カテゴリ:服部竜也2011( 15 )

服部竜也 展 終了

d0087761_2302610.jpg

本日、服部竜也展が終了しました。会期12日間、たくさんの方にお越し頂き、作家共々心より感謝申し上げます。今回が関東初の個展でしたが、その充実ぶりはお越しになられた皆様一様に認めて下さる内容だったかと思います。服部さんの器用な手先から生まれた器は、さながらフレンチや懐石の熟達した料理人の手さばきを思わせる鮮やかさがありました。特に先端まで行き届いた神経は、フィニッシュワークの重要性を踏まえた心遣いが宿っているように思います。1978年生まれの33歳。陶芸家としては、まだ若手の域ですが、礼儀正しい振る舞いは、きっと多くの方に好感を持っていただけたことと思います。今回実物を目にする事が出来なかったとしても、これから出会えることも増してくることと思います。ぜひ今後、機会があればお手にとって頂ければ幸いです。


※11月18日(金)~22日(火)は常設展示になります。(営業カレンダー
11月16日(水)、17日(木)は定休日です)


by sora_hikari | 2011-11-15 23:34 | 服部竜也2011

服部竜也 展 仕事場

服部竜也展も残すところあと1日(11/15迄)となりました。服部さんは、岐阜県多治見市生まれ。現在はその隣町の土岐市(とき)にある昭和初期の平屋木造家に仕事場を構えていらっしゃいます。周辺の住宅の敷地には陶器鋳込み用の石膏型が積まれた風景も目にすることができる窯業地域です。この土岐市や多治見市をはじめとする美濃地方は、その昔、桃山時代にヤキモノの産地として栄え、桃山陶を支える中心地でした。近年では、荒川豊蔵氏()により古志野の陶片発掘を契機に、昭和初期の桃山陶の再現を目指した陶芸ブームの発祥の地でもあります。現在でも国内の陶磁器生産のシェア50%を占める大きな窯業地です。このように陶芸を志す人達にとっては、恵まれた環境である一方、景気の動向も受け易い窯業地でもあると言えます。かつての伝統に根ざした陶芸や産業用窯業がシュリンクする中、若い作り手が、現地の商圏や旧来の伝統を超えて、大都市に向けた価値観で陶芸を捉え直す動きがでてきます。そういう若い作り手の輩出の下支えとなっているのが、多治見周辺の窯業関連の学校です。服部さんも、この地の多治見市意匠研究所のご出身。先輩には現在の陶芸界で活躍する方々が幾人もいらっしゃいます。そういう環境の中、お互いに影響し合い、切磋琢磨し、自分自身の器づくりをする事は、刺激的であると同時に、独自のスタイルを見出す苦しさもあるのではないかと思います。何かに影響され、それを咀嚼しながら自分自身の表現を見つける作業。手作業だけでなく、どうありたいかという精神的な形而上の意識が、このような地では大切になるのかもしれません。服部さんの作る器はいくつかのメタファーを有しながら、自己の器として抜けだそうとしている面白い時期なのだと思います。その為には、基本を大切にすること。スタンダードな形、使い易い手取り感、顧客の日常に合う器づくり。この数日間、服部さんの器を見続ける中で、個性と汎用の葛藤の中から生まれた器のスタイルを感じとることができました。服部さんのFORM & STYLE。それは器の外形だけでない、作り手としての意識の在り方なのかもしれません。

d0087761_18435290.jpg

仕事場では、今日の汚れは、今日掃除し、明日に残さないそうです。それが、服部さんの繊細な器づくりの原点であり、精神状態を保ち続けるために必要な日常の儀式なのだろうと思います。

d0087761_18433335.jpg



服部竜也展 ~FORM & STYLE~
2011年11月3日(木)~15日(火) 
11:00~18:00
ギャラリーうつわノート (埼玉県川越市) ホームページ

d0087761_2358264.jpg
※画像クリックで拡大

d0087761_024075.jpg
※画像クリックで拡大


by sora_hikari | 2011-11-14 19:25 | 服部竜也2011

服部竜也 展 大きなもの

服部竜也展に展示中の大きなものをご紹介します。個展ならではのお茶道具や花入れ。1点ものとして作られた見応えのある器です。時にハレの場で、そして室内を厳かに演出する服部さんによる舞台役者たちです。展示会ならではこの機会に、こういう器も愛でていただければと思います。

