カテゴリ:山本忠正展2016( 12 )

「山本忠正展 伊賀の土鍋と白い器」 ありがとうございました

d0087761_1474476.jpg

山本忠正展 伊賀の土鍋と白い器」は本日終了しました。会期中はたくさんの方にご来店頂き厚く御礼申し上げます。

普段扱う器にも増して、土鍋はお客様の食卓のイメージを強く感じます。作られる料理はもちろん、その向うにご家族やご友人との団らんの様子が浮かんでくるのです。鍋は道具であると同時に、家族の風景を描くキャンパスでもあるのでしょう。ご家族のために良い道具を選ぼうとするお客様の思いに、学びの多い展示会となりました。

これからさらに寒い季節を迎えます。鍋料理の登場回数も増えることでしょう。今回お持ち帰り頂きました土鍋や食器で暖かいお料理をどうぞお楽しみください。この度はありがとうございました。


これからの営業案内
11/7(月)~11(金) 搬出・設営休み
11/12(土)~20(日) 中野知昭 漆器展 会期中無休
11/21(月)~25(金) 搬出・設営休み
11/26(土)~12/4(日) 小嶋亜創展 会期中無休

営業カレンダーはこちら

ギャラリーうつわノート
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 (地図
営業時間:11時~18時
049-298-8715


by sora_hikari | 2016-11-06 18:00 | 山本忠正展2016

「山本忠正展 伊賀の土鍋と白い器」 土鍋の生れる里

山本忠正展 伊賀の土鍋と白い器」の8日目。会期は明日11/6(日)で終了いたします。

山本忠正さんが暮らす三重県伊賀市丸柱は、「やまほん陶房」の他、大手の「長谷園」、中堅の「土楽窯」など土鍋の生産で有名な窯元がある町です。車で30分ほど離れた信楽は観光向けの陶器店が連なりますが、こちら伊賀丸柱は、山に囲まれ田園風景の広がる静かな地域です。

「やまほん陶房」は、4代まで遡ることができる伊賀焼きの製陶所。山本さんのお父様のご病気により、長男である忠正さんが家業を継ぎました。今は職人さん数名と山本さんご自身も製造に携わる陶房です。陶房からも見える「ギャラリーyamahon」。忠正さんの弟である忠臣さんが主宰されています。

工場では「やまほん陶房」ブランドの土鍋が、山本さんと職人さんの手によって日々作られています。大きな窯を週間ペースで焼いています。小ロットの注文からも受けられる小回りの効くのが特徴です。もちろん土は伊賀の粘土によるもの。伊賀土鍋の誇りあるお仕事を貫いています。

この季節は、生産も一番お忙しい時期でしょう。そんな中、作家としての制作に時間を割いて今回の個展を受けてくれました。立会いからすぐに戻り、今日も明日もロクロを回し、窯に火を入れます。失いたくない伊賀の里の風景です。

d0087761_1747361.jpg


d0087761_17471138.jpg


d0087761_17472266.jpg


d0087761_17472990.jpg


d0087761_1747416.jpg


d0087761_17474837.jpg


d0087761_1748079.jpg


d0087761_1748844.jpg


d0087761_17482040.jpg


d0087761_17482960.jpg


d0087761_17484310.jpg


d0087761_17485288.jpg


d0087761_1749127.jpg


d0087761_1749997.jpg


d0087761_17491775.jpg


d0087761_17493148.jpg


d0087761_17494229.jpg


d0087761_17495387.jpg



山本忠正展 ~伊賀の土鍋と白い器~
2016年10月29日(土)~11月6日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_1213145.jpgd0087761_12132741.jpg
 画像クリックで拡大

プロフィール
1972 三重県伊賀市丸柱生まれ
1996 金沢美術工芸大学 彫刻科卒業
1998 京都窯業訓練校卒業
1999 家業である「やまほん陶房」を継承
2016 現在、同地で陶房運営と共に個人活動中


by sora_hikari | 2016-11-05 18:05 | 山本忠正展2016

「山本忠正展 伊賀の土鍋と白い器」 一輪

山本忠正展 伊賀の土鍋と白い器」(~11/6迄)の7日目。会期は残り2日となりました。

新作の一輪挿し。デルフトのような柔らかな白に、円やかな形。小さな口に挿す草花が空間に向かって広がります。

d0087761_16425710.jpg


d0087761_1643596.jpg


d0087761_16431215.jpg


d0087761_16432093.jpg



山本忠正展 ~伊賀の土鍋と白い器~
2016年10月29日(土)~11月6日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_1213145.jpgd0087761_12132741.jpg
 画像クリックで拡大

