カテゴリ:長峰菜穂子さん( 17 )

長峰菜穂子 展 @ Cloth & Cross

d0087761_0363147.jpgd0087761_0364186.jpg
d0087761_0364979.jpgd0087761_0365694.jpg
d0087761_037546.jpgd0087761_037127.jpg

自由が丘のCloth & Cross(クロス&クロス)で開催されている長峰菜穂子展に行ってきました。ここはモデルであり、Hug O Warのデザイナー&経営者でもある雅姫さんが、洋服から生活用品までを提案するお店です。かわいらしくエレガントで、そして甘過ぎない素敵な空間です。ヨーロッパの古道具が配された空間と、アンティーク調のうつわが調和した展示会です。飾り、装飾。どちらかと言えば、近年食器のデザインからは削ぎ落とされてきた要素を、本展であらためてそのあり方に目を向けることができるかもしれません。


長峰菜穂子 展
2010年11月6日(土)~14日(日) ※11月10日(水)は定休日
11:00~19:00
Cloth & Cross (東京・自由が丘) ホームページ
d0087761_0372354.jpg


by sora_hikari | 2010-11-09 00:08 | 長峰菜穂子さん

長峰菜穂子 展 @ SHIZEN

d0087761_23595411.jpgd0087761_00240.jpg
d0087761_0144187.jpgd0087761_0135227.jpg
d0087761_002677.jpgd0087761_003462.jpg
d0087761_004419.jpgd0087761_005277.jpg
d0087761_005791.jpgd0087761_01568.jpg

千駄ヶ谷のSHIZENで開催されている長峰菜穂子展へ行ってきました。欧州の古い器をベースにしたプレート、ボウル、ピッチャーなどが展示されています。従来は、生成り色の白い器や、金属質の黒い器が中心でしたが、今回は、白に加えて、飴色の器を見ることができます。エレガントな形に施された飴色の器は、南欧州で使用された日常器のような印象もあります。また冬の食卓に向けた耐熱の小皿なども置かれ季節感のある個展になっているように思いました。


長峰菜穂子 展
2009年11月7日(土)~11月12日(木)
12:00~19:00 (最終日は17:00迄)
SHIZEN (東京・千駄ヶ谷) ホームページ | ブログ

d0087761_0113100.jpg



by sora_hikari | 2009-11-07 23:55 | 長峰菜穂子さん

古橋治人(木)+長峰菜穂子(陶) 二人展

d0087761_532294.jpgd0087761_66278.jpg
d0087761_5324934.jpgd0087761_5325741.jpg
d0087761_5331947.jpgd0087761_5332742.jpg
d0087761_5334499.jpgd0087761_5335197.jpg
d0087761_5342221.jpgd0087761_5343365.jpg
d0087761_5382211.jpgd0087761_538322.jpg

原宿のスタイルハグギャラリーで開催されている「古橋治人+長峰菜穂子 二人展」へ行ってきました。古橋さんは栃木県益子町で木工のお仕事を、長峰さんは埼玉県坂戸市で陶磁器のお仕事をしています。今回の二人展では、お互いの器を展示すると同時に、本展のために作られたコラボレーションの器を見ることができました。木の味わいを活かしながらシンプルな形でまとめられた古橋さんの器と、古い洋食器の流れを汲む長峰さんの器が、柔かくひとつの空間で繋がっています。ギャラリーでは展示と同時に南仏の食材も併せて販売されていました。

※会場内の写真は許可を得て撮影させていただきました。


古橋治人(木) 長峰菜穂子(陶) 二人展  La Priere 〜 祈り
2009年9月5日(土) - 9月13日(日) ※9月7日(月休)
11:00 〜 18:00 (最終日17:00)
Style-Hug Gallery (東京・原宿) ホームページ

d0087761_5384691.jpg



by sora_hikari | 2009-09-06 00:31 | 長峰菜穂子さん

陶+古道具展 @ ギャラリー黒豆

d0087761_8233395.jpgd0087761_828649.jpg
d0087761_8235035.jpgd0087761_8235941.jpg
d0087761_8242398.jpgd0087761_8244486.jpg
d0087761_8253879.jpgd0087761_8261498.jpg
d0087761_8263070.jpgd0087761_826413.jpg
d0087761_8284643.jpgd0087761_8295616.jpg

