カテゴリ:山本亮平・ゆき( 13 )

「 山本亮平・ゆき展 淡き青 」 Meditation

d0087761_21233046.jpg

山本亮平・ゆき展 淡き青 」は本日終了しました。会期中はたくさんの方に足をお運び頂き厚く御礼申し上げます。

キース・ジャレットが病気療養中に自宅録音したアルバム(The Melody at Night, with You)の中に収録された「Blame It On My Youth - Meditation」。会期中店内で山本さんの器ととても良く溶け合いました。静かなメロディラインに重なるように繰り返される伴奏。心の奥にゆっくりと降りていく時間の流れ。古典という主旋律を奏でながら、決して派手ではなく静かに佇む山本さんの器の姿が重なるのです。

多くを語るより、ささやくような言葉の方が沁みることはありますよね。これからも丁寧にお二人の仕事を見続けていければと思っています。

by sora_hikari | 2016-05-23 21:23 | 山本亮平・ゆき

「 山本亮平・ゆき展 淡き青 」 転換点

d0087761_23591065.jpg

山本亮平・ゆき展 淡き青 」は明日5/23(月)までとなります。閉店時間を繰り上げて17時で終了させて頂きます。

儚げな草花文壺、これまた哀愁漂う一品です。本歌となるのは李朝の胴継壺。

有田、唐津の歴史を辿ると、朝鮮に繋がります。唐津の発祥は当時の朝鮮人陶工たちの手によるものですが、有田はその流れをはじめ、中国の染付技術も早くから取り入れられていました。400年前に国や技術が交錯した、日本の焼き物史にとって、とてもエキサイティングな転換点です。

山本亮平・ゆきさんが暮らすご自宅の近くには、その頃の窯跡がいくつもあり、それが今の器づくりの源泉になっています。この時期の焼き物の変化を見ていると、まるで推理小説を読むようにわくわくするそうです。


山本亮平・ゆき展 ~淡き青~
2016年5月14日(土)~23日(月) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

※会期中、東京・神楽坂の「さいめ」にて、山本さんの器を使ってお酒をお愉しみ頂けます。
野菜とお燗のお店 「さいめ」 (Facebook
東京都新宿区納戸町33 平野ビル1階 
電話 090-9813-9980 
最寄駅 牛込神楽坂(大江戸線)

d0087761_3431891.jpgd0087761_343302.jpg
 画像クリックで拡大

山本亮平プロフィール
1972年 東京都生まれ
1998年 多摩美術大学油絵科卒業
2000年 佐賀有田窯業大学短期修了
2016年 佐賀県有田町にて制作

山本ゆきプロフィール
1978年 長崎県生まれ
2000年 佐賀有田窯業大学短期修了
2016年 佐賀県有田町にて制作


by sora_hikari | 2016-05-22 19:38 | 山本亮平・ゆき

「 山本亮平・ゆき展 淡き青 」 400年の哀愁

山本亮平・ゆき展 淡き青 」は5/23(月)迄。あと2日となりました。

有田で日本初の磁器が作られたのは江戸初期の1616年としています。今年でちょうど400年。町を挙げて各方面で記念催事が行われています。

山本さんが作る器は、1616年以前の初源伊万里(草創期)と呼ばれる磁器完成前の姿から、初期伊万里の終わる1650年ぐらいまでの間の形や風合いを求めています。

それ以降と何が違うのか。それはやはり土や焼成時に混ざる雑味ではないでしょうか。時代を経るごとに分業化も精度もあがり、安定的な技術が向上することで、器に含まれる曖昧さが失われます。

