<   2006年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

藤田佳三さんの赤絵カップ

d0087761_2362587.jpg
d0087761_2363832.jpg
d0087761_2365854.jpg
東京南青山 うつわ楓さんにて 2006年11月

先日、うつわ楓さんで開かれた際の藤田佳三さんの赤絵で描かれたカップです。しっとり掛かった粉引きの上に、藤田さんの軽やかな筆で描かれた線のタッチがリズムを刻んでいるようです。カップごとに絵も違っていて選ぶ楽しさもあります。藤田さんは16歳から陶芸の道に入られ、器一筋に作られてきたようです。元々粉引きの器を製陶所などからの依頼で作られていた際、ピンホールなどによる欠品をカバーするために上絵を描かれたのが始まりだとお聞きしました。藤田さんの上絵は、土ものならではの、どことなく懐かしく侘びた感じが見るものの心を捉えるのだと思います。赤絵だけでなく安南(あんなん)手や鉄絵は、さらに滲んだ感じが出ていてなんとも言えない雰囲気を醸し出してくれます。

by sora_hikari | 2006-11-29 23:03 | 藤田佳三さん

小野哲平さんの個展へ

d0087761_0381391.jpgd0087761_0382574.jpg
d0087761_0384560.jpgd0087761_0385414.jpg
d0087761_039311.jpgd0087761_03922100.jpg
d0087761_0394136.jpgd0087761_0395143.jpg


桃居さんで始まった高知で作陶されいる小野哲平さんの個展へ伺いました。哲平さんの器は、勢い良く作られた形の上に鉄釉を塗り、厚めの長石釉が掛かったものが印象的です。今回は点数も種類もこんなに見られる機会はなかなかないので、貴重な個展です。飯碗、汲出し、片口、丸皿、角皿、中・大鉢、壺、花器など小さいものから大きなものまで多彩なお仕事を見ることが出来ます。哲平さんのことは、赤木明登さん著の「美しいもの」に紹介されており、その作陶姿勢や暮らしぶりも大変魅力的な方です。今回、幸運なことに個展帰りに広瀬さんにお誘い頂いて、哲平さんと、個展を見に来られた横山拓也さんとのお食事に同席させて頂きました。器づくりに関するお二人の考えを大変興味深くお聞きすることが出来ました。その中でも特に印象深かったのが、哲平さんの器づくりに求める「魂が震えるようなもの」という言葉でした。陶芸が好きでしょうがないという哲平さんの器は、表面的なものだけでなく真っ直ぐな心で訴えかけてくるものを感じます。

小野哲平 陶展
11/27~12/2
桃居(西麻布)

by sora_hikari | 2006-11-29 01:18 | 小野哲平さん

岩田圭介さんの中鉢

d0087761_0503947.jpg
d0087761_0505337.jpg
d0087761_051597.jpg
東京原宿 zakkaさんにて 2006年11月

先日、zakkaさんで開催された岩田圭介さんの個展の際の中鉢です。この器は薄く掛かった化粧土を無釉で仕上げています。表面はかさついた感じです。岩田さんは、最近良く見かける無釉や削り目に鉄系の釉薬を刷り込んだような表現の器など、ちょっとスタイリッシュな器を先駆けてお作りなった方のようです。味わいの器といったものよりは、彫刻的な表現のものが多いように思います。現在、多治見で活躍されている人気の若手作家さんの大村剛さんは岩田さんに師事されていたことがあるそうです。この写真の器だけではイメージが湧かないかもしれませんので、ネットで検索したページをいくつかご紹介します。

インタビュー 
器の写真(1) 
器の写真(2)

by sora_hikari | 2006-11-28 10:43 | 岩田圭介さん

笠間のひいらぎ坂文化祭へ

日曜日は笠間に行って来ました。

d0087761_23445498.jpgd0087761_23451788.jpg
d0087761_23452917.jpgd0087761_2345418.jpg
d0087761_23461446.jpgd0087761_23471650.jpg
d0087761_2347266.jpgd0087761_23455739.jpg
d0087761_23524021.jpgd0087761_23533621.jpg

