カテゴリ:岡モータース2016( 10 )

「岡モータース展 人生曇りときどき晴れ」 ありがとうございました

d0087761_14412681.jpg

岡モータース展 人生曇りときどき晴れ 」は、本日無事終了いたしました。会期中は、たくさんの方々にお越し頂き厚く御礼申し上げます。

「こんなのバカバカしい。」と思う人もいる。
「その通りかも。」と思う。
しかし「工芸もアートも、いや人生も突き詰めると、そういうもの。」とも思う。
だから「這いつくばっている姿に共感する。」のではないかと思う。
出来れば「いつまでも岡モータースを楽しめる大人でありたい。」と思っている。

お手元のモータースが、曇りの日にも、あなたの心に晴れ間をさしてくれますように。
この度は、ありがとうございました。


今後の営業案内
9/12(月)~16(金) 搬出・設営休み
9/17(土)~25(日) 光藤佐展 会期中無休
9/26(月)~30(金) 搬出・設営休み
10/1(土)~9(日) 打田翠展 会期中無休

営業カレンダーはこちら

ギャラリーうつわノート
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 (地図
営業時間:11時~18時
049-298-8715


by sora_hikari | 2016-09-11 18:27 | 岡モータース2016

「岡モータース展 人生曇りときどき晴れ」 卒業写真

岡モータース展 人生曇りときどき晴れ 」は、いよいよ明日(9/11)までとなりました。最終日も岡社長が皆様をお迎えいたします。

d0087761_1472942.jpg
 ミニモータース 特製箱付き 5000円(税込)

岡さんとの出会いは、2013年の松本クラフトフェア。たくさんの出展者のなか、探しても探しても見つからない。それもそのはず、ようやく辿りついた所は、人がほとんど通らない奥の場所。しかし我関せず、堂々と派手な展示をしていたのでした。そのずれた一生懸命さが、とても清々しかったのを覚えています。きっとモータースは、岡さんの等身大でもあるのですね。

今回当店で2回目となる個展。毎回、泣きあり、笑いありのドタバタ劇です。この3年の間にファンも着実に増え、岡モータースワールドが広がっていることを感じます。

さてあと1日。写真は卒業アルバム風に。



岡モータース展  人生曇りときどき晴れ
2016年 9月3日(土)~11日(日)
営業時間 11時~18時 
次回作家在廊日 9月10日(土)・11日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_20582556.jpgd0087761_20583515.jpg
 画像クリックで拡大

岡 歩(おか あゆみ) プロフィール
1986年 和歌山県生まれ
2006年 常滑市陶芸研究所修了
2009年 モータスを作り始める
2016年 現在、愛知県常滑市在住


by sora_hikari | 2016-09-10 18:00 | 岡モータース2016

「岡モータース展 人生曇りときどき晴れ」 社長リターンズ

岡モータース展 人生曇りときどき晴れ 」(~9/11まで)を開催中です。

会期は残すところあと2日。平日は、愛すべきモータースと無愛想な店主の不釣り合いな状況が続いておりましたが、土日は岡社長が再び在廊いたします。どうぞ一緒に楽しい時間をお過ごしください。

本日のご紹介品は、タイヤ無しの小品です。こちらも岡モータース・ワールド満載です。

d0087761_11593169.jpg
 特製がちゃがちゃ(うずら(1000円/回)とコレクションシール(100円/回))

d0087761_1159389.jpg
 パンじぃ 2800円(税込)
パンジーそっくりな動植物。その昔パンジーを煎じたお茶は頭痛に効くといわれ薬の材料として乱獲された時代がある。そのためパンじぃ達は人目を避けるためにあえて山の中から街に下り、パンジーが植わっている花壇に擬 態するようになった。もし花壇にパンジーが咲いていたら中にパンじぃが紛れ込んでいるかもしれない。機会があったら是非探してみていただきたい。

d0087761_11594466.jpg
 こぼれニソニソ 1000円(税込)
モータースを高温で焼成する際にモータースに含まれる「ニソニソ」という成分がモータースの表面から結晶化してでてきたもの。大きさはだいたい1〜9ミリほどだが大きいものだと3センチぐらいになるものもある。手足を広げると星のような形をしている。高温状態だと活発に動き回るのだが500度以下になるとピタリと動きが鈍くなる特性がある。

d0087761_11595223.jpg
 こぼれニソニソ 1000円(税込)/1個

d0087761_120014.jpg
 羽のある人 2800円(税込)

d0087761_120775.jpg
 羽のある人 2800円(税込)

