カテゴリ:山田洋次2014( 13 )

「山田洋次 スリップウェア展」 ありがとうございました

d0087761_17184873.jpg

山田洋次 スリップウェア展」は、本日終了致しました。会期中は連日寒い日が続く中、たくさんの方々にお越し頂き、厚く御礼申し上げます。今回は、古典をテーマにして取り組んだスリップウェアでしたが、民藝や骨董にご関心のある方やオーブン料理用にとお求めになる方など、幅広くご支持を頂くことができました。ご家庭にお持ち帰り頂きました山田洋次さんのスリップウェアが、どうぞ皆様の食卓を彩り、そして古の民の暮らしに思いを馳せる道具として末長くご一緒出来ます事を心より願っております。これからも、どうぞ山田洋次さんの活躍にご期待下さい。ありがとうございました。


今後の営業スケジュール
1/29(水)、30(木)は定休日
1/31(金)~2/4(火)は常設展示
2/5(水)~7(金)は定休日および設営日
2/8(土)~18(火)は企画展示会
2/19(水)~27(木)は冬期休業
営業カレンダー

ギャラリーうつわノート
埼玉県川越市小仙波町1-7-6
営業時間/11:00~18:00
地図


by sora_hikari | 2014-01-28 18:00 | 山田洋次2014

「山田洋次 スリップウェア展」 民藝の心

山田洋次 スリップウェア展」の10日目。会期は明日1/28(火)までとなります。日本のスリップウェアの原点は、民藝にあります。元は英国で作られた器ですが、その美しさを見出したのは、柳宗悦、河井寛次郎、濱田庄司、バーナード・リーチたちの民藝の礎を築いた方々です。イギリスの民衆が生み出した素朴な模様の器。人に誇示するためではなく、暮らしの中の実用から生まれた器。その無心こそ美しい。その思想を受け継ぐ陶芸家や窯元も日本に多くあります。その本流となるのが、日本民藝館を始めとする民藝を今に伝える場や団体です。その意志に通ずる民藝店も全国に点在しています。また昨今は、アカデミックな領域とは異なるデザインやアパレル分野に従事する方々が、民藝の器の良さを、現代の住空間に向けて、より洗練された形で提案も行っています。山田洋次さんは、民藝を伝承する家系ではなく、あくまでご自身の選択としてスリップウェアを作っています。山田さんのみならず、今は無名の作り手ではなく、個人名を名乗って民藝の流れを汲む器を作る陶芸家も増えてきています。作家の表現活動と無碍の心を説く民藝。一見すると矛盾もあるように思いますが、むしろ今の時代に生成されつつある民藝として注目したいと思っています。経済的な閉塞感が続く中、成長から成熟型の社会への変換が求められています。そういう社会状況と、自らの手に実感のある仕事を選ぶ若い方々の増加には相関関係があるように思えます。民藝の根幹にある思想性は、その現実解として多くの示唆に富む教えがあるように思います。信楽という茶陶を育んできた産地で、敢えて民藝のスリップウェアを製作している山田洋次さん。今回取り組んだ「古典」のスリップウェアの展示会は、器の新作発表という外形的な目的だけでなく、民藝の心の本質に近づこうとする山田さんの意志でもあるように思えます。

民藝とは何か 柳宗悦著(青空文庫より)

写真は山田洋次さんのご自宅兼工房
d0087761_17293878.jpgd0087761_1730386.jpg
d0087761_17302157.jpgd0087761_1730284.jpg
d0087761_17303476.jpgd0087761_1730567.jpg
d0087761_17491231.jpgd0087761_17311423.jpg



