カテゴリ:田村文宏2013( 14 )

「田村文宏展 東南アジア古窯巡礼」 終了しました

d0087761_1955121.jpg


田村文宏展 東南アジア古窯巡礼(こようじゅんれい)」は、本日終了いたしました。田村さんの個展は当店にて2回目となりますが、着実にお客様の支持も増え、会期中はたくさんの方々にお越し頂くことが出来ました。ご来店の皆様には、この場をお借りして御礼申し上げます。田村さんの誠実な思いで作られた器が、皆様の食卓を豊かな気持ちにしてくれる事を心より願っております。まだまだ伸び代を感じるこれからの作家さんです。本年9月には、東京・西麻布の桃居さんでの個展開催も決まっています。また皆様の目に触れることがある事と思います。どうぞ今後の活躍をご期待ください。

営業案内
5/22(水)~25(土)の間は、搬出及び臨時休の為、休業日となります。


ギャラリーうつわノート
埼玉県川越市小仙波町1-7-6
11:00~18:00
地図

営業スケジュール
定休&臨時休:5/22(水)~25(土)
常設展示:5/26日(日)~28日(火)
定休日:5/29日(水)30日(木)
常設展示:5/31日(日)~6/4日(火)
定休&臨時休:6/5(水)~7(金)
個展:6/8(土)~18(火)

※5月後半の営業は変則的になりますので営業カレンダーをご確認の上、お出掛け下さい。
営業カレンダー


by sora_hikari | 2013-05-21 20:09 | 田村文宏2013

「田村文宏展 東南アジア古窯巡礼」 明日5/21迄

d0087761_1837245.jpg
 田村文宏 5寸皿・鉢

田村文宏展 東南アジア古窯巡礼(こようじゅんれい)」(5/11~21)の10日目。会期は明日の5/21迄となります。最終日の明日は、田村さんが搬出を兼ねて終日在廊いたします。どうぞこの機会に直接作者にいろいろお尋ね頂ければと思います。写真は、今回のDMの写真に使った5寸サイズの皿や鉢です。灰釉、灰粉引、鉄釉、白磁など、本展に並ぶ作風を網羅したアイテム。直径15センチの5寸皿や鉢は、取り皿として食卓への登場回数の多い器です。明日までの展示となりますが、お手にとってご覧ください。


田村文宏展  東南アジア古窯巡礼(こようじゅんれい)
2013年5月11日(土)~21日(火) 会期中無休
営業時間 11:00~18:00  
作家在廊日 5月11日(土)・12日(日)・21日(火)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_062515.jpgd0087761_063670.jpg
 画像の拡大(PDF)


by sora_hikari | 2013-05-20 18:43 | 田村文宏2013

「田村文宏展 東南アジア古窯巡礼」 開催中(9日目)

d0087761_18184365.jpg
 田村文宏 盤口瓶

d0087761_1818585.jpg
 田村文宏 白磁印判瓢瓶

d0087761_1819652.jpg
 田村文宏 灰釉刻紋平壺

d0087761_18191611.jpg
 田村文宏 灰釉粉引壺

d0087761_18193992.jpg
 田村文宏 展示品

田村文宏展 東南アジア古窯巡礼(こようじゅんれい)」(5/11~21)の9日目。会期は残すところあと2日となりました。写真は盤口瓶と呼ばれる壺など。力強い造形です。田村さんの器は、このような土着的な芯の強さがあります。東南アジアの器に魅かれるのも、そういったモノとしての安定した存在感があるからではないでしょうか。研ぎ澄まされた中国陶磁と違い、素朴で温容な馴染み易さ。そこには、器という道具と人の生活の繋がりを感じます。カンボジアでの窯造りのサポートや、周辺国の古い窯場巡りの経験が、田村さんの器づくりの根っこにあります。それはインドシナ半島の古陶の外形的な要素と共に、その国の人の生活に密着した器の在り方に啓発されているように思います。


