<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

営業案内

d0087761_2303186.jpg

本日(2/28)より常設展示期間となっております。作家もの、古物など幅のある器をご覧頂ける機会です。どうぞお出掛け下さい。


今後の営業スケジュール
2/28(金)-3/04(火) 常設展示  ※3/5(水),6(木)は定休日
3/07(土)-3/11(火) 常設展示  ※3/12(水),13(木),14(金)は定休及び設営休
3/15(水)-3/25(木) 企画展示  ※会期中無休
営業カレンダー

ギャラリーうつわノート
埼玉県川越市小仙波町1-7-6
営業時間/11:00~18:00
地図


by sora_hikari | 2014-02-28 23:03 | おしらせ

冬期休業 2/19-27

d0087761_21594295.jpg

2月19日(水)より27日(木)までの間、冬期休業となります。何卒宜しくお願い致します。


今後の営業スケジュール
2/19(水)-2/27(木) 冬期休業
2/28(金)-3/04(火) 常設展示  ※3/5(水),6(木)は定休日
3/07(土)-3/11(火) 常設展示  ※3/12(水),13(木),14(金)は定休及び設営休
3/15(水)-3/25(木) 企画展示  ※会期中無休
営業カレンダー

ギャラリーうつわノート
埼玉県川越市小仙波町1-7-6
営業時間/11:00~18:00
地図


by sora_hikari | 2014-02-19 22:00 | おしらせ

茶と美 -柳宗悦の茶- @ 日本民藝館

d0087761_03089.jpg

日本民藝館で開催中の「茶と美 柳宗悦の茶」展に行ってきました。先の黒田辰秋が手の匠ならば、こちらは眼の匠と言えるでしょうか。茶の湯の権威と民藝には距離があるように思えますが、茶人の本来の美に対する直観と見立ての眼力を、柳宗悦は絶賛しています。批判的なのは、その後の形骸化された物の見方や権威に対してでしょう。柳宗悦の茶に対して、そして器に対する考え方は、著作の「茶と美」に明瞭に書かれており、その視点を知るには良い一冊です。今回の展示会を観て、民藝館にこんなに茶碗や茶道具があるんだと感心しました。


茶と美 -柳宗悦の茶-  
2014年1月10日(金)-3月23日(日)
日本民藝館
ホームページ

d0087761_030058.jpg


by sora_hikari | 2014-02-07 00:34 | 見て歩き

黒田辰秋の世界 @ 横浜そごう美術館

d0087761_063975.jpg

横浜そごう美術館で開催中の「黒田辰秋の世界」展を見に行きました。民藝に触発され木漆工一筋に生きた人。当初は塗師の家系に生まれましたが、その分業制に疑問を感じ、独学で木地から仕上げまで一貫制作しました。力強くどっしりとした輪郭に、木と漆の艶めかしさを併せ持った美しい仕事の数々。生前、黒田辰秋の作品の理解者であり、顧客でもあった文化人たち(柳宗悦、河井寛次郎、鍵善良房、白洲正子、小林秀雄、武者小路実篤、川端康成、黒澤明)の愛用品ごとに会場構成されている点が、この展示会のサブタイトルである「目利きと匠の邂逅」を意味しています。木の性質と魅力を知り尽くした職人肌の巨匠。晩年には人間国宝に。民藝の流れに置かれる黒田辰秋ですが、決して下手の作でなく上手の仕事という点からは、より作家的であったと言えるでしょう。最近、このように古典や技をきちんと踏まえた仕事に惹かれます。


生誕110年 黒田辰秋の世界 ~目利きと匠の邂逅~ 
2月1日(土)~3月10日(月)
開館時間:午前10時~午後8時
※最終日は午後5時閉館、入館は閉館の30分前まで
横浜そごう美術館
ホームページ

d0087761_065116.jpg


by sora_hikari | 2014-02-07 00:15 | 見て歩き