山田洋次 スリップウェア展 ~古典に学ぶ~
2014年1月18日(土)~28日(火) 会期中無休
営業時間 11:00~18:00 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_2412614.jpgd0087761_2425113.jpg
 画像拡大(PDF)


by sora_hikari | 2014-01-27 18:07 | 山田洋次2014

「山田洋次 スリップウェア展」 絵柄

山田洋次 スリップウェア展」(~1/28迄 会期中無休)の9日目。会期は残り2日となりました。本日ご紹介するのは、鳥やウサギをモチーフにした山田さんのスリップウェアです。この愛らしい柄の器も、泥状の粘土をイッチンと呼ばれるスポイトのような道具で描いたスリップウェアになります。イギリスでは元々スリップウェアというと、17世紀中頃から18世紀前半に作られたトフトウェアと呼ばれる鑑賞用の飾り皿がメインです。こちらのリンク先をご覧頂けると分かり易いと思います。このような飾り皿の手法が、徐々に簡素化され18世紀中頃には素朴な絵柄、そして日本で知られる縞模様の抽象柄に変化しました。作家名のある作品としてのスリップウェアから、民衆の暮らしに根付いた無銘のスリップウェア。それを見出した民藝運動家たちの確かな眼。山田さんの絵柄のスリップウェアを見ていると、そんな歴史の流れも感じます。

d0087761_17355789.jpg
sold out

d0087761_17361075.jpg
sold out

d0087761_17362012.jpg
sold out

d0087761_17363349.jpg
長角皿 4725円

d0087761_1736428.jpg
sold out

d0087761_17365430.jpg
sold out

d0087761_1737239.jpg
sold out


山田洋次 スリップウェア展 ~古典に学ぶ~
2014年1月18日(土)~28日(火) 会期中無休
営業時間 11:00~18:00 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_2412614.jpgd0087761_2425113.jpg
 画像拡大(PDF)


by sora_hikari | 2014-01-26 18:40 | 山田洋次2014

「山田洋次 スリップウェア展」 飯碗・鉢

山田洋次 スリップウェア展」(~1/28迄 会期中無休)の8日目。本日ご紹介するのは、飯碗と鉢です。本展の器は、スリップウェアの模様を活かすために、粘土を板状にスライスして成型するタタラ造りのものが多いですが、この飯碗や鉢は、ろくろ成形で作られた回転体の形状をしており、いわゆる和の器の要素をベースにしています。そこに山田さんによる模様のアレンジが加わることで、和食器とスリップウェアを併せた独自の世界が生み出されています。

d0087761_19573869.jpg
飯碗 中サイズ2625円 大サイズ3150円

d0087761_19574853.jpg
飯碗 中サイズ2625円 大サイズ3150円

d0087761_1958461.jpg
7寸鉢(スリップ模様/縄状柄) 5250円 

d0087761_19582022.jpg
7寸鉢(山吹/皮鯨) 5250円

d0087761_1958333.jpg
7寸鉢(飴色) 5250円

d0087761_19583942.jpg
7寸鉢(スリップ模様/らせん柄) 5250円

d0087761_19585040.jpg
7寸鉢(スリップ/山吹/渦柄) 5250円

d0087761_19585790.jpg
7寸鉢(濃茶/縁帯柄) 5250円


山田洋次 スリップウェア展 ~古典に学ぶ~
2014年1月18日(土)~28日(火) 会期中無休
営業時間 11:00~18:00 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_2412614.jpgd0087761_2425113.jpg
 画像拡大(PDF)


by sora_hikari | 2014-01-25 20:11 | 山田洋次2014

「山田洋次 スリップウェア展」 ポット・マグカップ・湯呑

山田洋次 スリップウェア展」(~1/28迄 会期中無休)の7日目。本日ご紹介するのは、ポット、マグカップ、湯呑みの飲み物用の器です。イギリスのティータイムというと、ウェッジウッドのような気品あるカップでいただく紅茶のイメージがありますが、山田さんの作るスリップウェアを応用したポットやマグカップは、味わいのある色合いと暖かみがあり、イギリスの田舎暮らしの落ち着いた風景と繋がります。西洋陶器の流れを汲みながらも、研ぎ澄ました方向ではなく、優しさのあるフォーククラフトの流れです。英国の民藝を底流にした山田洋次さんのポットやマグカップで、どうぞこの寒い季節に暖かい飲み物をお楽しみください。

