_255681.jpg
  画像クリックで拡大

小嶋亜創プロフィール
1978年 京都で生まれ、長野県上田市で育つ
1997年 百姓を目指し全国の農家に居候しながら旅をする
2000年 独学で作陶を始める
2004年 長野県大町市に移住し半農半陶の生活を営む
2015年 現在、同地にて百姓と陶芸の日々を過ごす


by sora_hikari | 2015-11-30 18:24 | 小嶋亜創2015

「小嶋亜創 展 下手の美」 スタートしました

d0087761_23584095.jpg

小嶋亜創 展 ~下手の美~ 」(~12/7迄)は、本日オープンしました。初日よりたくさんの方々にお越し頂き、厚く御礼申し上げます。

ご来店の皆さま一様に、滞留時間がながく、展示品の中から気になる器を手に取りながら、どう使うかイメージしながら選んでおられる様子が、とても印象的でした。生活のなかにあってこその器。「下手の美」は、生活と繋がった中からスタートするのだと、あらためて思う一日でした。


小嶋亜創展 ~下手(げて)の美~
2015年11月28日 (土)~12月7日 (月) 会期中無休
営業時間 11時~18時
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_2545855.jpgd0087761_255681.jpg
  画像クリックで拡大

小嶋亜創プロフィール
1978年 京都で生まれ、長野県上田市で育つ
1997年 百姓を目指し全国の農家に居候しながら旅をする
2000年 独学で作陶を始める
2004年 長野県大町市に移住し半農半陶の生活を営む
2015年 現在、同地にて百姓と陶芸の日々を過ごす


by sora_hikari | 2015-11-28 23:55 | 小嶋亜創2015

「小嶋亜創 展 下手の美」 11/28オープン

d0087761_233573.jpg

小嶋亜創 展 ~下手の美~ 」の準備が整いました。11/28(土)11時よりオープン致します。500点を超える充実した内容です。初日は小嶋さんが在廊しております。どうぞ皆さまのお越しをお待ちしております。


小嶋亜創展 ~下手(げて)の美~
2015年11月28日 (土)~12月7日 (月) 会期中無休
営業時間 11時~18時
作家在廊日 11月28日 (土)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_2545855.jpgd0087761_255681.jpg
  画像クリックで拡大

小嶋亜創プロフィール
1978年 京都で生まれ、長野県上田市で育つ
1997年 百姓を目指し全国の農家に居候しながら旅をする
2000年 独学で作陶を始める
2004年 長野県大町市に移住し半農半陶の生活を営む
2015年 現在、同地にて百姓と陶芸の日々を過ごす


by sora_hikari | 2015-11-28 02:34 | 小嶋亜創2015

「小嶋亜創 展 下手の美」 開催のお知らせ

d0087761_2545855.jpg
  画像クリックで拡大

11月28日(土)~12月7日(月)に開催する「 小嶋亜創 展 ~下手の美~ 」のご案内です。

長野県大町市で自給自足の暮らしを続ける小嶋亜創さんの個展。今回の副題は「下手の美」としました。下手(げて)とは、文字通り下手(げて)ものの意味ですが、「民藝」の元になった言葉でもあります。大正十五年に柳宗悦が越後タイムスに寄稿した「下手ものの美」には、上等品である「上手(じょうて)もの」に対する用語として使われています。それは、民衆が用いる雑具であり、そこにこそ無心の美が宿ると説いています。

小嶋さんの作る器には、この「下手の美」の概念が根底にあります。日々の暮らし方と繋がる造形性、気取らぬ実用性、健やかな価格付けなど、全てに一貫した思想が貫かれています。今回の個展では小嶋さんの考える「やちむん」の器をご覧頂けます。沖縄の焼き物の美しさを再発見したのは、やはり柳宗悦を始めとする民藝の創始者たちでした。それは、現代のやちむんブームとも繋がっています。

小嶋さんは、古典の「やちむん」のもつ大らかさと土着的な文様に惹かれ、今回の個展に臨むことになりました。かといって忠実な再現が目的ではなく、あくまでその根っこにある「下手の美」を捉えようとする試みです。焼き膚に拘り、太筆による大胆かつ作為を抜いた絵柄。それは沖縄から、さらに南洋の民陶まで広がる世界観に繋がることでしょう。この季節、恒例の第5回目となる小嶋亜創さんの展示会です。どうぞ庭の紅葉と共にお楽しみ頂ければ幸いです。店主