初期伊万里に見るのは、人が支配できない不確かな自然性への感情移入ではないでしょうか。山本さんが取り憑かれる様に源流を辿ろうとするのは、その不完全な中に見る、かつての陶工たちの哀愁と共に作り手としての共感のように思えるのです。

d0087761_2072396.jpg
 初期伊万里と無地唐津の陶片

d0087761_2073036.jpg
 小坏、香炉など

d0087761_2074176.jpg
 染付圏線文徳利

d0087761_2074887.jpg
 染付花唐草文小皿

d0087761_2075896.jpg
 染付吹墨菊文平盃

d0087761_208759.jpg
 線彫花弁文平盃

d0087761_2081838.jpg
 染付草文小坏

d0087761_2082695.jpg
 染付線文小坏

d0087761_2083361.jpg
 染付菊文筒向付、染付窓絵文筒向付

d0087761_2084018.jpg
 染付牡丹文香炉

d0087761_2084641.jpg
 染付花唐草網文香炉


山本亮平・ゆき展 ~淡き青~
2016年5月14日(土)~23日(月) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

※会期中、東京・神楽坂の「さいめ」にて、山本さんの器を使ってお酒をお愉しみ頂けます。
野菜とお燗のお店 「さいめ」 (Facebook
東京都新宿区納戸町33 平野ビル1階 
電話 090-9813-9980 
最寄駅 牛込神楽坂(大江戸線)

d0087761_3431891.jpgd0087761_343302.jpg
 画像クリックで拡大

山本亮平プロフィール
1972年 東京都生まれ
1998年 多摩美術大学油絵科卒業
2000年 佐賀有田窯業大学短期修了
2016年 佐賀県有田町にて制作

山本ゆきプロフィール
1978年 長崎県生まれ
2000年 佐賀有田窯業大学短期修了
2016年 佐賀県有田町にて制作


by sora_hikari | 2016-05-21 20:18 | 山本亮平・ゆき

「 山本亮平・ゆき展 淡き青 」 唐津と伊万里

山本亮平・ゆき展 淡き青 」 (~5/23迄)を開催中です。

有田の山本さんが唐津を?と感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし有田の歴史を辿っていくと唐津に繋がり、その原点探しが、今の山本さんの器の作り方に変化をもたらしたのです。

有田焼(伊万里)と唐津焼は、一見すると石ものと土もので全く正反対の器のように見えますが、実は歴史的にも性質も近い兄弟のような関係です。唐津も石もの、その発展的が有田(伊万里)。解釈はさまざまあるようですが、実際に山本さんの唐津は石(砂岩)を砕いて水簸し、器胎と釉薬に分離して成形しています。とても手間のかかる仕事ですが、外形だけでなく質感も近づくためには、原料づくりから取り組まないと出来ないそうです。

しかし、山本さんの仕事は決して古典主義ではなく、その再現と現代の生活を繋ぐことが目的であって、存外求め易い価格帯のものが多いのです。無地の唐津は、地味に見えますが、その奥行きを感じて頂ければ、この良さがじわじわと伝わってくることと思います。

d0087761_15264565.jpg
 唐津茶碗

d0087761_15265127.jpg
 唐津皿

d0087761_1526599.jpg
 唐津平盃

d0087761_1527565.jpg
 唐津平盃

d0087761_15271297.jpg
 唐津ぐい吞

d0087761_15283154.jpg
 唐津片口


山本亮平・ゆき展 ~淡き青~
2016年5月14日(土)~23日(月) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

※会期中、東京・神楽坂の「さいめ」にて、山本さんの器を使ってお酒をお愉しみ頂けます。
野菜とお燗のお店 「さいめ」 (Facebook
東京都新宿区納戸町33 平野ビル1階 
電話 090-9813-9980 
最寄駅 牛込神楽坂(大江戸線)

d0087761_3431891.jpgd0087761_343302.jpg
 画像クリックで拡大

山本亮平プロフィール
1972年 東京都生まれ
1998年 多摩美術大学油絵科卒業
2000年 佐賀有田窯業大学短期修了
2016年 佐賀県有田町にて制作

山本ゆきプロフィール
1978年 長崎県生まれ
2000年 佐賀有田窯業大学短期修了
2016年 佐賀県有田町にて制作


by sora_hikari | 2016-05-20 19:53 | 山本亮平・ゆき

「 山本亮平・ゆき展 淡き青 」 お酒と共に

d0087761_1434293.png

山本亮平・ゆき展 淡き青 」 (~5/23迄)を開催中です。

神楽坂近くの野菜料理とお燗のお店「さいめ」さんで、現在、山本亮平さん・ゆきさんの器でお酒やお料理をお楽しみ頂けます。気に入った器(約50点展示)があればご購入も可能です。滋味溢れる野菜の上手さと美味しいお酒を山本さんの器で頂く贅沢な時間。ぜひこの機会に訪ねてみてください。ご来店は予約をお勧め致します。