埼玉県東松山市にあるギャラリー黒豆で開催されている「陶+古道具展」へ行ってきました。これは、埼玉県坂戸市の陶磁器作家・長峰菜穂子さんと、東松山市の古道具店artiqueの浅野玲さんの二人展です。ヨーロッパの古い器を彷彿させる長峰さんのボトルやプレートと、浅野さんが集めた日本・欧州のブロカントが、店内にぎっしりと並んでいます。都心からは離れた場所ですが、こだわりのギャラリーを運営する黒豆さんの空間で、時代を経たノスタルジックな雰囲気を楽しむことができます。


陶(長峰菜穂子) + 古道具 展(浅野玲) 展
2009年8月24日(月)~9月5日(土)  ※8月30日(日)、9月2日(水)休み
11:00-17:00
ギャラリー黒豆  ブログ | 地図
埼玉県東松山市下青鳥186-5 / 0493-24-0403

d0087761_8305937.jpg

・ギャラリー黒豆の紹介記事
・artiqueホームページ
・長峰さんホームページ


by sora_hikari | 2009-08-24 23:17 | 長峰菜穂子さん

長峰菜穂子さんの個展@ラ・ロンダジル

d0087761_2316187.jpgd0087761_23163130.jpg
d0087761_23173445.jpgd0087761_23174545.jpg
d0087761_23365160.jpgd0087761_2318950.jpg
d0087761_23193323.jpgd0087761_23201396.jpg
d0087761_23205171.jpgd0087761_23211967.jpg

神楽坂のラ・ロンダジルさんの新ギャラリーで開催されている長峰菜穂子さんの個展へ行ってきました。和情緒のある1軒家の室内に洋風の器が並んでいます。型づくりによるものです。飾りのあるプレートがメインで、欧州のエレガントな形に侘びた風情のお皿です。ヨーロッパの古い器を参考にしたものですが、そこにレトロな質感が加わっています。李朝や古唐津など侘び寂び感のある器もいいですが、西洋のデカダンスな香りのする器もまた新鮮に映ります。男性的な視点に対して女性的な優雅さを持った目線とでも言えばいいでしょうか。西洋の形をしながら、これは日本的な美的感覚によるある種の見立てなのかもしれません。


長峰 菜穂子 陶展  ~Drape Plate~
2008年12月20日(土)~25日(木)
12:00~19:00 (※最終日は18:00まで)
galerie La Ronde d’Argile (東京・神楽坂) ※ホームページ

d0087761_2322990.jpg


by sora_hikari | 2008-12-20 23:23 | 長峰菜穂子さん

長峰菜穂子さんの個展


d0087761_2355381.jpgd0087761_236792.jpg
d0087761_2361516.jpgd0087761_2362251.jpg
d0087761_2363012.jpgd0087761_2363829.jpg
d0087761_2364772.jpgd0087761_2365740.jpg

芦屋のbontonさんで行われた長峰菜穂子さんの個展へ行ってきました。昨年から取り組んでいる渋染めの白い器と、金属釉を使った黒い器の展示です。徐々に器の形や種類も充実してきていろいろな利用シーンに合わせた器を見ることができました。また大物の花器や大鉢もあり、bontonさんの空間の中で存在感が出ていました。女性的なラインと釉薬の渋みの要素が合わさったのが特徴的だと思います。


長峰菜穂子展
2008年4月9日(水)-14日(月)
bonton(兵庫県芦屋) ※HP

d0087761_23172992.jpg


by sora_hikari | 2008-04-15 23:15 | 長峰菜穂子さん

春雪展

d0087761_3582150.jpgd0087761_3583778.jpg
d0087761_3585223.jpgd0087761_359123.jpg
d0087761_3591338.jpgd0087761_3592073.jpg
d0087761_3592723.jpgd0087761_3593395.jpg

