<   2012年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

営業のご案内

d0087761_1425166.jpg

本日12/25をもちまして本年の営業は終了いたしました。1年に渡り多くの皆様にご来店頂き心より御礼申し上げます。近くの大きなお寺(喜多院)の年末年始の準備も佳境に入っています。元旦からの初詣にはじまり、3日は恒例のだるま市で賑わいます。当店は1月5日(土)より年始営業の予定となっております。


営業のご案内 

12月26日(水)~1月4日(金) 年末年始休業
1月5日(土)~8日(火) 常設展示 ※1/9(水)、10(木)は定休日
1月11日(金)~15日(火) 常設展示 ※1/16(水)~18(金)は定休及び搬入休
1月19日(土)~29日(火) 企画展示 ※会期中無休
※営業カレンダーはこちら

ギャラリー うつわノート
〒350-0036 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 (地図
営業時間: 11:00~18:00
ホームページ


by sora_hikari | 2012-12-26 01:27 | おしらせ

常設展示:山田洋次さんのスープカップ

d0087761_19124682.jpg
山田洋次 スリップウェア・スープカップ 3360円

年内の営業は明日12/25(16:00迄)となります。写真は信楽でスリップウェアの器を作っている山田洋次さんのスープカップです。スープが掬い易い扁平なフォルムです。飴色のタイプ(写真)とクリーム色のタイプの2種類が入荷しています。


営業のご案内 

12月21日(金)~25日(火) 常設展示  ※25日は16:00で閉店となります。
12月26日(水)~1月4日(金) 年末年始休業
※営業カレンダーはこちら

ギャラリー うつわノート
〒350-0036 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 (地図
営業時間: 11:00~18:00
ホームページ


by sora_hikari | 2012-12-24 19:16 | 山田洋次さん

升たか 陶展 @ 桃居

d0087761_2229787.jpgd0087761_22292345.jpg
d0087761_2230861.jpgd0087761_22301772.jpg
d0087761_22302661.jpgd0087761_22303410.jpg
d0087761_22304173.jpgd0087761_22304819.jpg
d0087761_22305621.jpgd0087761_2231957.jpg
d0087761_22311799.jpgd0087761_22312648.jpg
d0087761_22313388.jpgd0087761_22314076.jpg
d0087761_22314723.jpgd0087761_22315889.jpg
d0087761_2232725.jpgd0087761_22321658.jpg
d0087761_22322816.jpgd0087761_22323789.jpg
d0087761_22324896.jpgd0087761_2233077.jpg
d0087761_22331177.jpgd0087761_22332247.jpg
d0087761_22333262.jpgd0087761_22334460.jpg
d0087761_22351413.jpgd0087761_22352512.jpg
d0087761_22353787.jpgd0087761_22354457.jpg
d0087761_2235527.jpgd0087761_22355999.jpg

西麻布の桃居で開催されている升たか(ますたか)さんの個展に行ってきました。桃居さんの1年を締めくくる展示会です。升たかさんは1946年生まれ。若い頃に舞台(天井桟敷)の世界に関わり、その後イラストレーターとして活躍。数々の経験を踏んだ後、50歳より陶芸を始め、今はうつわ作家として根強い人気があります。もし今が日常向きのうつわがひとつの流れだとしたら、升さんの器はそのトレンドとは一線を隔す揺るがない世界観を築いています。絵を描いていた経歴を下地にして、緻密な絵の器が特徴です。その絵は、東洋と西洋を繋ぐシルクロードの風景です。ペルシャの砂漠のオアシス、西洋の天使の棲む天上界、古代中国の桃源郷などを彷彿とさせる升さんが作りだした夢の国の景色が器の中にあります。ひとつひとつの作品は小さなものが多いですが、そこには絵巻物語を見るような楽しい世界が広がります。宝飾品のようなコレクションとしても、日々楽しむ器としても魅力的な升たかワールド満載の展示会でした。


