<   2012年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

展示品:城進 鉄絵ポット

d0087761_2235981.jpg
城進 鉄絵ポット 10,500円

三重県の伊賀丸柱で制作されている城進さんのポットです。城さん定番のヘリンボーン柄(ニシンの骨)の落ち着いた色合い。和の風情にモダンなフォルムの取り合わせが魅力です。水切れも良く機能性にも怠りがありません。


ギャラリーうつわノート
住所:埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図
時間:11:00~18:00
TEL:049-298-8715

営業スケジュール
常設:3月30日(金)~4月03日(火) *4/04(水),05(木)は定休日
常設:4月06日(金)~4月10日(火) *4/11(水),12(木)は定休日、13(金)は搬入休み
個展:4月14日(土)~4月24日(火) *会期中無休
詳しくは営業カレンダーをご覧下さい。

現在ご覧頂ける作家の器
荒賀文成、大谷工作室、加地学、木村勲(新)、寒川義雄、小嶋亜創、坂場圭十(新)、城進、田鶴濱守人、田村文宏、鶴野啓司(新)、原田譲、服部竜也、藤田佳三、野口悦士、松村英治、増田勉、宮岡麻衣子、山田洋次、吉田次朗、若杉聖子
(50音順・敬称略、※展示品は、入荷・販売状況によって変動します)



by sora_hikari | 2012-03-30 22:08 | 城進さん

展示品:松村英治 緑釉瓶

d0087761_2133711.jpg
松村英治 緑釉瓶 7350円 高さ23cm 径10cm

愛知県の常滑に近い半田市で制作している松村英治さんの緑釉瓶です。徳利、花入れとして。松村さんは、入念に磨かれた焼〆の器が代表的ですが、このような緑釉や灰釉の器にも定評があります。胴の膨らみから流れ落ちる緑の釉薬の作りだす淡さから濃くなるグラデーションがとても綺麗です。


ギャラリーうつわノート
住所:埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図
時間:11:00~18:00
TEL:049-298-8715

営業スケジュール
常設:3月30日(金)~4月03日(火) *4/04(水),05(木)は定休日
常設:4月06日(金)~4月10日(火) *4/11(水),12(木)は定休日、13(金)は搬入休み
個展:4月14日(土)~4月24日(火) *会期中無休
詳しくは営業カレンダーをご覧下さい。

現在ご覧頂ける作家の器
荒賀文成、大谷工作室、加地学、木村勲(新)、寒川義雄、小嶋亜創、坂場圭十(新)、城進、田鶴濱守人、田村文宏、鶴野啓司(新)、原田譲、服部竜也、藤田佳三、野口悦士、松村英治、増田勉、宮岡麻衣子、山田洋次、吉田次朗、若杉聖子
(50音順・敬称略、※展示品は、入荷・販売状況によって変動します)



by sora_hikari | 2012-03-29 21:10 | 松村英治さん

展示品:鶴野啓司 藁灰釉碗

d0087761_2273445.jpg
鶴野啓司 藁灰釉飯碗 4200円

鶴野啓司さんの藁灰釉の飯碗です。白土をベースに緑色を帯びた白濁の色。手にしっくり馴染む手取りの良い飯碗です。


ギャラリーうつわノート
住所:埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図
時間:11:00~18:00
TEL:049-298-8715

営業スケジュール
常設:3月23日(金)~3月27日(火) *3/28(水),29(木)は定休日
常設:3月30日(金)~4月03日(火) *4/04(水),05(木)は定休日
常設:4月06日(金)~4月10日(火) *4/11(水),12(木)は定休日、13(金)は搬入休み
個展:4月14日(土)~4月24日(火) *会期中無休
詳しくは営業カレンダーをご覧下さい。

現在ご覧頂ける作家の器
荒賀文成、大谷工作室、加地学、木村勲(新)、寒川義雄、小嶋亜創、坂場圭十(新)、城進、田鶴濱守人、田村文宏、鶴野啓司(新)、原田譲、服部竜也、藤田佳三、野口悦士、松村英治、増田勉、宮岡麻衣子、山田洋次、吉田次朗、若杉聖子
(50音順・敬称略、※展示品は、入荷・販売状況によって変動します)



by sora_hikari | 2012-03-28 22:10 | 鶴野啓司さん

展示品: 鶴野啓司 粉引徳利

d0087761_22595428.jpg
鶴野啓司 粉引徳利 12600円 高さ12cm 径10cm

鶴野啓司さんの粉引徳利です。小ぶりなサイズですが、化粧土に浮き出た鉄粉と、降りかかった自然灰が混ざりあった肌合いが綺麗な徳利です。しっとりとした質感も手に馴染みます。