田村文宏展  東南アジア古窯巡礼(こようじゅんれい)
2013年5月11日(土)~21日(火) 会期中無休
営業時間 11:00~18:00  
作家在廊日 5月11日(土)・12日(日)・21日(火)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_062515.jpgd0087761_063670.jpg
 画像の拡大(PDF)


by sora_hikari | 2013-05-19 18:50 | 田村文宏2013

「田村文宏展 東南アジア古窯巡礼」 開催中(8日目)

d0087761_1839531.jpg
 田村文宏 灰釉ピッチャー

d0087761_18391512.jpg
 田村文宏 鉄釉ピッチャー

d0087761_1839246.jpg
 田村文宏 飯碗

田村文宏展 東南アジア古窯巡礼(こようじゅんれい)」(5/11~21)の8日目。写真はピッチャーと飯碗。田村さんの器は、東南アジアの古陶に通じていますが、骨董的な観点からの倣古ではなく、あくまで現代の生活食器としてのアプローチです。このようなピッチャーや飯碗に見られる形は、民藝の器の趣きも持ち合せています。作り手の感触を感じる新感覚の民藝。そういう視点も田村さんの器を表すように思います。


田村文宏展  東南アジア古窯巡礼(こようじゅんれい)
2013年5月11日(土)~21日(火) 会期中無休
営業時間 11:00~18:00  
作家在廊日 5月11日(土)・12日(日)・21日(火)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_062515.jpgd0087761_063670.jpg
 画像の拡大(PDF)


by sora_hikari | 2013-05-18 18:45 | 田村文宏2013

「田村文宏展 東南アジア古窯巡礼」 開催中(7日目)

d0087761_1519204.jpg
 田村文宏 灰釉粉引深皿

d0087761_14445350.jpg
 田村文宏 灰釉粉引深皿(高台)

d0087761_144541.jpg
 田村文宏 灰釉粉引飯碗

d0087761_14452392.jpg
 田村文宏 灰釉粉引どんぶり

d0087761_14453239.jpg
 田村文宏 灰釉粉引片口

d0087761_14453921.jpg
 田村文宏 灰釉粉引蓋鉢

d0087761_14462388.jpg
 田村文宏 灰釉粉引猪口・カップ

田村文宏展 東南アジア古窯巡礼(こようじゅんれい)」(5/11~21)の7日目。写真は化粧土の上に灰釉を掛けた器。田村さんの基軸になる作風です。化粧土の上に掛る黄緑色の釉薬と、そこに表れる鉄粉。器全体に味わいのある変化をもたらしています。シンプルな作風ですが、静かな中に深みを感じる器。器としての表現が抑え目だけに、主役の料理が盛り映えします。既に使っている方もリピートが多い灰釉粉引。寡黙で実直。田村さんのお人柄と重なります。


田村文宏展  東南アジア古窯巡礼(こようじゅんれい)
2013年5月11日(土)~21日(火) 会期中無休
営業時間 11:00~18:00  
作家在廊日 5月11日(土)・12日(日)・21日(火)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_062515.jpgd0087761_063670.jpg
 画像の拡大(PDF)


by sora_hikari | 2013-05-17 15:18 | 田村文宏2013

「田村文宏展 東南アジア古窯巡礼」 開催中(6日目)

d0087761_18303553.jpg
 田村文宏 褐釉小壺

田村文宏展 東南アジア古窯巡礼(こようじゅんれい)」(5/11~21)の6日目。写真は褐釉や灰釉の小壺です。タイの古い時代の焼き物全般を宋胡録(スンコロク)と呼びますが、特にこのような小壺や香合を指す場合が多いようです。元々、タイの中部のスワンカロークという地名からきた呼び名ですが、桃山時代の茶人に愛された焼き物です。近年では向田邦子さんが集められていた事でも知られています。このような田村さんの手による宋胡録(スンコロク)は、手で包める程の小さなサイズ。焼き上がりも、鉄釉に灰が被り、古陶の趣きがあります。瓢形の双耳付きのタイプ、灰釉に鉄釉掛けしたタイプ、鳥の形をしたユーモラスなタイプなど、本展の中で、アクセントになる小品です。個展ならでは見ることの出来る田村さんの小壺も、どうぞ手にとって頂ければと思います。


