カテゴリ:小泉直彦 絵画展( 7 )

「 小泉直彦 絵画展 秩父の神様 」 4日目

小泉直彦 絵画展 秩父の神様 」(~1/21迄)の4日目。

自画像あるいは神仏。小泉の第二の主題となるのは「顔」。

胸が押し潰されそうな朝、朦朧とした日中、暗闇に落ちていく夜。否定の連鎖。そんな自分を救い出せるのは、結局、自己を認め直すしかない。向き合う対象は自分自身。自己を吐露することで社会と繋がる。救いの手段。あるいは、沸き起こる思い、抑えられぬ衝動、鳴り響く音、どうしようもなく吐き出された形象。立ち向かうように振るわれた力強い筆致。

好きな画家を聞けば、村山槐多、関根正二、松本竣介の名が挙がる。いずれも情念的、精神不安、貧困、そして夭折の人。近代画家の懐古的イメージと重なる。しかしリアルな人間関係の希薄なネット社会にあって、精神的な実感の大切さが蘇る。手に触れられるような肉厚なマチエール。これは時代が一巡して引き出された表現世界なのか。

d0087761_16422851.jpg


d0087761_16423654.jpg


d0087761_16424314.jpg


d0087761_16425156.jpg


d0087761_16425997.jpg


d0087761_1643663.jpg


d0087761_16431396.jpg


d0087761_16432029.jpg


d0087761_16432889.jpg


d0087761_16433565.jpg


d0087761_16434368.jpg


d0087761_16435192.jpg


d0087761_1644256.jpg


d0087761_16441056.jpg


d0087761_16441626.jpg



小泉直彦 絵画展 秩父の神様
2018年1月13日(土)~21日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
次回在廊日 1/20(土)・21(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_18173448.jpgd0087761_18183040.jpg

小泉直彦プロフィール
1985年 埼玉県秩父生まれ
2007年 中央大学文学部日本史学科中退 絵を志す
2010年 信濃デッサン館館主窪島誠一郎に師事
2013年 以降 東京 神戸で個展 グループ展
2015年 独立
2018年 現在、秩父にて制作


by sora_hikari | 2018-01-16 18:54 | 小泉直彦 絵画展

「 小泉直彦 絵画展 秩父の神様 」 3日目

小泉直彦 絵画展 秩父の神様 」(~1/21迄)の3日目。

小泉の原点となるモチーフ「山」。秩父の霊峰、武甲山の麓で生れ育った。常に山がそこに在り、自分が在る。見上げ、見下ろされる絶対的な存在。彼の描く山は、忠実にそれを写すのではなく、心的形象である。明快な対象を、絵筆を塗り籠めていく過程で宿る絵画としての護符。宗派はなくとも、誰もが持つ信仰心。自然に向ける敬虔な気持ち。その普遍性が小泉の絵との接点ではなかろうか。

d0087761_15383488.jpg


d0087761_15384369.jpg


d0087761_15384913.jpg


d0087761_15385678.jpg


d0087761_1539291.jpg


d0087761_15391045.jpg


d0087761_15391717.jpg


d0087761_15392472.jpg


d0087761_15393277.jpg



小泉直彦 絵画展 秩父の神様
2018年1月13日(土)~21日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
次回在廊日 1/20(土)・21(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_18173448.jpgd0087761_18183040.jpg

小泉直彦プロフィール
1985年 埼玉県秩父生まれ
2007年 中央大学文学部日本史学科中退 絵を志す
2010年 信濃デッサン館館主窪島誠一郎に師事
2013年 以降 東京 神戸で個展 グループ展
2015年 独立
2018年 現在、秩父にて制作


by sora_hikari | 2018-01-15 18:05 | 小泉直彦 絵画展

「 小泉直彦 絵画展 秩父の神様 」 2日目

d0087761_1715870.jpg

小泉直彦 絵画展 秩父の神様 」(~1/21迄)の2日目。気温の低い中、本日もご来店頂きありがとうございました。小泉さんの次回の在廊は1/20(土)、21(日)となります。


小泉直彦 絵画展 秩父の神様
2018年1月13日(土)~21日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
次回在廊日 1/20(土)・21(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_18173448.jpgd0087761_18183040.jpg

小泉直彦プロフィール
1985年 埼玉県秩父生まれ
2007年 中央大学文学部日本史学科中退 絵を志す
2010年 信濃デッサン館館主窪島誠一郎に師事
2013年 以降 東京 神戸で個展 グループ展
2015年 独立
2018年 現在、秩父にて制作


by sora_hikari | 2018-01-14 18:28 | 小泉直彦 絵画展

「 小泉直彦 絵画展 秩父の神様 」 始まりました

d0087761_17451625.jpg

小泉直彦 絵画展 秩父の神様 」(~1/21迄)は本日よりスタートしました。寒い中ご来店頂きました皆様に御礼申し上げます。口下手ながら絵について語る小泉さんの真っ直ぐな思いが伝わってくる一日でした。明日、日曜日も在廊致します。皆様のご来店をお待ちしております。


