<   2011年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

広川絵麻さんの中鉢

d0087761_0573425.jpg
神宮前 Zakka  2011年1月

広川絵麻さんの中鉢です。6寸(18センチ)程のサイズ。赤茶と緑が重なり合った複雑な色合いを見せています。水簸し過ぎずない土から生まれる表情でしょうか。委ねながらコントロールする。頃合いが絶妙です。

by sora_hikari | 2011-02-27 01:03 | 広川絵麻さん

田谷直子さんの石皿

d0087761_17161639.jpg
神宮前 Zakka  2011年1月

田谷直子さんの石皿です。石皿とは江戸時代に煮しめなどの料理を盛り付けた大きな陶器のお皿のこと()。庶民の間で使われたごく普通の頑丈な食器です。この田谷さんのお皿は8寸(24センチ)ほどの使い易いサイズですが、見込みの貝目や口縁の造りが、その石皿の特徴を捉えています。灰釉による優しい色合い。ところどころに赤みを帯びた御本。さりげない自然体が美しいです。どこかを強調する訳でなく、目立つこともなく。しかしそこには道具としての存在感があります。田谷さんの器に対する用と美の基準を感じます。

by sora_hikari | 2011-02-23 17:28 | 田谷直子さん

ピッチャー

d0087761_2352379.jpg

古いピッチャー。約100年ぐらい前のものです。直線的なフォルムですが、注ぎ口やハンドルの造形処理が欧州らしさを感じさせます。象牙色に変色した白も綺麗です。

by sora_hikari | 2011-02-22 23:54 | 古いもの

小野哲平さんの大鉢

d0087761_19422927.jpg
元麻布 Kaikaikiki Gallery 2010年12月

小野哲平さんの大鉢です。径30センチ高さ16センチ程。実測の寸法よりも大きく感じます。肉厚の造り、重厚感のあるどっしりした存在。造りの豪快さと釉調の自然感が調和した器です。

by sora_hikari | 2011-02-18 19:49 | 小野哲平さん

小野哲平さんの湯呑(2)

d0087761_19373470.jpg
Kaikaikiki Gallery 2010年12月

小野哲平さんの湯呑です。こちらは全体に少し青みを帯びた仕上がり。釉薬も良く溶け艶やかな表面です。同じサイズの湯呑ですが、形も表情も全てがそれぞれの個性を持っています。ひとつひとつが使う人との出会いを感じます。

by sora_hikari | 2011-02-18 19:40 | 小野哲平さん

小野哲平さんの湯呑(1)

d0087761_19342045.jpg
元麻布 Kaikaikiki Gallery 2010年12月

小野哲平さんの湯呑です。手にしっかり馴染む小ぶりなサイズ。薪窯焼成による味わい深い仕上がりです。

by sora_hikari | 2011-02-18 19:36 | 小野哲平さん

ミルクピッチャー

d0087761_11173680.jpg

古いミルクピッチャーです。高さ5センチほどの小さなサイズ。約100年前のもの。形のアクセントの取り方でエレガントさが生まれます。

by sora_hikari | 2011-02-17 11:21 | 古いもの

ピュータ飾りリムプレート

d0087761_225262.jpg

古いピュータ製のプレートです。欧州のお皿で多く見られるバロック様式と呼ばれる形。古くは日本の漆盆などにも見られる飾り縁です。酸化した表面は実用には不向きですが、立てて眺めていると1枚の抽象繪画を見るような印象です。

by sora_hikari | 2011-02-15 02:31 | 古いもの

貫入反り縁鉢

d0087761_1130311.jpg

古い6寸鉢です。口縁が外へ反り広がっています。器全体に入る貫入が特徴的です。時間を経て生活の中で使われてきた一般の器。骨董評価はされない雑器ですが、普通の姿がかえって魅力的です。

by sora_hikari | 2011-02-14 11:36 | 古いもの

安永頼正さんの粉引唐津カップ

d0087761_1352021.jpg
唐津 2011年1月

安永頼正さんの粉引のカップです。唐津で製作しているから粉引唐津。土から出た鉄粉や窯変など焼成の味わいが楽しめます。手に馴染みやすい大きさです。

by sora_hikari | 2011-02-13 13:57 | 安永頼正さん