野菜とお燗のお店 「さいめ」
東京都新宿区納戸町33 平野ビル1階 地図
営業時間 18時-23時まで 日曜休み
電話 090-9813-9980 
最寄駅 牛込神楽坂(大江戸線)
facebook
https://www.facebook.com/saime515/

野菜のコース料理 5000円(20時半まで)
それ以降はアラカルト
※月曜日はコース料理はなく、終日アラカルト(仕入の関係上)


山本亮平・ゆき展 ~淡き青~
2016年5月14日(土)~23日(月) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

※会期中、東京・神楽坂の「さいめ」にて、山本さんの器を使ってお酒をお愉しみ頂けます。
野菜とお燗のお店 「さいめ」 (Facebook
東京都新宿区納戸町33 平野ビル1階 
電話 090-9813-9980 
最寄駅 牛込神楽坂(大江戸線)

d0087761_3431891.jpgd0087761_343302.jpg
 画像クリックで拡大

山本亮平プロフィール
1972年 東京都生まれ
1998年 多摩美術大学油絵科卒業
2000年 佐賀有田窯業大学短期修了
2016年 佐賀県有田町にて制作

山本ゆきプロフィール
1978年 長崎県生まれ
2000年 佐賀有田窯業大学短期修了
2016年 佐賀県有田町にて制作


by sora_hikari | 2016-05-20 14:37 | 山本亮平・ゆき

「 山本亮平・ゆき展 淡き青 」 白の彩り

山本亮平・ゆき展 淡き青 」 (~5/23迄)を開催中です。

有田焼伝統の原料である泉山陶石をはじめ、地元の石を使った山本さんの白磁です。その多くが薪窯による焼成です。白い焼き物は、色合い、肌合いなど様々な見所があり、単なる白一色には留まりません。骨董品でも時代や産地による細かな分類があります。自分の感受性が試される色かもしれません。山本さんの白磁の静かな旋律のなかに豊かな彩りを感じて頂けるでしょうか。

d0087761_20174531.jpg


d0087761_20175285.jpg


d0087761_20175935.jpg


d0087761_2018417.jpg


d0087761_20181033.jpg


d0087761_20181623.jpg


d0087761_20182183.jpg


d0087761_20182720.jpg


d0087761_20183371.jpg


d0087761_2018396.jpg


d0087761_20184769.jpg


d0087761_20185261.jpg


d0087761_2019194.jpg


d0087761_20191087.jpg


d0087761_20191870.jpg



山本亮平・ゆき展 ~淡き青~
2016年5月14日(土)~23日(月) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

※会期中、東京・神楽坂の「さいめ」にて、山本さんの器を使ってお酒をお愉しみ頂けます。
野菜とお燗のお店 「さいめ」 (Facebook
東京都新宿区納戸町33 平野ビル1階 
電話 090-9813-9980 
最寄駅 牛込神楽坂(大江戸線)