ギャラリーうつわノート
住所:埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図
時間:11:00~18:00
TEL:049-298-8715

営業スケジュール
常設:3月23日(金)~3月27日(火) *3/28(水),29(木)は定休日
常設:3月30日(金)~4月03日(火) *4/04(水),05(木)は定休日
常設:4月06日(金)~4月10日(火) *4/11(水),12(木)は定休日、13(金)は搬入休み
個展:4月14日(土)~4月24日(火) *会期中無休
詳しくは営業カレンダーをご覧下さい。

現在ご覧頂ける作家の器
荒賀文成、大谷工作室、加地学、木村勲(新)、寒川義雄、小嶋亜創、坂場圭十(新)、城進、田鶴濱守人、田村文宏、鶴野啓司(新)、原田譲、服部竜也、藤田佳三、野口悦士、松村英治、増田勉、宮岡麻衣子、山田洋次、吉田次朗、若杉聖子
(50音順・敬称略、※展示品は、入荷・販売状況によって変動します)



by sora_hikari | 2012-03-27 23:03 | 鶴野啓司さん

展示品: 鶴野啓司 ぐい呑み

d0087761_1215080.jpg
鶴野啓司 紅葉手ぐい呑み 4200円 径6.5cm 高さ5cm

展示品のご紹介です。益子で薪窯焼成をされている鶴野啓司さんのぐい呑みです。全体に赤みを帯びた火色を地にして細々とした鉄分の斑紋が散り吹いた様子が綺麗な器です。素材から引き出されたヤキモノの美しさです。


ギャラリーうつわノート
住所:埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図
時間:11:00~18:00
TEL:049-298-8715

営業スケジュール
常設:3月23日(金)~3月27日(火) *3/28(水),29(木)は定休日
常設:3月30日(金)~4月03日(火) *4/04(水),05(木)は定休日
常設:4月06日(金)~4月10日(火) *4/11(水),12(木)は定休日、13(金)は搬入休み
個展:4月14日(土)~4月24日(火) *会期中無休
詳しくは営業カレンダーをご覧下さい。

現在ご覧頂ける作家の器
荒賀文成、大谷工作室、加地学、木村勲(新)、寒川義雄、小嶋亜創、坂場圭十(新)、城進、田鶴濱守人、田村文宏、鶴野啓司(新)、原田譲、服部竜也、藤田佳三、野口悦士、松村英治、増田勉、宮岡麻衣子、山田洋次、吉田次朗、若杉聖子
(50音順・敬称略、※展示品は、入荷・販売状況によって変動します)



by sora_hikari | 2012-03-27 13:14 | 鶴野啓司さん

常設展示

d0087761_2122434.jpg

3月23日より常設展示となっております。現在は約20名の作家ものの器をご覧頂けます。写真は、昨年よりお取引をしている茨城県城里町の原田譲(ユズル)さんの器。中国の焼き物はとても長い歴史がありますが、原田さんはその中でも、北宋時代を中心とする定窯の白磁を本歌としています。定窯は、唐代から始まり、衰退期の元代まで700年に渡る長い歴史を持ちますが、特に宋代に最盛期を迎えた白磁の完成度には目を見張るものがあります。それは李朝時代の白磁が出来る400年前、日本の有田での磁器完成よりも600年以上も遡る驚くべき時期です。そういう焼き物に感化された原田さんの器を知ると、その背景にある歴史にも目を向けたくなってきます。古典の器と、今の暮らしを繋げる原田さんの器を一度ご覧ください。


ギャラリーうつわノート
住所:埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図
時間:11:00~18:00
TEL:049-298-8715

営業スケジュール
常設:3月23日(金)~3月27日(火) *3/28(水),29(木)は定休日
常設:3月30日(金)~4月03日(火) *4/04(水),05(木)は定休日
常設:4月06日(金)~4月10日(火) *4/11(水),12(木)は定休日、13(金)は搬入休み
個展:4月14日(土)~4月24日(火) *会期中無休
詳しくは営業カレンダーをご覧下さい。