d0087761_120164.jpg
 羽のある人 2800円(税込)

d0087761_1202357.jpg
 羽のある人 2800円(税込)

d0087761_1203083.jpg
 羽のある人 2800円(税込)

d0087761_1204088.jpg
 フライングモータース パイロット 4200円(税込)

d0087761_1204861.jpg
 フライングモータース CA 4200円(税込)

d0087761_1205822.jpg
 フライングモータース パイロット 4200円(税込)

d0087761_121828.jpg
 雲の上のフライングモータース パイロット 4900円(税込)

d0087761_1211952.jpg
 雲の上のフライングモータース 4900円(税込)1つ

d0087761_1212921.jpg
 カサブランカ 2600円(税込)

d0087761_121356.jpg
 カサブランカ・ダンディ 2800円(税込)

d0087761_1214570.jpg
 カサブランカ 2600円(税込)

d0087761_1215385.jpg
 カサブランカ 2600円(税込)

d0087761_1221277.jpg
 カサブランカ・ダンディ 2800円(税込)

d0087761_122212.jpg
 チューチュートレイン(小) 3700円(税込)


岡モータース展  人生曇りときどき晴れ
2016年 9月3日(土)~11日(日)
営業時間 11時~18時 
次回作家在廊日 9月10日(土)・11日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_20582556.jpgd0087761_20583515.jpg
 画像クリックで拡大

岡 歩(おか あゆみ) プロフィール
1986年 和歌山県生まれ
2006年 常滑市陶芸研究所修了
2009年 モータスを作り始める
2016年 現在、愛知県常滑市在住


by sora_hikari | 2016-09-09 18:05 | 岡モータース2016

「岡モータース展 人生曇りときどき晴れ」 個性派

岡モータース展 人生曇りときどき晴れ 」(~9/11まで)を開催中です。残すところ3日となりました。

本日ご紹介するのは、個性派ぞろいの名車たち。というものの、意外と日陰者が多いことに気づきます。弱者にも愛を注ぐ岡さんらしい視点です。

「暮らしに役立たない」をキャッチフレーズに邁進する岡モータースですが、いやいやとんでもない。人を笑顔にさせる力は、生きていくうえで必需品です。

ぜひ弱小の弊店のみならず、デパートの美術画廊、老舗焼き物ギャラリー、進化する芸術工芸の皆様にも堂々と扱って欲しいと願っています。


世界の尾張 センターはsold out
d0087761_1834055.jpg

エビフライ、シャチホコ、尾張の殿様、そして某有名居酒屋チェーンの冠をかけ合わせたハイブリッド名古屋名物。名古屋駅のキオスクに置かれる日もそうは遠くはない。こともない。




「石の下ポイズンクラブ」
弱い彼らは生き抜くために毒を持った!しかしその毒のせいで彼らは忌み嫌われる存在となってしまった。日陰で静かに暮らす彼らはいつか太陽の下で伸びをするのを夢見ている。

ムカデ sold out
d0087761_1834865.jpg

自分の軽率な行動が原因で最愛のパートナーを失った過去を持つ。今もトラウマに苦しんでいるが、ポイズンクラブの仲間達との交流で徐々に明るさを取り戻しつつある。気に入った靴があってもピッタリサイズの在庫が足の分だけない事が多く、結果バラバラの靴を履いている。

毒蟹
d0087761_1835468.jpg

ポズンクラブのクラブ長。迷い込んだセアカゴケグモの家族に住処を斡旋したり生育放棄されたサソリの社会復帰を手伝ったり、毒のあるもの達の意見交換の場を設けたりと日々尽力している。「ポイズンクラブ」 のクラブ長なのだが実は寄生虫や細菌をまとっているだけで、自前の毒がない事を少し気にしている




「セミ.ファイナル」
d0087761_184388.jpg

セミゴロー sold out
土の中で 予習復習イメージトレーニングに精を出し、満を侍しての地上デビュー!のはずが、、なんと地上はもう8月の最終日だった。周りを見渡しても同世代は居なさそうだし、年上グループの輪に入ろうとしても話がまったくかみ合わない。しかし嘆いたところでアフターフェスティバル。せっかく夢見た地上に出たのだから精一杯楽しむしかない!セミ五郎は少し和らいだ日差しに不似合いなぐらい元気にミンミンと声を上げるのだった。

「思い出の古着」 sold out
イケてない土中時代にずっと着ていた服。「こんな服着てたんだ..」と思いつつも愛着があって、たまに脱皮した木の近くを通っては枝に服が付いてるのを確認すると「よかった、まだある」とホッとする。