d0087761_3431891.jpgd0087761_343302.jpg
 画像クリックで拡大

山本亮平プロフィール
1972年 東京都生まれ
1998年 多摩美術大学油絵科卒業
2000年 佐賀有田窯業大学短期修了
2016年 佐賀県有田町にて制作

山本ゆきプロフィール
1978年 長崎県生まれ
2000年 佐賀有田窯業大学短期修了
2016年 佐賀県有田町にて制作


by sora_hikari | 2016-05-19 20:19 | 山本亮平・ゆき

「 山本亮平・ゆき展 淡き青 」 瑠璃の色香

山本亮平・ゆき展 淡き青 」 (~5/23迄)を開催中です。

瑠璃(るり)色の磁器。部分的な染付の絵柄と異なり、器全体を瑠璃色に塗ったシックな風合い。稜線や線彫の濃淡が美しく彩りを見せています。しなやかな肌合いは、大人の色気と申しましょうか。儚げな染付とは、また違った魅力を放っています。

d0087761_20153985.jpg
 瑠璃刷毛牡丹文平瓶 14,000円+税

d0087761_20154581.jpg
 瑠璃釉陰刻草花文瓶 12,000円+税

d0087761_20155241.jpg
 瑠璃刷毛六角瓶12,000円+税

d0087761_20155950.jpg
 瑠璃釉染付唐草文小杯 7,000円+税

d0087761_2016593.jpg
 瑠璃釉染付唐草文小杯 7,000円+税

d0087761_20161146.jpg
 瑠璃掛分鎬向附4,000円+税

d0087761_20161729.jpg
 瑠璃掛花入 16,000円+税

d0087761_20162372.jpg
 瑠璃錆掛分7寸平皿(吸坂手) 10,000円+税

d0087761_20162925.jpg
 瑠璃錆掛分六角手塩皿(吸坂手) 各1,800円+税


山本亮平・ゆき展 ~淡き青~
2016年5月14日(土)~23日(月) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

※会期中、東京・神楽坂の「さいめ」にて、山本さんの器を使ってお酒をお愉しみ頂けます。
野菜とお燗のお店 「さいめ」 (Facebook
東京都新宿区納戸町33 平野ビル1階 
電話 090-9813-9980 
最寄駅 牛込神楽坂(大江戸線)

d0087761_3431891.jpgd0087761_343302.jpg
 画像クリックで拡大

山本亮平プロフィール
1972年 東京都生まれ
1998年 多摩美術大学油絵科卒業
2000年 佐賀有田窯業大学短期修了
2016年 佐賀県有田町にて制作

山本ゆきプロフィール
1978年 長崎県生まれ
2000年 佐賀有田窯業大学短期修了
2016年 佐賀県有田町にて制作


by sora_hikari | 2016-05-18 20:19 | 山本亮平・ゆき

「 山本亮平・ゆき展 淡き青 」 絵付け

山本亮平・ゆき展 淡き青 」 (~5/23迄)を開催中です。

本展では染付の器が多く並んでいます。亮平さんの器と言えば、以前は乳白手の無地白磁でしたから、現在あらためて有田の染付に立ち返るお仕事に取り組まれています。

絵付けの多くを担当されるのは、奥様のゆきさん。有田の窯大を卒業してから、絵付け師として3年間お勤めの経験があります。多摩美油絵出身の亮平さんも認める絵付けの上手さだそうです。
しかし上手いがゆえに、きちんとした絵になり過ぎることもあり、初期伊万里風の加減の効いた絵にするために、亮平さんのアドバイスも加わって二人三脚の絵になっているようです。

絵付けは、「奥にぐっと引き込まれる絵」と「前にふわっと出てくる絵」の二極を意識して描かれているそうです。確かに並んだ絵付けを見ると、くぐもった附立筆の儚げな絵、濃み筆のたっぷりとした呉須の絵の違いが見えてきます。どちらが好みか見比べながら選ぶのも楽しいでしょう。

d0087761_21535778.jpg


d0087761_2154440.jpg


d0087761_21541284.jpg


d0087761_21541980.jpg


d0087761_2154268.jpg


d0087761_21543340.jpg


d0087761_21544015.jpg



山本亮平・ゆき展 ~淡き青~
2016年5月14日(土)~23日(月) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

