カテゴリ:小嶋亜創2016( 10 )

「小嶋亜創展 文無し」 ありがとうございました

d0087761_18403961.jpg

小嶋亜創展 文無し」は本日終了しました。会期中はたくさんの方々にお越し頂き厚く御礼申し上げます。来年同時期に開催する予定です。お持ち帰り頂きました器をどうぞ皆様のお暮らしの中で末長くご利用ください。


これからの営業案内
12/5(月)~9(金) 搬出・設営休み
12/10(土)~18(日) 伊藤雅風展 会期中無休
12/19(月)~22(木) 搬出・設営休み
12/23(金)~26(月) 常設展示
12/27(火)~1/6(金) 年末年始休

営業カレンダーはこちら

ギャラリーうつわノート
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 (地図
営業時間:11時~18時
049-298-8715


by sora_hikari | 2016-12-04 18:49 | 小嶋亜創2016

「小嶋亜創展 文無し」 定点観測

d0087761_18423444.jpg

小嶋亜創展 文無し」(~12/4(日)迄)の8日目。会期は明日12/4(日)で終了いたします。

当店で小嶋さんの個展は、今回で6回目。オープン以来、毎年続けている唯一の作家さんです。お互いに定点観測のような意識もあるでしょうか。初心に戻って、あらためて生活に根差す器の美しさと意味を思い出させてくれます。軸を失わないための大切な確認作業なのです。


小嶋亜創展 文無し
2016年11月26日(土)~12月4日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_2133867.jpgd0087761_2135486.jpg
 画像クリックで拡大

小嶋亜創プロフィール
1978年 長野県上田市で育つ。
1994年 山形県の自給自足を基盤とした高校に入る。
1997年 百姓を志し全国の農家に居候としながら旅をする。
2000年 独学で作陶、築窯開始。
2004年 長野県大町市に移住し半農半陶生活を営む。
2010年 自宅敷地内にギャラリー「胡坐市」を開設。
2016年 現在、同地にて百姓と陶芸の日々を過ごす。


by sora_hikari | 2016-12-03 20:04 | 小嶋亜創2016

「小嶋亜創展 文無し」 営業トーク

小嶋亜創展 文無し」(~12/4(日)迄)の7日目。

連日ご好評を頂いております「小嶋亜創展 文無し」も残すところ2日となりました。展示品は現在大よそ100点。不足と見るか、充分と見るかはご判断次第ですが、「文無し」をテーマにする機会は今回限り。また個展回数が少なく、注文品の卸しも無い作り手ゆえ、過不足のない機会ではなかろうかと存じます。(営業担当談)

写真は本日夕刻時点の展示の様子です。

d0087761_17313480.jpg


d0087761_17314253.jpg



小嶋亜創展 文無し
2016年11月26日(土)~12月4日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_2133867.jpgd0087761_2135486.jpg
 画像クリックで拡大

小嶋亜創プロフィール
1978年 長野県上田市で育つ。
1994年 山形県の自給自足を基盤とした高校に入る。
1997年 百姓を志し全国の農家に居候としながら旅をする。
2000年 独学で作陶、築窯開始。
2004年 長野県大町市に移住し半農半陶生活を営む。
2010年 自宅敷地内にギャラリー「胡坐市」を開設。
2016年 現在、同地にて百姓と陶芸の日々を過ごす。


by sora_hikari | 2016-12-02 18:45 | 小嶋亜創2016

「小嶋亜創展 文無し」 

小嶋亜創展 文無し」(~12/4(日)迄)の6日目。

小嶋さんの器は料理映えのする普段使いの器ですが、茶陶のような焼き物の深みも併せ持っています。しかし権威を纏うことなく、道具として在るべき健やかな美しさが魅力的なのです。

d0087761_18203265.jpg


d0087761_18203925.jpg


d0087761_18204767.jpg


d0087761_18205768.jpg


d0087761_1821425.jpg


d0087761_18211170.jpg


d0087761_18211944.jpg


d0087761_18212667.jpg



小嶋亜創展 文無し
2016年11月26日(土)~12月4日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_2133867.jpgd0087761_2135486.jpg
 画像クリックで拡大