青海ツヨシ sold out
d0087761_1841129.jpg

魚へんに弱いと書いて鰯。その 漢字の成り立ちを変えてやろうとツヨシは群れを離れ一匹イワシになった。小さいツヨシは今日も大海を肩をきって泳いでいる。




「タデ 食う虫の好き好き」
カミナリ虫
d0087761_184202.jpg

虫友達に惚気話のつもりでタデとのエピソードを話すも「え、それヤバない?」と引かれてしまう。あげく「カミナリちゃんだったらもうちょっといい草選べるとおもうんよ」と心配顏で説教されてしまう。タデの良さを理解されないのは悲しくも悔しいのだが、最近は「横取りされる心配ないからいっか」と思うようになった。




「タデ 食う虫の好き好き」
タデ
d0087761_1842913.jpg

空気が読めず何をしでかすかわからない。歩く爆弾。予想外のハプニングに見舞われすぎてハプニングが日常になっている。地獄のようなハプニングも多々あるが、奇跡のような面白ハプニングをたくさん引き起こす。
近くにいる人は心休まる暇がないが、飽きる隙もない。




ガラケーとワイヤレスマウス
d0087761_1843585.jpg

d0087761_1844289.jpg





岡モータース展  人生曇りときどき晴れ
2016年 9月3日(土)~11日(日)
営業時間 11時~18時 
次回作家在廊日 9月10日(土)・11日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_20582556.jpgd0087761_20583515.jpg
 画像クリックで拡大

岡 歩(おか あゆみ) プロフィール
1986年 和歌山県生まれ
2006年 常滑市陶芸研究所修了
2009年 モータスを作り始める
2016年 現在、愛知県常滑市在住


by sora_hikari | 2016-09-08 18:36 | 岡モータース2016

「岡モータース展 人生曇りときどき晴れ」 ドラマもの

岡モータース展 人生曇りときどき晴れ 」(~9/11まで)を開催中です。明日より会期後半になります。

本日ご紹介するのは、シリーズもの3本。岡さんの実体験含めたドラマ仕立てのストーリーです。

岡さんのキャラクターは、マカロニほうれん荘(古い)のようなナンセンスギャグものが多いかと思いますが、一方で決して嫌みのない人間賛歌だと思います。面白キャラながら、地べたに這いつくばって前を向く。健気で一生懸命なひとたち(車たち)。肩肘張らずに、しょせん人生なんてそんなものと、達観した思いにもなれるのです。

岡モータース・ファンに、りっぱな大人が多いのも、妙に納得できるのです。


「ドライビングスクール」
阿尾教官
d0087761_18125899.jpg

d0087761_18125074.jpg

県内屈指の伝統校に長年勤める鬼教官。老若男女問わず容赦なく檄を飛ばす。
彼の講習は誰もが恐怖で涙するが、彼から教わった者は卒業後に事故や違反をほぼ起こさない 。

「ドライビングスクール」
飴谷教官
d0087761_1813753.jpg

d0087761_18131422.jpg

親切丁寧をモットーに教えている。ただ、柔らかい人あたりと微妙なジョークセンスにより生徒から若干なめられ気味の様子。
落ち着いた雰囲気と寂しげな頭頂のせいで中年だと思われがちだが、実際はまだ30代前半である。

「ドライビングスクール」
田戸さん
d0087761_18132196.jpg

d0087761_18133086.jpg

おとなしく見えるが頭の中はいつもせわしなく、緊張するとすぐパニックになってしまう癖がある。ちなみに適性診断は1Eだった。
最初は阿尾教官に教えられていたのだが、極度の緊張で操作を誤りあわや大事故になりかける。
スクールの教官の誰もが担当したがらない中、飴谷が田戸を教える事になった。
田戸がどんなに恐ろしい運転をしても大声を出さず「おっとっとあぶないあぶない」等、極力コミカルに接し、時にはダジャレを挟みながらどうにか落ち着いて運転できるよう に試みた。ヘレンケラーを教えるサリバン先生のように粘り強く指導した結果、ガチガチだった田戸の運転は次第にスムーズになっていった。
緊張の仮免試験の日。合格発表で自分の番号が点灯した瞬間大声で「やったーー!」と叫び、嬉しさのあまり隣に居たたいして知らないヤンキーの子にハイタッチして大喜びし、親指を立てて微笑む飴谷教官に派手に抱きついたのだった。

