<   2012年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

常設展示のお知らせ

d0087761_14404638.jpg
鹿児島 苗代川焼 江戸後期

本日より常設展示を行っております。ゴールデンウィーク中は、5月2日(水)のみ休業となります。


ギャラリーうつわノート
住所:埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図
時間:11:00~18:00
TEL:049-298-8715

営業スケジュール
常設:4月27日(金)~5月01日(火) *5/2(水)は休み
常設:5月03日(木)~5月08日(火) *5/9(水),10(木)は定休日、11(金)は搬入休み
個展:5月12日(土)~5月22日(火) *会期中無休
詳しくは営業カレンダーをご覧下さい。

現在ご覧頂ける作家の器

荒賀文成
d0087761_1745679.jpg

大谷工作室
d0087761_175658.jpg

大村剛
d0087761_1751595.jpg

加地学
d0087761_17523100.jpg

木村勲
d0087761_1753052.jpg

寒川義雄
d0087761_1761143.jpg

小嶋亜創
d0087761_1761922.jpg

坂場圭十
d0087761_1762890.jpg

清水善行
d0087761_1795481.jpg

城進
d0087761_1763550.jpg

田鶴濱守人
d0087761_1765253.jpg

田村文宏
d0087761_177120.jpg

鶴野啓司
d0087761_177949.jpg

中野知昭
d0087761_1771865.jpg

畠田光枝
d0087761_1772513.jpg

原田譲
d0087761_17734100.jpg

服部竜也
d0087761_1774462.jpg

藤田佳三
d0087761_178385.jpg

野口悦士
d0087761_1781346.jpg

増渕篤宥
d0087761_1782411.jpg

松村英治
d0087761_1783263.jpg

増田勉
d0087761_1784491.jpg

宮岡麻衣子
d0087761_1785410.jpg

山本忠正
d0087761_17101615.jpg

山田洋次
d0087761_179376.jpg

吉田次朗
d0087761_1791382.jpg

若杉聖子
d0087761_1792476.jpg

(50音順・敬称略、※展示品は、入荷・販売状況によって変動します)




by sora_hikari | 2012-04-27 14:54 | おしらせ

悠久の美 @ 出光美術館

d0087761_22402592.jpg

丸の内の出光美術館で開催されている「悠久の美  ~唐物茶陶から青銅器まで~」展に行ってきました。これは中国の古い工芸作品を扱った展覧会です。会場は大きく3つで構成されており、一部は日本に渡来した「唐物=中国もの」の陶器・水墨画・銅器・漆器などの展示、二部は古代中国のものを祖形とする倣古品の展示、そして三部は本流とも言うべき古代の中国(商・周時代)の青銅器などの展示となっています。本展は展示物も見どころですが、一部で日本で尊重された「唐物」、二部でその「唐物」の意味合いが、中国本土では古い時代の玉や青銅器に憧憬を込めた「倣古品」とした切り口で対比して並べられている点、そして三部でその源流を遡った展示物を集約した会場構成の企画力も見逃せません。個々に見ると天目茶碗の優品に目が留まりしたが、なんといっても本展の核となるのは最後の部屋に並んだ堂々たる青銅器の数々です。美術館のホームページには満を持しての一挙公開とのことです。日本がまだ縄文・弥生の時代に、これだけの工芸品が作られていたことに驚きます。そして時代を経て作りだされた青銅の質感は見事です。本展のタイトルにもなった「悠久」という時間が相応しい時間の奥深さを感じる展示品の数々でした。


悠久の美  ~唐物茶陶から青銅器まで~
2012年4月3日(火)~6月10日(日)
10:00~17:00
月曜休館
出光美術館(東京・丸の内) ホームページ

d0087761_22403598.jpg



by sora_hikari | 2012-04-11 23:32 | 見て歩き

KATAGAMI Style @ 三菱一号館美術館

d0087761_21493433.jpg

丸の内の三菱一号美術館で開催れている「KATAGAMI Style  世界が恋した日本のデザイン」展に行ってきました。これは江戸時代に着物の柄に使われた型紙のデザインを軸に、それが世界にどのような影響を与えたのかを俯瞰した展覧会です。日本の浮世絵が印象派の画家などに与えた影響は広く知られていますが、本展は同時期に欧米に渡った型紙というもうひとつのジャポニスムにスポットを当てたのがユニークな点です。第一章では、日本の型紙と着物の展示、それ以降は、第二章:イギリスやアメリカ(アーツアンドクラフツ運動)、第三章:フランスやベルギー(アールヌーボー)、第四章:ドイツ・オーストリア、オランダ(ユーゲントシュティール)など各国の様式と日本の型紙デザインとの関連づけの展示となっています。着物の型紙と言えば、伊勢型紙()を代表とする柿渋で固めた紙に、極小のドットや線を切り込んだ繊細なデザインを思い浮かべます。本展では、それら江戸時代に作られた日本独自のリズミカルに平面構成された美しいパターンの型紙をいくつも見ることができます。それらが19世紀後半になって、欧米に持ちだされ各国の美術運動やデザイン様式に影響を与えた様子を、実際の当時の展示品に照らし合わされながら会場を見て廻ることができます。とてもメジャーな世界の様式にもたらした型紙の数々の意匠の片りんを見ると、あらためて日本の優れたデザイン性を認識することができます。また、型紙そのものの美しさも格別です。柿渋の濃い茶をベースに、切り抜かれた細やかなパターンは、絵画的にも美しいものです。会場には、その型紙を製作する工程を紹介する映像も上映されており、大変興味深く見ました。職人の手仕事が作りだした技が、美として昇華した様を体験できる展覧会です。