小嶋亜創プロフィール
1978年 長野県上田市で育つ。
1994年 山形県の自給自足を基盤とした高校に入る。
1997年 百姓を志し全国の農家に居候としながら旅をする。
2000年 独学で作陶、築窯開始。
2004年 長野県大町市に移住し半農半陶生活を営む。
2010年 自宅敷地内にギャラリー「胡坐市」を開設。
2016年 現在、同地にて百姓と陶芸の日々を過ごす。


by sora_hikari | 2016-12-01 18:27 | 小嶋亜創2016

「小嶋亜創展 文無し」 尺物

d0087761_17595979.jpg
 写真は、尺皿、8000円(税別)。

小嶋亜創展 文無し」(~12/4(日)迄)の5日目。

小嶋さんの器は、往々にして使い易いサイズをまとめてお持ち帰りになる方、一度使ってリピートする方の割合が多いのが特徴です。使う楽しみ、買う楽しさが伝わってきます。箱に仕舞われることなく日常にあってこそ喜びの生れる器です。

時に視点を変えて、大物をひとつ選んでみる。存在のある器を食卓のセンターにどんと置いて料理を取り分ける。これも是非お勧めしたいと思います。

下は7寸深鉢、5500円(税別)と7寸浅鉢、4500円(税別)
d0087761_20085.jpg


d0087761_201548.jpg


d0087761_2011680.jpg



小嶋亜創展 文無し
2016年11月26日(土)~12月4日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_2133867.jpgd0087761_2135486.jpg
 画像クリックで拡大

小嶋亜創プロフィール
1978年 長野県上田市で育つ。
1994年 山形県の自給自足を基盤とした高校に入る。
1997年 百姓を志し全国の農家に居候としながら旅をする。
2000年 独学で作陶、築窯開始。
2004年 長野県大町市に移住し半農半陶生活を営む。
2010年 自宅敷地内にギャラリー「胡坐市」を開設。
2016年 現在、同地にて百姓と陶芸の日々を過ごす。


by sora_hikari | 2016-11-30 20:02 | 小嶋亜創2016

「小嶋亜創展 文無し」 一気通貫

小嶋亜創展 文無し」(~12/4(日)迄)の4日目。

今回のテーマは「文無し」。文字通り文様のない器が並んでいますが、決して単調ではなく、多様な土味が楽しめる内容になっています。

今回使った土は赤土、白土、磁土の3種。その中で赤土のほとんどは、最近手に入れた自分の山から採れる粘土を用いています。自分の山の土を使い、自作のスタンパーで砕き、自作の薪窯で焼く。まさに一気通貫の器なのです。

写真は湯呑み、そば猪口。一客1500円~1800円(税別)。

d0087761_1744981.jpg


d0087761_1745677.jpg


d0087761_175234.jpg


d0087761_175107.jpg


d0087761_1752113.jpg


d0087761_1752846.jpg


d0087761_1753542.jpg


d0087761_1754611.jpg


d0087761_1755231.jpg


d0087761_176078.jpg


d0087761_176723.jpg


d0087761_1761469.jpg


d0087761_1762127.jpg



小嶋亜創展 文無し
2016年11月26日(土)~12月4日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_2133867.jpgd0087761_2135486.jpg
 画像クリックで拡大

小嶋亜創プロフィール
1978年 長野県上田市で育つ。
1994年 山形県の自給自足を基盤とした高校に入る。
1997年 百姓を志し全国の農家に居候としながら旅をする。
2000年 独学で作陶、築窯開始。
2004年 長野県大町市に移住し半農半陶生活を営む。
2010年 自宅敷地内にギャラリー「胡坐市」を開設。
2016年 現在、同地にて百姓と陶芸の日々を過ごす。


by sora_hikari | 2016-11-29 18:03 | 小嶋亜創2016

「小嶋亜創展 文無し」 唯一の日常

d0087761_193083.jpg

小嶋亜創展 文無し」(~12/4(日)迄)の2日目。

本展は日常食器を本気で焼くことをコンセプトにしています。そのため大壺などの特別なアイテムを敢えて並べていません。これは小嶋さんの意図によるものです。薪窯による焼成を8回を重ね、その中から選んだ器が出品されています。いずれも飯碗、湯呑、皿、鉢などごく普通のアイテムです。しかし、ひとつひとつが一品でもあるのです。そこに籠めた作者の思いが伝われば幸いです。


小嶋亜創展 文無し
2016年11月26日(土)~12月4日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_2133867.jpgd0087761_2135486.jpg
 画像クリックで拡大

小嶋亜創プロフィール
1978年 長野県上田市で育つ。
1994年 山形県の自給自足を基盤とした高校に入る。
1997年 百姓を志し全国の農家に居候としながら旅をする。
2000年 独学で作陶、築窯開始。
2004年 長野県大町市に移住し半農半陶生活を営む。
2010年 自宅敷地内にギャラリー「胡坐市」を開設。
2016年 現在、同地にて百姓と陶芸の日々を過ごす。


by sora_hikari | 2016-11-27 19:10 | 小嶋亜創2016

「小嶋亜創展 文無し」 始まりました

d0087761_1122348.jpg

小嶋亜創展 文無し」(~12/4(日)迄)は本日オープンしました。初日よりたくさんの皆様にお越し頂き厚く御礼申し上げます。じっくりと楽しみながら選んで下さる方が多く、亜創さんも作家冥利につきる1日だったと思います。展示品はまだございますので、宜しければご来店下さい。