「ドライビングスクール」
角田君
d0087761_1814733.jpg

d0087761_18141539.jpg

オールドスタイルな平成ヤンキー。高校卒業後はすぐ就職するので一足早く免許を取りに来た。最初飴谷教官が担当だったが遠回しに駄目出しされる感じが癇に障りすこぶる悪い態度で接してしまう。

その後鬼の阿尾教官に変わられ状況は一変。地獄のような車内でそうとう鍛えられる事となった。そして仮免試験の日、見事合格した角田にいつも厳しい阿尾教官が缶コーヒー を手渡しながら「おめでとう」と背中を叩いてきた。その瞬間角田は今までの教官による恐ろしいひとときは今日の合格のためだったのかと気づいたのだった。




「漫才師」
d0087761_18142715.jpg

とある深夜バラエティ番組内で女芸人嫌いな男芸人と男芸人嫌いの女芸人が罰ゲームでむりやりコンビを組まされてしまった。それも漫才大賞で優勝しなかったら芸人を辞めないといけないという過酷な条件付。いがみ合う二人ははたして笑いの渦を呼ぶことが できるのだろうか...

三園二郎
d0087761_18143838.jpg

学生時代、学校では地味で目立たなかったが深夜ラジオ界では面白いと有名なハガキ職人だった。お笑いの世界に憧れ養成所に入り何人もの同期とコンビを組むもうまくいかず、ピン芸人となる。ブスネタや自虐でばかり笑いを取ろうとする女芸人が嫌いでいつも冷ややかな目で見ている。

松井美紗子
d0087761_18144629.jpg

小さい頃から容姿を理由にゴリラ松井のあだ名で男子からいじめられていた。高校生になり今までの状況を脱しようと思い切ってひょうきんに振る舞ってみたところ思いの外受け入れられ、そこそこ楽しい学生生活を送れるようになった。進路で悩んでいる時に自分を救った笑いを極めてみたいと考える ようになり卒業後すぐに養成所に入る。さっそく同期の女の子とコンビを組みいつもの自虐で笑いを誘った。しかし自分の容姿を笑うネタを繰り返すうちにどこか虚しさを感じてきてしまう。コンビを解消しピン芸人となりだんだん活躍の場が広がっていく中、本当の笑いとは何なのか悩む美紗子だった。

クレーム爺さん
d0087761_18145663.jpg

三園のアパートの隣人。壁が薄いので練習の声が丸聞こえ。どうにも我慢の限界で隣に怒鳴り込みに行き、二人を平謝りさせる。最初は隣から聞こえてくる漫才が下手くそでイライラしていたが練習を重ねるたびだんだん話が面白くなっていき最近は壁に耳をつけて聞き入るようになる。テレビでたまたま漫才大賞に出場することを知り、 第一のファンとして来場者票の一票を入れるべく大会の会場に向かうのだった。




「念仏トリオ」
d0087761_1815412.jpg

仏教高校で出会った三人組はひょんな事からラップグループを結成し活動する事に。デビュー曲「坊主が屏風に上手に坊主の絵を描いた」がローカルラジオ局(ナック5)で流れた事で話題となり、地元を中心に人気を呼ぶ事となる。

碗田玖人
d0087761_18151089.jpg

仏教高校の一年生。勉強はできないが頭の回転は速く口が達者。言い合いになってもすぐ頓知で丸め込んでしまう。あだ名はワンキュー。ある日たいして仲良くない同級生とバス停で一緒になり、二人きりでの無言に堪えられない玖人は同級生が片耳から垂らしたイヤホンを見て「何聴いてんの?」と声をかけた。「え?音楽好きなの?邦楽?洋楽?」と思いの外反応され内心「どうしよう、最近聴いたのパーフェクトヒューマンぐらいだよ..」と焦っていたら、「俺最近この人にハマってんだ」とイヤホンを渡してきた。「イヤホンかぁ、返すときに耳垢付いてたら空気悪くなるな~」としぶしぶ耳にはめると、イヤホンからは木魚のようなリズムにのせて読経のよう な歌が流れてきた。良さはいまいちわからないものの妙に後引く不思議な曲だった。「これなに?」と食いぎみに聞くと同級生は「興味ある?だったら今度貸すわ」と嬉しそうに答えた。これをきっかけに玖人はこの同級生と仲良くなり、のちに二人はラップグループを結成する事になるのだった。

