<   2008年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

新宮州三さんの個展@ギャラリーuchiumi

d0087761_05588.jpgd0087761_06771.jpg
d0087761_061771.jpgd0087761_06285.jpg
d0087761_063993.jpgd0087761_06538.jpg
d0087761_07547.jpgd0087761_072836.jpg
d0087761_073512.jpgd0087761_074433.jpg
d0087761_09284.jpgd0087761_094756.jpg

東麻布にあるギャラリーウチウミさんで開催されている新宮州三さんの個展へ行ってきました。ウチウミさんは普段は骨董を中心に扱っておられますが、現代作家としては植松永次さんや新宮さんのものを見ることができます。新宮さんは昨年桃居さんで個展を行い大変好評を得た漆仕上げによる‘刳りもの’を作られる作家さんです。通常、漆の場合は分業制が多いのですが、新宮さんは木地づくりから刳りの作業、そして漆の仕上げまで一貫して行っておられます。今回の個展では、主に箱ものが多く展示されています。四角い箱、楕円の箱、重箱など。刳りものなので箱を作るのは指し物のように板を張り合わせるのではなく、木を刳っていく作業なので大変手間がかかるのだと思います。表の仕上げは鑿跡を残し黒い漆を塗り、最後に蜜蠟で仕上げてあります。箱の内側は黒い艶のある漆です。また黒い漆の他に錫仕上げという漆に錫を混ぜた金属質を感じるものも見ることができます。箱ものの他には、形を歪めたお椀や、彫刻作品のようなオブジェも展示されています。新宮さんの作る形や質感は力強いです。それは表立った表現ではなく、ぐっと抑え込んで内側から滲みだしてくるような強さ。そういう純な強さが、今回の箱という小空間を閉じ込めた造形だからこそ、尚一層入り込んでいるように思いました。素材は木なのだけれど、重厚な存在を感じさせる新宮さんの刳りものの世界です。


新宮州三展
kurimono - katachi   
2008年11月29日(土)~12月5日(金)
12時~19時
ギャラリーuchiumi (東京 麻布十番) ※ホームページ

d0087761_0101788.jpg



by sora_hikari | 2008-11-30 00:41 | 新宮州三さん

志村睦彦・宮岡麻衣子 二人展@千鳥

d0087761_22493417.jpgd0087761_22535373.jpg
d0087761_22495771.jpgd0087761_22501742.jpg
d0087761_22504175.jpgd0087761_22505479.jpg
d0087761_2251712.jpgd0087761_22512296.jpg
d0087761_22513041.jpgd0087761_22514565.jpg
d0087761_22515442.jpgd0087761_22521134.jpg
d0087761_22522360.jpgd0087761_22544352.jpg

水道橋の千鳥さんで開催されている志村睦彦さん、宮岡麻衣子さんの二人展へ行ってきました。お二人は東京の青梅市にある花月窯という工房でご一緒に制作されています。志村さんは、朝鮮の古陶をベースした器を、宮岡さんは古伊万里をベースにした器をお作りなります。宮岡さんの個展へは伺ったことがあるのですが、志村さんの器を拝見するのは初めてでした。志村さんは、元は和食の料理人だったそうで10年を経てから、陶芸を志し愛知県の窯業学校で学ばれたそうです。今回は朝鮮の古い器を意識して、三島手、刷毛目、鶏龍山、白磁などを作られています。宮岡さんは美大で油絵を学び、その後、同じ愛知県の窯業学校で陶芸を修得されています。古伊万里を意識した染付白磁の器です。お二人とも朝鮮・日本の古い器を好んでおられるようです。使う土や技法は違っても、お互いに共通する侘びた風情はとてもバランスが良く、どちらを組み合わせても古色ある器を楽しむことができます。価値観の通じた息の合った二人展だったように思います。


花月窯 志村睦彦 宮岡麻衣子 二人展
2008年11月22日(土)~30(日) 会期中無休
11:00~19:00 
千鳥 (東京・水道橋) ※ホームページ

d0087761_22565836.jpg

※千鳥さんのブログで展示品が紹介されています。



雑誌nidの9月号に花月窯の取材記事が掲載されています。

d0087761_2214937.jpg
 nidホームページ

by sora_hikari | 2008-11-29 23:16 | 志村睦彦さん

中西申幸・原口潔 二人展@SHIZEN

d0087761_22185141.jpgd0087761_22192281.jpg
d0087761_22193948.jpgd0087761_22195653.jpg
d0087761_2220885.jpgd0087761_22201721.jpg
d0087761_22202633.jpgd0087761_22223188.jpg
d0087761_22203859.jpgd0087761_22211175.jpg
d0087761_22204949.jpgd0087761_2221141.jpg
d0087761_22243279.jpgd0087761_22253910.jpg