※会期中、東京・神楽坂の「さいめ」にて、山本さんの器を使ってお酒をお愉しみ頂けます。
野菜とお燗のお店 「さいめ」 (Facebook
東京都新宿区納戸町33 平野ビル1階 
電話 090-9813-9980 
最寄駅 牛込神楽坂(大江戸線)

d0087761_3431891.jpgd0087761_343302.jpg
 画像クリックで拡大

山本亮平プロフィール
1972年 東京都生まれ
1998年 多摩美術大学油絵科卒業
2000年 佐賀有田窯業大学短期修了
2016年 佐賀県有田町にて制作

山本ゆきプロフィール
1978年 長崎県生まれ
2000年 佐賀有田窯業大学短期修了
2016年 佐賀県有田町にて制作


by sora_hikari | 2016-05-17 21:55 | 山本亮平・ゆき

「 山本亮平・ゆき展 淡き青 」 質感

d0087761_19505934.jpg

山本亮平・ゆき展 淡き青 」 (~5/23迄)を開催中です。

つまるところ日本の焼き物の評価の特殊性は、その質感にありますよね。それは時に抽象的で分かりづらい。しかし内面から滲み出る質感の魅力は、言葉では伝えづらいけれど、確かに感覚に訴えてくるものがあります。

山本亮平さんが昨今求めている磁器は、やはり質感の追求と言っていいでしょう。しかし、その為の土づくり、釉づくり、窯焚きは、とても手間のかかる仕事です。用途を満たす器という点から見れば、非常に無駄の多い作業。しかしその苦労を経て得られた質感は、言葉を超えて心の中に染み込んでくるのです。


山本亮平・ゆき展 ~淡き青~
2016年5月14日(土)~23日(月) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

※会期中、東京・神楽坂の「さいめ」にて、山本さんの器を使ってお酒をお愉しみ頂けます。
野菜とお燗のお店 「さいめ」 (Facebook
東京都新宿区納戸町33 平野ビル1階 
電話 090-9813-9980 
最寄駅 牛込神楽坂(大江戸線)

d0087761_3431891.jpgd0087761_343302.jpg
 画像クリックで拡大

山本亮平プロフィール
1972年 東京都生まれ
1998年 多摩美術大学油絵科卒業
2000年 佐賀有田窯業大学短期修了
2016年 佐賀県有田町にて制作

山本ゆきプロフィール
1978年 長崎県生まれ
2000年 佐賀有田窯業大学短期修了
2016年 佐賀県有田町にて制作


by sora_hikari | 2016-05-16 19:52 | 山本亮平・ゆき

「 山本亮平・ゆき展 淡き青 」 余韻

d0087761_183129.jpg

山本亮平・ゆき展 淡き青 」 (~5/23迄)を開催中です。

人付合いもそうですが、ほどほどの距離感が大切です。あまり詰め過ぎると、角が立つものです。器も同様。説明過剰の絵柄よりも、余韻が大切。つまりこれは、相手が自分に委ねる余地を残してくれているのです。

半分は器の役割。あと半分は自分の心情をどう投影できるか。そこに愛が育まれるんじゃないでしょうか。山本さんの器の魅力は、そういう相互性なんだと思います。


山本亮平・ゆき展 ~淡き青~
2016年5月14日(土)~23日(月) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

※会期中、東京・神楽坂の「さいめ」にて、山本さんの器を使ってお酒をお愉しみ頂けます。
野菜とお燗のお店 「さいめ」 (Facebook
東京都新宿区納戸町33 平野ビル1階 
電話 090-9813-9980 
最寄駅 牛込神楽坂(大江戸線)

d0087761_3431891.jpgd0087761_343302.jpg
 画像クリックで拡大

山本亮平プロフィール
1972年 東京都生まれ
1998年 多摩美術大学油絵科卒業
2000年 佐賀有田窯業大学短期修了
2016年 佐賀県有田町にて制作

山本ゆきプロフィール
1978年 長崎県生まれ
2000年 佐賀有田窯業大学短期修了
2016年 佐賀県有田町にて制作


by sora_hikari | 2016-05-15 18:33 | 山本亮平・ゆき