<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

メディア掲載:家庭画報、nid

当店を2誌にご掲載頂きましたのでご案内いたします。

d0087761_0552651.jpg
nid vol.22号 2012/1/20発売 リンク

ニッポンのイイトコを扱った雑誌です。誌面後半の「行ってみたい 手しごとの店」という新連載コーナーで取り上げて頂きました。本号は「家しごとを賢く楽しむ、おさらい便利帖」が特集されており、昨年当店でお料理を作って下さった料理家・藤間夕香さんの「おうち呑みメニュー」も載っております。宜しければ是非お手にとってご覧ください。




d0087761_0553514.jpg
家庭画報 2012年2月号 リンク

本誌の「日本の手工芸、再び」という特集の後半にある工芸ギャラリーの紹介コーナーにご掲載頂きました。本特集の冒頭には、若杉聖子さんのお仕事について取材されております。宜しければ是非お手にとってご覧ください。

by sora_hikari | 2012-01-19 01:11 | メディア掲載

スリップウェアと西洋工芸 @ 日本民藝館

d0087761_23215337.jpgd0087761_2322173.jpg

d0087761_23222714.jpgd0087761_23223553.jpg

駒場の日本民藝館で開催されている「スリップウェアと西洋工芸」展に行ってきました。本館で2004年に開催()されて以来のスリップウェアを特集した内容です。スリップウェアとは、泥状の化粧土(slip=泥漿)で模様を描いた器(WARE)を呼びます。古くは紀元前の中国やメソポタミア、近世ではオランダ・ドイツでも見られるようですが、本展では、英国を中心とする18世紀~19世紀のスリップウェアが展示されています。本国イギリスではスリップウェアと言うと、トフトウェアと呼ばれる作者の銘を入れた鑑賞用の飾り皿がメインだったそうですが、日常食器として使われた無銘のスリップウェアを見立てたのが柳宗悦や民藝運動に関わった陶芸家です。装飾はシンプルな抽象的な模様が多く、実際にオーブンの中で火に掛けられ、料理が盛られた生活用具。ガレナ釉という低火度釉で焼かれた表面と厚手の器体。その上に描かれた線状の模様は、装飾的でありながら、絵柄を誇示するような作為がなく、素朴で柔和な印象があります。それらは英国の古窯で焼かれたものですが、日本の民藝運動家によって、その存在価値を見出された日本的な美意識に基づく器と言えます。その影響を受けたリーチ、濱田庄司、河井寛次郎、舩木道忠、舩木研兒によるスリップウェアの器も作られました。本会場では、スリップウェアの展示と同時に、家具、ピュータ、デルフトタイル、壁画、ネウマ譜など中世の西洋工芸品も見ることができます。いずれも鑑賞用の展示物ですが、現在のブロカント興味の視点で見ると、どれも所有欲が湧きおこる垂涎の物ばかりです。民藝館の所有する西洋の優品を目にすることが出来、見応えのある展示会でした。


スリップウェアと西洋工芸
2012年1月7日(土)~3月25日(日)
10:00~17:00
月曜休館(祝日の場合は翌日)
入館料:一般1000円
日本民藝館 (東京・駒場東大前) ホームページ

※本展のちらし(PDF)


by sora_hikari | 2012-01-09 00:15 | 見て歩き

1月の営業

d0087761_21201594.jpg

明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。本日1月6日より営業をしております。

1月6日(金)~17日(火) 常設展示 (水曜・木曜定休) 
1月21日(土)~31日(火) 個展(会期中無休)
営業時間:11:00~18:00
営業カレンダー


現在ご覧頂ける作家の器
安部太一、荒賀文成、小嶋亜創、加地学、寒川義雄、清水善行、田鶴濱守人、田村文宏、蝶野秀紀、松村英治、三笘修、宮岡麻衣子、山本忠正、吉田次朗、若杉聖子、野口悦士、服部竜也、藤田佳三、大谷工作室、中野知昭、増田勉 (50音順 敬称略) 及び 古物

※写真は新規お取引の藤田佳三さんのお皿です。
上:安南手輪花7寸皿 7875円 下:赤絵7寸皿 7350円


by sora_hikari | 2012-01-06 21:27 | おしらせ