カテゴリ:西川弘修( 13 )

「 西川弘修の眼 古物展 」 終了しました

d0087761_11154230.jpg

西川弘修の眼 古物展 」は、本日無事終了しました。会期中は、たくさんの皆様にご来店頂き厚く御礼申し上げます。

而今禾(じこんか)は、古物に限らず、作家ものの器、オーガニックな食事、衣服など、生活の在り方に対してメッセージを送ってきた先駆けとなるお店です。今回は、オーナーの西川弘修さんの集めた古陶磁に焦点を絞った企画でしたが、生活に潤いをもたらす提案という点で、やはり而今禾の意思が貫かれていたように思います。

今後、而今禾では、地元・三重県の食材を使った食品の提案もされていくそうです。「全粒粉の伊勢うどん」、「パンケーキ粉」、「日々のお茶」など、自営店に限らず、より幅の広い流通もご計画中です。これから是非「食」の而今禾・西川さんのお仕事もご注目頂ければ幸いです。

d0087761_1402497.jpg
 伊勢うどん(全粒粉) うどん・つゆ 2食入り 600円(税別)
 パンケーキ粉 400g(200g×2袋) 700円(税別)
 日々のお茶 150g入り 800円(税別)
 ※お買い求め、お取引など詳しくは而今禾の方にお問い合わせください。



これからの営業案内
3/1(火)~4(金) 搬出・設営休み
3/5(土)~14(月) 牟田陽日展 会期中無休
3/15(火)~18(金) 搬出・設営休み
3/19(土)~28(月) 個展 会期中無休
3/29(土)~4/1(金) 搬出・設営休み
4/2(土)~11(月) 個展 会期中無休

ギャラリーうつわノート
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 (地図


by sora_hikari | 2016-02-29 18:00 | 西川弘修

「 西川弘修の眼 古物展 」 花と古壺

西川弘修の眼 古物展 」は、明日2/29(月)までとなります。閉店時間を1時間繰り上げて17時で終了させて頂きます。

今回、古壺に合わせて、花を活けて下さったのは、花道家の上野雄次さんです。Jikonka Tokyoで花いけ教室を開かれたり、而今禾発行の写真集を出されていたり、西川さんとは繋がりの深いご関係で、このようなご縁を頂きました。

今回は、大胆で包み込まれるような花と、ぐっと凝縮された花の両方をお愉しみ頂けます。前衛的な花も活ける方ですが、決して奇をてらった花ではなく、軸がしっかりとした花の姿に重ねてきた経験と実績を感じます。上野さんを知れば、花にかける覚悟、行動力に魅せれる方も多いでしょう。

時を経た壺には、自然の姿の花が本当によく映えます。都会の生活の中で市中山居を演出してくれる時代壺。それは時間という堆積の中で、自然との境界が曖昧になりつつあるからではないでしょうか。西川さんの元に古い壺が集まるのは、きっとそういう姿に心打たれているからだと思うのです。

d0087761_1381481.jpg


d0087761_1382328.jpg


d0087761_13830100.jpg


d0087761_1383995.jpg



西川弘修の眼 古物展
2016年2月20日(土)~29日(月) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_1554662.jpgd0087761_1555688.jpg
  画像クリックで拡大

西川弘修プロフィール
1973年  大阪生まれ
1992年~96年  沖縄・北海道、アメリカを周りアイヌ民族やネイティブアメリカンと過ごす
1998年  三重県松阪市に而今禾の前身となるお店を開設
2000年  三重県亀山市関町の古い町家に「而今禾」オープン
2010年  東京都世田谷に「Jikonka Tokyo」オープン
2012年  台湾台北市に「Jikonka TAIPEI」オープン


by sora_hikari | 2016-02-28 18:10 | 西川弘修

「 西川弘修の眼 古物展 」 共犯関係

西川弘修の眼 古物展 」(~2/29迄)。

会期はあと2日。明日28日は、西川さんが在廊します。近くの川越成田山で蚤の市も開かれます。

写真は、碗・鉢・皿など。こちらも多様な展示品が並んでいます。

骨董が好きになると、必要以上に持ってしまうもの。お店もそれ以上を勧めてしまう共犯関係にあります。罪作りなことです。しかし、ぽっかり空いた心の穴が満たされる、至福な時でもあるのです。むしろ精神治癒のような効果もあるでしょう。結局それは自己承認を求めざる得ない「人の性(さが)」のようにも思えるのです。

