<   2011年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

田村文宏 展 ~南海の器~

d0087761_20235945.jpg
画像クリックで拡大

12月3日~13日迄の「田村文宏展」のご案内です。田村文宏さんの関東初個展。1978年愛知県岡崎市生まれ。大学時代は社会人野球を目指しますが、ひざの故障で断念。それが大きく田村さんの方向を変えました。知人や旅を通して手作りの仕事に目覚めます。瀬戸の窯業学校に入り直し、本格的に陶芸の世界へ。野球と陶芸。一見繋がりが無いように思いますが、バットを無心に振る感覚と、ろくろに向かう精神状態には近いものがあるそうです。卒業後は、瀬戸の中島勝乃利さんに師事しながら、海外支援活動の一環として中南米のホンジュラスで陶芸サポートを経験します。現在は、灰釉粉引・鉄釉・白磁による日常使いの器を作られていますが、本展では「南海の器」をテーマに取り組んでくれました。カンボジア、ベトナム、タイ、ミャンマーの東南アジアの古い器は、中国の影響を受けながらも、暖かな地域らしい大らかな気風を感じる独自の器を作り上げています。かつてボールを追いかけていた頃と同じように、きっと無心に準備した数カ月であったろうと思います。ギャラリーの庭にある大きな楓が紅葉する美しい時期です。ぜひこの機会にお越しください。

※11/30(水)、12/1(木)は定休日、12/2(金)は搬入の為お休みします。


田村文宏 展 ~南海の器~
2011年12月3日(土)~13日(火) 会期中無休
11:00~18:00
※作家在廊日:12月3日、4日
ギャラリーうつわノート (埼玉県川越市) 地図
d0087761_20241578.jpg
画像クリックで拡大


「料理家 藤間夕香さんの季節料理」
料理家 藤間夕香さんによる季節料理の食事会です。
2階席で紅葉を眺めながら田村さんの器でご提供します。

※満席となりました(12/4時点)

12月10日(土)
A:11時~13時の回:×満席
B:14時~16時の回:×満席

12月11日(日)
C:11時~13時の回:×満席
D:14時~16時の回:×満席


d0087761_2165426.jpg




by sora_hikari | 2011-11-30 10:11 | 田村文宏2011

Bon Antiques 中上修作の古物展 終了

d0087761_2148132.jpg

Bon Antiques 中上修作の古物展は本日終了しました。4日間の短い期間でしたが、多くの方々にお越し頂き誠にありがとうございました。中上さんの古物とは、また今後いろいろな場所で出会える機会をお持ち頂ければと思います。直近では、12月16日(金)~23日(金)に麻布台のGallery SUにて「ネウマ聖歌譜展」を開催なさるそうです。お近くの方は是非お出かけ下さい。

Bon Antiquesのホームページ

※次回、12月3日(土)からは、田村文宏展を開催致します。

by sora_hikari | 2011-11-29 23:14 | Bon Antiques2011

Bon Antiques 中上修作の古物展 3日目

d0087761_20175246.jpg
写真はオランダ絵付けタイル

Bon Antiques 中上修作の古物展の3日目。本日は曇天の少し肌寒い日でしたが、川越骨董市も賑やかに開催され、多くの方にお越し頂きお礼申し上げます。いよいよ明日11月29日で終了いたします。4日間の短い会期ですが、凝縮したBon Antiquesの世界をご堪能頂ければ幸いです。



Bon Antiques 中上修作の古物展
2011年11月26日(土)~29日(火) 4日間
11:00~18:00
ギャラリーうつわノート (埼玉県川越市) 地図
※中上修作さんは4日間とも在廊します。

d0087761_18595560.jpgd0087761_190871.jpg
※画像クリックで拡大


by sora_hikari | 2011-11-28 21:49 | Bon Antiques2011

Bon Antiques 中上修作の古物展 2日目

d0087761_201941.jpg

Bon Antiques 中上修作の古物展、2日目が終了しました。本日もありがとうございました。明日11月28日は、近所の川越成田不動尊で恒例の骨董市が開催されます。境内には100店近くが、ずらりと並びます。どうぞ、この機会に併せてお越しください。

明日11/28(月)は、営業を1時間繰り上げて、10:00~オープンします。

d0087761_2023962.jpgd0087761_20124352.jpg
喜多院の紅葉も始まっています。


Bon Antiques 中上修作の古物展
2011年11月26日(土)~29日(火) 4日間
11:00~18:00
ギャラリーうつわノート (埼玉県川越市) 地図
※中上修作さんは4日間とも在廊します。
※11月28日(月)は、ギャラリー近くの川越成田不動尊で蚤の市も開催されます。

d0087761_18595560.jpgd0087761_190871.jpg
※画像クリックで拡大


by sora_hikari | 2011-11-27 20:23 | Bon Antiques2011

Bon Antiques 中上修作の古物展 初日

Bon Antiques 中上修作の古物展の初日。秋晴れの気持ちの良い日、多くの方にお越し頂きありがとうございました。様々な国の充実した品揃えです。本日はその展示品の中からいくつかクローズアップしてご紹介します。