d0087761_2334277.jpg
錆線刻茶碗 径10cm 高さ8.5cm 31,500円
錆線刻水指し 径18cm 高さ13.5cm 63,000円

d0087761_23341188.jpg
流線大鉢 径30cm 高さ13cm 42,000円

d0087761_2335997.jpg
錆線刻花入れ 径18cm 高さ27cm 33,600円

※本日は藤間夕香さんのお汁粉の会にたくさんの方にお越し頂き誠にありがとうございました。まろやかな味の紫色のお汁粉と、服部さんのクリーム色の器の取り合わせも美しく、秋の晴れ間に良い会になりましたことを心より感謝申し上げます。


服部竜也展 ~FORM & STYLE~
2011年11月3日(木)~15日(火) 
11:00~18:00
ギャラリーうつわノート (埼玉県川越市) ホームページ

d0087761_2358264.jpg
※画像クリックで拡大

d0087761_024075.jpg
※画像クリックで拡大


by sora_hikari | 2011-11-13 23:52 | 服部竜也2011

服部竜也 展 流線ボウル

服部竜也展に展示中の流線ボウルです。波打つ楕円の外周には、象嵌された細い線が彫り込まれています。緩やかに繋がる線は、同心円ではなく、ひと筆で繋がるの螺旋状の1本の線です。ろくろの上で呼吸を整え、一筋のまま作業がされています。静かな旋律の音楽が流れてくるような器。服部さんの定番となる作風です。この流線の器との出会いが当ギャラリーでの個展開催の契機になりました。繊細な手仕事が明解に伝わってくる美しい器です。

d0087761_19183430.jpg
流線ボウル

d0087761_20182155.jpg
※画像クリックで拡大
S 径12cm 高さ5cm 3,360円
M 径16cm 高さ6cm 4,830円
L 径20cm 高さ8cm 8,400円


明日、11月13日(日)は、この流線ボウルやクリームスープカップを使って、料理家の藤間夕香さんによる「紫芋の白玉汁粉」をご提供します。藤間さんは、季節料理をメインにした料理家。以前、東京の板橋区でroji cafeを営み、その後「夕顔」というお名前でフードイベント、仕出し、ケータリングなどの活動をされています。季節ごとの素材を吟味した料理。今回ご提供するのは、「鮮やかな紫色がうつくしい紫芋。その紫に、国産大豆使用のお豆腐で練った白玉を浮かべました。粗ごしで食感を残した紫芋を、牛乳のまろやかさでのばし、優しい甘みに仕上げました。」とのことです。お天気が良ければ、ギャラリーの庭で、温かく上品な甘さのお汁粉をどうぞお召し上がりください。

11月13日(日) 12:00~16:00 (食材が無くなり次第終了)
紫芋の白玉汁粉 500円
by  料理家 藤間夕香

d0087761_0194878.jpg
※写真の器は服部さんのものではありません。



服部竜也展 ~FORM & STYLE~
2011年11月3日(木)~15日(火) ※11月9日(水)は休み
11:00~18:00
ギャラリーうつわノート (埼玉県川越市) ホームページ

d0087761_2358264.jpg
※画像クリックで拡大

d0087761_024075.jpg
※画像クリックで拡大


by sora_hikari | 2011-11-12 20:17 | 服部竜也2011

服部竜也展 ディテール

服部竜也さんの器のディテールを切り取ってみました。服部さんの器の表面には、線刻や流線と呼ばれる細い線が彫られ、そこに化粧土が象嵌されたものが多く見られます。その線は数ミリ間隔に、ためらい無く引かれた細やかな手作業によるものです。近作では、その上にマンガンや銀による釉薬を掛け合わせ、数回の焼成を経て複雑な釉調を創り出しています。器体は現代的なラインで構成され、パーツの接合部には細やかなデザイン処理が行われています。ミクロな手先の器用さと、全体をまとめるマクロな構成力が服部さんの優れたスタイルを生み出します。ヤキモノの場合、素材に含まれる自然の偶発的な変数を味わいとすることが多いですが、服部さんの場合は、形も焼き上がりも自らの意識の上でコントロールする管理型の造形に重きを置いていると言えます。しかし、その自我は、決して度の過ぎた奇異な表現には走らず、あくまでベーシックな形とアイテムの中で、とても抑制的であることが、服部さんの器の魅力の真髄であろうと思います。ディテールに凝縮された静かな内面性。とても大人な作り手なのかもしれません。

