<   2008年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

古いライト

d0087761_23415335.jpg

古いポケットライト。金属のラインが綺麗です。蓋を開けて中に電池を入れて使っていたようです。今では光りませんが、小物ケースにいいかもしれません。

by sora_hikari | 2008-01-31 23:44 | 古いもの

山本亮平さんの白磁皿

d0087761_21525445.jpg
d0087761_2153418.jpg
d0087761_21531438.jpg
d0087761_21532184.jpg


d0087761_21535049.jpg
d0087761_2154030.jpg
d0087761_2154928.jpg
二子玉川 KOHORO 2008年1月

佐賀県有田で制作されている山本亮平さんの白磁のお皿です。山本さんの作る器は白。形はすきっとして綺麗です。土は磁器土ですが、上に掛った釉薬が柔らかく、器の面を優しく反射します。形づくりは、有田の伝統的技法である型打ちで作られているそうです。ろくろひきした後に、石膏型に押し当てて、このような花型や飾りの凹凸を出されています。鋳込みとは違って、土を当てた面に少しあまい弛みが出て、それがかえって磁器ながらも冷たさを感じさせない柔らかなラインを生み出しています。一見すると、自己表現を抑えた量産品のようでありながら、実は並んでいる器を見ると山本さんの個性がしかっりと表れています。この写真のものは飾りのついたお皿ですが、その他のもっとシンプルな形の器も静かな佇まいが綺麗でした。技術の向こうに見えている山本さんの世界観をもっと見てみたい気がします。

by sora_hikari | 2008-01-30 22:07 | 山本亮平さん

古いガラス瓶

d0087761_774592.jpg

気泡の入った古いガラス瓶。透かして見えるゆがんだ風景はなんだか懐かしいような、哀しいような。

by sora_hikari | 2008-01-30 07:11 | 古いもの

升たかさんの扁壺

d0087761_19441096.jpg
d0087761_19455816.jpg
d0087761_19442648.jpg
西麻布 桃居 2007年12月

升たかさんの扁壺です。へんこと読みます。胴が扁平な壺のことです。この壺は、陶胎漆器といって陶土を下地にして上に漆を施してあります。ご自身では「漆陶」と言っておられました。升さんの作ってこられた陶器は、中東やアジアのような異国情緒のある色使いや絵を描いたものが印象的ですが、この「漆陶」の壺は、むしろ韓国や中国の古い日常品の素朴で質素な風情があります。自分のイメージする黒がなかなか陶器で出せず、漆による手法によってようやくそれを実現されたそうです。数回の焼成の後、更に何度もの漆の焼き付けを行う手間のかかる工程を経てこの色を出されています。元々イラストレーターをしておられ、50歳にして初めて陶芸に触れ、今に至っています。後発であることへのあせりはなく、年齢による境界もなく新たなものへチャレンジされています。「金魚鉢の中の金魚は、若い金魚も年老いた金魚も、同じ水の中で生きているのだから、自分たちも歳を決めつけずに生きて行けばいい。」そう話す升さんの前向きなお気持ちがとても印象的でした。

by sora_hikari | 2008-01-28 20:05 | 升たかさん

宝箱

d0087761_18333138.jpg

古い金属の箱。装飾された外見が宝箱のように見えます。

by sora_hikari | 2008-01-26 18:40 | 古いもの

野口淳さんの楕円台皿

d0087761_21213726.jpg
d0087761_21214989.jpg
d0087761_2122464.jpg
d0087761_21221152.jpg
吾妻橋 土庵 2007年12月

瀬戸で制作されている野口淳さんの楕円型の台付き皿です。長さは30センチぐらいあります。写真だと焼締めのような色合いに見えますが、実際には鉄分を含んだ化粧土を掛けてこのような色を出されているそうです。表面には布目を付けてあります。縁は少し高めに曲げた立ち上がりで盛り付け部は深さがあります。底には台座が付きでテーブルに置くと少し浮かんだ感じで、大きさや色合いの割に重々しくなく軽い感じがします。野口さんの器は炭化焼成した刷毛目の器など渋めのものが特徴的ですが、このような土味を活かした新作もまた料理映えのする器になりそうです。

by sora_hikari | 2008-01-25 21:31 | 野口淳さん

三笘修さんの飴釉リム皿

d0087761_20391678.jpg
d0087761_20392417.jpg
d0087761_20393146.jpg
神楽坂 ラ・ロンダジル 2007年12月

昨年ロンダジルさんで行われた三笘修さんの個展の際の飴釉のリム皿です。30センチぐらいの大きさです。三笘さんの飴釉のうつわは今回はじめて拝見しました。厚めに掛った釉薬によって、こっくりとした深い色になっています。光の当たり方で、土に含まれる石英質の欠片が所々、粒になって反射します。形はフラットなリム皿。釉薬の厚みのせいかエッジや面の角は少し円やかになっています。飴色のうつわは、ややもするとぼってりした量産品のような様相になりがちですが、これは形にしっかりと溶け込んで三笘さんならではの色合いになっていると思います。

by sora_hikari | 2008-01-24 21:12 | 三笘修さん

古いトランプ

d0087761_20521281.jpg

古いトランプ。かつて誰かが興じたであろうトランプも時間を経て落ち着いた色合いに。絵や柄が異国風情で味があり、紙もいい質感に変化しまています。

by sora_hikari | 2008-01-23 20:56 | 古いもの

小澤基晴さんの個展

d0087761_2130838.jpgd0087761_21302325.jpg
d0087761_21303730.jpgd0087761_21304830.jpg
d0087761_21552472.jpgd0087761_21554480.jpg
d0087761_21305867.jpgd0087761_2131949.jpg

神楽坂のラ・ロンダジルさんではじまった小澤基晴さんの個展へ行ってきました。小澤さんは岐阜県土岐市で制作されている30代半ばの作家さんです。昨年、稲村ケ崎で行われた個展の際のときにはなかった新たな釉薬による新作も並んでいました。従来の黒(鉄釉)、赤(柿釉)に加えて、今回から灰緑色の器、鎬を加えた飴釉の器シリーズが新登場です。小澤さんの作る器はベーシックな印象を受けます。基本となる形を決めて、それに色合いの違う釉薬を施してバリエーション化して行く。プロダクツのようなアプローチを感じます。強い個性的な表現は避け、敢えて形と釉調を一定の静かなリズムでフラットにしていき、自分のテーストを出されているように思います。そんなプレーンなトーンが、きっと小澤さんの魅力なのだろうと思います。

d0087761_2395964.jpg
小澤基晴 陶展
2008年1月22日(火)-27日(日)
12:00-19:00 (最終日は18:00迄)
ラ・ロンダジル(神楽坂)

by sora_hikari | 2008-01-22 21:57 | 小澤基晴さん

熊谷幸治さんの土器皿

d0087761_2225463.jpg
d0087761_22255411.jpg
d0087761_2226187.jpg
代官山 IT'S 2007年12月

熊谷幸治さんの土器です。自分で掘った土を低い温度で焼成し、原始的な手法で仕上げています。手で作られた緩いラインの皿。火に焼かれて土が見せる表情は、いろんな変化に富んでいます。土のことが好きでしょうがない、土のことを話し出すと何時間でも話している、そんな熊谷さんらしいです。

by sora_hikari | 2008-01-21 22:42 | 熊谷幸治さん