<   2009年 01月 ( 34 )   > この月の画像一覧

渡辺遼さんの個展 @ ブリキ星

d0087761_451060.jpgd0087761_4511577.jpg
d0087761_451353.jpgd0087761_4514232.jpg
d0087761_4515063.jpgd0087761_455593.jpg
d0087761_4541153.jpgd0087761_4542272.jpg
d0087761_642963.jpgd0087761_644052.jpg
d0087761_4522541.jpgd0087761_4523245.jpg
d0087761_4525127.jpgd0087761_453234.jpg

西荻窪のブリキ星で開催されている渡辺遼さんの個展へ行ってきました。長細い板状のもの、種のような立体のもの、小さな箱状のものなど、鉄で作られたオブジェが並びます。鉄板を切って溶接で貼り合わせ、表面を腐食させたり生漆を施してテクスチャーを出してます。面と面の繋がりは少し丸くて、独特のぬめりを感じます。鉄で作られているのですが、手に持つと意外に軽く感じます。それは鉄板を貼り合わせることで中が空洞になっているからです。見た目も手に持った感じも、とても不思議な存在です。鉄の持つ重量感が抜けて、どこか虚ろなぺラっとした感覚が、物体の主張を消しているように思います。どこかに落ちていても気づかないような感覚ですが、しかし作者の手によってきちんと生み出された造形です。彫刻というよりは、何かのパーツのような感じがします。渡辺さんは、美大ご出身ですが、専攻は空間演出系だったそうです。なので、このような鉄を使った立体物は学生時代には作っておらず、卒業後、鉄工所で仕事することで切削、研磨、溶接などの技術を身につけられたそうです。何げなく存在するものに惹かれるそうです。その辺に落ちている石や種のようなもの、古いものにも興味があるそうです。また小さいころは自転車やバイクのパーツなどに魅せられたそうです。外装がなくて剥き出しにされた部品から組み合わされて成り立つ全体。その中の部分、パーツ。こういうところに造形の原点があるのかもしれません。さりげなさを感じる造形物を作る。作為を感じないものを作為して作る訳ですから、とても矛盾したことになりますが、そこに作者の目や意識がどう向いているのかが興味深いところです。渡辺さんの作るオブジェを外形的に簡単に作るのであれば、陶土や木材の方が可塑性に富んで自由度もあると思うのですが、それはやはり鉄であることに意味があるそうです。それも鉄を無垢に削り出して作るのではなくて、鉄板を貼り合わせることによって出せる軽い感覚が良いのだそうです。「てつっぺら」。DMに掲載された作品のタイトルがそれを表していると思います。面白いのは、製作していく過程で、一度立体物にした段階で、表面を綺麗に磨いてピカピカにして暫く時間を置いて眺め直すらしいです。その過程は作品を完成させる上では、実は必要がないらしいのですが、そうすることで一旦、その形を客観的に見つめてみたいからだそうです。これは、作っていく過程で入り過ぎてしまう自分の感情や魂を一度抜いてしまって、純粋な造形物に仕立て直そうとする行為なのかもしれません。作者だけがわかる繊細なバランスの中で成り立っている物体への美意識なのだと思います。あまり売れるようにとは思って作っていない。決して独善的な言葉ではなく、謙虚に静かに語ってくれました。そういう純粋な気持ちが作品から伝わってくる展示会でした。


渡辺遼 展
2009年1月28日(水)~2月7日(土) ※月火休み
12:00~19:00 
ブリキ星(東京・西荻窪) ※ホームページ

d0087761_4564916.jpg


※個展に向けられた渡辺さんの言葉です。

石ころのようなものをつくりたい
だれかにひろわれて
そっとポケットにいれておいてもらえるような。
木の実のようなものをつくりたい
だれかにひろわれて
ちょっとしたところにおいておいてもらえるような。
しずかに そっと たたずんでいるものを。


by sora_hikari | 2009-01-31 07:01 | 渡辺遼さん

美濃 新たなこころみ @ 日々

d0087761_3171663.jpgd0087761_3172695.jpg
d0087761_3174752.jpgd0087761_3175593.jpg
d0087761_318465.jpgd0087761_3181140.jpg
d0087761_3182882.jpgd0087761_3183557.jpg
d0087761_3184394.jpgd0087761_3184969.jpg