d0087761_19164230.jpg

d0087761_19211413.jpg

d0087761_1917760.jpg

d0087761_19173017.jpg

d0087761_19173769.jpg

d0087761_19174957.jpg

d0087761_19175783.jpg

d0087761_1918953.jpg

d0087761_19183062.jpg

d0087761_19184342.jpg

d0087761_19203229.jpg

d0087761_1922850.jpg



服部竜也展 ~FORM & STYLE~
2011年11月3日(木)~15日(火) ※11月9日(水)は休み
11:00~18:00
ギャラリーうつわノート (埼玉県川越市) ホームページ


11月13日(日)12:00~16:00に、料理家 藤間夕香さん()による
「紫芋の白玉汁粉」(500円)を服部竜也さんの器でお召し上がりいただけます。
d0087761_0194878.jpg
※写真の器は服部さんのものではありません。


d0087761_2358264.jpg

※画像クリックで拡大

d0087761_024075.jpg
※画像クリックで拡大


by sora_hikari | 2011-11-11 21:44 | 服部竜也2011

服部竜也 展 角板皿とボウル

服部竜也展に展示中の角板皿とボウルです。フラットな四角い板状の皿(角板皿)は、色味と大きさが3種類になります。菓子皿や盛り付けプレートなどアイデアが活きる器です。一方の弓なり状の皿とボウルは、クリーム一色のみになります。手触りのよい色合いに、緩やかな円弧は、器全体をふわりと優しく見せてくれます。どちらも重ね合わせのできる収納性にも優れたプレート&ボウルです。

d0087761_23515678.jpg
角板皿

d0087761_2352810.jpg
黒角板皿 
Sサイズ 9.5cm角×高さ1cm 2,520円 
Mサイズ 15cm角×高さ1cm 4,830円 
Lサイズ 24cm角×高さ1cm 10,500円

d0087761_23522712.jpg
流線角板皿
Sサイズ 9.5cm角×高さ1cm 2,520円 
Mサイズ 15cm角×高さ1cm 4,830円 
Lサイズ 24cm角×高さ1cm 10,500円

d0087761_23523328.jpg
銀線刻角板皿
Sサイズ 9.5cm角×高さ1cm 3,570円

d0087761_23553165.jpg
クリーム角板皿、スクウェアボウル

d0087761_23524415.jpg
クリーム角板皿
Lサイズ 20cm角×高さ2cm 6,720円

d0087761_2352507.jpg
クリーム角板皿
Mサイズ 13cm角×高さ1.5cm 3,570円
Sサイズ 10.5cm角×高さ2cm 2,520円

d0087761_2353087.jpg
クリームスクウェアボウル
Sサイズ 10cm角×高さ4cm 2,520円
Mサイズ 13cm角×高さ5.5cm 3,990円
Lサイズ 16cm角×高さ7cm 5,880円

d0087761_2353528.jpg
クリームスクウェアボウル(重ね合わせ)


服部竜也展 ~FORM & STYLE~
2011年11月3日(木)~15日(火) ※11月9日(水)は休み
11:00~18:00
ギャラリーうつわノート (埼玉県川越市) ホームページ


11月13日(日)12:00~16:00に、料理家 藤間夕香さん()による
「紫芋の白玉汁粉」(500円)を服部竜也さんの器でお召し上がりいただけます。
d0087761_0194878.jpg
※写真の器は服部さんのものではありません。


d0087761_2358264.jpg

※画像クリックで拡大

d0087761_024075.jpg
※画像クリックで拡大


by sora_hikari | 2011-11-11 00:40 | 服部竜也2011

服部竜也 展 碗と湯呑

服部竜也展に展示中の碗と湯呑をご紹介します。使用頻度の高い飯碗、小丼、湯呑。そういう日常性の高いものをきちんと作ることが、服部さんの器づくりの基本にあります。釉調の先鋭的な表現に目を奪われがちですが、「自分の作る器は、毎日使って欲しい」という考えがあるからこそ、使い手の生活の先に行き過ぎないベーシックな形や用途を大切にしているのだと思います。