宇田川丸尾
d0087761_18151922.jpg

同級生から教科書に載っていたマルコムxに似ていた事からマルコメxと呼ばれている。一人の時はいつも叔父から入学祝いにもらったboseのイヤホンで音楽やラジオを聴いている。音楽好きの父と叔父の影響で小さい頃からいろんな音楽に興味を持つ。特に叔父が持ってきたブータンの読経のCDはお気に入りで何度も繰り返し聴いた。そんなある日ラジオから突如ブータンの読経に似た音楽が流れてきた。思わず耳をそばだてて聞いているとそれはブータンの読経ではなくラップ音楽だった。不思議な共通性を見つけてから丸尾はラップ音楽にのめり込んでいくのだった。

北条麻子
d0087761_1815273.jpg

グループの紅一点。経験=修行という持論を持ち、歳の割になにかと経験豊富。そのアグレッシブさはアマゾネスとあだ名がつくほど。ショッキングピンクに染めた坊主頭は学校では校則違反なので地味なカツラを被っている。なので学校の外では誰も彼女だと気づかない。調子のいいワンキューとはいつも些細な事で口喧嘩をしている。

宇都健
d0087761_18153457.jpg

オーディオ専門店に勤めるオーディオマニア。宇田川の母は健の妹で、宇田川の父とも仲が良いので昔からよく家に遊びにくる。オーディオ好きをこじらせすぎて常になんらかのオーディオ機器を所持している。
そんな仕事で培った知識と技術を見込まれ、念仏トリオのDJとして招かれる事に。甥っ子のためだから仕方ないな~といいながらも実際内心は超がつくほどノリノリである。




岡モータース展  人生曇りときどき晴れ
2016年 9月3日(土)~11日(日)
営業時間 11時~18時 
次回作家在廊日 9月10日(土)・11日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_20582556.jpgd0087761_20583515.jpg
 画像クリックで拡大

岡 歩(おか あゆみ) プロフィール
1986年 和歌山県生まれ
2006年 常滑市陶芸研究所修了
2009年 モータスを作り始める
2016年 現在、愛知県常滑市在住


by sora_hikari | 2016-09-07 23:11 | 岡モータース2016

「岡モータース展 人生曇りときどき晴れ」 ヘンな人

岡モータース展 人生曇りときどき晴れ 」(~9/11まで)を開催中です。

今日はヘンな人。入れる方と入れない方がいらっしゃるのは承知しております。

しかし、実際にいますよね。歌舞伎町のタイガーマスク(古い)とか。町にひとりやふたり。電車の中でも時折見かけるヘンな人。漫画に出てきそうな人物たち。

そういう現実を膨らませてキャラクター化できるのは、岡さんの才覚だと思います。さらに面白いのは、それに共感して持ち帰る人。作り手も作り手なら、買い手も買い手。その邂逅が楽しいのです。


「ミニマルライフ」
壇しゃり夫
d0087761_2030531.jpg

何かに使えるかもとトイレットペーパーの芯、カップ麺の包装さえも大事に取っている物持ちの良すぎるシャリ夫の家は近所でも有名なゴミ屋敷となっていた。ある日蚊取り線香が物に引火してあっという間に家も集めた物も燃えてしまった。これを機にしゃり夫はミニマルな生活をすると心に決める。

最初はすっきりしながらも最低限の家具家電はある生活を送っていたが、だんだんエスカレートしていき生活用具一式とあげく服まで手放してしま った。

そしてシャリ夫は自らの長い髪を編んだ帽子、シャツ、ズボンを着て究極のミニマリストになったのだった。そんなシャリ夫の悩みは唯一「冬が来る前に靴が作れるぐらい毛が伸びるか心配」なのだそう。




「石鹸箱の恋人」
白井善男  sold out
d0087761_20301663.jpg

世話になった「アニキ」の代わりに独房へ入ることになった善男。最初は全然平気だった孤独がだんだん辛くなり落ち込んでいく。

そんなある日、独房のドアの隙間からサササっとゴキブリが迷い込んできた。善男はすかさずゴキブリを捕まえ、あまりの寂しさからゴキブリを飼うことにした。

石鹸箱にティッシュのベッドを作り、善男は今までで一番好きだった人の名前をつけてゴキブリを可愛がった。ゴキブリも徐々に善男に慣れ、名前を呼ぶと来るまでになった。善男は「こいつにいつかシャバの世界を見せてやりたい」とほのかな夢を抱くのだった。




吉高みつる sold out
d0087761_20304051.jpg

川の縁で甲羅干しをしていると、だいたい3時に近所の人が最中の皮を分けてくれる。その皮をいつもおやつ仲間の鯉と食べているのだが、今日は見かけない雀の子がやってきた。