d0087761_18375989.jpgd0087761_18383865.jpg
左側:デルフト藍絵皿 / 右側:トルコ水差し

d0087761_18384921.jpgd0087761_1839087.jpg
左側:インド更紗の版木 / 右側:高麗什器残欠

d0087761_1839754.jpgd0087761_18391327.jpg
左側:オランダフットウォーマー / 右側:ベルギー計量機残欠

d0087761_1839213.jpgd0087761_18392681.jpg
左側:ドイツオニオンボトル / 右側:フランス蜜蠟ワックス

d0087761_18393684.jpgd0087761_18394438.jpg
左側:ベルギー木のスコップ / 右側:オランダジンボトル

d0087761_1840023.jpgd0087761_18401286.jpg
左側:韓国鎬台皿 / 右側:ネパール仏経典

d0087761_18401974.jpgd0087761_1840303.jpg
左側:日本常滑破れ壷 / 右側:オランダ算盤

d0087761_18404024.jpgd0087761_1841774.jpg
左側:ベルギー卵入 / 右側:日本白丹波流れ釉壷

d0087761_18422347.jpgd0087761_18423350.jpg
左側:日本魚採りガラス瓶 / 右側:中国灰釉碗

d0087761_18431465.jpgd0087761_18432891.jpg
左側:イギリスピュータ大盤 / 右側:ベルギー刷毛二本組

d0087761_18442116.jpgd0087761_18443241.jpg
左側:韓国乾漆扁壷 / 右側:フランス手書鉄皿

d0087761_18445067.jpgd0087761_18451349.jpg
左側:中国陶仏 / 右側:ベルギー聖水受け

d0087761_18501075.jpgd0087761_18463119.jpg
左側:ネパール戸板 / 右側:イギリスプリン型

d0087761_18464165.jpgd0087761_18473657.jpg
左側:日本古瀬戸仏花器 / 右側:オランダデルフトタイル

d0087761_19357100.jpgd0087761_194860.jpg
左側:フランス炭坑夫の皮帽子 / 右側:李朝後期白磁壷


Bon Antiques 中上修作の古物展
2011年11月26日(土)~29日(火) 4日間
11:00~18:00
ギャラリーうつわノート (埼玉県川越市) 地図
※中上修作さんは4日間とも在廊します。
※11月28日(月)は、ギャラリー近くの川越成田不動尊で蚤の市も開催されます。

d0087761_18595560.jpgd0087761_190871.jpg
※画像クリックで拡大


by sora_hikari | 2011-11-26 19:11 | Bon Antiques2011

Bon Antiques 中上修作の古物展  前日

明日から4日間(11/26~29)、「Bon Antiques 中上修作の古物展」を開催します。韓国・日本・ヨーロッパから選んできた古物は330点を超えます。中上さんにとっても最大規模の出品数となるそうです。また数量だけでなく、中上さんの眼を通した優良な古物の世界もご堪能いただけます。どうぞこの貴重な機会にお越し頂ければ幸いです。

d0087761_17551989.jpgd0087761_20253179.jpg
d0087761_1754576.jpgd0087761_17541563.jpg
d0087761_17543086.jpgd0087761_17544674.jpg
d0087761_17561922.jpgd0087761_1814961.jpg
d0087761_18254782.jpgd0087761_18344891.jpg
d0087761_18345637.jpgd0087761_1825584.jpg



Bon Antiques 中上修作の古物展
2011年11月26日(土)~29日(火) 4日間
11:00~18:00
ギャラリーうつわノート (埼玉県川越市) 地図
※中上修作さんは4日間とも在廊します。
※11月28日(月)は、ギャラリー近くの川越成田不動尊で蚤の市も開催されます。

d0087761_18595560.jpgd0087761_190871.jpg
※画像クリックで拡大


by sora_hikari | 2011-11-25 18:36 | Bon Antiques2011

Bon Antiques 中上修作の古物展

d0087761_18595560.jpg
※画像クリックで拡大

次回展示会のご案内です。Bon Antiques(ボンアンティークス)とは、奈良県で古物商を営む中上修作さんの屋号。東西の国を越えた古物を扱っています。大学では建築を学び、卒業後は音楽業界へ。その後いくつかの職を経ますが、現在もUSEN for Cafe Apres-midiのライフ・スタイリング・ミュージックの選曲を担当されています。さまざまなジャンルのアーティストと楽曲から選び出された静かで心地の良い音楽番組です。多様な中から一定のトーンで繋がったひとつの世界観を作り出すコンピレーションという作業。中上さんの選ぶ古道具は、まさに音楽と同様に、時代や国を越えて編集されたコンピレーションの世界です。本展では、韓国・日本・欧州の古い器を中心にした美しい道具の並ぶ4日間の企画展示になります。中上さんの眼による古物の数々。毎月28日開催の川越蚤の市も併せてどうぞお越し下さい。  