升たか 陶展
2012年12月22日(土)~26日(水)
11:00~19:00
桃居 (東京・西麻布) ホームページ

d0087761_2220441.jpg


by sora_hikari | 2012-12-23 23:03 | 升たかさん

Oz Zingaro クリスマス展示

d0087761_2156231.jpgd0087761_21561555.jpg
d0087761_21562669.jpgd0087761_2156333.jpg
d0087761_21564521.jpgd0087761_21571074.jpg
d0087761_21573180.jpgd0087761_215722100.jpg

中野ブロードウェイ内のOz Zingaroで開催されているクリスマス展示に行ってきました。ここは現代アーチスト・村上隆さんの主宰するギャラリーです。今回はクリスマスシーズンに合わせて、村上さんの選んだ現代作家のうつわ、骨董、現代アートの作品を展示し販売するものです。通常、それぞれの流通チャネルは分かれていますが、ここではジャンルの垣根なく「モノ」の価値を並列に取り扱って見せているのがユニークです。本日は、3階のHidari Zingaroで村上さんの「骨董からうつわまで」をテーマにしたトークショーも開催され、展示会に厚みを増した内容になりました。展示会の方はクリスマスプレゼントという特集テーマですが、ギフトよりも自分自身へのプレゼントとする方も多いかもしれません。多くの人で賑わう中野ブロードウェイの中で、このような渋さの分かる品々を選択をするのはとても楽しい体験だと思います。


Oz Zingaroでクリスマスプレゼントを
2012年12月18日(火)~25日(火)
12:00~19:00
Oz Zingaro(東京・中野ブロードウェイ内) ホームページ

d0087761_21523618.jpg


by sora_hikari | 2012-12-23 22:17 | 見て歩き

濱中史朗 展 @ さる山

d0087761_19571114.jpgd0087761_19572590.jpg
d0087761_19573693.jpgd0087761_19574735.jpg
d0087761_1958139.jpgd0087761_1958108.jpg
d0087761_19582078.jpgd0087761_1958273.jpg

元麻布のさる山で開催されている濱中史朗さんの個展に行ってきました。さる山さんの年末を締めくくる恒例の展示会です。濱中さんの作る器は一貫して鋭敏な存在感を持っています。磁器の焼締めからはじまり、黒レザー、ブロンズ系の金属釉など硬質な表面を纏いながら、一種の痛さを伴った美の世界を形成してきました。それはゴシックスタイルやアナトミーなどに見る少し倒錯したフェティシズムの美的感覚に通じます。今回の個展では、alternative whiteというサブタイトルにあるように新しい質感の白い器が並んでいました。光沢のある白が、スカルやカップ、燭台という形を得ることで妙に艶めかしい存在に感じたのは、さる山さんというお店の空間の演出もあったかもしれません。萩焼の伝統の家を継ぎながら、自分の世界観をぶれずに示し続けるこの展示会は、濱中史朗さんと猿山修さんの方向性を定点観測する意味でも興味深いです。


濱中史朗 展  alternative white
2012年12月15日(土)~23日(日)
さる山 (東京・元麻布) ホームページ

※本展紹介記事
honeyee.com
OPENERS

d0087761_19515070.jpg


by sora_hikari | 2012-12-23 21:44 | 濱中史朗さん

常設展示:鶴野啓司さんの粉引徳利

d0087761_19122477.jpg
鶴野啓司 粉引徳利 12600円

常設展示中の鶴野啓司さんの粉引徳利です。小ぶりなサイズですが、きゅっと締まった良い形をしています。薪窯ならではの釉の流れも綺麗です。


営業のご案内 

12月21日(金)~25日(火) 常設展示  ※25日は16:00で閉店となります。
12月26日(水)~1月4日(金) 年末年始休業
※営業カレンダーはこちら

ギャラリー うつわノート
〒350-0036 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 (地図
営業時間: 11:00~18:00
ホームページ


