<   2011年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

Miyawaki Modern 展オープン

d0087761_21593027.jpgd0087761_21594543.jpg
d0087761_21595732.jpgd0087761_2201146.jpg
d0087761_220279.jpgd0087761_220368.jpg
d0087761_2204730.jpgd0087761_220582.jpg
d0087761_22113943.jpgd0087761_2212261.jpg

Miyawaki Modern展が本日よりオープンしました。Miyawaki Modernの宮脇誠さんは、学生時代より名古屋のアンティークショップで7年間の勤めを経験し、2001年から自らパリに趣き、独自の古物の世界を開かれました。当時のアンティークはまだイギリス系の豪華で重厚な家具や煌びやかな食器を軸とするものが主流だったそうです。今でこそフランスを中心とすブロカントの世界は、幅の広い方々の支持を受けていますが、宮脇さんがパリで活動をはじめた頃は、地味で素朴なフランスものを選ぶ方は少なかったと聞きます。同時代的にいろいろな方達が、影響し合ってのことと思いますが、フランスものの枯れゆく退廃的な美に対する目の向け方に、少なからず宮脇さんがエポック的な役割を担われた意味は大きいように思います。器を自らの手によって作るという行為は創造的ですが、一方で選ぶという眼の行為もまた「創る」ことと同義なのだと思います。かつての茶人が当時何の価値も無い器から、その意味を見立てたように、古いものから美を見出すことは日本の精神的な遺伝子に組み込まれているのかもしれません。そう見ると、宮脇さんの選ぶ器や古道具は、海外のものでありながら、とても日本的な美意識との共通性を感じます。


Miyawaki Modern  フランスの古い器とその周辺
2011年9月28日(水)~10月4日(火) 会期中無休
11:00~18:00
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市)

d0087761_2214531.jpg



by sora_hikari | 2011-09-28 22:06 | 宮脇モダン2011

Miyawaki Modern 展

d0087761_1582720.jpg

9月28日(水)~10月4日(火)までの間、Miyawaki Modern 展を開催いたします。古物商の宮脇誠さんによって選ばれた欧州の暮らしのなかの器。それらはみな、時間という美しさを纏っています。すべてがそれぞれの歴史を経た1点もの。お待ちしております。

※9月26日(月)、27日(火)は搬入セッティングのためお休みとなります。営業カレンダー


Miyawaki Modern  フランスの古い器とその周辺
2011年9月28日(水)~10月4日(火) 会期中無休
11:00~18:00
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市)

d0087761_2214531.jpg

※初日の9月28日は、近くの成田山川越不動で蚤の市(5:00am~16:00pm)が開催されております。併せてお出かけ下さい。


by sora_hikari | 2011-09-27 02:01 | 宮脇モダン2011

澄敬一 展 @ DEE'S HALL

d0087761_20331268.jpgd0087761_2033267.jpg
d0087761_2033392.jpgd0087761_20341042.jpg
d0087761_20342790.jpgd0087761_20343627.jpg
d0087761_20345563.jpgd0087761_20365595.jpg

南青山のDEE'S HALLで開催されている澄敬一さんの個展に行ってきました。本会場で2回目となります。会場に置かれた作品は、大きな鳥の巣、多面の鏡、アルミのメトロノーム、木の額、ランプシェード、一冊だけの本棚など。それらは、少し難解で暗示的。哲学的でアイロニカル。そしてクスリと微笑むユーモアも。そんな印象です。乾いた木、削ぎ落された塗装、アルミ、リベット。繰り返し使われる記号的な素材。ある種のフェチズム。再構成された不思議な装置。その本質を自分なりに解釈しようとしばし作品の前に立ちます。本展のタイトルは「monophony」。モノフォニーとはグレゴリア聖歌のような単一の旋律の音楽を指し、そのシンプルな響きを「基本的なテクスチュア」と表すことがあるようです。この言葉の解釈が何らかのヒントになりそうですが、それよりも実際に作品を前にして体で受け止めることが一番良い答に出会えると思います。