プロフィール
1978年 京都で生まれ、長野県上田市で育つ
1997年 百姓を目指し全国の農家に居候しながら旅をする
2000年 独学で作陶を始める
2004年 長野県大町市に移住し半農半陶の生活を営む
2015年 現在、同地にて百姓と陶芸の日々を過ごす


小嶋亜創展 ~下手(げて)の美~
2015年11月28日 (土)~12月7日 (月) 会期中無休
営業時間 11時~18時
作家在廊日 11月28日 (土)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_255681.jpg
  画像クリックで拡大


by sora_hikari | 2015-11-20 10:00 | 小嶋亜創2015

うつわノート・セレクト展@元白 (中国・杭州市)

d0087761_2302534.jpg
 画像クリックで拡大

11月21日(土)~29日(日)に、中国の杭州市にある「元白」というギャラリーで、弊店の企画展を開催させて頂きます。上海から南西に約150キロにある世界遺産の西湖で知られる古都・杭州市。南宋時代の官窯の器が焼かれた歴史ある都市でした。「元白」は、複合施設内にある工芸品を中心にした新ギャラリー。とても洗練された空間です。茶器を中心に、日本の作家さん16名に参加して頂きます。日本でもなかなか見る事のできない出品作家の組み合わせです。上海にご出張、ご旅行などの機会がございましたら、どうぞお訪ね下さい。

※本展に伴い、11/17~27までの間、店休日とさせていただきます。
営業カレンダー


うつわノート・セレクション展
2015年11月21日(土)~29日(日) *23日は定休
開催場所: 元白(中国・杭州市) ホームページ
住所:杭州市西湖区留和路139号东信和创园31间元白展厅
(中華人民共和国・浙江省)

出品作家(16名/50音順)
安齊賢太、五十嵐裕貴、伊藤雅風、大原光一、大中和典、小野哲平
河端理恵子、熊谷幸治、鶴野啓司、中野知昭、浜野まゆみ、原田譲
増田勉、牟田陽日、森岡希世子、山田隆太郎

元白の写真
d0087761_15395533.jpg

d0087761_1540468.jpg

d0087761_15402984.jpg

d0087761_15403687.jpg

d0087761_15404384.jpg

d0087761_15405019.jpg

d0087761_15405611.jpg

d0087761_1541262.jpg

d0087761_1541947.jpg



by sora_hikari | 2015-11-17 16:28 | おしらせ

「太田修嗣 漆器展 根来塗り」 終了しました

d0087761_38468.jpg

太田修嗣 漆器展 ~根来塗り~」は、本日無事終了いたしました。会期中はたくさんの皆さまにお越し頂き、厚く御礼申し上げます。

太田さんはいわゆる団塊の世代。大学時代は学生運動が隆盛で、社会に出てからは日本の高度成長期を経験し、その後バブル崩壊の景気後退という、日本経済の上昇と下降を経験してきました。体制に対する反骨心と共に、挫折感や懐疑心も同時に感じてきた世代ではないでしょうか。

そういう背景から、結果的に手造りの仕事を選んだのは、自らの身体を使って糧を得ることに、リアリティがあったからだと思います。体を使ってものを作り、換金し、生活を築いていく。作らなければ食えない よいもので無ければ認められない。理想と現実の葛藤の狭間から生まれる器には強さがあると思います。

今のライフスタイル工芸のフィールドでは、目にする機会も少ない作り手だと思いますが、やはりしっかりした仕事は、世代に関係なく受け入れられるのだと確信できる10日間でした。今回、初めて太田さんの器を目にされた方も多かったように思います。どうぞ太田さんの器を通して、日々暮らしの中で漆器を遣う楽しさを感じて頂ければ幸いです。

この度はありがとうございました。


今後の営業案内 カレンダー
11/17(火)~27日(金)まで臨時休 
(※11/21~29まで、中国・浙江省杭州市にて企画展)
11/28(土)~12/7(月) 小嶋亜創展 会期中無休

ギャラリーうつわノート
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 (地図


by sora_hikari | 2015-11-16 18:04 | 太田修嗣

「太田修嗣 漆器展 根来塗り」 工房

太田修嗣 漆器展 ~根来塗り~」の9日目。会期は明日11/16(月)で終了いたします。

太田さんのお住まい兼、工房は、愛媛県の砥部町にあります。砥部焼で有名な地域ですが、太田さんが暮らすのは、旧・広田村という焼き物産地からは離れた森林に囲まれた静かな場所です。