代官山のギャラリー・イッツで開催されている「春雪」展に行ってきました。これはガラス作家のさじみささん、同じくガラスの井上枝利奈さん、陶磁の長峰菜穂子さんの三人展です。展のタイトルである「春雪」の意味するところは聞きそびれましたが、冬から春へ、春なのにまだ残る雪など、移り変わる季節への期待やなごり惜しさといった気持ちと結びつけて作品を見ていくと面白いのかもしれません。ついガラスは夏の食器というイメージがありますが、今回展示されているさじさんの色ガラスを混ぜたカップや、井上さんのパートドヴェールのプレートを見ると、季節に捉われずに使える楽しさを感じます。そこに渋い仕上げの長峰さんの陶磁器を加えて見ていくと、金属質の釉薬の渋さとガラスの清涼さとの対比が、春なのに雪、といったコントラストが見てとれて、この展示会の企画意図と結びつくような気がしてきます。そういう文脈を考えながらでもいいでしょうし、そんな難しいことは考えずに個々の作家さんの作品を楽しむのもいいと思います。

春雪
 さじみさ(ガラス)
 井上枝利奈(ガラス)
 長峰菜穂子(陶磁)
2008年3月22日(土)-30日(日)
GALLERY it's (代官山) ※HP
d0087761_4204727.jpg


by sora_hikari | 2008-03-24 01:10 | 長峰菜穂子さん

長峰菜穂子さんの小鉢

d0087761_0281493.jpg
d0087761_0282352.jpg
d0087761_0293791.jpg
d0087761_030274.jpg
d0087761_0294937.jpg
d0087761_0301920.jpg
元麻布 high-kyo 2007年9月

長峰菜穂子さんの小さな器です。一見すると古い金属の菓子型のようですが、薄い土の上にブロンズ調の釉薬がかかっています。鉢や薬味入れとしても、または小物入れとして使ってもいいかもしれません。

by sora_hikari | 2008-02-02 00:43 | 長峰菜穂子さん

アトリエ線路脇展

d0087761_0193256.jpgd0087761_0195723.jpg
d0087761_0201586.jpgd0087761_020288.jpg
d0087761_0203898.jpgd0087761_0204716.jpg
d0087761_021519.jpgd0087761_1461464.jpg
d0087761_138419.jpgd0087761_143320.jpg
良く晴れた休日に、千駄ヶ谷のSHIZENさんで開催されているアトリエ線路脇展に行ってきました。アトリエ線路脇とは、埼玉にある古いアパートで、和紙の森田千晶さん、金属の柴崎智香さん、陶磁の長峰菜穂子さんの3人が共同で使っている工房です。今回の展示は、明るく日差しが入る窓側に和紙が吊るされ、風でゆれる綺麗な影が店内まで伸び、白い器、鉄の花器などを暖かく見せていました。3つの異なる素材ですが、それぞれに女性らしい優しさが出ており、いろんな生活シーンをイメージしながら見ることができました。

アトリエ線路脇 展
2007年11月23日(金)-11月28日(水)
11:00-19:00(最終日17:00迄)
SHIZEN(千駄ヶ谷)

by sora_hikari | 2007-11-24 00:34 | 長峰菜穂子さん

長峰菜穂子さんの個展

d0087761_28198.jpgd0087761_283114.jpg
d0087761_285571.jpgd0087761_29813.jpg
d0087761_292529.jpgd0087761_293131.jpg
d0087761_9535732.jpgd0087761_295341.jpg
d0087761_212447.jpgd0087761_2125787.jpg

麻布十番のhigh-kyoさんで始まった長峰菜穂子さんの個展へ行ってきました。今までの白磁に加えて、黒い釉を使った器や陶板の新しいシリーズが展示されています。今回のテーマは「跡・痕・址」(あと)と題されていて、貝目・貫入・金継による記しが印象的です。自分の記憶の奥にあるものが、その「あと」に刻まれた象徴として伝わってくるようです。普段は古道具を扱うお店の空間と、それらの展示品が相まって緩やかな情景を描き出します。併設されたカフェでお茶を飲みながら、そんな空気に浸るのもいいかもしれません。

長峰菜穂子展
- 跡・痕・址 -あと
2007年9月22日(土)~9月30日(日)  ※9月25日は休み
土日祝日 13:00-21:00
平日 15:00-21:00
high-kyo(元麻布)  地図

by sora_hikari | 2007-09-23 00:15 | 長峰菜穂子さん