<   2008年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

朴英淑の白磁展

d0087761_23352384.jpgd0087761_23353852.jpg
d0087761_043317.jpgd0087761_0442248.jpg

虎ノ門にある菊池寛実記念 智美術館で開催されている朴英淑(パク・ヨンスク)さんの白磁展へ行ってきました。朴さんは60歳になる韓国の女性陶芸家。70~80年代には素朴な粉青の陶器を、90年代半ばから洗練された白磁の器を作っていらっしゃいます。この企画展では、月壺(げっこ)と言われる18世紀半ばの朝鮮王朝時代に作られた白磁壺を再現した展示が中心になっています。形は日本民藝館などで見られる李朝期の大壺に似ていますが、侘びた風情と違い、仕上がりの硬い土と純白の釉薬は、どこまでも清らかで、この「月壺」という壺を大きく象徴しています。純白の土を1350度の高温で還元焼成した白色は、不純物を全て焼き尽くしたかのような純粋さがあります。壺は大きなもので高さ60センチを超える迫力のあるサイズです。成型上、上部と下部を分けて作り、それを合わせて1つの壺の形にしているため、焼成時にその繋ぎのところが少し垂れていて、自然の重力が生み出すその歪みが微妙なシルエットと影を作り、美しい姿を見せています。白の清らかさと静けさ。まろみの形に包み込まれた空間。この美術館特有の照明効果もあって、暗がりと浮き立つ白のコントラストが幽玄の美を見せています。朴さんは、青の簡略文様を施した白磁の食器を主に作っていますが、50歳の頃から白磁の大壺も作る決心をし、研究の傍ら5~6年が過ぎ、2001年にようやく焼成にこぎつけるも、上下の合わせがうまくいかず御苦労されたようです。しかし、その合わせのずれこそが、他人同士が出会い理解し合う様にも感じられ、60歳を迎えてようやく耳順という道理を得たとのことです。この白磁壺の他に、朴さんの白磁皿に李禹煥(リー・ウーファン)さんがコバルトや辰砂を筆の軽やかなタッチで絵付けしたものや、朴さんのコバルト模様をアクセントにした白磁の食器も並んでいます。さらに白磁壺に合わせた川瀬敏郎さんのインスタレーションも見ものでしょう。明治・大正・昭和にかけて石炭と投資で財を成した菊池寛実の娘である菊池智さんの名を持つ美術館。ホテルオークラやスウェーデン、アメリカ大使館などが隣接する一種独特の雰囲気の漂う地域で見る「白」の世界は、普段目にしている器の世界とはまた違った感覚を呼び起こす体験になりました。


朴英淑の白磁
-月壺と李禹煥の絵皿-
2008年7月12日-9月15日 ※月曜休館(9月15日祝は開館)
11:00-18:00(入館は17:30まで)
観覧料:一般1300円
菊池寛実記念 智美術館(東京虎ノ門) ※HP

d0087761_23363297.jpg



by sora_hikari | 2008-08-23 00:48 | 見て歩き

竹下鹿丸さんの個展

d0087761_22353578.jpgd0087761_22354562.jpg
d0087761_2236247.jpgd0087761_2236917.jpg
d0087761_22362199.jpgd0087761_22363545.jpg
d0087761_22364255.jpgd0087761_22365124.jpg
d0087761_22382578.jpgd0087761_223658100.jpg

六本木のサボアヴィーブルさんで開催されている竹下鹿丸さんの個展へ行ってきました。竹下さんは益子で作られています。益子で掘った土を使い、窖窯(あながま)で1週間をかけて焼成されているそうです。薪の炎をくぐった焼き締めの器はどれも良い色合いで、鉄分を含む赤い南蛮焼きのような赤色も、薪から出た灰を被った肌合いも美しい表情をしています。形もシンプルで、薪焼成の一種のくどさが抜けたさっぱりとした素直な器です。また一部、ガス窯で焼かれた織部釉の器も深みのある良い色をしています。この個展の案内にあった説明では、ご両親ともに陶芸家であり、育った環境に自然とやきものが存在していたようですが、特に気負いなく「誰もやったことがないことをやろうなんて、思ったことがない」という言葉がとても印象的です。その言葉の姿勢を表すように、素直に土と焼成に向かうことで生まれた器。そんなストレートさが気持ち良く伝わってくる個展でした。毎年、益子の陶器市に出展されているようなので、また機会があればお訪ねしてみたいなと思います。