※ご紹介は全点ではありません。
※売約品も含まれております。

d0087761_18314399.jpg
  中国 碗

d0087761_18315394.jpg
  韓国 李朝 片口(木)

d0087761_1832021.jpg
  ベトナム 白安南 碗

d0087761_1832791.jpg
  伊万里 くらわんか 染付 江戸

d0087761_18321415.jpg
  韓国 李朝 白磁碗

d0087761_18322095.jpg
  ペルシャ オイルランプ

d0087761_18322639.jpg
  日本 木原 染付茶碗

d0087761_18323251.jpg
  中国 土器 古代

d0087761_18323856.jpg
  中国 碗

d0087761_18324516.jpg
  韓国 高麗 茶碗

d0087761_18325329.jpg
  ミャンマー 白鉛釉鉢

d0087761_18325932.jpg
  韓国 李朝 台皿 真鍮

d0087761_1833537.jpg
  中国 宋 白磁蓋物

d0087761_18331111.jpg
  猿投 山茶碗

d0087761_18331686.jpg
  韓国 李朝 茶入

d0087761_18332241.jpg
  鹿児島 白薩摩 皿

d0087761_18332890.jpg
  タイ スコタイ 青釉碗

d0087761_18333448.jpg
  韓国 李朝 無地刷毛目 鉢

d0087761_18334199.jpg
  中国 宋 白磁輪花皿

d0087761_18334789.jpg
  中国 遼 皿

d0087761_18335236.jpg
  ペルシャ 碗

d0087761_18335881.jpg
  ペルシャ 碗

d0087761_1834593.jpg
  ペルシャ 碗

d0087761_18341646.jpg
  中国 磁州窯 小鉢

d0087761_18342413.jpg
  ペルシャ 緑釉碗

d0087761_18343065.jpg
  韓国 李朝 白磁 鉢

d0087761_18343690.jpg
  韓国 李朝 粉引小鉢

d0087761_1834425.jpg
  中米 グアテマラ 碗

d0087761_18351249.jpg
  胡銅器 残欠


西川弘修の眼 古物展
2016年2月20日(土)~29日(月) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
在廊日 2月20日(土)・21日(日)・28日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_1554662.jpgd0087761_1555688.jpg
  画像クリックで拡大

西川弘修プロフィール
1973年  大阪生まれ
1992年~96年  沖縄・北海道、アメリカを周りアイヌ民族やネイティブアメリカンと過ごす
1998年  三重県松阪市に而今禾の前身となるお店を開設
2000年  三重県亀山市関町の古い町家に「而今禾」オープン
2010年  東京都世田谷に「Jikonka Tokyo」オープン
2012年  台湾台北市に「Jikonka TAIPEI」オープン