Bon Antiques 中上修作の古物展
2011年11月26日(土)~29日(火) 4日間
11:00~18:00
ギャラリーうつわノート (埼玉県川越市) 地図

d0087761_190871.jpg
※画像クリックで拡大


by sora_hikari | 2011-11-25 18:21 | Bon Antiques2011

鎌田奈穂 Vent @ Gallery SU

d0087761_1202068.jpgd0087761_120557.jpg
d0087761_121578.jpgd0087761_121141.jpg
d0087761_1212837.jpgd0087761_1214283.jpg
d0087761_1222377.jpgd0087761_1224390.jpg

麻布台のGallery SUで開催されている鎌田奈穂さんの個展に行ってきました。鎌田さんは東京で製作している金工作家。金属を叩いて成形する鍛金によるカトラリーやアクセサリーを作っておられます。元々は油絵を描いていたそうですが、縁があって名古屋の金工師・長谷川竹次郎さんに師事し、この職の道に進んだそうです(こちらが詳しいです)。本展は鎌田さんにとって2回目となる個展。真鍮、銅、銀によるカトラリーやプレート。そしてアクセサリーが展示されています。フォーク、スプーン、菓子切りなどは、鈍い色味で鎚の跡が手仕事の感触を感じさせる味わいのある仕上がりです。一方、アクセサリーは繊細でぎゅっと凝縮された小さな世界。その細やかな中に、独特の風景が見えてくる不思議な存在感をもっています。鎌田さんの作る金属は、完成させ過ぎない間合いの取り方が特徴的なように思います。力を入れて叩かなければ成形できな金属ですが、そこを微妙に緩やかに仕立てる力加減や止め方が、周りの空気に委ねてくれる関係性を生み出しているのかもしれません。


鎌田奈穂  Vent
2011年11月23日(水)~12月7日(水)
12:00~19:00
※月曜休み
Gallery SU (東京・麻布台) ホームページ

d0087761_123795.jpg


by sora_hikari | 2011-11-24 02:01 | 見て歩き

酒と大治と @ ギャラリーヨルカ

d0087761_0552587.jpgd0087761_0553384.jpg
d0087761_0245150.jpgd0087761_025190.jpg
d0087761_0251467.jpgd0087761_0253353.jpg
d0087761_0262074.jpgd0087761_0263194.jpg
d0087761_0264170.jpgd0087761_0264851.jpg

東日本橋のギャラリーヨルカで開催されている「酒と大治と」展に行ってきました。これは、デザイナーの大治将典さん()のデザインしたプロダクツの展示会および催しです。大治さんは、広島県ご出身のプロダクツデザイナー。7年前に東京に居を移され、フリーで活動されています。従来は工業系のデザイナーと言えば、企業に属して活動される方が中心だったように思いますが、大治さんの場合は、早くから独立したデザイナーとしてやっておられます。手掛けられるお仕事は、鋳物による鍋敷きや栓抜き、木工のカップやトレイ、磁器の食器、たわしやほうき、文具など、身の回りにある生活に近い道具が多いようです。それぞれの製品は、大企業よりも中小の手工業を中心とする職人技の会社。そんな会社と組んで、現代的な形や用途を掘り越し、暮らしの道具を提案されています。従来のマスプロダクツのような最大公約数を目指したデザインよりは、もっと中量生産による人とモノとの距離が近い関係のデザインをされているように思います。そんなお仕事の一片を垣間見ることができるのが、この「酒と大治と」展。デザインした製品に囲まれて、日によってはお酒を飲みながら参加できるイベントも同時に開催されているようです。中小企業の優れた職人技と、それを現代に翻訳する再生屋・大治さんのマッチングによって生み出された品々が楽しめる展示会です。


酒と大治と ~デザイナー大治将典の設え~
2011年11月11日(金)~12月2日(金)
12:00~19:00(土曜のみ15:00~19:00)
※日曜日休み
ギャラリーヨルカ(東京・東日本橋) ホームページ

d0087761_0265573.jpg


by sora_hikari | 2011-11-24 01:10 | 見て歩き

メディア掲載(リンネル & BISTRO男子)

雑誌2誌に弊店のことをご紹介頂きました。

d0087761_14125985.jpg

リンネル ~気持ちもあたたか 冬の毎日ニット~
2012年1月号(発売日 11月19日) / 宝島社 / 720円
ホームページ

誌面後半の「人が集うギャラリー案内」のページに掲載して頂きました。今号は「冬のニット」特集。着心地の良さそうなニットがたくさん紹介されています。秋から冬へ。誌面を通して季節の変化を感じます。




d0087761_1413727.jpg

BISTRO男子 ~肉料理。本気で作る~
VOL.3 (発売日 11月17日) / 主婦と生活社 / 690円
ホームページ

誌面後半の「そうだ、器屋へ行こう!」というページで掲載して頂きました。本誌は、男性向けの料理雑誌。今号は、「肉料理」が特集されています。男性向けらしく、ボリュームのある骨太な料理が紹介されています。

by sora_hikari | 2011-11-20 14:37 | メディア掲載