現在ご覧頂ける作家の器
荒賀文成、大谷工作室、加地学、木村勲(新)、寒川義雄、小嶋亜創、坂場圭十(新)、城進、田鶴濱守人、田村文宏、鶴野啓司(新)、原田譲、服部竜也、藤田佳三、野口悦士、松村英治、増田勉、宮岡麻衣子、山田洋次、吉田次朗、若杉聖子
(50音順・敬称略、※展示品は、入荷・販売状況によって変動します)



by sora_hikari | 2012-03-24 23:19 | おしらせ

おおたにくんちの桜を @ みずのそら

d0087761_1902056.jpgd0087761_1914496.jpg
d0087761_192040.jpgd0087761_1922485.jpg
d0087761_1923796.jpgd0087761_1925085.jpg
d0087761_1931653.jpgd0087761_1932656.jpg
d0087761_1934424.jpgd0087761_19406.jpg
d0087761_1944035.jpgd0087761_195464.jpg

西荻窪のギャラリーみずのそらで開催されている「おおたにくんちの桜を」展に行ってきました。これは、大谷工作室(造形)+平間磨理夫さん(花活け)+宮濱祐美子さん(写真)によるコラボレーション企画展です。事の発端は、大谷さんの滋賀県の実家にある桜を都合による伐採することになり、それを大谷さんの作る器に、平間さんが活け、それを宮濱さんが記録するといった一連の流れになっています。これ至るには、桜の伐り出し、桜を受ける大壺の製作、開花に合わせた調整、木を自立させる河原石拾い、信楽からの運搬、会場での設営、その写真記録とアーカイブ。そして会場で日ごとに花を咲かせる桜の姿と大谷工作室の作品群。会の終了後は、この木々の枝を薪窯の燃料として使うのだそうです。いわば、この展示会は、3人の活動をここに集約した「出来事」なのかもしれません。大谷さんの展示会に行くと、製作した作品に目が留まりますが、それに加えて、いろいろな人がその場に巻き込まれていく不思議なパワーを感じます。展示は移ろい行く事象に過ぎませんが、その確かな残像が、人と作品の間に残っていくのでしょう。この企画は、多くの作り手、そして使い手を繋げていくギャラリーみずのそらだからこそ出来たことだと思います。


おおたにくんちの桜を
2012年3月17日(土)~25日(日)
12:00~19:00 (最終日は17:00迄)
ギャラリーみずのそら (東京・西荻窪) ホームページ

工作 / 大谷工作室
いける / 平間磨理夫 LINK
写真 / 宮濱祐美子 LINK

平間さんの花いけ教室
3月24日(土) 13:00の回 16:00の回 4000円
予約制 みずのそら 03-3390-7590

d0087761_1951986.jpg



by sora_hikari | 2012-03-23 19:44 | 見て歩き

服部竜也 陶展 @ poooL

poool 本店 服部竜也展
d0087761_17443644.jpgd0087761_1744568.jpg
d0087761_17451094.jpgd0087761_17452588.jpg
d0087761_17454814.jpgd0087761_1746036.jpg

poool 02 古道具とくらす展
d0087761_1747325.jpgd0087761_17471116.jpg
d0087761_17472468.jpgd0087761_17473424.jpg

吉祥寺のpoooLで開催されている服部竜也展に行ってきました。駅から中道通りを西方向に歩いて10分ほどの所にある古い建物の1階にあります。かつて漆器の店KINJU()があった所です。現在は暮らしの道具を扱うお店になっています。服部さんは岐阜県土岐市で製作しています。細い線彫りをした上に、金属質の釉薬をまとった繊細な器が特徴的です。本展でも、錆銀彩、黒銀彩、黒線刻、銀線刻などの器をたくさん見ることができました。昨年、当店でも展示をして頂きましたが、新たなアイテムも増えて、益々充実したお仕事ぶりが伺えます。またpoooLは、もう一店舗のpoooL 02が駅寄りのところにあり、そちらでは「古道具と暮らす」と題して、千葉のcohako(コハコ)さんによって集められた古道具展が開催されていました。どちらの店舗も落ち着いた店内で、ゆっくりと展示品を選ぶことができます。poooLへ行ったのは今回がはじめてでしたが、吉祥寺にまた良いお店ができ、今後どのような企画が行われるのか、これからも楽しみです。


服部竜也 陶展
2012年3月17日(土)~25日(日)
12:00~19:00
poooL (東京・吉祥寺) ホームページ

d0087761_17502561.jpg



古道具とくらす
2012年3月3日(土) 〜 4月8日(日) 火曜定休
12:00~19:00
poooL 02 (東京・吉祥寺)ホームページ


by sora_hikari | 2012-03-23 18:27 | 見て歩き