by sora_hikari | 2016-02-27 18:46 | 西川弘修

「 西川弘修の眼 古物展 」 壺万国旗

西川弘修の眼 古物展 」(~2/29迄)の7日目。会期は残すところ3日となりました。

展示中の様々な地域の壺をご紹介します。西川さんの眼を感じて頂ければ幸いです。
※ご紹介は全点ではありません。
※売約品も含まれております。

d0087761_20394787.jpg
  信楽 壺 江戸

d0087761_20395438.jpg
  土器 マリ

d0087761_204005.jpg
  珠洲 壺

d0087761_2040696.jpg
  ピッチャー メキシコ

d0087761_20401297.jpg
  常滑 壺 室町

d0087761_20401838.jpg
  ペルシャ 壺 古代

d0087761_20402493.jpg
  高麗 壺

d0087761_20403079.jpg
  土器 中国 古代

d0087761_2040362.jpg
  中国 古代

d0087761_20404222.jpg
  中国 古代

d0087761_20404795.jpg
  埴輪 残欠 古墳時代

d0087761_20405336.jpg
  中国

d0087761_20405966.jpg
  須恵器

d0087761_204159.jpg
  鉄鉢

d0087761_20411187.jpg
  瀬戸 徳利

d0087761_2041175.jpg
  弥生 土器

d0087761_20412384.jpg
  新羅

d0087761_20412835.jpg
  オランダ ピッチャー

d0087761_20413547.jpg
  弥生 土器

d0087761_20414242.jpg
  壺屋

d0087761_20414859.jpg
  黒高麗

d0087761_20415458.jpg
  フランス ボトル

d0087761_20415967.jpg
  ペルシャ ピッチャー

d0087761_2042614.jpg
  フランス ピッチャー

d0087761_20421212.jpg
  タイ バンチェン 土器

d0087761_20421825.jpg
  クメール 黒褐双耳壺

d0087761_20422691.jpg
  会寧 壺

d0087761_20423368.jpg
  ペルシャ 壺

d0087761_2042398.jpg
  李朝 無地刷毛目

d0087761_20424671.jpg
  土器 古墳時代

d0087761_2042525.jpg
  新羅 壺

d0087761_20425869.jpg
  ペルシャ 土器

d0087761_2043445.jpg
  マリ 土器

d0087761_2043970.jpg
  白安南 蓋物

d0087761_20431579.jpg
  伊万里 蓋壺

d0087761_20432164.jpg
  中国 小壺

d0087761_20432866.jpg
  磁州窯

d0087761_20433374.jpg
  李朝 象嵌青磁

d0087761_20434069.jpg
  龍門司窯

d0087761_20434894.jpg
  中国 清代


西川弘修の眼 古物展
2016年2月20日(土)~29日(月) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
在廊日 2月20日(土)・21日(日)・28日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_1554662.jpgd0087761_1555688.jpg
  画像クリックで拡大

西川弘修プロフィール
1973年  大阪生まれ
1992年~96年  沖縄・北海道、アメリカを周りアイヌ民族やネイティブアメリカンと過ごす
1998年  三重県松阪市に而今禾の前身となるお店を開設
2000年  三重県亀山市関町の古い町家に「而今禾」オープン
2010年  東京都世田谷に「Jikonka Tokyo」オープン
2012年  台湾台北市に「Jikonka TAIPEI」オープン


by sora_hikari | 2016-02-26 20:50 | 西川弘修

「 西川弘修の眼 古物展 」 哀愁の安南

d0087761_21475116.jpg

西川弘修の眼 古物展 」(~2/29迄)の6日目。

白安南(あんなん)の蓋物。安南とはベトナムの事。白は汚れ、蓋や耳も欠けた不出来な白磁。特定は出来ませんが、ベトナムの李朝~陳朝期の独自性を出した始めた頃の物のように見えます。人生の哀愁とともに。


西川弘修の眼 古物展
2016年2月20日(土)~29日(月) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
在廊日 2月20日(土)・21日(日)・28日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_1554662.jpgd0087761_1555688.jpg
  画像クリックで拡大

西川弘修プロフィール
1973年  大阪生まれ
1992年~96年  沖縄・北海道、アメリカを周りアイヌ民族やネイティブアメリカンと過ごす
1998年  三重県松阪市に而今禾の前身となるお店を開設
2000年  三重県亀山市関町の古い町家に「而今禾」オープン
2010年  東京都世田谷に「Jikonka Tokyo」オープン
2012年  台湾台北市に「Jikonka TAIPEI」オープン


by sora_hikari | 2016-02-25 21:49 | 西川弘修

「 西川弘修の眼 古物展 」 下手の白磁

d0087761_190637.jpg

西川弘修の眼 古物展 」(~2/29迄)の5日目。

李朝の白磁壺。濁った白に雨漏り状の斑点。首は窯の中でへたって傾いています。胴継の上下も色合いが異なります。こういう不出来な白磁が、わざわざ日本まで運ばれ、今の時代まで残ってきた事を考えれば、これを美しいとする人々が繋いできた偏愛の歴史でもあります。不思議な価値観です。李朝の良さは、やはりこの侘びしさなんでしょう。茶の湯の世界や、民藝・柳の評価が無ければ、実際どうだったのだろうと思う事があります。でもいいと思う人がまた次に繋げる訳です。古物の商いというのは、そういう仕事なのでしょう。


西川弘修の眼 古物展
2016年2月20日(土)~29日(月) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
在廊日 2月20日(土)・21日(日)・28日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_1554662.jpgd0087761_1555688.jpg
  画像クリックで拡大

西川弘修プロフィール
1973年  大阪生まれ
1992年~96年  沖縄・北海道、アメリカを周りアイヌ民族やネイティブアメリカンと過ごす
1998年  三重県松阪市に而今禾の前身となるお店を開設
2000年  三重県亀山市関町の古い町家に「而今禾」オープン
2010年  東京都世田谷に「Jikonka Tokyo」オープン
2012年  台湾台北市に「Jikonka TAIPEI」オープン


by sora_hikari | 2016-02-24 19:01 | 西川弘修

「 西川弘修の眼 古物展 」 中世の壺

d0087761_20294829.jpg

西川弘修の眼 古物展 」(~2/29迄)の4日目。

中世の壺の美しさは、もの言わぬ寡黙さにあります。作られた当時は、水甕や穀物貯蔵の容器として働く器だったから。作ったのは、名前で売る作家ではなく、無名の職人。純粋な用具でありながら、窯の中の自然の作用による偶発的な変化。それをどう見てとるかは、物と自分との関係性でしょう。写真は常滑の大壺(室町)。西川さんらしいセレクトです。


西川弘修の眼 古物展
2016年2月20日(土)~29日(月) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
在廊日 2月20日(土)・21日(日)・28日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_1554662.jpgd0087761_1555688.jpg
  画像クリックで拡大