by sora_hikari | 2012-12-22 19:25 | 鶴野啓司さん

常設展示:服部竜也さんの銀彩

d0087761_21363068.jpg
銀彩ワインカップ 9450円

d0087761_2253092.jpg
黒銀彩マグカップSサイズ 3780円

新入荷の服部竜也さんの銀彩の器です。ワインカップとマグカップ。ディテールまで神経の届いたお仕事です。


営業のご案内 

12月21日(金)~25日(火) 常設展示  ※25日は16:00で閉店となります。
12月26日(水)~1月4日(金) 年末年始休業
※営業カレンダーはこちら

ギャラリー うつわノート
〒350-0036 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 (地図
営業時間: 11:00~18:00
ホームページ


by sora_hikari | 2012-12-21 21:41 | 服部竜也さん

常設展示:中野知昭さんの椀(2)

現在展示中の中野知昭さんの椀と丼です。威風堂々とした形で黒光りの美しい野武士椀。溜色と黒色のコンビになった羽反丼。下地の黒を透かした朱塗りの羽反大椀。武骨で力強さが魅力の3種類です。漆は元来、木地を防水する機能目的で施されたものであろうと思います。その歴史は古く、古代縄文の発掘品にも漆を使った道具があるそうです。陶土を1000度を超える炎で焼く必要がある陶磁器よりも、木の器は森林資源の豊富な日本で材料も入手し易く、加工性に優れ、さらにその軽さ故に可搬性が高いため、全国的に流通し易い道具として、庶民の間でポピュラーなものであったと思われます。そう考えると漆の器は、上流階級のみならず、もっと日常食器として一般性があったのではないでしょうか。中野さんの作るこのような骨太な漆器を見ていると、かつての庶民が求めた堅牢で土着的な漆器の姿を彷彿とさせます。形の力強さと塗りの繊細さの備わった男前な椀です。

d0087761_2351887.jpg
野武士椀(黒色) 23,100円

d0087761_23512259.jpg
野武士椀(黒色) 23,100円

d0087761_2351344.jpg
野武士椀(黒色) 23,100円

d0087761_23514313.jpg
野武士椀(黒色) 23,100円

d0087761_23515111.jpg
羽反丼(木地溜色) 21,000円

d0087761_23522433.jpg
羽反丼(木地溜色) 21,000円

d0087761_2352364.jpg
羽反丼(木地溜色) 21,000円

d0087761_23524411.jpg
羽反丼(木地溜色) 21,000円

d0087761_23525397.jpg
羽反大椀(朱色) 23,100円

d0087761_235312.jpg
羽反大椀(朱色) 23,100円

d0087761_23531265.jpg
羽反大椀(朱色) 23,100円

d0087761_23532054.jpg
羽反大椀(朱色) 23,100円

d0087761_23532999.jpg
羽反大椀(朱色) 23,100円


営業のご案内 

12月19日(水)、20日(木) 定休日
12月21日(金)~25日(火) 常設展示
12月26日(水)~1月4日(金) 年末年始休業
※営業カレンダーはこちら

ギャラリー うつわノート
〒350-0036 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 (地図
営業時間: 11:00~18:00
ホームページ


by sora_hikari | 2012-12-19 00:22 | 中野知昭さん

常設展示:中野知昭さんの重箱

只今、常設展示中です。写真は中野知昭さんの重箱です。お正月に向けて需要の高まるアイテムですが、かつての日本の家庭にはどこにもあった道具だと思います。おせちはもちろん、花見等の行楽、季節の行事、来客向け、日常のおかず入れ等、日々の暮らしと共にあった容器です。収納を考えたスタッキング機能と、料理を華やかにしてくれる日本伝統の美と食の演出道具です。中野さんの重箱は、加飾を排しシンプルに朱色と黒色で仕上げたもの。日常の気分を少し高揚させてくれる気品を感じます。季節やシーンを問わずに使えるスタンダードな重箱です。