「おやつに最中いかが?」雀の子に声をかけると嬉しそうに飛んできて「ごちそうになります」と最中を食べた。お腹が膨れた雀の子がうとうとしはじめたので甲羅にあげさせ、昼寝をさせた。ほかほかの甲羅の上で気持ち良さそうに寝る雀の子を眺めながら「自分も小さい頃母亀の背中で 昼寝したな」と懐かしい気 持ちにひたるみつるであった。




常滑焼急須  sold out
d0087761_20302532.jpg

土に含まれる鉄分にお茶が反応して渋みの少ないまろやかなお茶になる。こういった豆知識を話しながらお茶を淹れてくれるので一杯のお茶を飲むだけで一時間かかったりする。一度彼にお茶をご馳走になるとそのお茶の味が忘れられず、かならずちょっと 良い急須が欲しくなってしまう。




うに
d0087761_2031633.jpg

いつもツンツンしているが、本当は傷つきやすいハートを守るため。
なんか夢なんてないの?と聞かれると「夢なんて別にないし」と返しているが、本当はバ ルーンアーティストになるのが夢で、風船に似たカツオノエボシに無理を言ってこっそり練習させてもらっている。




くり sold out
d0087761_20312387.jpg

うにとは生れも育ちも全然違うのだが、なぜだか不思議と気持ちがわかる。「前世は兄弟だったかもな」なんて思うこともある。




コウモリ
d0087761_2031337.jpg

コウモリとライオンと鷹は昔から大の仲良し。よく喧嘩をするライオンと鷹をいつも仲裁している。



パールボーイ sold out
d0087761_20314416.jpg





きのこ
d0087761_20315590.jpg





岡モータース展  人生曇りときどき晴れ
2016年 9月3日(土)~11日(日)
営業時間 11時~18時 
次回作家在廊日 9月10日(土)・11日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_20582556.jpgd0087761_20583515.jpg
 画像クリックで拡大

岡 歩(おか あゆみ) プロフィール
1986年 和歌山県生まれ
2006年 常滑市陶芸研究所修了
2009年 モータスを作り始める
2016年 現在、愛知県常滑市在住


by sora_hikari | 2016-09-06 20:58 | 岡モータース2016

「岡モータース展 人生曇りときどき晴れ」 働く人

岡モータース展 人生曇りときどき晴れ 」(~9/11まで)を開催中です。

岡さんの作るモータースの多くには背景となるストーリーがあります。それは岡さんの目による人間観察です。妄想して頭の中に「面白い人」が描かれるのです。しかし滑稽であろうと、無理があろうと、基本的には人に対する温かな目線を感じるのです。今日はそんな中から「働く人たちモータース」を取り上げてみました。ストーリーも合わせてご覧ください。


「ラーメン屋見習い」
梅野文花
d0087761_17204037.jpg

福岡の老舗豚骨ラーメン店の跡取り息子と東京の老舗醤油ラーメン店の跡取り娘が恋に落ち、両親の反対を押し切って和歌山に駆け落ちした。それから2年後二人の間に文花が生まれた。文花は両親が駆け落ちしたこともラーメン屋の生まれのことも知らずに育つ。そんな梅野家の食卓には一度もラーメンが出ることはなかった。

ある日文花が友達の家で夕飯をご馳走になるときに初めてラーメンと出会う。文花はあまりの美味しさに感動し、ラーメンに興味を持つようになる。帰ってさっそく両親にラーメンが美味しかったことやまたラーメンが食べたい旨を伝えると、両親は曇った顔で「そうね」としか答えてくれなかった。いつもと様子が違うと感じた文花は子供ながらに空気を察してそれ以上両親には言わなかった。

それから数年後、高校生になった文花は両親に内緒でラーメン屋でバイトをするようになった。バイト代が入ると気になるラーメン屋に行っては味を研究していた。そんなある日バイト先に「店が和歌山部門で載ったから」と 全国うまいラーメン特集 という雑誌が置かれていた。

パラパラめくる福岡のページに同じ苗字の父親によく似たおじさんを見つけて手が止まった。まさかと思いつつ東京のページをめくると母親の名前と同じ店名の暖簾の前で腕を組むおじさんを見つけた。そんな漫画みたいな話あるわけがない と思いながらも文花は自分の出生を確信した。そして豚骨ラーメンの父と醤油ラーメンの母から生まれた自分の存在はまさに豚骨醤油の和歌山ラーメンだと気づく。