竹下鹿丸 展
2008年8月21日(木)-28日(木)
11:00-19:00 (最終日17:00まで)
サボア・ヴィーブル(六本木) ※HP

d0087761_2239456.jpg



by sora_hikari | 2008-08-22 22:56 | 竹下鹿丸さん

澄敬一の仕事展

d0087761_7434052.jpgd0087761_74350100.jpg
d0087761_744455.jpgd0087761_7445247.jpg
d0087761_7442330.jpgd0087761_7443045.jpg
d0087761_74516.jpgd0087761_7451217.jpg
d0087761_7482622.jpgd0087761_7464475.jpg

目黒のCLASKA2階にあるギャラリー&ショップDO(ドー)で開催されている澄敬一(すみけいいち)さんの展示会へ行ってきました。澄さんは、かつてpush me pull youというお店を運営され、現在は店舗内装や作品づくりをされているそうです。澄さんやpetit culの松澤紀美子さんが、現在の古道具への眼の向け方へ影響を与えたことについては、間接的に本や人伝てに聞いたことはあるのですが、安易に消費されることへの嫌悪からか、あまり表に出てこられないために実際の制作物も目にしたことがありませんでした。今回のように多くの作品に触れられる展示会は貴重な機会です。この展示会のメインは、鳩時計。乾いた木で構成され文字も針もない箱。鳩時計を分解してその機能だけを箱の中に収めたもの。時を告げる時だけ鳩が扉から顔を出します。この箱が空間に円を囲むように天井からいくつも吊るされています。そのシンプルな有り様は、情報過多になっている生活に対して、不要なものをそぎ落とし、敢えて純粋な部分だけを刹那に表すことで改めて「ものの存在の意味」が問われているようにも思いました。この鳩時計以外にも、昨年出版された「1×1=2」の本に掲載された作品をはじめ、たくさんの物が置かれています。海で洗われた木、乾いた無垢材、使い込まれた布、むきだされた機械。素材の持つ力や道具の芯にある‘機能’の美しさへ目を向けながら、それの周りを、剥ぎ取り、継ぎ足し、組み合わせる。そして再構成された新たな存在感。形は違うけれど共通した清らかさのある澄さんの作りだす独自の世界です。今やジャンク品を繋ぎ合わせた道具を見ることがあるけれど、その原点となる世界を作られたと聞きます。古いものを耽美的に鑑賞するだけではなく能動的に手を加えることでそれの持つ美しさを再認識させてくれるように思います。道具なのかアートなのか。澄さんの作られたものを、どう解釈するのかはいろいろな視点があるのだろうと思います。きっとそういう意味を前提には作っていないと思うけれど、結果的に生み出された「もの」の背景から見えてくるいまの時代感が「何か」を象徴している気がしました。


「澄敬一の仕事」展 -鳩時計-
2008年8月7日(木)-9月7日(日) ※HP
11:00-19:00
CLASKA 2F Gallery & Shop "DO"
目黒区中央町1-3-18(最寄:東横線 学芸大駅 徒歩10分) ※ストリートビュー

d0087761_7485379.jpg


※昨年末に出版された澄さんと松澤さんのお仕事が紹介された本です
d0087761_9191098.jpg
1×1=2 二人の仕事
ラトルズ (2007年11月出版)  ※amazon


by sora_hikari | 2008-08-12 00:40 | 澄敬一さん

ガスリーズ・ハウス

d0087761_051475.jpgd0087761_0512252.jpg
d0087761_0513263.jpgd0087761_0514313.jpg
d0087761_051511.jpgd0087761_052799.jpg