d0087761_2315663.jpg
重箱三段5寸(朱色) 63,000円

d0087761_2352866.jpg
重箱三段5寸(朱色) 63,000円

d0087761_3473642.jpg
重箱三段5寸(朱色) 63,000円

d0087761_2355348.jpg
重箱三段5寸(朱色) 63,000円

d0087761_2351491.jpg
重箱三段5寸(黒内朱色) 63,000円

d0087761_2353721.jpg
重箱三段5寸(黒内朱色) 63,000円

d0087761_23113014.jpg
重箱三段5寸(黒内朱色) 63,000円

d0087761_236726.jpg
重箱三段6.5寸×6寸(黒内朱色) 84,000円

d0087761_2365696.jpg
重箱三段6.5寸×6寸(黒内朱色) 84,000円

d0087761_2371024.jpg
重箱三段6.5寸×6寸(黒内朱色) 84,000円

d0087761_23123924.jpg
重箱三段6.5寸×6寸(朱色) 84,000円

d0087761_2363349.jpg
重箱三段6.5寸×6寸(朱色) 84,000円

d0087761_2364399.jpg
重箱三段6.5寸×6寸(朱色) 84,000円

d0087761_2316156.jpg
重箱三段6.5寸×6寸(朱色) 84,000円


営業のご案内 

12月14日(金)~18日(火) 常設展示
12月19日(水)、20日(木) 定休日
12月21日(金)~25日(火) 常設展示
12月26日(水)~1月4日(金) 年末年始休業
※営業カレンダーはこちら

ギャラリー うつわノート
〒350-0036 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 (地図
営業時間: 11:00~18:00
ホームページ


by sora_hikari | 2012-12-17 23:57 | 中野知昭さん

常設展示:中野知昭さんの鉢と丼

只今、常設展示中です。写真は、塗師・中野知昭さんの鉢と丼です。端正な形で気品のある漆器です。この佇まいをタイポグラフィに例えれば、ヘルベチカのような均整のとれた美しさでしょうか。森閑とした柔らかな反射光の奥に見える深い色に艶かしさを感じます。

d0087761_14512324.jpg
浅鉢(溜色) 8,400円

d0087761_14514823.jpg
浅鉢(溜色) 8,400円

d0087761_14534612.jpg
浅鉢(溜色) 8,400円

d0087761_1452865.jpg
浅鉢(溜色) ディテール

d0087761_14513579.jpg
浅鉢(朱色) 8,400円

d0087761_14515835.jpg
浅鉢(朱色) 8,400円

d0087761_14535386.jpg
浅鉢(朱色) 8,400円

d0087761_14522750.jpg
銅鑼鉢(溜色) 5寸:10,500円 6寸:12,600円  ※写真は5寸

d0087761_14525729.jpg
銅鑼鉢(溜色) ディテール

d0087761_14524239.jpg
銅鑼鉢(朱色) 5寸:10,500円 6寸:12,600円  ※写真は5寸

d0087761_1453491.jpg
銅鑼鉢(朱色) 5寸:10,500円 6寸:12,600円  ※写真は5寸

d0087761_14531371.jpg
丼(溜内黒色) 15,750円

d0087761_1602152.jpg
丼(溜内黒色) ディテール

d0087761_1604711.jpg
丼(溜内黒色) ディテール

d0087761_14532243.jpg
丼(朱色) 15,750円

d0087761_15584962.jpg
丼(朱色) 15,750円

d0087761_1559282.jpg
丼(朱色) ディテール

d0087761_1559941.jpg
丼(朱色) ディテール


営業のご案内 

12月14日(金)~18日(火) 常設展示
12月19日(水)、20日(木) 定休日
12月21日(金)~25日(火) 常設展示
12月26日(水)~1月4日(金) 年末年始休業
※営業カレンダーはこちら

ギャラリー うつわノート
〒350-0036 埼玉県川越市小仙波町1-7-6 (地図
営業時間: 11:00~18:00
ホームページ


by sora_hikari | 2012-12-16 16:25 | 中野知昭さん