田村文宏展  東南アジア古窯巡礼(こようじゅんれい)
2013年5月11日(土)~21日(火) 会期中無休
営業時間 11:00~18:00  
作家在廊日 5月11日(土)・12日(日)・21日(火)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_062515.jpgd0087761_063670.jpg
 画像の拡大(PDF)


by sora_hikari | 2013-05-16 18:47 | 田村文宏2013

「田村文宏展 東南アジア古窯巡礼」 開催中(5日目)

d0087761_18324228.jpg
 田村文宏 白磁印判蛇乃目釉剥ぎ鉢

田村文宏展 東南アジア古窯巡礼(こようじゅんれい)」(5/11~21)の5日目。写真は白磁に印判が施された5寸鉢。重ね焼きの際の釉剥ぎも印象的です。田村さんの従来の白磁に比べ、本展では鈍く枯れた風情の白磁が並んでいます。ベトナム染付に通ずる田村さんの白磁もご覧下さい。


田村文宏展  東南アジア古窯巡礼(こようじゅんれい)
2013年5月11日(土)~21日(火) 会期中無休
営業時間 11:00~18:00  
作家在廊日 5月11日(土)・12日(日)・21日(火)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_062515.jpgd0087761_063670.jpg
 画像の拡大(PDF)


by sora_hikari | 2013-05-15 18:37 | 田村文宏2013

「田村文宏展 東南アジア古窯巡礼」 開催中(4日目)

d0087761_19451229.jpg
 田村文宏 鉄釉印花皿

田村文宏展 東南アジア古窯巡礼(こようじゅんれい)」(5/11~21)の4日目。写真は鉄釉による印花のお皿です。釉薬の濃淡によって浮き出た模様が光の角度で変化します。艶のある仕上がり。濃い色がこれからの季節の食材を引き立ててくれそうです。


田村文宏展  東南アジア古窯巡礼(こようじゅんれい)
2013年5月11日(土)~21日(火) 会期中無休
営業時間 11:00~18:00  
作家在廊日 5月11日(土)・12日(日)・21日(火)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_062515.jpgd0087761_063670.jpg
 画像の拡大(PDF)


by sora_hikari | 2013-05-14 19:47 | 田村文宏2013

「田村文宏展 東南アジア古窯巡礼」 開催中(3日目)

d0087761_18445075.jpg
 田村文宏 灰釉印花花紋7寸皿

田村文宏展 東南アジア古窯巡礼(こようじゅんれい)」(5/11~21)の3日目。写真は灰釉を掛けた花紋のお皿です。懐かしさと愛らしさの同居した作行。本展で初めてご覧頂ける紋様です。


田村文宏展  東南アジア古窯巡礼(こようじゅんれい)
2013年5月11日(土)~21日(火) 会期中無休
営業時間 11:00~18:00  
作家在廊日 5月11日(土)・12日(日)・21日(火)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_062515.jpgd0087761_063670.jpg
 画像の拡大(PDF)


by sora_hikari | 2013-05-13 18:50 | 田村文宏2013

「田村文宏展 東南アジア古窯巡礼」 開催中(2日目)

d0087761_19331659.jpg
田村文宏 鉄釉平壺

田村文宏展 東南アジア古窯巡礼(こようじゅんれい)」(5/11~21)の2日目。本日は天気に恵まれ、多くの方に来て頂きました。御礼申し上げます。明日より平日となりますが、田村さんの力作をまだまだご覧頂くことができます。どうぞお越し下さい。


田村文宏展  東南アジア古窯巡礼(こようじゅんれい)
2013年5月11日(土)~21日(火) 会期中無休
営業時間 11:00~18:00  
作家在廊日 5月11日(土)・12日(日)・21日(火)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_062515.jpgd0087761_063670.jpg
 画像の拡大(PDF)


by sora_hikari | 2013-05-12 19:37 | 田村文宏2013