d0087761_12352890.jpg
クリームボウルA 径10.5cm 高さ6.5cm 3150円

d0087761_12353763.jpg
クリームボウルB 径11cm 高さ6cm 3150円

d0087761_134132.jpg
黒線飯碗 径10.5cm 高さ6.5cm 3570円

d0087761_12363442.jpg
黒銀彩飯碗 径10.5cm 高さ6.5cm 3780円

d0087761_1236450.jpg
黒線飯碗 径11.5cm 高さ5cm 3570円

d0087761_1236516.jpg
白線刻飯碗 径11cm 高さ6.5cm 3570円

d0087761_1237124.jpg
黒線小丼 径12.5cm 高さ7.5cm 4200円

d0087761_1237914.jpg
黒銀彩小丼 径12.5cm 高さ7.5cm 4410円

d0087761_12373520.jpg
右側:クリーム湯呑A 径8cm 高さ5.5cm 2520円
左側:クリーム湯呑B 径9.5cm 高さ4.5cm 2520円

d0087761_12374240.jpg
右側:流線ロングカップ 径8cm 高さ8cm 3570円
左側:流線カップ  径7.5cm 高さ6.5cm 3150円

d0087761_12374962.jpg
右側:流線ストレートロングカップ 径7cm 高さ8cm 3570円
左側:流線ストレートカップ  径7.5cm 高さ5.5cm 3150円

d0087761_12375498.jpg
白線刻ロングカップ 径6.5cm 高さ9cm 3570円

d0087761_1304725.jpg
黒線湯呑 径9cm 高さ5.5cm 3150円


服部竜也展 ~FORM & STYLE~
2011年11月3日(木)~15日(火) ※11月9日(水)は休み
11:00~18:00
ギャラリーうつわノート (埼玉県川越市) ホームページ

11月13日(日)12:00~16:00に料理家 藤間夕香さん()による「紫芋のお汁粉」(500円)を服部竜也さんの器でお召し上がりいただけます。

d0087761_2358264.jpg
※画像クリックで拡大

d0087761_024075.jpg
※画像クリックで拡大


by sora_hikari | 2011-11-10 13:16 | 服部竜也2011

服部竜也 展 キャンドルスタンド

服部竜也 展に展示中のキャンドルスタンドです。本品もこの個展に合わせて製作したアイテム。服部さんの新しい釉調である錆線刻や銀彩と良く似合うフォルムをしています。このような形をした欧州の古い燭台は、金属製のものが多いですが、陶土による表現によっても時代感のある仕上がりを見せています。クリスマスシーズンに向けて、灯りによる暖かな空間演出を引き立ててくれそうです。

d0087761_19185066.jpg
錆線刻キャンドルスタンド
サイズ:高さ 18.5cm 底径11.5cm
価格:13,650円

d0087761_19212736.jpg
錆キャンドルスタンド(手持ち型)
サイズ:高さ 5.5cm 径12cm
価格:7,350円

d0087761_19193372.jpg
銀彩キャンドルスタンド(手持ち型)
サイズ:高さ 5.5cm 径12cm
価格:7,350円SOLD


服部竜也展 ~FORM & STYLE~
2011年11月3日(木)~15日(火) ※11月9日(水)は休み
11:00~18:00
ギャラリーうつわノート (埼玉県川越市) ホームページ

11月13日(日)12:00~16:00に料理家 藤間夕香さん()による「紫芋のお汁粉」(500円)を服部竜也さんの器でお召し上がりいただけます。

d0087761_2358264.jpg
※画像クリックで拡大

d0087761_024075.jpg
※画像クリックで拡大


by sora_hikari | 2011-11-08 19:36 | 服部竜也2011

服部竜也 展 ワインカップとデキャンタ

服部竜也展に展示中のデキャンタとワインカップです。これらの器は、この個展の為に準備して下さったものです。これから冬に向かいクリスマスの晩餐をイメージして用意したアイテム。ちょっと妖艶で厳かな気持ちにさせる佇まいをしています。服部さんの繊細なろくろ仕事は、このようなシンメトリックで西洋的なフォルムがとても良く似合います。食卓シーンをイメージして作られた格好の良さと実用を兼ね備えた器。この融合が服部さんの作る器の魅力だと思います。

