カテゴリ:熊谷幸治展( 14 )

「 熊谷幸治 展 縄文の力 」 ありがとうございました

d0087761_1975812.jpg

熊谷幸治 展 ~縄文の力~ 」 は、本日終了しました。連日の猛暑にも関わらず、たくさんの皆様にお越し頂き心より御礼申し上げます。

器を選ぶときには、誰しも言葉だけでは説明し切れない「情動」に突き動かされていることに気付くでしょう。器に限らず、洋服も音楽も生活に纏わるいろいろな事は、心の襞(ひだ)に触れる目に見えぬ何かが大切なはずです。縄文土器の装飾から感じるのは、一見無駄に思える過剰な模様の奥にある神話や物語なのです。その現れし思いは、人の営みに於いて根源的な力と繋がっていると思うのです。

最後に、「月と蛇と縄文人(大島直行 著)」の一説で紹介された言葉を記しておきます。

神話は世界の目を神秘の次元に向かって開き、あらゆる物象の底にある神秘の認識へと人々を導きます。その認識を失った人は神話を持つことができません。もし万物に潜む神秘を自覚したならば、宇宙はいわば聖画になります。
ジョーゼフ・キャンベル

この度はありがとうございました。


これからの営業案内 営業カレンダー
8/12(水)・13(木)・14(金) 定休日及び搬出休
8/15(土)~18(火) 常設展示
8/19(水)~27(木) 夏季休業
8/28(金)~9/1(火) 常設展示
9/2(水)・3(木) 定休日
9/4(金)~8(火) 常設展示
9/9(水)・10(木)・11(金) 定休日及び設営休
9/12(土)~22(火) 展示会 会期中無休

ギャラリーうつわノート
埼玉県川越市小仙波町1-7-6 (地図
営業時間:11時~18時
※新しい場所の駐車場になりました位置図


by sora_hikari | 2015-08-11 19:10 | 熊谷幸治展

「 熊谷幸治 展 縄文の力 」 土器バカ

d0087761_17461347.jpg

熊谷幸治 展 ~縄文の力~ 」 の10日目。会期は明日8/11(火)まで。最終日は、熊谷さんが在廊します。

熊谷さんは、大学3年の時に代に九州の博物館で出会った縄文土器に魅せられて以来、土器一筋。陶磁科の製作も陶芸用の窯を使わず、大学のゴミ焼却炉で焼いた土器ばかりでした。

考古学的な知識に加え、作り手の立場から縄文・弥生時代の人が憑依したごとく、体験談のように土器づくりについて三日三晩でも語り続けます。その一途さと、土の造形力・テクスチャーセンスに惹き付けられる人も年々増えています。

愛すべき「土器バカ」。ぜひ一度ご本人と話をしてみてください。


熊谷幸治 展 ~縄文の力~
2015年8月1日(土)~11日(火) 会期中無休
営業時間  11:00~18:00  
作家在廊日 8月1日(土)・2日(日)・11日(火)
ギャラリーうつわノート (埼玉県川越市) 地図

d0087761_16353575.jpgd0087761_16354694.jpg
 画像クリックで拡大 

熊谷幸治プロフィール
1978年  神奈川県生まれ
2003年  武蔵野美術大学工業デザイン陶磁科卒業
2003年  土器作家として独立
2015年  現在、山梨県上野原市にて制作


by sora_hikari | 2015-08-10 18:31 | 熊谷幸治展

「 熊谷幸治 展 縄文の力 」 敬虔な形

熊谷幸治 展 ~縄文の力~ 」 の9日目。

縄文の装飾の強さを借りて、今の柔和な工芸へメッセージを送る。そんな意図が本展には含まれているのですが、縄文時代の精神性を探っていくと、意外にも今の生活寄りの器の在り方に重なる部分が多いことに気付きます。縄文の強い造形が時に静かに感じるのは、自我を示すことよりも、さらに大きな存在に向けた敬虔な思いが原点にあるからだと思います。

d0087761_16295019.jpg


d0087761_163024.jpg


d0087761_16301290.jpg


d0087761_163028100.jpg


d0087761_16304872.jpg


d0087761_16305615.jpg


d0087761_1631493.jpg



熊谷幸治 展 ~縄文の力~
2015年8月1日(土)~11日(火) 会期中無休
営業時間  11:00~18:00  
作家在廊日 8月1日(土)・2日(日)・11日(火)
ギャラリーうつわノート (埼玉県川越市) 地図

d0087761_16353575.jpgd0087761_16354694.jpg
 画像クリックで拡大 

熊谷幸治プロフィール
1978年  神奈川県生まれ
2003年  武蔵野美術大学工業デザイン陶磁科卒業
2003年  土器作家として独立
2015年  現在、山梨県上野原市にて制作


by sora_hikari | 2015-08-09 18:11 | 熊谷幸治展

「 熊谷幸治 展 縄文の力 」 平和な土器

熊谷幸治 展 ~縄文の力~ 」 の8日目。

縄文時代は争いの少ない時代だったと言われています。身分差も少なく、食料を共有し、自然や精霊を敬う平和な時代。弥生の農耕文化になると、富を蓄えることから争いが多くなったという見方もあるようです。所有するものが増えれば、利権の摩擦が起こります。それは現代にも通じています。原始の時代の方が、むしろ精神的にも社会的にも進化していたように思えます。