小泉直彦 絵画展 秩父の神様
2018年1月13日(土)~21日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 1/13(土)・14(日)・20(土)・21(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_18173448.jpgd0087761_18183040.jpg

小泉直彦プロフィール
1985年 埼玉県秩父生まれ
2007年 中央大学文学部日本史学科中退 絵を志す
2010年 信濃デッサン館館主窪島誠一郎に師事
2013年 以降 東京 神戸で個展 グループ展
2015年 独立
2018年 現在、秩父にて制作


by sora_hikari | 2018-01-13 18:08 | 小泉直彦 絵画展

「 小泉直彦 絵画展 秩父の神様 」 準備完了

d0087761_1843083.jpg

明日1月13日(土)より 始まる「 小泉直彦 絵画展 秩父の神様 」の準備が整いました。弊店で初めての絵画展となります。普段の器の展示会とは違った視点でお楽しみ頂ける内容です。初日、二日目は小泉さんが在廊致します。どうぞこの機会にご来店ください。


小泉直彦 絵画展 秩父の神様
2018年1月13日(土)~21日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 1/13(土)・14(日)・20(土)・21(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_18173448.jpgd0087761_18183040.jpg

小泉直彦プロフィール
1985年 埼玉県秩父生まれ
2007年 中央大学文学部日本史学科中退 絵を志す
2010年 信濃デッサン館館主窪島誠一郎に師事
2013年 以降 東京 神戸で個展 グループ展
2015年 独立
2018年 現在、秩父にて制作


by sora_hikari | 2018-01-12 18:05 | 小泉直彦 絵画展

「 小泉直彦 絵画展 秩父の神様 」 1/13(土)より

描くことは苦悩か、それとも救いか。「 小泉直彦 絵画展 秩父の神様 」1月13日(土)より 。

d0087761_1711368.jpg


d0087761_17114531.jpg


d0087761_17115011.jpg


d0087761_17115871.jpg


d0087761_1712598.jpg


d0087761_17121162.jpg


d0087761_17121920.jpg


d0087761_17122647.jpg


d0087761_17123248.jpg


d0087761_17124090.jpg



小泉直彦 絵画展 秩父の神様
2018年1月13日(土)~21日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 1/13(土)・14(日)・20(土)・21(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_18173448.jpgd0087761_18183040.jpg

小泉直彦プロフィール
1985年 埼玉県秩父生まれ
2007年 中央大学文学部日本史学科中退 絵を志す
2010年 信濃デッサン館館主窪島誠一郎に師事
2013年 以降 東京 神戸で個展 グループ展
2015年 独立
2018年 現在、秩父にて制作


by sora_hikari | 2018-01-10 17:14 | 小泉直彦 絵画展

「 小泉直彦 絵画展 秩父の神様 」 開催のお知らせ

d0087761_18173448.jpg


1月13日(土)から21日(日)に開催する「 小泉直彦 絵画展 秩父の神様 」 のご案内です。

山、地平、空、顔の具象に見えながら、祈り、畏れを描いた心象風景。クラフト紙の封筒の裏に厚く塗り重ねられた絵具。孤独な精神世界を深く掘り下げていく様は、心の救いを求める行為に思える。

小泉直彦は埼玉県北西部にある秩父で生れ育ち、盆地特有の閉鎖的な風土が人格形成に影響を与えた。大学で日本史を学ぶも中退、以後絵を描き始める。縄文土器片を拾い集める風変わりな幼少期。いまだに古代の欠片が放つ不思議な力に触発される。

絶対的な存在に向けた祈りの造形。大きなものと小さきもの。山と自分。神と自分。描かれるのは常に対象と自己の対話である。時代が切り捨ててきた無駄なこと。だが効率化の中にあっても尚、抗えぬ大きな存在。それを手に感じて確かなものとして描く。何度も何度も塗り込めた絵具に彼の強い願いが伝わってくる。それは現代の呪術にも近い。

アールブリュットをはじめ、あらためて描くことの純粋性が問われている。何故彼は描かなければならないのか。生きるため?繋がるため?それは貴方の心にも届くだろうか。店主

d0087761_18174494.jpg


d0087761_181751100.jpg


d0087761_18175733.jpg


d0087761_1818288.jpg


d0087761_1818980.jpg


d0087761_18181550.jpg


小泉直彦プロフィール
1985年 埼玉県秩父生まれ
2007年 中央大学文学部日本史学科中退 絵を志す
2010年 信濃デッサン館館主窪島誠一郎に師事
2013年 以降 東京 神戸で個展 グループ展
2015年 独立
2018年 現在、秩父にて制作


小泉直彦 絵画展 秩父の神様
2018年1月13日(土)~21日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 1/13(土)・14(日)・20(土)・21(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図


d0087761_18183040.jpg




by sora_hikari | 2018-01-07 18:30 | 小泉直彦 絵画展