1987年に東京・厚木市で独立後7年を経て、この地に移住したのが1994年。この周辺は林業は盛んなものの、特に漆器の産地ではありません。関東で経験した仕事をもとに、ひとりで今のスタイルを築いていきました。

引っ越した頃は、日本のバブル経済もはじけ、工芸も消費が一気に落ち込む時期だったそうです。そのような転換期に、拠り所のない土地で仕事をするには、それなりの信念がなければ続けられなかったのではないかと思います。

現在、66歳。まだまだやりたい事がたくさんあるとおっしゃいます。年齢の割にと言っては失礼ですが、お話をしてても、偉ぶることは一切なく、とても謙虚です。太田さんの漆器の抑制的な形や塗りの程良い加減と、奥底にある芯の強さは、歩んで来られた人生とお人柄そのままだと思うのです。

d0087761_0533156.jpgd0087761_0534169.jpg
d0087761_0534972.jpgd0087761_054433.jpg
d0087761_0542957.jpgd0087761_0543623.jpg
d0087761_0544330.jpgd0087761_0544831.jpg
d0087761_0545558.jpgd0087761_055151.jpg
d0087761_055965.jpgd0087761_0553383.jpg



太田修嗣 漆器展 ~根来塗り~
2015年11月7日(土)~11月16日(月) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_17354988.jpgd0087761_17355620.jpg
  画像クリックで拡大

太田修嗣プロフィール
1949年  愛媛県松山市生まれ
1981年  鎌倉・呂修庵にて塗師の仕事を始める
1983年  村井養作氏に師事 蒔絵および変り塗りを学ぶ
1987年  神奈川県厚木市にて独立
1987年  ろくろ・指物・刳物 一貫制作による木漆工房を開く
1994年  愛媛県広田村(現・砥部町)に移転
2015年  現在 同地にて制作


by sora_hikari | 2015-11-15 19:14 | 太田修嗣

「太田修嗣 漆器展 根来塗り」 木地もの

太田修嗣 漆器展 ~根来塗り~」(~11/16迄)の8日目。会期はあと2日となりました。

本日は、根来塗りから離れて、木地の見える塗りものをご紹介しています。

粗めの鑿(のみ)跡を残す盆や長皿。木地を見せる塗り方が、一層その陰影を強くします。この力強さは、木地から手掛ける太田さんならではの魅力でしょう。

太田さんは、縄文時代の造形にも関心があるそうです。祈りと一体化した器の存在感。古代では、食糧を確保すること自体がとても大変な事で、毎日空腹の状態だったと言います。肉食などは年に数回あるかないか。それゆえに、食べるための道具の意味は、現代人には想像も出来ないほど、敬虔な存在だったのだろうと思います。

生命の根源と繋がる食の器。太田さんの意識の奥にある縄文の心が、器にも表れているように思うのです。

d0087761_13253655.jpg
 はつり丸盆(栗)  径35 高さ2cm

d0087761_13254384.jpg
 筋目丸盆(栗)  径35 高さ2cm

d0087761_13254993.jpg
  木地溜長方皿(朴)  幅33 奥行18cm

d0087761_13255628.jpg
  角切給仕盆(栗)   幅32 奥行20cm

d0087761_20173423.jpg
 端反木地溜塗椀(欅) 径12.8 高8cm

d0087761_20174091.jpg
  木地溜塗小椀(欅) 径10 高7cm

d0087761_2017465.jpg
 栗刳托  径14.5 高さ2.5cm

d0087761_20175976.jpg
  刷毛目托(楓) 径13 高さ1.5cm

d0087761_20175389.jpg
  刷毛目托(山桜) 径12 高さ1.5cm  

d0087761_2018516.jpg
  刷毛目おしぼり皿(朴) 幅16.5 奥行5.5


太田修嗣 漆器展 ~根来塗り~
2015年11月7日(土)~11月16日(月) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_17354988.jpgd0087761_17355620.jpg
  画像クリックで拡大