d0087761_13483825.jpg
ポット小(飴色) 250ml 8400円

d0087761_13482938.jpg
ポット中(チョコ色) 350ml 10500円

d0087761_1348474.jpg
ポット大(チョコ色) 500ml 12600円

d0087761_13491978.jpg
マグカップ(飴色) 3150円

d0087761_13492737.jpg
マグカップ(濃茶色) 3150円

d0087761_13493799.jpg
マグカップ(飴色) 3150円

d0087761_13494421.jpg
マグカップ(濃茶色) 3150円

d0087761_13495371.jpg
マグカップ(黄色) 3150円

d0087761_13501023.jpg
筒湯呑み 各2625円

d0087761_13502153.jpg
筒湯呑帯柄 各2625円

d0087761_13503072.jpg
湯呑帯柄 各2100円

d0087761_13504084.jpg
カップ・縁錆 各2625円

d0087761_13504988.jpg
そば猪口・縁錆 各2625円



山田洋次 スリップウェア展 ~古典に学ぶ~
2014年1月18日(土)~28日(火) 会期中無休
営業時間 11:00~18:00 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_2412614.jpgd0087761_2425113.jpg
 画像拡大(PDF)


by sora_hikari | 2014-01-24 17:40 | 山田洋次2014

「山田洋次 スリップウェア展」 レシュフリット

山田洋次 スリップウェア展」(~1/28迄 会期中無休)の6日目。会期は折り返しとなりました。本日ご紹介するのは、レシュフリット(lèchefrite)と呼ばれるフランスで使われた古いオーブン用の受け皿です。暖炉やオーブンで肉を焼いた際にしたたる肉汁をこの器に受けて、野菜などを調理するためのものです。なかなかイメージがしづらいのですが、こちらのリンク先をご覧頂ければ分かると思います。古いレシュフリットも欧州の美しい民窯の器として、日本民藝館に収蔵されています。山田さんの作るレシュフリットは、古いものを写しながらも、現代の食卓で使えるオーブン用の耐熱器として提案しています。暖炉で肉を焼くことはなかなかありませので、家庭用のオーブンで調理し易いようにサイズをコンパクトにし、引き出し用の把っ手、溜まった汁を注げる口など、便利な機能を活かしてアレンジしています。ワンポイントのスリップ模様をアクセントに施したこのレシュフリットは、仏の古陶器、英のスリップ柄、日本の暮らしサイズを合わせた山田さんのオリジナルです。

d0087761_18592233.jpg
レシュフリット 幅25cm  奥行20cm(把手含む) 高さ6.5cm 各8400円

d0087761_18593414.jpg
レシュフリット(飴色) 幅25cm  奥行20cm(把手含む) 高さ6.5cm 8400円

d0087761_193353.jpg
レシュフリット(チョコ色) 幅25cm  奥行20cm(把手含む) 高さ6.5cm 8400円

d0087761_18594119.jpg
調理イメージ


山田洋次 スリップウェア展 ~古典に学ぶ~
2014年1月18日(土)~28日(火) 会期中無休
営業時間 11:00~18:00 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_2412614.jpgd0087761_2425113.jpg
 画像拡大(PDF)


by sora_hikari | 2014-01-23 19:26 | 山田洋次2014

「山田洋次 スリップウェア展」 ジャグ

山田洋次 スリップウェア展」(~1/28迄 会期中無休)の5日目。本日ご紹介するのは、ジャグ。把手付きの水差しの事。ピッチャーと言った方が分かり易いかもしれません。山田さんの作るジャグは、欧州の形に基づいています。古い金属製の水差しが原点と思われますが、口から首にかけて絞り込まれ、そこから胴にかけてゆったりと広がっています。把手は、上部の口からつまみ出されるように線が伸び、滑らかな曲線を描いて終結しています。基本となるこの形を保ちながら、釉調、色合い、模様などにバリエーションを持たせ、ひとつひとつの個性あるジャグが本展では並んでいます。水や麦茶などを入れる水差しとしての役割はもちろん、大人数用に茶漉しやネルドリップでお茶を落として使うのも素敵です。また花入れとしてお選びになる方も多くいらっしゃいます。立ち姿の美しい山田さんのジャグをどうぞご覧ください。

