カテゴリ:宮脇モダン2011( 6 )

Miyawaki Modern 展 終了

d0087761_1105331.jpg

本日、Miyawaki Modern 展が終了しました。多くのお客様にお越し頂き心よりお礼申し上げます。今回の展示品は、宮脇さんがパリと南仏の市で蒐集したものでした。何か所もの市を見て廻り、何千何万という古物から選び出したものです。身体的な負荷もさることながら、見て選ぶという行為は、精神的にもとても大変な作業とのことです。販売し易さという視点よりも、何が美しく心に響くのかが基準になります。それは漫然と見渡すだけでは見つけることは出来ず、心して見つめることで見出すことが出来るのだと思います。1日歩き廻っても何も見つからなこともあるそうです。妥協をすれば数は得られるのかもしれませんが、何を選び、何を選らばなっかったのか。守るべき自分の基準。それには「眼」という力と、選びぬく「意志」が大切なのだと思います。見ること、作ること、それは自らの心に聞いてみることなのかもしれません。そんな大切なことを感じさせられる展示会でした。

※10月5日(水)、6日(木)は定休日、7日(金)次回「大谷工作室展」の搬入でお休みになります。
営業カレンダー

by sora_hikari | 2011-10-05 01:33 | 宮脇モダン2011

Miyawaki Modern 展の白い器

d0087761_23381192.jpg

現在開催中のMiyawaki Modern展では、フランスの白い器が展示されています。ファイアンスと総称される鉄分の強い土に錫釉薬をかけたとろりと柔かい白の器(参考:wikipedia)。中東からスペイン、イタリア、そしてオランダなどに伝わった白の器。独特の質感が李朝中期の白を思わせます。またフィアンス・フィーヌと呼ばれるモントローやジアンのきめ細かいエッジの効いた白の器(参考:宮脇さんのブログ)。とても繊細な肌合いの違いですが、宮脇さんの蒐めた器は、そんな歴史的背景や肌の違いを踏まえた品揃えです。地中海周辺から伝わる柔かな白、オランダの東洋の影響を受けた白。南回り、北回りの欧州の陶器の歴史が融合した中から生み出されたフランスの様々な白い器を同時に見るのは刺激的です。


Miyawaki Modern  フランスの古い器とその周辺
2011年9月28日(水)~10月4日(火) 会期中無休
11:00~18:00
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市)

d0087761_2214531.jpg



by sora_hikari | 2011-10-01 23:56 | 宮脇モダン2011

Miyawaki Modern展 開催中

d0087761_13232280.jpg

Miyawaki Modern展は、10月4日(火)まで開催しております。一部追加の展示品もございます。



Miyawaki Modern  フランスの古い器とその周辺
2011年9月28日(水)~10月4日(火) 会期中無休
11:00~18:00
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市)

d0087761_2214531.jpg



by sora_hikari | 2011-10-01 13:24 | 宮脇モダン2011

Miyawaki Modern 展オープン

d0087761_21593027.jpgd0087761_21594543.jpg
d0087761_21595732.jpgd0087761_2201146.jpg
d0087761_220279.jpgd0087761_220368.jpg
d0087761_2204730.jpgd0087761_220582.jpg
d0087761_22113943.jpgd0087761_2212261.jpg

Miyawaki Modern展が本日よりオープンしました。Miyawaki Modernの宮脇誠さんは、学生時代より名古屋のアンティークショップで7年間の勤めを経験し、2001年から自らパリに趣き、独自の古物の世界を開かれました。当時のアンティークはまだイギリス系の豪華で重厚な家具や煌びやかな食器を軸とするものが主流だったそうです。今でこそフランスを中心とすブロカントの世界は、幅の広い方々の支持を受けていますが、宮脇さんがパリで活動をはじめた頃は、地味で素朴なフランスものを選ぶ方は少なかったと聞きます。同時代的にいろいろな方達が、影響し合ってのことと思いますが、フランスものの枯れゆく退廃的な美に対する目の向け方に、少なからず宮脇さんがエポック的な役割を担われた意味は大きいように思います。器を自らの手によって作るという行為は創造的ですが、一方で選ぶという眼の行為もまた「創る」ことと同義なのだと思います。かつての茶人が当時何の価値も無い器から、その意味を見立てたように、古いものから美を見出すことは日本の精神的な遺伝子に組み込まれているのかもしれません。そう見ると、宮脇さんの選ぶ器や古道具は、海外のものでありながら、とても日本的な美意識との共通性を感じます。


Miyawaki Modern  フランスの古い器とその周辺
2011年9月28日(水)~10月4日(火) 会期中無休
11:00~18:00
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市)

d0087761_2214531.jpg



by sora_hikari | 2011-09-28 22:06 | 宮脇モダン2011

Miyawaki Modern 展

d0087761_1582720.jpg

9月28日(水)~10月4日(火)までの間、Miyawaki Modern 展を開催いたします。古物商の宮脇誠さんによって選ばれた欧州の暮らしのなかの器。それらはみな、時間という美しさを纏っています。すべてがそれぞれの歴史を経た1点もの。お待ちしております。

※9月26日(月)、27日(火)は搬入セッティングのためお休みとなります。営業カレンダー


Miyawaki Modern  フランスの古い器とその周辺
2011年9月28日(水)~10月4日(火) 会期中無休
11:00~18:00
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市)

d0087761_2214531.jpg

※初日の9月28日は、近くの成田山川越不動で蚤の市(5:00am~16:00pm)が開催されております。併せてお出かけ下さい。


by sora_hikari | 2011-09-27 02:01 | 宮脇モダン2011

Miyawaki Modern 展のお知らせ

d0087761_2214531.jpg

ギャラリーうつわノートで9月28日(水)より開催する次回展示会のお知らせです。Miyawaki Modern(ミヤワキモダン)という名で古物業を営む宮脇誠さん。2001年からパリを拠点に欧州のブロカントを取り上げてきました。それらは従前のアンティークを基準にしたものでなく、宮脇さんの眼で選ばれた時間の美しさを纏ったモノたちです。本展ではパリと南仏で仕入れてきた古い器が並びます。毎月28日にギャラリー傍の成田山川越別院で開かれる骨董市()と併せてどうぞお越し下さい。


Miyawaki Modern  フランスの古い器とその周辺
2011年9月28日(水)~10月4日(火) 会期中無休
11:00~18:00
会場:ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) ホームページ

※今回は、成田山川越不動で開かれる蚤の市と日程を合わせるため、通常定休日としている水曜日(9月28日)からのスタートとなっております。


by sora_hikari | 2011-09-11 22:10 | 宮脇モダン2011