銀座の日々(にちにち)で開催されている「美濃 新たなこころみ」展へ行ってきました。美濃とは岐阜県東南部の土岐、可児、恵那、多治見、瑞浪一帯を総称した地域で、桃山時代に瀬戸黒、黄瀬戸、志野焼、織部焼などのやきものを生み出した伝統的な地域です。現在も産業用の焼き物の生産では全国で高いシェアを有するところです。そういう土地柄のなか、伝統を守った焼き物を作られる方々がいる一方で、現代の価値観や生活に合った器づくりをされている若い作陶家も多く在住しています。今回はそんな中から13名の作家が一堂に会した展示会です。昨年の秋に多治見の修道院を使って行われた「試みの茶事~美濃茶会」という企画イベントに集ったメンバーによる東京での展示会が、今回の企画展のベースになっているそうです。今回は、「抹茶碗」を中心にしたものではないそうですが、大きなくくりとして「碗」をベースにしてそれぞれの作家が考える器を展示しており、13人のそれぞれの個性が楽しめる内容になっています。美濃にいる若い作家は、名前の知れた方がたくさんいらっしゃいます。昨年開かれたそのお茶会の他にも、古田織部を主人公にしたコミックの企画によって開催された「へうげもの展」に参加されるなど前向きに活動されている方が多いように思います。現代における美濃という地域の特異なところは何なのを考えると、元来、前衛的であった「今焼き」を生み出してきた斬新さを受け入れる地域性というのもあると思いますし、現在の陶磁器産業を支える材料・技術・経済のベースもあるでしょうし、全国から陶芸家を目指す人々を受け入れる窯業学校のインフラの充実も寄与していると思います。また、そういう環境を背景にした中から、ユーザーやメディアから注目される作家が生まれることで、その周辺へ与える影響も大きいと思います。それは遠い人の出来事ではなくて、同世代の仲間や友人であり、身近な現実として自分もそうありたいと願う向上心が、切磋琢磨する相乗的な意識を生み、経済的な合理性にも繋がっているように思います。今回の企画展に参加した作者の作風は、同地域の作家でありながらもひとつに括ることは出来ません。それは伝統の作法で括られた美濃ではなく、現代の生活にコミットする価値観で括られた美濃というふうに読み解くとある共通項が見えてきて興味深いのではないかと思います。


美濃 ~新たなこころみ~

青木良太
厚川文子
大江憲一
加藤久美子
加藤委
加藤亮太郎
川端健太郎
桑田卓郎
鈴木伸治
鈴木卓
田端太郎
新里明士
長谷川潤子

2009年1月30日(金)~2月5日(木)
12:00~19:00(最終日は17:00まで)
日々(東京・銀座) ※ホームページ

d0087761_3185561.jpg



by sora_hikari | 2009-01-31 01:15 | 見て歩き

笹山芳人さんの個展 @ しぶや黒田陶苑

d0087761_2471120.jpgd0087761_2472186.jpg
d0087761_2473267.jpgd0087761_2474085.jpg
d0087761_2475566.jpgd0087761_248115.jpg
d0087761_2481037.jpgd0087761_2482041.jpg
d0087761_2483529.jpgd0087761_2484587.jpg