笠間にあるひいらぎ坂という陶芸作家さんの工房が点々と集まる所へ行ってきました。今回は、この周辺にお住いの作家さんの工房をそのまま使ってオープンな展示を行う文化祭です。薪窯のある工房での展示ですので、実際にお作りになる現場を見ながら、作家さんとお話もできるので貴重な体験でした。参加作家は、今野春雄さん、佐藤泰正さん、松田博さん、仲本律子さんの4人のベテランの方々です。作品の良さもさることながら、自然に囲まれた中での作陶環境が素晴らしく、憧れを持って拝見してきました。都心のような便利さはないけれど、心も体も自然体な暮らし。何が本当に豊かなことなのか、少し考えさせられる気もしました。

by sora_hikari | 2006-11-27 00:10 | 見て歩き

森岡成好さんの灰釉中碗と南蛮焼締め碗

灰釉碗
d0087761_022979.jpg
d0087761_02434.jpg
d0087761_03637.jpg


南蛮焼き締め碗
d0087761_0059100.jpg
d0087761_012426.jpg
d0087761_014699.jpg
東京中落合 器スタジオTRYさんにて 2006年10月

10月に器スタジオTRYさんで行われた森岡成好(しげよし)さんの個展の際のものです。以前もご紹介しましたが、森岡さんは和歌山の山奥で鉄砲窯という薪窯で焼成されています。灰釉碗は、気持ちよくひかれた轆轤による形に、とろりと掛かった灰釉が暖かいグレー色になり、高台には梅華皮(かいらぎ)が出ていて井戸茶碗のような仕上がりです。また南蛮焼き締めの方の碗は、緋色とともに土にある雑味が出てとてもいい色をしています。どちらの碗も豪快ながらも美しい佇まいを見せてくれる器です。現在、奈良県にある古民家をギャラリーにした夢雲というところで、森岡さんをはじめとし、若い陶芸家たちとの企画展が開催されています。お近くにお住いの方はご覧になっては如何でしょうか。

森岡成好と若い陶芸家達
11/17~26まで
ギャラリー夢雲
奈良県宇陀郡室生村向渕415

by sora_hikari | 2006-11-24 23:00 | 森岡成好・由利子さん

小沼智靖さん、吉岡萬理さんの個展へ

23日のお休みは小沼さんと吉岡さんの個展にお伺いしました。

小沼智靖さんの個展
d0087761_0132117.jpgd0087761_013436.jpg
d0087761_0135947.jpgd0087761_0142337.jpg
d0087761_0143777.jpgd0087761_0144883.jpg

埼玉県吹上で漆器の制作をされている小沼さんの個展が恵比寿の知器さんで開催されていました。木目を大胆に活かし、擦れたように仕上げた漆塗りが木地のもつ自然さを失わないように表現されており、味わいのある漆器が並んでいました。

小沼智靖 漆の仕事
11/17~23
知器(恵比寿)

吉岡萬理さんの個展
d0087761_0153536.jpgd0087761_0155929.jpg
d0087761_0161264.jpgd0087761_0162753.jpg
d0087761_0164035.jpgd0087761_0165672.jpg
d0087761_018373.jpgd0087761_0184628.jpg

奈良県で作陶されている吉岡萬理さんの個展を見に、鎌倉のうつわ祥見さんに行って来ました。吉岡さんの作る器は、黒化粧や刷毛目による土の味わいを出したものと、マジョリカ陶器やトルコタイルのような色彩豊かに彩色された上絵の器と両極端なものを並行して作っておられます。一見みると同じ作家さんのもの?というようにも思いますが、それが不思議と同じ空間にあっても違和感なく共存しています。陶芸家とともにアメリカンフットボールの監督もされているという吉岡さんですが、お話をさせていただいてとても気さくで男気のありそうな印象を受けました。