プロフィール
1972 三重県伊賀市丸柱生まれ
1996 金沢美術工芸大学 彫刻科卒業
1998 京都窯業訓練校卒業
1999 家業である「やまほん陶房」を継承
2016 現在、同地で陶房運営と共に個人活動中


by sora_hikari | 2016-11-04 18:16 | 山本忠正展2016

「山本忠正展 伊賀の土鍋と白い器」 土鍋の在庫

山本忠正展 伊賀の土鍋と白い器」(~11/6迄)を開催中です。

お問い合わせを頂きましたので、現時点(11/4)の土鍋の在庫状況をご案内します。

d0087761_15384268.jpg
 左側:飴釉8寸深土鍋手付(3~4人用) 20,000円/税別 2点
 右側:飴釉9寸深土鍋手付(4~5人用) 25,000円/税別 2点 

d0087761_15385439.jpg
 飴釉8寸深土鍋平手付(3~4人用) 20,000円/税別 2点(左・右)

d0087761_1539445.jpg
 左側:化粧8寸土鍋(3~4人用) 20,000円/税別 2点
 右側:化粧9寸土鍋(4~5人用) 25,000円/税別 1点

d0087761_1539198.jpg
 鉄釉 1合御飯鍋 8,000円/税別 1点


山本忠正展 ~伊賀の土鍋と白い器~
2016年10月29日(土)~11月6日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_1213145.jpgd0087761_12132741.jpg
 画像クリックで拡大

プロフィール
1972 三重県伊賀市丸柱生まれ
1996 金沢美術工芸大学 彫刻科卒業
1998 京都窯業訓練校卒業
1999 家業である「やまほん陶房」を継承
2016 現在、同地で陶房運営と共に個人活動中


by sora_hikari | 2016-11-04 15:46 | 山本忠正展2016

「山本忠正展 伊賀の土鍋と白い器」 感触

d0087761_1694459.jpg

山本忠正展 伊賀の土鍋と白い器」(~11/6迄)の6日目。

山本さんが定番で作っている半磁器製のレンゲとスプーン。使い易く定評があります。手に持って口に触れる道具だけに、その感触は大切です。このフォルムと質感に山本さんのお仕事の特徴が凝縮されているように思います。機能的で無駄がなく、しかし決して工業的ではない手の感触が残る道具なのです。


山本忠正展 ~伊賀の土鍋と白い器~
2016年10月29日(土)~11月6日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_1213145.jpgd0087761_12132741.jpg
 画像クリックで拡大

プロフィール
1972 三重県伊賀市丸柱生まれ
1996 金沢美術工芸大学 彫刻科卒業
1998 京都窯業訓練校卒業
1999 家業である「やまほん陶房」を継承
2016 現在、同地で陶房運営と共に個人活動中


by sora_hikari | 2016-11-03 18:08 | 山本忠正展2016

「山本忠正展 伊賀の土鍋と白い器」 万能

d0087761_15162453.jpg

山本忠正展 伊賀の土鍋と白い器」(~11/6迄)の5日目。

山本さんのご自宅で使い込んだ土鍋。使うほどに味わいが増していきます。

土鍋は調理器具であり、食器でもある。火にかけて調理し、そのまま食卓で食べる。鍋を囲む暖かな食卓と会話。洗い物も少なくて便利な道具。寒い季節だけでなく、一年中使える万能な器なのです。


山本忠正展 ~伊賀の土鍋と白い器~
2016年10月29日(土)~11月6日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_1213145.jpgd0087761_12132741.jpg
 画像クリックで拡大

プロフィール
1972 三重県伊賀市丸柱生まれ
1996 金沢美術工芸大学 彫刻科卒業
1998 京都窯業訓練校卒業
1999 家業である「やまほん陶房」を継承
2016 現在、同地で陶房運営と共に個人活動中


by sora_hikari | 2016-11-02 18:19 | 山本忠正展2016

「山本忠正展 伊賀の土鍋と白い器」 白い伊賀

山本忠正展 伊賀の土鍋と白い器」(~11/6迄)の4日目。

山本忠正さんは、「やまほん陶房」の経営者であると同時に、個人作家として活動しています。今回出品されている白い器は、山本さんらしい作風です。半磁器によるシャープな白、土もののぽってりとした白など、いくつかの白を使い分けています。

山本さんが生まれ育った土地の「伊賀焼」は、薪窯による茶陶のイメージが強いでしょう。灰被りの焼締めで、いわゆるザ・ヤキモノの印象です。そんな伝統的イメージに対して山本さんが提示するのが、白い器です。清らかで、形が整い、現代的な生活の中に溶け込むうつわ。これもまた、山本さんが考える今の伊賀焼の姿なのです。

d0087761_16461625.jpg


d0087761_1646347.jpg


d0087761_16464557.jpg


d0087761_16465527.jpg


d0087761_164724.jpg



山本忠正展 ~伊賀の土鍋と白い器~
2016年10月29日(土)~11月6日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_1213145.jpgd0087761_12132741.jpg
 画像クリックで拡大

