カテゴリ:小嶋亜創2011( 15 )

小嶋亜創 陶展 終了

d0087761_17373752.jpg

昨日6月21日に小嶋亜創 陶展が終了しました。会期中は梅雨空が続く中、たくさんの方々にお越し頂き、作家共々心から感謝申し上げます。小嶋さんの初個展でしたが、多くの方から賛辞をいただき、実りのある内容になりました。この展示会を終えて感じるのは、生産者と消費者のより良き関係です。作り手側の気持ちが使う方々に、生産物を介して直接届くことはとても大切なことだと思います。展示会で多くの方が小嶋さんの器を手にとり、暮らし方を含めて賛同して下さることは、相互の気持ちの交流だと思います。自給自足に近い暮らしをしていながら、決して孤立した生活者ではなく、多くの都市生活者とリンクすることで成り立つのだと思います。小嶋さんご自身も、今回の震災被害を見て強くそういう思いをもったようです。生産と消費のシンプルな距離。全ての分野で縮めることはできませんが、身の回りのことから出来る大切さを本展を通じて感じました。

d0087761_2021119.jpg
小嶋さんの三番目の娘さん胡弥ちゃんより。「草だんご、ハイ」


※6月24日(金)からは常設展示(約15名の作家の器や古道具展示)になります。

by sora_hikari | 2011-06-22 17:57 | 小嶋亜創2011

小嶋亜創さんの灰釉の器

小嶋亜創 陶展(6/10~21)に展示品の中から灰釉の器をご紹介します。ひとつは小嶋さんのご自宅で冬に薪ストーブで出来る灰を釉薬に使った大皿。もうひとつは薪窯の中で灰が被った焼締めの壷。どちらも焼きものらしい表情をした一品性の強い器です。自然との直接的な繋がりを感じることができます。

小嶋亜創展は明日21日(火)が最終日になります。

d0087761_20242525.jpg
灰釉大皿 径37cm×高6cm 14700円

d0087761_20163290.jpg
焼締め灰被り壷 径17cm×高21cm 10500円


小嶋亜創 陶展 ~糧(かて)のうつわ~
2011年6月10日(金)~21日(火) ※6月15日(水)は休み
11:00~18:00
会場:ギャラリー うつわノート (埼玉県川越市) ホームページ

d0087761_1938736.jpg


by sora_hikari | 2011-06-20 20:26 | 小嶋亜創2011

小嶋亜創さんの大きな器

小嶋亜創 陶展(6/10~21)に展示品の中から大きな器をご紹介します。本展では日常の食卓で使い易いサイズの他に、このような存在感のある器も展示されています。本展に合わせて制作したものも多く、個展ならではの見応えのある器です。

d0087761_22365557.jpg
三島手大壷 径30cm×高24cm 21000円

d0087761_2238660.jpg
三島手大鉢 33.5cm×高11cm 14700円

d0087761_22381459.jpg
呉須絵大鉢 径31.5cm×高12.5cm 12600円

d0087761_22382060.jpg
灰釉高台大皿 径31.5cm×高14cm 12600円

d0087761_22382685.jpg
呉須絵尺浅鉢 10500円


小嶋亜創 陶展 ~糧(かて)のうつわ~
2011年6月10日(金)~21日(火) ※6月15日(水)は休み
11:00~18:00
会場:ギャラリー うつわノート (埼玉県川越市) ホームページ

d0087761_1938736.jpg


by sora_hikari | 2011-06-19 22:59 | 小嶋亜創2011

小嶋亜創さんの片口

小嶋亜創 陶展(6/10~21)に展示品の中から片口をご紹介します。お酒を注ぐ器、小鉢、湯ざまし、そしてこれからの季節は麺つゆ入れとして活躍しそうなアイテムです。

d0087761_12125462.jpg
鉄釉片口 径10.5cm 高6.5cm 2625円

d0087761_1213177.jpg
粉引片口 径12cm 高7.5cm 2625円

d0087761_1213759.jpg
粉引注器 径10.5cm 高9.5cm 3150円

d0087761_12154067.jpg
粉引鎬片口 2625円 (※本品は完売)