渋谷の黒田陶苑さんで開催されている笹山芳人さんの個展へ行ってきました。笹山さんは三重県伊賀丸柱で制作されています。学生時代は電子工学を学び、卒業後は一般の企業に勤務されたそうですが、陶芸は独学で学び、その後自ら林を切りいて工房を作り独立されたそうです。伊賀焼の伝統的な土地のなかで、窖窯(あながま)による焼き物を作られています。伊賀というと高温焼成に強い土を使った、力強い焼き締めの焼き物が代表的ですが、笹山さんはそれに加えて、灰釉の器、化粧土の器、引き出し黒の器などベーシックな伝統的な器をお作りになります。展示されている茶碗、花入、酒器、鉢を拝見するとさまざまな表情をしています。しかし基本となる土や釉薬はあまり幅を広げず、焼きによってその幅のある表現を生み出しているそうです。同じ土と灰釉によって作られた器を並べて比べてみても、その焼き込まれ方の違いによる表情の変化が魅力的で、薪による焼成の深さを感じることができます。それぞれの器から、伝統を感じる正統派の焼きものが持つ魅力がまっすぐに伝わってきます。伊賀は茶人に愛される器を生み出してきた伝統的な土地ですが、そんな伝統を受け入れながら、笹山さんが作りだした独自の器の世界を見せていただくことができました。

笹山芳人展
2009年1月30日(金)~2月3日(火)
11:00~19:00
しぶや黒田陶苑 ※ホームページ

d0087761_249994.jpg



by sora_hikari | 2009-01-31 00:45 | 笹山芳人さん

The Day-to-Day Life of Albert Hastings

d0087761_0575734.jpg

d0087761_191625.jpgd0087761_193518.jpgd0087761_19477.jpg
d0087761_195627.jpgd0087761_1264782.jpgd0087761_1102833.jpg


ひとりの老人の生活を暖かい視点で見つめた写真集。米国の南ウェールズの町に引っ越してきた女性カメラマンKaylynn Deveneyが近所に住む85歳のおじいさんの日常を静かに撮っています。パンにバターをぬる姿、買い物、鳩のえさやり、テレビを見る姿などの日々の生活、ベットに置かれた着替え、窓辺の花、家族写真などの室内のカット、手書きの時計図面や詩、そして一枚一枚の写真に添えられた手書きの言葉。大きなできごともなく日々繰り返される普通の毎日。そんな中に人の本質的な生き方みたいなものが見えてくるような写真です。慎ましく暮らしてきたAlbertおじいさんの人生が心の中にじんわりと伝わってきます。

「The Day-to-Day Life of Albert Hastings」
写真:Kaylynn Deveney
ハードカバー: 116ページ
出版社: Princeton Architectural
2007年7月出版
Amazon (日本) (米国)  
Kaylynn Deveneyのホームページ

by sora_hikari | 2009-01-30 01:54 |

真鍮製のBOX

d0087761_33065.jpg

真鍮で出来た丸いBOX。2001年宇宙の旅に出てくる船外作業用のポッドのようです。蓋を開けると分かるのですが、アッシュトレイです。今はペン立てに便利です。

by sora_hikari | 2009-01-30 01:01 | 古いもの

大きな片口

d0087761_5164999.jpg

大きな片口鉢。見込みは白釉がかかっています。日本のもの。

by sora_hikari | 2009-01-28 00:16 | 古いもの

エッグスタンド

d0087761_257556.jpg

琺瑯製の古いエッグスタンド。西洋的な朝の食文化。

by sora_hikari | 2009-01-24 01:10 | 古いもの

燭台

d0087761_2543592.jpg

古い燭台。ろうそくの灯りが生活のなかに自然にあった時代のもの。

by sora_hikari | 2009-01-24 00:54 | 古いもの

ガラス瓶

d0087761_2585077.jpg

古いガラスの瓶。扁平な形状です。具体的な用途はわからないのですが理科の実験で使われるアルコールランプを彷彿させます。

by sora_hikari | 2009-01-23 00:56 | 古いもの

ペイントブラシ

d0087761_164482.jpg

古いペイントブラシ。穂先は堅い豚毛で大きなサイズ。使い込まれた道具の美しさです。

by sora_hikari | 2009-01-22 00:31 | 古いもの