写真は熊谷さんの土器の皿。木のような印象です。最近はお料理家の方とのコラボレーションも増えています。

d0087761_1743745.jpg


d0087761_17432323.jpg


d0087761_17433170.jpg



熊谷幸治 展 ~縄文の力~
2015年8月1日(土)~11日(火) 会期中無休
営業時間  11:00~18:00  
作家在廊日 8月1日(土)・2日(日)・11日(火)
ギャラリーうつわノート (埼玉県川越市) 地図

d0087761_16353575.jpgd0087761_16354694.jpg
 画像クリックで拡大 

熊谷幸治プロフィール
1978年  神奈川県生まれ
2003年  武蔵野美術大学工業デザイン陶磁科卒業
2003年  土器作家として独立
2015年  現在、山梨県上野原市にて制作


by sora_hikari | 2015-08-08 18:18 | 熊谷幸治展

「 熊谷幸治 展 縄文の力 」 続続縄文

d0087761_0552110.jpg

熊谷幸治 展 ~縄文の力~ 」 の7日目。

「続続(ぞくぞく)縄文」。縄文は今も続いている。本展の基本テーマです。

縄文時代は、1万年以上の期間を6期(草創期~晩期)に分類していますが、それ以降も北海道を中心に7世紀まで続いた「続縄文」と呼ばれる時代がありました。

これを受けて「続続縄文」。今も日本には縄文の美意識が生きているというのが、熊谷さんの考えです。それは火焔土器のような縄文の外形的な踏襲ではなく 精神的な意味での日本人特有の美の在り方です。

外来の支配的な階層社会が生まれた後でも、それを受容しながら日本独自の文化に変容し、時代ごとに消えることなく続いた縄文なる美の世界。それは民間信仰であったり、町人文化であったりと、支配的な社会の隙間に宿り続けた日本的な形でした。

東西からの文化が、極東の日本に伝わっても、それをそのまま受け入れるのではなく、その都度、日本なりの咀嚼によってアレンジしてきた。受容しながら変容する。日本のガラパゴス的な文化遺伝の原点は、縄文の頃に辿り着くのではないかという考えです。そう点で焼き物もアニメも音楽も、日本特有の精神と繋がっていると見ることが出来るかもしれません。

もちろん学術的な意味を持ちませんが、この時代に土器を作っている熊谷さんなりの体感的な捉え方なのです。


熊谷幸治 展 ~縄文の力~
2015年8月1日(土)~11日(火) 会期中無休
営業時間  11:00~18:00  
作家在廊日 8月1日(土)・2日(日)・11日(火)
ギャラリーうつわノート (埼玉県川越市) 地図

d0087761_16353575.jpgd0087761_16354694.jpg
 画像クリックで拡大 

熊谷幸治プロフィール
1978年  神奈川県生まれ
2003年  武蔵野美術大学工業デザイン陶磁科卒業
2003年  土器作家として独立
2015年  現在、山梨県上野原市にて制作


by sora_hikari | 2015-08-07 19:05 | 熊谷幸治展

「 熊谷幸治 展 縄文の力 」 日本デザイン

熊谷幸治 展 ~縄文の力~ 」 の6日目。

縄文土器は1万6000年前まで遡ることが出来る世界最古のものだそうです。その始まりは諸説ありますが、焚火の周りの土が硬化した説や、植物の網かごに防水用に塗った泥が偶然焼けて出来た説があるようです。(

弥生以降の渡来文化、また飛鳥以降の仏教美術の影響を大きく受けた日本に於いて、縄文土器は希有な日本オリジナルデザインです。自然調和的な日本美術の原点が、このような強い造形を祖とするのは不思議なことです。

実際にはその系譜は断絶したまま時代が過ぎたと考えるべきですが、岡本太郎のように日本の美の原点をここに求めることに共感する人も多いのではないでしょうか。優しい工芸の時代にあって、時代のパッションとして縄文を見るのも新鮮だと思います。