小嶋亜創 陶展 ~糧(かて)のうつわ~
2011年6月10日(金)~21日(火) ※6月15日(水)は休み
11:00~18:00
会場:ギャラリー うつわノート (埼玉県川越市) ホームページ

d0087761_1938736.jpg



by sora_hikari | 2011-06-19 12:24 | 小嶋亜創2011

小嶋亜創さんの古色の器

小嶋亜創 陶展(6/10~21)に展示品の中から、古色の風合いのある器をピックアップしてみました。小嶋さんの作る器の背景には、韓国や東南アジアの古陶磁を感じます。独学で陶芸を学ぶ過程で、古典の器を参照することに関心があったそうです。特に東洋陶磁研究で知られる小山冨士夫氏()のろくろに魅せられたとお聞きしました。器づくりの原点にある外形的な美の基準は、そんな形成過程から来ているようです。

d0087761_20261333.jpg
魚文印判小皿(径8cm×高2cm) 1050円
化石のような印象もある魚文。擦れた文様は侘びた風合いです。

d0087761_2026733.jpg
d0087761_20272074.jpg
鉄絵6寸鉢(径18.5cm×高6cm) 3675円
古典の草文の鉢。見込みと胴に描かれたリズムのある筆が軽やかです。

d0087761_21562362.jpg
鉄釉櫛目徳利(高さ約12cm) 3150円 (※本品は完売) 
黄色の地に、緑色の櫛目の文が印象的な徳利です。


小嶋亜創 陶展 ~糧(かて)のうつわ~
2011年6月10日(金)~21日(火) ※6月15日(水)は休み
11:00~18:00
会場:ギャラリー うつわノート (埼玉県川越市) ホームページ

d0087761_1938736.jpg



by sora_hikari | 2011-06-16 23:21 | 小嶋亜創2011

小嶋亜創さんのボトル

小嶋亜創 陶展(6/10~21)で展示されているボトルです。日常の汎用器を軸にした本展では少し珍しいアイテムです。酒類などの他に、夏場の冷たい水入れにも良さそうです。高さがありますから、すっと伸びた一輪挿しとしても美しい姿です。

d0087761_17443573.jpg
正面:呉須絵ボトル(高23cm×径9cm) 5250円
左側:灰釉ボトル(高23cm×径9cm) 5250円
右側:刷毛目ボトル(高22cm×径10cm) 4725円


小嶋亜創 陶展 ~糧(かて)のうつわ~
2011年6月10日(金)~21日(火) ※6月15日(水)は休み
11:00~18:00
会場:ギャラリー うつわノート (埼玉県川越市) ホームページ

d0087761_1938736.jpg



by sora_hikari | 2011-06-14 18:27 | 小嶋亜創2011

小嶋亜創さんの焼締めの器

小嶋亜創 陶展(6/10~21)で展示されている焼締めの器です。今回の展示品は釉薬のかかった釉(くすり)ものが中心ですが、いくつか焼締めの器も置かれています。本来、焼締めの器づくりからスタートした小嶋さん。原点でもある焼締めにも、その人らしい素朴さが表れています。

d0087761_19445321.jpg
手前:焼締め6寸皿(径18cm×4cm) 3150円
右側:焼締め4寸飯碗(径12cm×高6cm) 1890円
奥側:焼締め急須(径12cm×高11cm 300cc) 10500円

d0087761_1945172.jpg
焼締め8.5寸平鉢(径26cm×高5.5cm) 8400円
土から生まれたままの表情を感じるドラ鉢。肉厚の口縁が力強いです。

d0087761_1952739.jpg
焼締め7寸片口鉢(径22cm×高8cm) 5250円
焼締めのなかでは比較的薄造りの片口。外反りの形状は小さめの水鉢としても使えそうです。

d0087761_1945710.jpg
焼締め徳利(径11cm×高18cm) 5250円
底広のどっしりした形。少し垂れた口が重力を受けて全体を柔かく見せています。

d0087761_1945145.jpg
焼締め大壷(径36cm×高42cm) 52500円
今回の展示の中で最も大きなもの。存在感のある大壷です。


小嶋亜創 陶展 ~糧(かて)のうつわ~
2011年6月10日(金)~21日(火) ※6月15日(水)は休み
11:00~18:00
会場:ギャラリー うつわノート (埼玉県川越市) ホームページ

d0087761_1938736.jpg



by sora_hikari | 2011-06-13 21:21 | 小嶋亜創2011

小嶋亜創さんの小鉢

d0087761_18334435.jpg
本展で展示している小嶋亜創さんの小鉢をご紹介します。呉須絵は特徴的な文様ですが、粉引、刷毛目、灰釉などのベーシックな作風もまた小嶋さんらしさがあります。土や木や草と繋がっているような自然感。そういう普通さが魅力的です。