文花はまだ見ぬ祖父母に認めてもらえるような渾身の和歌山ラーメンを作る事を心に誓うのだった。



「TATSUYA (ビデオソムリエ)」
永賀晋作、永賀久作
d0087761_1721023.jpg

永賀晋作 
最新映画に強く、ヒット作から日本未公開映画までジャンルを問わず網羅している。最近はお客さんの顔を見ただけで好みの映画を当てることができるようになった。

永賀久作 
昔の映画に造詣が深くマニア垂涎のVHSを取り置くこだわりぶり。VHSを知らないミレニアムキッズにはデッキと使いかたのレクチャーもする伝道師。




料理人
d0087761_1721922.jpg

毎月忙しすぎて気付けば食事がゼリーになっていた。その事を親と電話中にポロっと言ったら、その5時間後両親が軽トラに肉やら野菜やらを満載にして押しかけてきた。そして「ちゃんとご飯は食べなだめよ」そう言ってテーブルいっぱいの美味しいご飯を用意してくれた。久々の家の味とお腹以外も満たされる心地に、「自分は食べる事の意味を忘れていたな」と気付いたのだった。



親子F綾子
親子A章雄
d0087761_17211621.jpg

親子F綾子
ダメ元で漫画コンテストに送ったナンセンスギャグ漫画が見事に大賞に選ばれ、その作品が雑誌に掲載されるやそこかしこで評判となる。「天才」「歴史に残る新人現る」「次回作が早く読みたい」期待に胸膨らませる読者たちの声に応えるように綾子は渾身の新作を発表した。

しかし新作の反応は散々。「才能が死んだ瞬間を見た」「一発屋」「期待を返せ」「超高速劣化」漫画のレビューには綾子への罵詈雑言が踊った。綾子はそれでも次の漫画を描こうとペンを持つが、震えて線が引けなくなってしまった。綾子はすべてのSNSを消し、誰にも転居先を告げず知らない土地に引っ越した。しばらくして あれだけ散々騒いでいた人たちも綾子の事など忘れていった。

見知らぬ土地で派遣社員として働き、派遣先の会社で出会った男性と結婚し、男の子を授かった。漫画の夢を諦めたけど、それでこの子に出会えたんだからこれでよかったのかもしれない。綾子は子育てに追われしだいに漫画の事を考えなくなった。

息子が5歳になりようやく余裕が出来てきた頃、息子が落書き帳に一生懸命何かを書いているのを見つけた。「これなぁに?」「おはなし!」どうやら彼にしか読めない文字で物語を何やら書いているらしかった。「どんなお話なの?」「あのね..」彼の口から突飛で強烈なストーリーが紡がれた。あまりに面白いのでチラシの裏にメモを取り、「もしかしてその人ってこんな感じ ?」と登場人物のイラストを描いた。「そうそう!こんな人!じゃあこの人も描いてみて!」二人は夢中で紙に向かって物語を描いた。綾子は息子と絵を描きながらしだいに漫画の楽しさを思い出してきた。そしてタンスの奥の奥に仕舞った道具たちを再び机の上に出すのだった。

親子A章雄
一人っ子で一人遊びが大得意。どこに行く時も常に落書き帳とペンを持っている。マイペースで保育園ではワンツーテンポ遅れていてよく先生に注意される。

ちょっとしたものが変なものに見えたりするとそこから妄想が始まりボーッと動かなくなる癖がある。なので同級生からは変な子だと思われている。しかし本人は気にする事もなく今日もニコニコご機嫌である。



「コンビニエンスな生活」
d0087761_17212249.jpg

一日に何度も足を運んでしまうほどコンビニが落ち着く彼女。引っ越し先を探す際に一階がコンビニになっているマンションを見つけて即決する。暮らして数ヶ月、自分の部屋にいる時間よりもコンビニにいる時間の方が多いような気がしてきたところにバイト募集の文字を見つけ、すぐさま面接を受けに行った。一応バイト先だが家のようにかってがわかるので新米アルバイトなのに熟練店長並みに働けた。近隣住人からもお墨付きで彼女のレジにはいつも多くの人が並ぶ。



「引越し屋さん」
小亀戸 ありす
d0087761_17213073.jpg

体力を生かせる仕事を探して引っ越し業に就く。頑張り屋で一人で重いものを運んだりするのだが、周りが「無理しないで」と心配するので気を遣わせないために「これぐらいの荷物、私なら3秒」とビッグマウスをかましてしまう。実際ヒョイヒョイと運んでしまうのでだんだん周りから「引っ越し界のヘビー級チャンピオン」と呼ばれるようになった。毎日の力仕事で逞しくなった二の腕が誇らしいのだが、お気に入りのパフスリーブシャツの袖がパンパンで着れなくなってしまったのがちょっと悲しい乙女心。