KATAGAMI Style  世界が恋した日本のデザイン
2012年4月6日(金)~5月27日(日)
10:00~18:00 火・土・日・祝日
10:00~20:00 水・木・金
月曜休館
三菱一号館美術館 (東京・丸の内) ホームページ

d0087761_21494499.jpg



by sora_hikari | 2012-04-11 22:22 | 見て歩き

庭の桜

d0087761_12311945.jpg

暖かな日差し。本格的な春到来の1日となりそうです。庭の桜も満開になりました。明日10日(火)まで常設展示となっております。週末の4月14日(土)からは増渕篤宥展がスタートします。

ギャラリーうつわノート
住所:埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図
時間:11:00~18:00
TEL:049-298-8715

営業スケジュール
常設:4月06日(金)~4月10日(火) *4/11(水),12(木)は定休日、13(金)は搬入休み
増渕篤宥展:4月14日(土)~4月24日(火) *会期中無休
詳しくは営業カレンダーをご覧下さい。


増渕篤宥 展  Hand-on Tools
2012年4月14日(土)~24日(火) 会期中無休
営業時間11:00~18:00  
作家在廊日 4月14日、15日
ギャラリーうつわノート (埼玉・川越市) 地図

d0087761_20532275.jpg
※画像クリックで拡大
d0087761_20533511.jpg
※画像クリックで拡大


by sora_hikari | 2012-04-09 12:32 | おしらせ

展示品:増田勉 黒釉輪花小鉢

d0087761_1501190.jpg
増田勉 黒釉輪花小鉢 2730円 径12.5cm 高さ6.5cm

増田勉さんの黒釉の小鉢。口縁が花びら状に細工されています。しっとりとした手触りで所々深緑色の混ざる落ち着いた黒色をしています。増田さんの作る器は、造形は控えめで、食器としての役割と焼き物の味わいのバランスが均衡した大人の静かさが魅力的です。


ギャラリーうつわノート
住所:埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図
時間:11:00~18:00
TEL:049-298-8715

営業スケジュール
常設:4月06日(金)~4月10日(火) *4/11(水),12(木)は定休日、13(金)は搬入休み
増渕篤宥展:4月14日(土)~4月24日(火) *会期中無休
詳しくは営業カレンダーをご覧下さい。

現在ご覧頂ける作家の器
荒賀文成、大谷工作室、加地学、木村勲、寒川義雄、小嶋亜創、坂場圭十、城進、田鶴濱守人、田村文宏、鶴野啓司、原田譲、服部竜也、藤田佳三、野口悦士、松村英治、増田勉、宮岡麻衣子、山田洋次、吉田次朗、若杉聖子
(50音順・敬称略、※展示品は、入荷・販売状況によって変動します)



by sora_hikari | 2012-04-08 15:00 | おしらせ

展示品:坂場圭十 色絵の器

d0087761_22464857.jpg

常設展示品のご案内です。写真は茨城県水戸市で製作されている坂場圭十さんの色絵の器です。本年3月からのお披露目となっております。坂場さんは、水戸市ご出身ですが、陶芸は九谷焼の産地で学び、その後正木春蔵氏のもとで修業をされた方です。背景となる白磁の上に九谷らしい鮮やかな色合いで描かれた牡丹や鉄仙の花文柄が綺麗な皿や鉢をご覧頂けます。


ギャラリーうつわノート
住所:埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図
時間:11:00~18:00
TEL:049-298-8715

営業スケジュール
常設:4月06日(金)~4月10日(火) *4/11(水),12(木)は定休日、13(金)は搬入休み
増渕篤宥展:4月14日(土)~4月24日(火) *会期中無休
詳しくは営業カレンダーをご覧下さい。

現在ご覧頂ける作家の器
荒賀文成、大谷工作室、加地学、木村勲、寒川義雄、小嶋亜創、坂場圭十、城進、田鶴濱守人、田村文宏、鶴野啓司、原田譲、服部竜也、藤田佳三、野口悦士、松村英治、増田勉、宮岡麻衣子、山田洋次、吉田次朗、若杉聖子
(50音順・敬称略、※展示品は、入荷・販売状況によって変動します)



by sora_hikari | 2012-04-06 23:01 | おしらせ

4月の営業

d0087761_0271280.jpg

先日西荻窪のみずのそらで行われた際の「おおたにくんちの桜」を分けて頂き、ギャラリー入口の唐津の大甕に活けました。近くの喜多院の境内では、春まつりが開催されています。また、中院の方では、これからの季節、しだれ桜の咲く庭が綺麗です。この桜と共に「サクラ・カフェ」がオープンするようです。ギャラリーにお越しの際は、川越の春も併せてご散策ください。


ギャラリーうつわノート
住所:埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図
時間:11:00~18:00
TEL:049-298-8715

営業スケジュール
常設:3月30日(金)~4月03日(火) *4/04(水),05(木)は定休日
常設:4月06日(金)~4月10日(火) *4/11(水),12(木)は定休日、13(金)は搬入休み
個展:4月14日(土)~4月24日(火) *会期中無休
詳しくは営業カレンダーをご覧下さい。

現在ご覧頂ける作家の器
荒賀文成、大谷工作室、加地学、木村勲(新)、寒川義雄、小嶋亜創、坂場圭十(新)、城進、田鶴濱守人、田村文宏、鶴野啓司(新)、原田譲、服部竜也、藤田佳三、野口悦士、松村英治、増田勉、宮岡麻衣子、山田洋次、吉田次朗、若杉聖子
(50音順・敬称略、※展示品は、入荷・販売状況によって変動します)



by sora_hikari | 2012-04-01 00:35 | おしらせ