d0087761_1947576.jpg
ジャグLL 高さ24cm 径16cm (把手含まず) 21,000円(税込)

d0087761_19473490.jpg
ジャグL 高さ20cm 径13cm (把手含まず) 12,600円(税込)

d0087761_19474355.jpg
ジャグL 高さ18cm 径13cm (把手含まず) 12,600円(税込)

d0087761_1947518.jpg
ジャグL 高さ21cm 径16cm (把手含まず) 12,600円(税込)

d0087761_1948215.jpg
ジャグL 高さ21cm 径15cm (把手含まず) 12,600円(税込)

d0087761_19483293.jpg
ジャグM 高さ16cm 径12cm (把手含まず) 6,300円(税込)

d0087761_19484162.jpg
ジャグM 高さ16cm 径12cm (把手含まず) 6,300円(税込)

d0087761_19485424.jpg
手付きボトル  高さ20cm 径12cm (把手含まず) 8,400円(税込)

d0087761_1949273.jpg
ジャグM 高さ15cm 径13cm (把手含まず) 6,300円(税込)

d0087761_1949975.jpg
ジャグM 高さ14cm 径12cm (把手含まず) 6,300円(税込)

d0087761_1949275.jpg
面取り角瓶 高さ25cm 径12cm  21,000円(税込)

d0087761_19493517.jpg
鍔口花器 高さ24cm 径15cm  15,750円(税込)

d0087761_20151747.jpg
壺 高さ22cm 径27cm  21,000円(税込)

d0087761_19494542.jpg
ロングジャグ 高さ37cm 径15cm (把手含まず) 31,500円(税込)

d0087761_2019394.jpg
ジャグSS 高さ8.5cm 径5.5cm (把手含まず) 各3,150円(税込)


山田洋次 スリップウェア展 ~古典に学ぶ~
2014年1月18日(土)~28日(火) 会期中無休
営業時間 11:00~18:00 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_2412614.jpgd0087761_2425113.jpg
 画像拡大(PDF)


by sora_hikari | 2014-01-22 21:38 | 山田洋次2014

「山田洋次 スリップウェア展」 模様

山田洋次 スリップウェア展」(~1/28迄 会期中無休)の4日目。本日ご紹介するのは、スリップウェアの模様について。今回の展示会では、「古典に学ぶ」のタイトル通り、イギリスの古いスリップウェアで使われた模様を活かした柄が多く使われています。ボアズ・ヘッド(猪の頭)と呼ばれる縞柄や、格子柄、縄柄など、抽象的なパターンの模様になっています。泥状の粘土を、ジョウロやスポイトのような道具で流しながら描く「流し描き手」です。ひと筆描きのように、なるべく線が途切れずに勢いをもって描かれた線は、具象的な絵柄とは違う伸びやかな印象を与えてくれます。衣服の伝統柄であるアーガイルやタータンチェックのように、このスリップ模様も英国人の暮らしの中から生み出されたオシャレな柄だったのだと思います。全体的に無地で合わせた服に、ポイントに柄ものを入れる事で華やぎがあるように、食卓の中にもスリップ模様を取り入れることで、程良いアクセントが楽しめるように思います。色合いも落ち着いた濃い茶と山吹色。英国の庶民の暮らしから生まれたシックな色と模様がスリップウェアの魅力です。

d0087761_1182057.jpg
長角鉢(中)/縞柄(ボアズ・ヘッド) 横19cm 縦22cm 高さ4.5cm 6825円(税込) 