「名物ここにあり」
川里十三
d0087761_17214410.jpg

名物の芋菓子を長年売る名物おじさん。買う気がなくても店の前を通るとたちまちおじさんの話術にはまり、気づけばたくさんの芋菓子を買ってしまう。


「相撲大会 シングルの部」
古徳武蔵
d0087761_17215176.jpg

自分の敵は自分。




岡モータース展  人生曇りときどき晴れ
2016年 9月3日(土)~11日(日)
営業時間 11時~18時 
次回作家在廊日 9月10日(土)・11日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_20582556.jpgd0087761_20583515.jpg
 画像クリックで拡大

岡 歩(おか あゆみ) プロフィール
1986年 和歌山県生まれ
2006年 常滑市陶芸研究所修了
2009年 モータスを作り始める
2016年 現在、愛知県常滑市在住


by sora_hikari | 2016-09-05 17:45 | 岡モータース2016

「岡モータース展 人生曇りときどき晴れ」 始まりました

岡モータース展 人生曇りときどき晴れ 」(~9/11まで)は、本日より始まりました。好天に恵まれ、気持ちのよいスタートとなりました。ご来店の皆様に御礼申し上げます。

食欲の秋。明日も岡さんと一緒に美味しいそうなモータースでお迎えしております。

d0087761_18495930.jpg
 三角おにぎりと俵おにぎり 7400~7500円/個

d0087761_185069.jpg
 骨つき肉とチーズちくわ 6800円/個

d0087761_18501377.jpg
 肉まん 6500円

d0087761_18502095.jpg
 たこ焼き、さくら餅、シュークリーム 6500~6600円/個

d0087761_18503063.jpg
 名物まんじゅうシリーズ 6300円/個

d0087761_18503733.jpg
 黒たまご、白たまご、赤たまご 6200~6500円/個

d0087761_18505366.jpg
 ケチャップとマヨネーズ 7400円/個


岡モータース展  人生曇りときどき晴れ
2016年 9月3日(土)~11日(日)
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 9月3日(土)・4日(日)・10日(土)・11日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_20582556.jpgd0087761_20583515.jpg
 画像クリックで拡大

岡 歩(おか あゆみ) プロフィール
1986年 和歌山県生まれ
2006年 常滑市陶芸研究所修了
2009年 モータスを作り始める
2016年 現在、愛知県常滑市在住


by sora_hikari | 2016-09-03 19:03 | 岡モータース2016

「岡モータース展 人生曇りときどき晴れ」 9/3(土)より

d0087761_20172059.jpg

明日9/3(土)11時よりスタートする「 岡モータース展 人生曇りときどき晴れ 」の準備がほぼ整いました。今回は秋の味覚モータースも勢揃い。難解な工芸に疲れた皆様。人生の句読点、岡モータースショーにどうぞお越しください。明日、あさっては岡さんが在廊しております。


岡モータース展  人生曇りときどき晴れ
2016年 9月3日(土)~11日(日)
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 9月3日(土)・4日(日)・10日(土)・11日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_20582556.jpgd0087761_20583515.jpg
 画像クリックで拡大

岡 歩(おか あゆみ) プロフィール
1986年 和歌山県生まれ
2006年 常滑市陶芸研究所修了
2009年 モータスを作り始める
2016年 現在、愛知県常滑市在住


by sora_hikari | 2016-09-02 20:17 | 岡モータース2016

「岡モータース展 人生曇りときどき晴れ」 9/3(土)より

d0087761_2252176.jpg

9/3(土)よりスタートする「 岡モータース展 人生曇りときどき晴れ 」 。只今、全車こちらに向かっております。お楽しみに。


岡モータース展  人生曇りときどき晴れ
2016年 9月3日(土)~11日(日)
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 9月3日(土)・4日(日)・10日(土)・11日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_20582556.jpgd0087761_20583515.jpg
 画像クリックで拡大

岡 歩(おか あゆみ) プロフィール
1986年 和歌山県生まれ
2006年 常滑市陶芸研究所修了
2009年 モータスを作り始める
2016年 現在、愛知県常滑市在住


by sora_hikari | 2016-09-01 22:53 | 岡モータース2016