吉岡萬理展
11/23~12/2
うつわ祥見(鎌倉)

by sora_hikari | 2006-11-24 00:35 | 見て歩き

須田二郎さんの木のボウル

d0087761_23134622.jpg

d0087761_23154468.jpg
d0087761_23142553.jpg
東京千駄ヶ谷 SHIZENさんにて 2006年11月

先日、SHIZENさんで行われた須田二郎さんの個展の際の木のボウルです。材質は、あさだという木です。楕円形に削られた器にオイル仕上げされた木目が綺麗に浮かびあがっています。たっぷりオイルを塗られた木なので、油ものを盛り付けても大丈夫らしいです。須田さんは森林保護のお仕事にも関わられておられ、そんな関係から障害木や間伐材などの木を活かすために木の器づくりを始められたそうです。個展当日は、木工旋盤を持ち込まれ、ワークショップを開かれていましたが、赤いつなぎを来てF1のメカニックのごとくプロの手付きで寡黙に作業されるお姿が、なんともかっこよく見えました。上の写真にある独楽は、須田さんが、するするとあっという間に削って作って下さったものです。

by sora_hikari | 2006-11-22 23:11 | 須田二郎さん

「手しごとを結ぶ庭」と「美しいもの」

クラフトに関連する本を読みました。

手しごとを結ぶ庭
稲垣 早苗 (著)  アノニマスタジオ (2006/10)


こちらは先日、千葉県市川市で行われた「工房からの風」というクラフトマーケットを企画・運営された稲垣早苗さんの著書です。「工房からの風」の実現に至る経緯が書かれています。クラフトマーケットは楽しいお祭りという見学者としての視点しか持っていなかったのですが、これを読むとどれだけ深い思いで工芸に接して来られ、作家さんのことやモノへの慈しみを持ちながらイベントが実現に至ったのかが伝わってきて、味わいながら読みました。三谷龍二さんの寄せられたエッセイも良かったです。


美しいもの
赤木 明登 (著)  新潮社 (2006/10/19)


こちらは輪島で漆器の塗師をされている赤木明登さんのエッセイ集です。赤木さんと親交のある14人の作り手、音楽家、経済学者などの感じる美しい暮らしや考えを読み易い文章と綺麗な写真で綴っています。元々編集者であった赤木さんですが、魅力のある方々を優しい視点で見つめながら、それぞれの方の生活にある美しいものを描き出そうとされているようです。

by sora_hikari | 2006-11-21 22:58 |

粉引き中鉢と飯碗(自作)

粉引き中鉢
d0087761_23485223.jpg
d0087761_2349512.jpg
d0087761_23491461.jpg
d0087761_23492772.jpg
粗赤土(T25)  白化粧(N123)  透明釉(長石/土灰) 還元焼成 2006年10月

粉引き飯椀
d0087761_23563591.jpg
d0087761_23564852.jpg
d0087761_2357088.jpg
粗赤土(T25) 白化粧(N123) 蛙目マット(長石/土灰/蛙目/骨灰) 還元焼成 2006年10月

久しぶりに陶芸教室で焼き上がってきた器です。毎回同じような感じの粉引きを作っていますが、なかなか思い通りには行きません。味わいのある器を作るというのは、難しいものです。

by sora_hikari | 2006-11-20 00:04 | 自作のもの

小野寺あきさんのオブジェ

d0087761_1383435.jpg
d0087761_139428.jpg
東京恵比寿 知器さんにて 2006年10月

10月に恵比寿の知器さんで行われた小野寺あきさんの個展で手にしたオブジェです。小野寺さんの作品は、素焼きの段階でペーパーをかけて磨き、艶だしをした大理石のような表面をしたオブジェが中心です。植物のようだったり、魂のかけらのようだったり、有機的で幻想的な形状をしたオブジェが素敵です。また薄ピンク色や人肌色をした色合いもとても暖かく感じます。ここに掲載した写真はその代表例ではありませんが、この形も海から流れ着いた流木のようでもあり、珊瑚のようでもあり、モニュメントでもあるような、小さいながらも存在感のある作品です。

小野寺さんの作品

by sora_hikari | 2006-11-19 01:53 | 小野寺あきさん