澄敬一 展 monophony
2011年9月22日(木)~30日(金)
12:00~20:00(日曜・祝日と最終日は18:00迄)
DEE'S HALL(東京・南青山) ホームページ

d0087761_2035823.jpg


by sora_hikari | 2011-09-23 22:40 | 澄敬一さん

堀仁憲 展 @ うつわ楓

d0087761_1912894.jpgd0087761_19122168.jpg
d0087761_19124981.jpgd0087761_19125895.jpg
d0087761_19131169.jpgd0087761_19131992.jpg
d0087761_19133077.jpgd0087761_19133831.jpg

南青山のうつわ楓で開催されている堀仁憲さんの個展に行ってきました。堀さんは東京の八王子で制作されています。お作りなる器は、東南アジアや中国の古陶磁を彷彿させますが、いずれもご自身の造形として昇華されています。本展では、多くの茶器(ポット、湯呑など)、お皿、碗を見ることができます。さらに土鍋や耐熱皿が加わっているのが今回の展示会のトピックスと言えるでしょうか。堀さんのお作りなる器は、どれも丹精なフォルムや染付け模様が印象的です。特に細かく描かれた模様や図柄の巧さには目を見張るものがあります。今回、そんなクールな堀さんの手仕事と共に、温かみのある冬ものの器を見れるのは嬉しいことです。福井から東京に住まいを移し、ご自身の暮らしに必要な視点から見つめた料理の器。幅を広げた堀さんの器に出会える展示会です。

※展示品はうつわ楓さんのブログに詳しく掲載されています。


堀仁憲 展
2011年9月21日(水)~26日(月)
12:00~19:00(最終日は17:00迄)
うつわ楓 (東京・南青山) 
ホームページ

d0087761_19134837.jpg


by sora_hikari | 2011-09-23 19:46 | 堀仁憲さん

鎌田奈穂・熊谷幸治・鎌田充治 三人展 @ 森岡書店

d0087761_1833894.jpgd0087761_18332660.jpg
d0087761_18334732.jpgd0087761_1834857.jpg
d0087761_18342039.jpgd0087761_18342841.jpg
d0087761_18344780.jpgd0087761_1835333.jpg
d0087761_1835166.jpgd0087761_18352429.jpg
d0087761_18361833.jpgd0087761_18363669.jpg

茅場町の森岡書店で開催されている鎌田奈穂さん・熊谷幸治さん・鎌田充治さんの3人展「標」に行ってきました。本展は、鎌田充治さんが描いた図像を基に、熊谷幸治さんが陶土に文様を写して焼成した陶板の展示、そして鎌田奈穂さんの金工のお仕事が同時に並んだ内容になっています。鎌田奈穂さんのお兄さまである鎌田充治さんが、熊谷さんとのコラボレーションの想いがあり、それが発展して今回のような企画になったそうです。「標」(しるし)と題された本展は、グラフィックデザイナーである鎌田充治さんが、エジプトの象形文字のような図像を起こし、それを陶土に標した造形物が主題になっています。それはまるで地中から発掘された古代文字の陶板のような印象です。鎌田充治さんが描いた記号や文様。熊谷さんの焼成温度の低い土器の質感。鎌田奈穂さんの作る金属の耐食したような箱やカトラリーの質感。その3つの要素が同じ空間で重なり合うところが見どころです。


3人展「標」
鎌田奈穂(金工)・熊谷幸治(土器)・鎌田充治(図像)

2011年9月19日(月)~24日(土)
12:00~20:00
森岡書店(東京・茅場町) ホームページ

d0087761_1747445.jpg


by sora_hikari | 2011-09-23 19:03 | 見て歩き

用と美の系譜展 @ 松屋銀座

d0087761_1712521.jpg

松屋銀座の7階で開催されている「用と美の系譜展」に行ってきました。これは国画会の工芸部門が後援する工芸展です。染・織・硝子・木工・漆・陶の16人の作家が展示しています。国画会というと「国展」という名前ゆえに格式ある公募展をイメージしてしまいますが、工芸部のかつての会員には柳宗悦をはじめ、富本憲吉、濱田庄司、バーナード・リーチ、芹澤ケイ介、河井寛次郎、黒田辰秋など民藝を推進した方がずらりと名を連ねています。国画会の成り立ちを辿ると、大正時代に伝統的な文展の審査のありかたに不満・疑問をもって設立されたことを知りました。民藝協会とはまた違った系譜のようですが、「用と美」という視点では繋がっているようです。本展には、若手として富井貴志さんも出展されており、実力派の方々のものと一緒に興味深く拝見しました。