d0087761_21244023.jpg
錆線刻カップ 高さ6.5cm 径7.5cm 3,570円
錆線刻デキャンタ 高さ22cm 径9cm 16,800円

d0087761_21245949.jpg
手前:銀線刻ワインカップ 高さ8.5cm 径6cm 6,720円SOLD
奥側:錆線刻デキャンタ 20cm 径10cm 16,800円

d0087761_2125892.jpg
錆線刻カップ 高さ6.5cm 径7.5cm 3,570円
錆線刻ピッチャー 高さ12cm 径12cm(把手含まず) 7,350円SOLD
錆線刻デキャンタ  20cm 径10cm 16,800円

d0087761_21272585.jpg
流線デキャンタ 高さ20.5cm 径9cm 15,750円
流線カップ 高さ8cm  径8cm 3,570円

d0087761_22533474.jpg
錆線刻デキャンタ 高さ22cm 径9cm 16,800円

d0087761_21252294.jpg
錆線刻デキャンタ 20cm 径10cm 16,800円

d0087761_21253225.jpg
黒銀彩ワインカップ 高さ8cm 径8cm 4,830円 
銀線刻ワインカップ 高さ8cm 径8cm 6,720円

d0087761_21253991.jpg
黒銀彩ワインカップ 高さ8.5cm 径6cm 4,830円
銀線刻ワインカップ 高さ8.5cm 径6cm 6,720円SOLD

d0087761_22561490.jpg
銀線刻ミルクピッチャー 高さ5cm 径5cm 3,570円
銀線刻片口カップ 高さ7cm 径8.5cm 4,620円

d0087761_22563552.jpg
銀線刻片口 高さ6cm 径11.5cm  5,670円


服部竜也展 ~FORM & STYLE~
2011年11月3日(木)~15日(火) ※11月9日(水)は休み
11:00~18:00
ギャラリーうつわノート (埼玉県川越市) ホームページ

11月13日(日)12:00~16:00に料理家 藤間夕香さん()による「紫芋のお汁粉」(500円)を服部竜也さんの器でお召し上がりいただけます。

d0087761_2358264.jpg
※画像クリックで拡大

d0087761_024075.jpg
※画像クリックで拡大


by sora_hikari | 2011-11-07 22:25 | 服部竜也2011

服部竜也 展 プレート

服部竜也展に展示中のプレート。形がシンプルなだけに、面で見える釉調の質感が大きく表れるアイテムです。縁仕上げの神経の細やかさ、リム部に施された線彫りなど、眼を凝らして見ないと気づかないディテールにまで、服部さんの繊細な手仕事の痕跡が表れています。銀色や黒色は硬質な美しさ、クリーム色や白色は柔かな美しさ。料理、用途、シーンに応じて楽しめるプレートです。

d0087761_21184639.jpg
銀線刻リムプレート
サイズ:径25cm×高さ2cm
価格:12,600円

d0087761_2119559.jpg
黒リムプレート
サイズ:内側から 径15cm×2cm、18cm×2.5cm、21cm×3cm、24cm×3.5cm
価格:内側から 3,150円 4,200円 7,350円 9,450円

d0087761_2119119.jpg
クリームパスタ皿
サイズ:径23cm×高さ4cm
価格:7,350円

d0087761_21201168.jpg
白線刻プレート
サイズ:24.5cm×高さ2.5cm
価格:8,400円

d0087761_2120396.jpg
銀線刻リムプレート
サイズ:18.5cm×高さ3cm
価格:7,350円

d0087761_2122635.jpg
クリームプレート
サイズ:径26cm×高さ3cm
価格:8,400円

d0087761_21201985.jpg
錆線刻ボウル
サイズ:径20cm×高さ4.5cm
価格:6,930円


服部竜也展 ~FORM & STYLE~
2011年11月3日(木)~15日(火) ※11月9日(水)は休み
11:00~18:00
作家在廊日:11月3日、4日、5日
ギャラリーうつわノート (埼玉県川越市) ホームページ

11月13日(日)12:00~16:00に料理家 藤間夕香さん()による「紫芋のお汁粉」(500円)を服部竜也さんの器でお召し上がりいただけます。

d0087761_2358264.jpg
※画像クリックで拡大

d0087761_024075.jpg
※画像クリックで拡大


by sora_hikari | 2011-11-06 22:04 | 服部竜也2011