太田修嗣プロフィール
1949年  愛媛県松山市生まれ
1981年  鎌倉・呂修庵にて塗師の仕事を始める
1983年  村井養作氏に師事 蒔絵および変り塗りを学ぶ
1987年  神奈川県厚木市にて独立
1987年  ろくろ・指物・刳物 一貫制作による木漆工房を開く
1994年  愛媛県広田村(現・砥部町)に移転
2015年  現在 同地にて制作


by sora_hikari | 2015-11-14 18:24 | 太田修嗣

「太田修嗣 漆器展 根来塗り」 毎日の漆器

太田修嗣 漆器展 ~根来塗り~」(~11/16迄)の7日目。会期はあと3日となりました。

本日は、より親しみ易いサイズのものをご紹介します。太田さん曰く、畏まったものでなく、日々気兼ねなく使えるものを作りたい。確かに漆器は使ってこそだと思います。

日本の食器の歴史は長らく木の時代でした。漆の使用は、縄文時代の遺物から認められています。食器のみならず、家具、装身具、建築など生活全般に関わってきた安全かつ堅牢な自然素材です。ぜひ日常のなかで、その良さを多くの人に知ってもらいたいと思います。

d0087761_0434014.jpg
  根来塗りスープボウル(山桜)

d0087761_0434737.jpg
  根来塗りミルクカップ(山桜)

d0087761_0435360.jpg
  根来塗り片口(朴)

d0087761_04407.jpg
  根来塗り平鉢(欅)

d0087761_044680.jpg
  曙塗り平鉢(欅)

d0087761_0441229.jpg
  根来浅鉢(山桜)

d0087761_0441889.jpg
  根来浅鉢(山桜)

d0087761_044257.jpg
  朱塗り匙(朴)

d0087761_0443476.jpg
  カンナ目溜塗り箸(鉄木)

d0087761_0444188.jpg
  利休箸(杉)


太田修嗣 漆器展 ~根来塗り~
2015年11月7日(土)~11月16日(月) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_17354988.jpgd0087761_17355620.jpg
  画像クリックで拡大

太田修嗣プロフィール
1949年  愛媛県松山市生まれ
1981年  鎌倉・呂修庵にて塗師の仕事を始める
1983年  村井養作氏に師事 蒔絵および変り塗りを学ぶ
1987年  神奈川県厚木市にて独立
1987年  ろくろ・指物・刳物 一貫制作による木漆工房を開く
1994年  愛媛県広田村(現・砥部町)に移転
2015年  現在 同地にて制作


by sora_hikari | 2015-11-13 18:30 | 太田修嗣

「太田修嗣 漆器展 根来塗り」 重箱・盥・鉢

太田修嗣 漆器展 ~根来塗り~」(~11/16迄)の6日目。

太田修嗣さんの根来塗りの重箱、盥(たらい)、鉢。

太田さんのお話をお聞きしていると、塗りもさることながら、木に対する思いの深さが伝わってきます。塗りは、若い頃の修業先で学びましたが、木を加工することは東京・厚木市に住んでいた頃に、ほぼ独学に近い形で習得したそうです。今は木の仕入れ、油脂抜き、製材(一部)、乾燥などの素材処理から、旋盤、刳り物、指物などの加工まで手掛けています。

木材の仕入れには、自ら市場に出向いて選んでいるそうです。あらかじめ何を作るかを決めて、目当ての木を探す場合もあれば、心を打つ木との出会いからイメージが湧いてくることもあるそうです。時に山に入り、何百年もの樹齢の木の前に立つと、その神々しさに圧倒されると言います。木の生命を借りて作ることへの感謝もあるでしょう。太田さんの作る器に、木の精を感じるのは、こういう思いがあるからかもしれません。

d0087761_16483664.jpg
  うづくり根来三段重箱(杉) 幅18 奥行18 20.5cm

d0087761_16484234.jpg
  うづくり根来三段重箱(杉) 幅18 奥行18 20.5cm

d0087761_1648488.jpg
  根来足付盥(たらい)(欅) 径28 高8cm

d0087761_16485491.jpg
  根来浅鉢(欅) 径24 高5cm

d0087761_1649169.jpg
  根来偏八角鉢(もみ) 幅24 奥行22.5 高5cm

d0087761_1649684.jpg
  根来偏八角盆(もみ) 幅27 奥行25 高2cm

d0087761_16491299.jpg
  根来深鉢(欅) 径22 高10cm


太田修嗣 漆器展 ~根来塗り~
2015年11月7日(土)~11月16日(月) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_17354988.jpgd0087761_17355620.jpg
  画像クリックで拡大

太田修嗣プロフィール
1949年  愛媛県松山市生まれ
1981年  鎌倉・呂修庵にて塗師の仕事を始める
1983年  村井養作氏に師事 蒔絵および変り塗りを学ぶ
1987年  神奈川県厚木市にて独立
1987年  ろくろ・指物・刳物 一貫制作による木漆工房を開く
1994年  愛媛県広田村(現・砥部町)に移転
2015年  現在 同地にて制作


by sora_hikari | 2015-11-12 18:37 | 太田修嗣