用と美の系譜展
2011年9月21日(水)~27日(火)
10:00~20:00
松屋銀座7階 遊びのギャラリー
ホームページ

出品作家
染:五十嵐沙樹、大木夏子、岡本隆志、柚木沙弥郎
織:清水昌子、宮平初子、山下健
硝子:石川昌浩。舩木倭帆
木工:佃眞吾、富井貴志
漆:原清、松崎融
陶:川野恭和、七尾佳洋、松崎健


by sora_hikari | 2011-09-23 17:40 | 見て歩き

銀座・手仕事直売所 @ 松屋銀座

d0087761_16585572.jpg

銀座の松屋で開催されている「銀座・手仕事直売所」に行ってきました。同フロアで開催されている「柳宗悦展」の入口と出口に繋がる場所になります。昨年に引き続き、全国から集まった手仕事を主体とする窯元や個人作家、プロダクトデザイナーによる直販イベントです。会期は前半・後半に分かれて約80組の出展者が展示しています。職人や作家にの手から生み出された生活の道具。日常の暮らしのなかで実用と美を軸にした素敵なものばかりです。「柳宗悦 展」からの流れに添った日程と会場にあることに、本展の意味を感じます。多くの野外クラフトフェアに集まる顧客層よりも、もっと幅のある層の方々に触れ合えるのも本展開催の特長かもしれません。器好き、道具好きのみならず、こういうしっかり作られた手仕事の品が、多くの人の暮らしの中で使われることは、とても素敵なことだと思います。

こちらのブログで会場の様子や出展者の方々を見ることができます。


銀座・手仕事直売所
2011年9月15日~26日
10:00~20:00(最終日は17:30分迄)
松屋銀座 8階イベントスクウェア
ホームページ


by sora_hikari | 2011-09-23 16:53 | 見て歩き

柳宗悦 展@松屋銀座

d0087761_170124.jpg

銀座の松屋で開催されている「柳宗悦 展」に行ってきました。没後50年を迎える年に、柳宗悦が蒐集した民藝の品250点を展観できる内容です。また宗悦の息子である柳宗理氏のデザインした品も会場後半に置かれています。駒場の日本民藝館で見る品々も良いですが、このようなコンパクトな会場に凝縮された陳列もまた、一気に柳宗悦の軌跡を辿るには良いかもしれません。


柳宗悦 展 ~暮らしへの眼差し~
2011年9月15日(木)~26日(日)
10:00~20:00
松屋銀座 8階イベントスクウェア
一般:1000円
ホームページ

※本展は今後各地を巡回します

神奈川県・横浜そごう美術館(2011年10/22~12/4)
大阪歴史博物館(2012年1/7~2/29)
鳥取県立博物館(2012年4/7~5/20)
広島県・奥田元宋小由女美術館(2012年5/29~7/8)


by sora_hikari | 2011-09-23 16:30 | 見て歩き

加地学さんの粉引碗(展示品)

d0087761_21133020.jpg
径13.5cm×高さ6cm 3150円

加地学さんの粉引碗。飯碗サイズ。手取りはどっしりと安定感があります。強めにかかった還元炎による鉄粉が粗く、そして味わいに繋がります。組成はシンプルだけれど、どこに作家らしさを見るかが面白いところです。

by sora_hikari | 2011-09-19 21:15 | 加地学

加地学さんの南蛮焼〆碗(展示品)

d0087761_2183964.jpg
径13cm×高さ5.5cm 4200円

加地学さんの4.5寸の南蛮焼〆の碗。浅く広口の形状ですから取り鉢として使い易そうです。蹴ろくろで成形された形は、口縁が躍るように跳ねて、まるで笑っているようにも見えます。

by sora_hikari | 2011-09-19 21:07 | 加地学