小嶋亜創展 文無し
2016年11月26日(土)~12月4日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
在廊日 11月26日(土)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_2133867.jpgd0087761_2135486.jpg
 画像クリックで拡大

小嶋亜創プロフィール
1978年 長野県上田市で育つ。
1994年 山形県の自給自足を基盤とした高校に入る。
1997年 百姓を志し全国の農家に居候としながら旅をする。
2000年 独学で作陶、築窯開始。
2004年 長野県大町市に移住し半農半陶生活を営む。
2010年 自宅敷地内にギャラリー「胡坐市」を開設。
2016年 現在、同地にて百姓と陶芸の日々を過ごす。


by sora_hikari | 2016-11-27 01:13 | 小嶋亜創2016

「小嶋亜創展 文無し」 明日11/26より

d0087761_22334437.jpg

明日11/26(土)からスタートする「小嶋亜創展 文無し」の準備が整いました。日常的な器を中心に総数600点を超える内容となります。初日は小嶋さんが在廊致します。どうぞこの機会にご来店ください。


小嶋亜創展 文無し
2016年11月26日(土)~12月4日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
在廊日 11月26日(土)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_2133867.jpgd0087761_2135486.jpg
 画像クリックで拡大

小嶋亜創プロフィール
1978年 長野県上田市で育つ。
1994年 山形県の自給自足を基盤とした高校に入る。
1997年 百姓を志し全国の農家に居候としながら旅をする。
2000年 独学で作陶、築窯開始。
2004年 長野県大町市に移住し半農半陶生活を営む。
2010年 自宅敷地内にギャラリー「胡坐市」を開設。
2016年 現在、同地にて百姓と陶芸の日々を過ごす。


by sora_hikari | 2016-11-25 22:34 | 小嶋亜創2016

「小嶋亜創展 文無し」 開催のお知らせ

d0087761_2133867.jpg
 画像クリックで拡大

11/26(土)から12/4(日)に開催する「小嶋亜創展 文無し」のお知らせです。

小嶋亜創(こじま・あそう)さんは長野県大町市で自給自足の暮らしをしている30代の陶芸家。当店で6回目となる個展のテーマは「文無し」です。

まずは表向きの意味から。小嶋さんは従来より呉須絵、李朝や東南アジアの鉄絵や線刻、やちむんの絵柄など、古陶の文様に触発された器を数多く作り、それが代表作として認知されています。今回はそれらの文様を敢えて封印して、焼きだけで勝負する文様無しの器を発表する内容となります。普段使いの食器を本気で焼く。もちろん価格は据え置き。素の状態の器をご評価頂きたく思います。

そしてもうひとつの意味。小嶋さんは年間の食材(米、野菜、鶏卵、食肉、蜂蜜、味噌、醤油など)を全て自らの手で賄うことで、世間一般の経済システムに依存することなく生活の基盤を作っています。貨幣経済が生み出す社会のヒエラルキーから自分の生活を切り離すことを、早くから実践し続けてきました。もちろん陶芸による収入を得ていますが、いつでも「文無し」の状態で自己完結できる暮らしを担保しているのです。ここが小嶋さんの器づくりの基本であり、貨幣経済や陶芸価値体系へ挑戦を続けられる理由でもあります。

半農半陶のほのぼのとした自然暮らし。確かにそういう見え方もありますが、小嶋さんの場合、声なき行動をもって農本主義的イデオロギーを実践する人。そういう人物と捉えることに意義を感じるのです。

僭越ながら皆様に於かれましては、貨幣経済にまみれた弊店には是非「文有り」の状態でご来店頂けることを願っております。店主

小嶋亜創プロフィール
1978年 長野県上田市で育つ。
1994年 山形県の自給自足を基盤とした高校に入る。
1997年 百姓を志し全国の農家に居候としながら旅をする。
2000年 独学で作陶、築窯開始。
2004年 長野県大町市に移住し半農半陶生活を営む。
2010年 自宅敷地内にギャラリー「胡坐市」を開設。
2016年 現在、同地にて百姓と陶芸の日々を過ごす。


小嶋亜創展 文無し
2016年11月26日(土)~12月4日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
在廊日 11月26日(土)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_2135486.jpg
 画像クリックで拡大


by sora_hikari | 2016-11-21 18:02 | 小嶋亜創2016