千駄ヶ谷のSHIZENさんで開催されている中西申幸さんと原口潔さんの二人展へ行ってきました。中西さんは四国の徳島で陶器づくりを、原口さんは常滑で金属器づくりをされています。中西さんの器は、ざっくりとした土の味わいが活きた粉引や鉄釉のものが中心です。河原で採れる粗い土を調合しながら独自の土づくりをされています。元は京都の窯業学校を卒業し、丹波の窯元でお仕事をされた後、徳島で独立されたそうです。クラフトフェア松本では何回も出展されていますが、こういうまとまった展示を東京で見るのは初めてでした。お人柄もあってか、男っぷりのいい器という印象です。器は料理を盛りたてるものとおっしゃる中西さんの器は、シンプルな形に粗めの質感の対比が魅力的です。一方の原口さんの作るものは、鍛金で作った真鍮製のボウルの内側に漆を焼きつけたもの、金属を丸く曲げて溶接した花器、そして李朝スプーンなどのカトラリーを展示されています。花器の真鍮の仕上げは少し表面を汚したような仕上げにしてあり、レトロな雰囲気が漂います。陶土と金属の組合せ展示ですが、どちらも渋みのあるところが共通した二人展だったように思います。


中西申幸(陶)、原口潔(金属) 二人展
2008年11月29日(土)~12月4日(木) 
12:00-19:00 (最終日は17:00まで)
SHIZEN (東京・千駄ヶ谷) ※ホームページ

d0087761_2227552.jpg

※SHIZENさんのブログで展示品が紹介されています。


by sora_hikari | 2008-11-29 22:29 | 中西申幸さん

遠藤素子さんの個展@MADO

d0087761_23593937.jpgd0087761_00483.jpg
d0087761_001243.jpgd0087761_002773.jpg
d0087761_003723.jpgd0087761_004816.jpg
d0087761_01417.jpgd0087761_012181.jpg
d0087761_012730.jpgd0087761_013744.jpg
d0087761_015445.jpgd0087761_028100.jpg
d0087761_021569.jpgd0087761_02242.jpg

西荻窪にあるギャラリーMADOで開催されている遠藤素子さんの個展へ行ってきました。このギャラリーは昭和初期に建てられた洋館の1室をギャラリーにしていてレトロな良い佇まいです。遠藤さんは東京町田市で制作されています。お作りになる器は、主に粉引、灰釉、鉄釉の器を、そして薪窯では焼き締めの器もあります。くせのないプレーンな形に温かい色合いの白やマットな黒い器が多いです。土っぽさと暖かみ。少しかさっとした表面は、焼成温度ピーク後に上げたり下げたりすることで焼き締めてその質感出したり、粉引でも染み込まないように工夫されているのだそうです。器自身が主張するよりも料理の脇役として控えめに意図されているように思いました。冬の食卓をあたたくしてくれそうな器たちでした。


遠藤素子 器展
2008年11月27日(木)~12月2日(火)
12:00~19:00
Gallery MADO (東京・西荻窪) ※ホームページ

d0087761_023375.jpg


※遠藤さんのブログ


by sora_hikari | 2008-11-29 00:05 | 遠藤素子さん

田宮亜紀さんの片口と小皿

d0087761_2042336.jpg
代官山 ギャラリー無垢里 2008年10月

田宮亜紀さんの片口と小皿です。片口は少し大き目でたっぷりと入ります。焼き締めならではの火のあたり方の変化が表れていて、いろいろな角度から見た表情が違いが楽しめます。小皿の方は、たわんだ形の流れが美しく、その渦に沿うように刷毛目が施されています。小さい器ながら、見込みには大きな空間が生まれています。田宮さんの作る焼き締めは、くどくなり過ぎない素直な形に、土と火が織りなす自然の文様が写された味わい深さが魅力的です。そこに女性らしさが加わって焼き締めの粗さが少し抑えられ、優しい顔をした器となっています。


11月28日(金)から静岡で個展を開催されるそうです。

田宮亜紀 陶展  ※ホームページ
2008年11月28日(金)~12月7日(日)
ギャラリー文夢(静岡市) 

d0087761_20423935.jpg



by sora_hikari | 2008-11-27 21:04 | 田宮亜紀さん

ブリキのオイル注し

d0087761_0305070.jpg

古いブリキの缶。オイルを入れるためのものだと思います。すとんとした円柱にひょっとこのように出た口がかわいくて面白い造形になっています。

by sora_hikari | 2008-11-27 00:35 | 古いもの

小野哲平さんの個展@桃居

d0087761_14181864.jpgd0087761_14185413.jpg
d0087761_1420862.jpgd0087761_14203865.jpg
d0087761_1425140.jpgd0087761_14251151.jpg
d0087761_14252997.jpgd0087761_15232647.jpg
d0087761_14224518.jpgd0087761_142354.jpg
d0087761_14232665.jpgd0087761_14235645.jpg
d0087761_14274943.jpgd0087761_14243970.jpg