日本の伝統 岡本太郎

 
d0087761_1772480.jpg

d0087761_1773550.jpg

d0087761_1774354.jpg



熊谷幸治 展 ~縄文の力~
2015年8月1日(土)~11日(火) 会期中無休
営業時間  11:00~18:00  
作家在廊日 8月1日(土)・2日(日)・11日(火)
ギャラリーうつわノート (埼玉県川越市) 地図

d0087761_16353575.jpgd0087761_16354694.jpg
 画像クリックで拡大 

熊谷幸治プロフィール
1978年  神奈川県生まれ
2003年  武蔵野美術大学工業デザイン陶磁科卒業
2003年  土器作家として独立
2015年  現在、山梨県上野原市にて制作


by sora_hikari | 2015-08-06 18:47 | 熊谷幸治展

「 熊谷幸治 展 縄文の力 」 心の豊かさ

d0087761_18572230.jpg

熊谷幸治 展 ~縄文の力~ 」 の5日目。

縄文は文字通り、縄の目がつけられた文様ですが、縄文時代の中期以降は、それに留まらず、粘土の貼り付け、道具による掻き落とし・透かし彫り・磨り消しなど多様な技法で装飾が施されています。その豊富なパターンを見ていると、模様という表層だけでなく、もっと深い精神的な豊かさを感じるのです。合理的に洗練された弥生の形の方が、一見すると文明が進化したように思えますが、心の豊かさという点では、むしろ縄文時代の方が進んでいたのではないかと感じます。


熊谷幸治 展 ~縄文の力~
2015年8月1日(土)~11日(火) 会期中無休
営業時間  11:00~18:00  
作家在廊日 8月1日(土)・2日(日)・11日(火)
ギャラリーうつわノート (埼玉県川越市) 地図

d0087761_16353575.jpgd0087761_16354694.jpg
 画像クリックで拡大 

熊谷幸治プロフィール
1978年  神奈川県生まれ
2003年  武蔵野美術大学工業デザイン陶磁科卒業
2003年  土器作家として独立
2015年  現在、山梨県上野原市にて制作


by sora_hikari | 2015-08-05 19:23 | 熊谷幸治展

「 熊谷幸治 展 縄文の力 」 象徴性

d0087761_1936222.jpg

熊谷幸治 展 ~縄文の力~ 」 の4日目。

土器は人類が初めて手にした化学変化による道具でした。単なる土が、火によって硬化し、道具になる。当時は驚くべき事だったでしょう。「火」と「土」という、まさに神聖な素材で製作される道具に、象徴的な意味を込めたであろう事は、想像に難くありません。象徴性と実用性の共存。縄文土器をそういう観点から捉えられると思います。


熊谷幸治 展 ~縄文の力~
2015年8月1日(土)~11日(火) 会期中無休
営業時間  11:00~18:00  
作家在廊日 8月1日(土)・2日(日)・11日(火)
ギャラリーうつわノート (埼玉県川越市) 地図

d0087761_16353575.jpgd0087761_16354694.jpg
 画像クリックで拡大 

熊谷幸治プロフィール
1978年  神奈川県生まれ
2003年  武蔵野美術大学工業デザイン陶磁科卒業
2003年  土器作家として独立
2015年  現在、山梨県上野原市にて制作


by sora_hikari | 2015-08-04 19:51 | 熊谷幸治展

「 熊谷幸治 展 縄文の力 」 本能の装飾

d0087761_22123378.jpg

熊谷幸治 展 ~縄文の力~ 」 の3日目。

自然界に於いて装飾的であることは、あるいは性淘汰であったり、擬態の自己防衛であったりと生存本能と直結する必然性を有しています。本来、原始美術の装飾性も生物としての本能が昇華して表れたものと見ることが出来るかもしれません。縄文時代の装飾も、人間の持つ根源的な意識が表出したものと捉えれば、ごく自然な行為だったように思えるのです。


熊谷幸治 展 ~縄文の力~
2015年8月1日(土)~11日(火) 会期中無休
営業時間  11:00~18:00  
作家在廊日 8月1日(土)・2日(日)・11日(火)
ギャラリーうつわノート (埼玉県川越市) 地図

d0087761_16353575.jpgd0087761_16354694.jpg
 画像クリックで拡大 

熊谷幸治プロフィール
1978年  神奈川県生まれ
2003年  武蔵野美術大学工業デザイン陶磁科卒業
2003年  土器作家として独立
2015年  現在、山梨県上野原市にて制作


by sora_hikari | 2015-08-03 22:45 | 熊谷幸治展

「 熊谷幸治 展 縄文の力 」 土の表情

d0087761_2221148.jpg

熊谷幸治 展 ~縄文の力~ 」 の2日目。本日も猛暑の中、たくさんの方々にお越し頂き、御礼申し上げます。

熊谷幸治さんの土器。様々な土の表情をご覧頂ければと思います。


熊谷幸治 展 ~縄文の力~
2015年8月1日(土)~11日(火) 会期中無休
営業時間  11:00~18:00  
作家在廊日 8月1日(土)・2日(日)・11日(火)
ギャラリーうつわノート (埼玉県川越市) 地図

d0087761_16353575.jpgd0087761_16354694.jpg
 画像クリックで拡大 

熊谷幸治プロフィール
1978年  神奈川県生まれ
2003年  武蔵野美術大学工業デザイン陶磁科卒業
2003年  土器作家として独立
2015年  現在、山梨県上野原市にて制作


by sora_hikari | 2015-08-02 22:22 | 熊谷幸治展