プロフィール
1972 三重県伊賀市丸柱生まれ
1996 金沢美術工芸大学 彫刻科卒業
1998 京都窯業訓練校卒業
1999 家業である「やまほん陶房」を継承
2016 現在、同地で陶房運営と共に個人活動中


by sora_hikari | 2016-11-01 18:21 | 山本忠正展2016

「山本忠正展 伊賀の土鍋と白い器」 伊賀の粘土

d0087761_1945981.jpg

山本忠正展 伊賀の土鍋と白い器」(~11/6迄)の3日目。寒い一日。鍋料理が美味しい季節になりました。

今回出品されている土鍋は、全て伊賀で採れる粘土によるもの。最近は粘土に鉱石のペタライトを混ぜた土鍋が多く作られていますが、これは扱い易くて便利な反面、ガラス質が多くなるため加熱が急激であったり、釉薬の艶が出せなかったりと、伊賀の土鍋の良さとは離れてしまいます。

伊賀の土鍋の良さは、遠赤外線効果のあるコトコトと芯から暖めることのできる「土」に特徴があります。それは、数百年前に湖底に堆積した粒子の粗い「蛙目粘土」と、肌理の細かい「木節粘土」を配分することで伊賀の耐熱土が作られます。

山本忠正さんの土鍋も、この伊賀の土の特徴を活かして、艶やかな釉調の飴色、鉄釉色、白化粧の3種類を作っています。また土鍋というと重々しい形状のものが多い中、山本さんの土鍋は、端正で美しい形をしているのも魅力でしょう。

プロの料理人からも評価が高い伊賀の土鍋の特徴を存分に取り入れながら、現代の食卓に自然に馴染む山本さんの土鍋は、本展でも一番の注目を浴びています。

※写真の右側の鉄釉(薄い黄色)のタイプは全て売約済みとなっております。


山本忠正展 ~伊賀の土鍋と白い器~
2016年10月29日(土)~11月6日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_1213145.jpgd0087761_12132741.jpg
 画像クリックで拡大

プロフィール
1972 三重県伊賀市丸柱生まれ
1996 金沢美術工芸大学 彫刻科卒業
1998 京都窯業訓練校卒業
1999 家業である「やまほん陶房」を継承
2016 現在、同地で陶房運営と共に個人活動中


by sora_hikari | 2016-10-31 19:24 | 山本忠正展2016

「山本忠正展 伊賀の土鍋と白い器」 白い器

d0087761_16173445.jpg

山本忠正展 伊賀の土鍋と白い器」(~11/6迄)の2日目。気温が上がらず底冷えのする1日。本日もご来店頂きありがとうございます。

本展はタイトルにもあるように、土鍋と共に白い器がテーマになっております。カップ、湯呑み、マグカップ、皿、ボウル、花入れなど、白い器もどうぞご覧ください。


山本忠正展 ~伊賀の土鍋と白い器~
2016年10月29日(土)~11月6日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_1213145.jpgd0087761_12132741.jpg
 画像クリックで拡大

プロフィール
1972 三重県伊賀市丸柱生まれ
1996 金沢美術工芸大学 彫刻科卒業
1998 京都窯業訓練校卒業
1999 家業である「やまほん陶房」を継承
2016 現在、同地で陶房運営と共に個人活動中


by sora_hikari | 2016-10-30 18:04 | 山本忠正展2016

「山本忠正展 伊賀の土鍋と白い器」 始まりました

d0087761_1721290.jpg

山本忠正展 伊賀の土鍋と白い器」(~11/6迄)は本日よりスタートしました。初日よりたくさんの皆様にお越し頂き厚く御礼申し上げます。

季節柄、土鍋をお選びになる方が多い一日でした。今日は、山本忠正さんはじめ、奥様、お二人のお嬢さんとご家族ご一緒に在店して下さいました。奥様のこずえさんの土鍋料理の説明は、何より一番分かり易い内容でした。そしてお客様の伊賀土鍋への高い信頼性を感じます。

会期は始まったばかり。明日はさらに気温が下がるようです。ご来店の際はどうぞ暖かくしてお出掛けください。


山本忠正展 ~伊賀の土鍋と白い器~
2016年10月29日(土)~11月6日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 10月29日(土)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_1213145.jpgd0087761_12132741.jpg
 画像クリックで拡大

プロフィール
1972 三重県伊賀市丸柱生まれ
1996 金沢美術工芸大学 彫刻科卒業
1998 京都窯業訓練校卒業
1999 家業である「やまほん陶房」を継承
2016 現在、同地で陶房運営と共に個人活動中


by sora_hikari | 2016-10-29 18:05 | 山本忠正展2016