西麻布の桃居で開催されている小野哲平さんの個展へ行ってきました。力強い器がたくさん並びます。一部だけガス窯のものがありますが、ほとんどの展示品は薪窯で焼成されたものです。従来の釉薬を掻き落として模様を付けたものは今回は一部しかなく、シンプルに土と釉と火によって生み出された器中心です。表現の幅としては狭い範囲になるのかもしれませんが、その中で見せる焼き色の変化はより一層多彩になり、むしろ心の奥に届く深さは広がっているように思います。それは魅力が横に広がるのではなく、縦方向へ掘り下げていった世界です。陶器は焼きもの。その一番の魅力は「焼き」だとすれば、その焼きの良さがストレートに表れた器ばかりです。焼き締めの器の場合は、窯変や灰被りなど薪窯による焼成の意味合いが分かり易いのですが、このようなくすりものの器の場合、どういう魅力が加わるのかお尋ねしてみました。答えは明らかに違いが出ると。色合い、深み、変化。比較的低い温度帯でじっくりねらしながら焼きを進め、火力、窯圧による熱量によって釉薬と土が見せる色の深みが出るそうです。また薪窯による場所による温度の差も同じ窯から出てくるものに違いが出る面白みがあるようです。安定性という点でコントロールしづらいものだけれど、そのリスクを超えて焼きの魅力を引き出せるのが薪窯の良さなのだと思います。哲平さんの作る器は、その真っ直ぐなお人柄からも心の奥に刺さるものがあるように思います。それは外見的なものだけではない、何か目に見えない強さが器に宿っているからのように思えてなりません。


小野哲平 作陶展
2008年11月24日(月)-29日(土)
11:00-19:00
桃居 (東京・西麻布) ※ホームページ

d0087761_14294619.jpg



by sora_hikari | 2008-11-26 15:45 | 小野哲平さん

古橋治人さんの木皿、古橋真理子さんのリネンたわし

d0087761_123558.jpg
d0087761_1231184.jpg
益子陶器市/工房からの風

益子町で製作されている古橋治人さんの木の角皿と、古橋真理子さんのリネンのたわしです。治人さんは、建築設計、家具製作、そしてこのような木の器やカトラリーをお作りになります。ざっくりとしたノミ跡を残しオイルで仕上げてあり、木の軟かさが活きたお皿です。真理子さんは、ウールやリネンの糸を手紬ぎして、手編みのニットを製作されています。このリネンたわしは、食器洗いのものとして製作されたそうですが、コースターとしても使えます。お二人は益子の元ガレージだった場所を改装してオフィス・ショールーム、そして製作場所としておられます。素材は違うお二人ですが、手の温もりのある作品を通してお互いが暮らしとものづくりを繋げて大切にされている様子が伝わってくるように思います。

古橋治人さん
manufact jam主宰
古橋真理子さん
manospun主宰

by sora_hikari | 2008-11-25 12:33 | 古橋治人・真理子さん

フランスの古いカトラリー

d0087761_23241130.jpg

フランスの古いカトラリー。ずっしりとした銀のカトラリー。食文化の違いや体格の違いもあるのでしょうか。厚さもあり大きめ。飾り模様のない素っ気ない中にも、造形のエレガントさがあります。磨かずに鈍い光のまま時代を感じるのもいいかもしれません。

by sora_hikari | 2008-11-20 23:29 | 古いもの

三谷龍二さんの孫の手と蓋もの

d0087761_2117378.jpg
d0087761_21175213.jpg
西麻布 桃居 2008年10月

三谷龍二さんの孫の手と蓋ものです。孫の手は一般的には竹製で手の形をしたものですが、これなら生活空間の中に置いても美しく見えるように思います。棒の断面は丸ではなく、楕円になっていて手に握って安定感があるのと、掻き手の方向が分かりやすくなるように工夫されています。三谷さんの作るものには、食に関する器などが多いですが、こういう変わり種のものにも、三谷さんらしい繊細さとデザイン性が出るところがさすがだなと思います。蓋ものの方は、商品名としてコラム(=円柱)と呼んでいるようです。山桜で出来た直径8.5センチ、高さ2.5センチの小さなもので、蓋の細工の細かさや内側の処理の滑らかさに手仕事の入念さがうかがえます。プレートや鉢は、ざっくりノミ跡を残したシリーズと滑らかに仕上げたシリーズがありますが、バターケースやこういう蓋ものはいずれも緻密に仕上げた滑らかな表面や蓋合わせの美しさに魅力を感じます。

by sora_hikari | 2008-11-20 21:40 | 三谷龍二さん