西川弘修プロフィール
1973年  大阪生まれ
1992年~96年  沖縄・北海道、アメリカを周りアイヌ民族やネイティブアメリカンと過ごす
1998年  三重県松阪市に而今禾の前身となるお店を開設
2000年  三重県亀山市関町の古い町家に「而今禾」オープン
2010年  東京都世田谷に「Jikonka Tokyo」オープン
2012年  台湾台北市に「Jikonka TAIPEI」オープン


by sora_hikari | 2016-02-23 20:39 | 西川弘修

「 西川弘修の眼 古物展 」 虫捕りの少年

d0087761_19403469.jpg
西川弘修の眼 古物展 」(~2/29迄)の3日目。

古物の仕入れは、野天の市で行われることがあり、皆さん早起きをして朝一番に良い物を仕入れます。そういう姿は、まるでうきうきと朝からカブトムシを捕りに行く子供のようです。仕事でありながら、見つけるのが好きなのでしょう。目利きや蒐集家という言い方よりも、むしろ虫捕りの子供の延長線上にいると解釈した方が、腑に落ちます。


西川弘修の眼 古物展
2016年2月20日(土)~29日(月) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
在廊日 2月20日(土)・21日(日)・28日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_1554662.jpgd0087761_1555688.jpg
  画像クリックで拡大

西川弘修プロフィール
1973年  大阪生まれ
1992年~96年  沖縄・北海道、アメリカを周りアイヌ民族やネイティブアメリカンと過ごす
1998年  三重県松阪市に而今禾の前身となるお店を開設
2000年  三重県亀山市関町の古い町家に「而今禾」オープン
2010年  東京都世田谷に「Jikonka Tokyo」オープン
2012年  台湾台北市に「Jikonka TAIPEI」オープン


by sora_hikari | 2016-02-22 19:41 | 西川弘修

「 西川弘修の眼 古物展 」 つぼの壺

西川弘修の眼 古物展 」(~2/29迄)の2日目。風の強い日にも関わらず、ご来店頂きありがとうございました。

世田谷のjikonkaに行くと、壺がいろいろ並んでいます。大きいものから小さなものまで、国も種類も時代もさまざま。その壺を見るのが楽しみでした。いまどき、こんな大きな壺を扱う店は少なく、置く場所もないし、販売もしづらいからでしょう。でも西川さんの集めた壺は、そういうことを度外視して、ぐっと引きつける強さがあるのです。まさに、つぼの壺。それを全部引っ張り出したかったのがこの展示会。「物欲」が先立つ危ない展示です。

d0087761_1984945.jpg


d0087761_1985991.jpg



西川弘修の眼 古物展
2016年2月20日(土)~29日(月) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
在廊日 2月20日(土)・21日(日)・28日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_1554662.jpgd0087761_1555688.jpg
  画像クリックで拡大

西川弘修プロフィール
1973年  大阪生まれ
1992年~96年  沖縄・北海道、アメリカを周りアイヌ民族やネイティブアメリカンと過ごす
1998年  三重県松阪市に而今禾の前身となるお店を開設
2000年  三重県亀山市関町の古い町家に「而今禾」オープン
2010年  東京都世田谷に「Jikonka Tokyo」オープン
2012年  台湾台北市に「Jikonka TAIPEI」オープン


by sora_hikari | 2016-02-21 21:11 | 西川弘修

「 西川弘修の眼 古物展 」 オープンしました

d0087761_17462011.jpg

西川弘修の眼 古物展 」(~2/29迄)は、本日よりオープンしました。あいにくのお天気となりましたが、たくさんの皆様にお越し頂き御礼申し上げます。

古い物は、作り手の方にも是非ご覧頂き、その佇まいから刺激を受けて欲しいと思っています。明日2月21日も西川さんが在廊します。古物に纏わる思いをいろいろ聞いてみてください。


西川弘修の眼 古物展
2016年2月20日(土)~29日(月) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
在廊日 2月20日(土)・21日(日)・28日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_1554662.jpgd0087761_1555688.jpg
  画像クリックで拡大

西川弘修プロフィール
1973年  大阪生まれ
1992年~96年  沖縄・北海道、アメリカを周りアイヌ民族やネイティブアメリカンと過ごす
1998年  三重県松阪市に而今禾の前身となるお店を開設
2000年  三重県亀山市関町の古い町家に「而今禾」オープン
2010年  東京都世田谷に「Jikonka Tokyo」オープン
2012年  台湾台北市に「Jikonka TAIPEI」オープン


by sora_hikari | 2016-02-20 18:10 | 西川弘修