d0087761_1183150.jpg
長角鉢(中)/格子柄 横19cm 縦22cm 高さ4.5cm 6825円(税込) 

d0087761_1184249.jpg
長角鉢(中)/流し柄 横19cm 縦22cm 高さ4.5cm 6825円(税込) 

d0087761_1185021.jpg
長角鉢(中)/流し柄 横19cm 縦22cm 高さ4.5cm 6825円(税込) 

d0087761_1204220.jpg
長角鉢(中)/掛け分 横19cm 縦22cm 高さ4.5cm 6825円(税込) 

d0087761_119295.jpg
楕円深皿(中)/縞柄(ボアズ・ヘッド) 横19cm 縦23cm 高さ4cm 5250円(税込)

d0087761_119149.jpg
楕円深皿(中)/格子柄 横19cm 縦23cm 高さ4cm 5250円(税込)

d0087761_1192534.jpg
楕円深皿(中)/流し柄 横19cm 縦23cm 高さ4cm 5250円(税込)

d0087761_1193742.jpg
楕円深皿(中)/串柄 横19cm 縦23cm 高さ4cm 5250円(税込)

d0087761_1194967.jpg
楕円深皿(中)/縄柄 横19cm 縦23cm 高さ4cm 5250円(税込)

d0087761_1205218.jpg
楕円深皿(中)/掛け分 横19cm 縦23cm 高さ4cm 5250円(税込)


山田洋次 スリップウェア展 ~古典に学ぶ~
2014年1月18日(土)~28日(火) 会期中無休
営業時間 11:00~18:00 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_2412614.jpgd0087761_2425113.jpg
 画像拡大(PDF)


by sora_hikari | 2014-01-22 02:06 | 山田洋次2014

「山田洋次 スリップウェア展」 角と楕円

山田洋次 スリップウェア展」(~1/28迄 会期中無休)の3日目。本展では、いろいろなサイズの角形、楕円形の器が充実しています。それはスリップの模様付け後にタタラ成型する技法上の流れに添って生まれる形だからです。ろくろ成形の円形の器が多い中、角と楕円は、食卓の上では新鮮な印象を与えてくれます。

d0087761_021410.jpg


d0087761_0211580.jpg


d0087761_014429.jpg


d0087761_0273096.jpg



山田洋次 スリップウェア展 ~古典に学ぶ~
2014年1月18日(土)~28日(火) 会期中無休
営業時間 11:00~18:00 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_2412614.jpgd0087761_2425113.jpg
 画像拡大(PDF)


by sora_hikari | 2014-01-21 00:30 | 山田洋次2014

「山田洋次 スリップウェア展」 耐熱オーブン対応

d0087761_21175936.jpg
レシュフリット+ローストポーク

d0087761_2118967.jpg
スリップウェア長角鉢+ゴンルゴンゾーラねぎ焼

山田洋次 スリップウェア展」(~1/28迄 会期中無休)の2日目。風が強く気温の低かったにも関わらず、多くの皆様にお越し頂き御礼申し上げます。今回の展示会に出品しているスリップウェアの内、約7割が耐熱のオーブン対応可能な器です。イギリスの古いスリップウェアもオーブンで焼かれた使用痕が美しい景色を作っていますが、山田さんの器も同様に使い込んでいく楽しみがあります。オーブンを使うから特殊な料理という事ではなく、簡単に調理が出来、そのまま食卓に出せる手軽さが普段の生活で活躍します。オーブンが無ければ、平置き型のトースターも可能。冬の食卓を暖かくしてくれる山田さんのスリップウェアの実用面にもご注目ください。


山田洋次 スリップウェア展 ~古典に学ぶ~
2014年1月18日(土)~28日(火) 会期中無休
営業時間 11:00~18:00 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_2412614.jpgd0087761_2425113.jpg
 画像拡大(PDF)


by sora_hikari | 2014-01-19 21:28 | 山田洋次2014