d0087761_18282770.jpg
粉引小鉢4寸(径12cm×高5cm)1575円

d0087761_18284062.jpg
灰釉輪花小鉢4寸(径12cm×高5cm)1890円

d0087761_1829715.jpg
刷毛目小鉢3.5寸(径10.5cm×高4cm)1365円

d0087761_18285118.jpg
呉須絵小鉢4寸(径12cm×高5cm)1890円

d0087761_18291258.jpg
長石釉中鉢5寸(径15cm×高5.5cm)2100円


小嶋亜創 陶展 ~糧(かて)のうつわ~
2011年6月10日(金)~21日(火) ※6月15日(水)は休み
11:00~18:00
会場:ギャラリー うつわノート (埼玉県川越市) ホームページ

d0087761_1938736.jpg



by sora_hikari | 2011-06-12 18:49 | 小嶋亜創2011

小嶋亜創さんのご飯茶碗

d0087761_20532260.jpg

小嶋亜創さんのご飯茶碗です。今回の個展に並ぶいろいろな作風をカバーしたアイテムです。小嶋さんの碗は、沖縄に見られる広めの高台が特徴的なマカイ(沖縄地方の茶碗)の形状です。シャープさよりも、どっしりと食卓に据えられる安定感の良さ。飾らない日常器を軸にする小嶋さんらしい形です。模様や色目が違っても同一の形状ですから、重ね易く統一感が保てます。

d0087761_2053341.jpgd0087761_20534381.jpg
鉄絵飯碗:径12cm×高6cm 2100円

d0087761_20535224.jpgd0087761_2054013.jpg
三島手飯碗:径12cm×高6cm 2100円

d0087761_2054792.jpgd0087761_20541654.jpg
灰釉鎬飯碗:径12cm×高6cm 2100円

d0087761_20542399.jpgd0087761_20543293.jpg
粉引飯碗:径12cm×高6cm 1890円

d0087761_20544044.jpgd0087761_20544953.jpg
呉須絵飯碗:径12cm×高6cm 2100円

d0087761_20545635.jpgd0087761_2055471.jpg
焼締め飯碗:径12cm×高6cm 1890円

d0087761_21365476.jpgd0087761_2137272.jpg
長石釉飯碗:径12cm×高6cm 1890円


小嶋亜創 陶展 ~糧(かて)のうつわ~
2011年6月10日(金)~21日(火) ※6月15日(水)は休み
11:00~18:00
会場:ギャラリー うつわノート (埼玉県川越市) ホームページ

d0087761_1938736.jpg



by sora_hikari | 2011-06-11 21:12 | 小嶋亜創2011

小嶋亜創さんの蓋壷

今回の小嶋亜創 陶展の初日が終わりました。湿度が高く蒸し暑い中、多くの方にお越し頂き誠にありがとうございました。小嶋さんは本日初日の立ち会いが終わり、長野県のご自宅にお戻りになりました。梅雨入りしたこのシーズンは田植えの時期で、このタイミングの水入れの管理によって、お米の出来具合に大きな差が生まれるそうです。秋のより良い糧を得るために、神経を使う難しい時であり、また作付の面白い時期でもあるようです。個展最中とはいえ、このような田んぼ仕事と同列のバランスこそが、小嶋さんの作る器づくりに繋がる大切な意識のように思えます。

d0087761_2058404.jpg

今回の個展の案内状のメインカットにも使った蓋壷です。大きさは小から特大まで。食材の保存を中心に台所で活躍する小嶋さんらしい器をご紹介します。

d0087761_18531153.jpg
呉須絵・鉄絵蓋壷(小)4200円 高9cm、径10cm(上記集合写真の手前)
用途:梅干し、漬物、佃煮、砂糖、ドライフルーツ等

d0087761_18532347.jpg
呉須絵蓋壷(中)6300円 高15cm、径13cm(上記集合写真の中段)
用途:梅干し、乾物(昆布、しいたけ等)、味噌、小麦粉、雑穀など

d0087761_18533314.jpg
呉須絵蓋壷(大)10500円 高20cm、径18cm(上記集合写真の奥右側)
用途:お米、乾物(昆布、しいたけ等)、小麦粉、雑穀、焼き菓子ストックなど

d0087761_18534448.jpg
呉須絵蓋壷(特大)15750円 高29cm 径23cm(上記集合写真の奥左側)
用途:お米、乾物(昆布、しいたけ等)、小麦粉、雑穀など

by sora_hikari | 2011-06-10 21:27 | 小嶋亜創2011