八王子にあるガスリーズ・ハウスさんへ行ってきました。ここは西洋アンティーク家具を中心に扱うお店です。古い織物工場だった建物を改装した趣きのある木造一軒家です。オーナーの塩見さんはこだわりの西洋骨董家具を扱う第一人者として知られた方です。家具への知識が豊富で書籍を出版されたり、修復の講座を開催されています。しっかりしたお考えのもとに、古いけれど十分実用に耐えるように手を施したものを扱いたいと、昨今のjunkブームとは一線を画すようです。店内奥には、家具類を修復したり金物作品を制作する工房があります。家具の他にも、いろいろな古道具が並んでいて、お気に入りのものを見つけ出すのが楽しいです。中には元麻布のさる山さんオリジナルの自在かぎやランプ金具も置かれいます。国道16号線で八王子から福生方面に向う道沿いには、古家具を扱う大きなお店がいくつかありますので、家具を探している方には良いエリアかもしれません。


西洋古道具ガスリーズ・ハウス ※HP
東京都八王子市平岡町16-12
火曜日~土曜日 9:30-18:00(日曜日は予約のみ)
定休日/月曜日、祝祭日

※少し先になりますが、ガスリーズさんでいろいろな作家さんが
直接販売するマーケットが開催されます。

◆ガスリーズ・マーケット
2008年9月27日(土)/10:00-17:00

参加作家
・上泉秀人(磁器)
・伊藤環(陶器)
・井山三希子(陶器)
・竹嶋玲(陶器)
・野上薫(陶器)
・坂野友紀(金工)
・井上枝利奈(ガラス)
・岩本美千子(服・帽子)
・米本卓弘(多肉植物)
・森哲人(燻製)
・黒田ゆきこ(梅干・他)
・セトキョウコ(軽食・飲物)

d0087761_1223274.jpg
※画像クリックで拡大


by sora_hikari | 2008-08-10 01:33 | 見て歩き

関昌生 wire object展

d0087761_21562642.jpgd0087761_21564786.jpg
d0087761_21565952.jpgd0087761_2157193.jpg
d0087761_21573324.jpgd0087761_21574877.jpg
d0087761_2158784.jpgd0087761_2158158.jpg

UNTIDYさんで開催されている関昌生さんの個展へ行ってきました。関さんは福岡の吉井町で四月の魚という古道具屋さんを営みながら、このような針金細工の造形作品を制作されています。いろいろなお店で関さんのワイヤー作品を目にしたことはあるのですが、個展を拝見するのは初めてでした。作品を作り始めた当初は、本のしおりやアクセサリーなど手に収まる実用的なものを作っていたそうですが、5年前のUNTIDYさんでの展示会で100種類の違った形の作品をオーダーされたことで幅が広がっていったそうです。関さんの作るワイヤーワークは、どれも作品を取り巻く空間や陰影が美しく、ワイヤーの簡素な線が無言で静かな不思議な存在感を生み出します。どこかで見た懐かしい街の風景、寂れて忘れかけられた風車や鉄塔、細い縦線だけのカード立てや飛行機など、見つめているとその景色の中に紛れ込んでしまいそうです。また長方体の壁掛けのオブジェや、緻密に組み合わせて作られた網状ボウルのオブジェは、ラインの重なりと光によって作り出される影が美しく、立体でありながら空気を包んだ軽やかさが不思議な感覚を呼び起こします。いずれの作品も、ワイヤーの折り曲げや接合部には、関さんの手先の器用なきりりとした仕事が見え、実直で穏やかなお人柄が感じられます。福岡のお店には行ったことがないのですが、いずれ機会があれば、関さんが選んだ古道具やお店の空間演出も見てみたいものです。


関昌生 wire object展
2008年8月2日(土)-10日(日)
12:00-19:00
UNTIDY (渋谷区神宮前5-47-8-103)
地図 ※BLOG

d0087761_21591489.jpg



by sora_hikari | 2008-08-04 22:49 | 関昌生さん