カテゴリ:見て歩き( 306 )

小野哲平・早川ユミ 「骨壺とちいさな神さま」 @ 馬喰町ART+EAT

d0087761_22435839.jpgd0087761_22445528.jpg
d0087761_22461550.jpgd0087761_22453541.jpg
d0087761_22464662.jpgd0087761_22473284.jpg
d0087761_22475997.jpgd0087761_22482381.jpg
d0087761_22484985.jpgd0087761_2249232.jpg

馬喰町のART+EAT(アートイート)で開催されている小野哲平さんと早川ユミさんご夫妻による展示会に行ってきました。この展示会のテーマは、「骨壺とちいさな神さま」です。哲平さんが骨壺となる壺を作り、ユミさんがヤキモノの土人形「小さな神さま」と、それを包む布の「おくるみ」を展示しています。骨壺は、題材として重厚な印象もありますが、誰もが必ずやお世話になる容器。良く考えれば、それを自分で選べない現状が不思議な事とも言えます。臨終の結果としての道具ではあるのだけれど、本当はこのように生と死を繋ぐ道具として日常の中で使われ、やがて日々の思いが蓄積したモノに包まれるというのは、とても理に適ったことのように思えます。骨壺とは言うものの、その機能性ばかり追った壺ではなく、今すぐには米櫃でも漬物でも入れて日々の暮らしで使うことに意味があり、いずれは終(つい)の用途にも転用できると考えた方がいいかもしれません。器づくりをする人にとって、食の器以外に人の為になる道具の提案でもあると思います。ユミさんが作る神さまは、古来から作られてきた副葬品と見ることができます。古代の中国に限らず、世界の様々な地域で死後の世界の無事を祈って、いろいろな埋葬品が作られてきた歴史があります。その悠久の流れに沿った、自分のそばにいてくれる「神さま」です。人の形もあれば、動物もいて、ひとつひとつが違った表情をしています。日頃の生活を一緒に過ごすことで、その意味合いも個人個人に深みを増しそうです。テーマには深さを感じますが、決して重も過ぎることはなく、むしろ心が晴れやかにハッピーな方向性を感じます。ポジティブに生と死を境めなく繋ぐ道具に目を向けた展示会。ずらりと並んだ、どれひとつ同じものはない壺と神さま。意義のある内容だと思います。

展示会に向けたおふたりの言葉をご紹介します(DMより)

骨壺ってお骨を入れる物だけど、
僕はもっと抽象的なもの、
人の精神のうつわだと思う。(哲平)

わたしは、生きているときは
お塩や梅干しを入れて共に暮らし、
死んだら大好きなその壷に入りたいな。(ユミ)

最初は親父に頼まれてつくった。
意識的につくり出したものはおととしの暮れぐらいから。
何かそういうものが必要とされているような気がしたのかな、
自然や人の、変わりながらも続いていく
大きな循環によりそうものが。(哲平)

タイやブータンの人たち
みたいに、お墓に連れてく
ちいさな神さまをつくりました。(ユミ)


小野哲平・早川ユミ ふたり展 「骨壺とちいさな神さま」
2013年4月6日(土)~26日(金) ※日・月曜は休廊(但し4/7(日)は営業
11:00~19:00 (最終日は17:00まで)
馬喰町ART+EAT (東京・馬喰町) ホームページ

d0087761_2242291.jpg


by sora_hikari | 2013-04-06 23:18 | 見て歩き

余宮隆 展 @ 千鳥

d0087761_2244395.jpgd0087761_225319.jpg
d0087761_2251769.jpgd0087761_2252580.jpg
d0087761_225362.jpgd0087761_2254980.jpg
d0087761_226392.jpgd0087761_2261212.jpg
d0087761_2262317.jpgd0087761_2263853.jpg

水道橋の千鳥で開催されている余宮隆さんの個展に行ってきました。余宮さんは千鳥さんの展示会は今回で5回目。そしてお店もこの4月で5周年を迎えるそうです。余宮さんのお名前がまだあまり知られていない頃に、この場所で展示会を開いたことが、余宮さんの器を世に知らしめる大きな起点になったと記憶しています。作家とお店の成長は、いわば二人三脚のような関係。それぞれのご尽力は当然ながらも、お互いがほぼ無名のまま出会い、そして成長し飛躍できたことは何とも素晴らしいことだと思います。そういう意味で、千鳥さんでの個展は、余宮さんにとっても自分自身の確認の場として思い入れも強い事と思います。今回の展示会でも存分に余宮さんらしい、土味のある器が並んでいます。ほぼ薪窯による焼成で、釉調の変化も様々に、ひとつひとつに個性がある器です。初日の賑わいが一段落しても、まだ店舗の広さを十分賄うほどの展示数。この会期中にあらためて余宮さんと千鳥さんの響き合いを楽しめる内容です。千鳥さんの軽妙ながらも、丁寧で愛情あるブログでの紹介も会期を通して楽しみです。


余宮隆 展
2013年4月6日(土)~13日(土) 会期中無休
12:00~19:00 (最終日は18:00まで)
千鳥 (東京・水道橋) ホームページ

d0087761_2265284.jpg


by sora_hikari | 2013-04-06 22:31 | 見て歩き

郡司庸久・郡司慶子 展 @ 桃居

d0087761_2134770.jpgd0087761_21341858.jpg
d0087761_21343075.jpgd0087761_21344681.jpg
d0087761_21345897.jpgd0087761_21351068.jpg
d0087761_21352395.jpgd0087761_21353184.jpg

西麻布の桃居で開催されている郡司庸久さんと郡司慶子さんの陶展に行ってきました。お二人は、栃木県の足尾で制作されています。ここ桃居では2009年来5回目となる展示会です。毎回新たな器を見ることが出来ます。今回もまったりとして柔らかな白釉の器やレリーフ模様の器を見ることができました。その他、色調の明るい茶や濃い茶の器、灰色の器、掛け分けの器などが並んでいます。お二人のお仕事は幅広い作行がありますが、今回はあまり装飾を施さないベーシックなものが中心です。それだけに、益子の基礎釉のような落ち着いた作風になっており、新たな民芸テーストを感じました。お二人の基本軸をあらためて見つめた展示会です。


郡司庸久 郡司慶子 二人展
2013年4月5日(金)~4月9日(火)
11:00~19:00
桃居 (東京・西麻布) ホームページ

d0087761_21582712.jpg


by sora_hikari | 2013-04-06 22:01 | 見て歩き

沢田マンション @ 高知

d0087761_1991493.jpg

高知市の薊野(あぞうの)北町にある沢田マンションに行ってきました。ここは、沢田嘉農さん(故人)と裕江さんご夫婦によって建てられた手造りマンションです。1971年に着手し、3期の工事を経て1985年にほぼ今の地下1階・地上5階建てになりました。今だに各所で改装工事が行われ、変化し続けているそうです。遠目にはレトロな中規模マンションですが、敷地に近づくと外周に並ぶ古い発動機の姿で少し様子の変わったマンションであることに気づきます。さらに敷地内に入り、スロープと階段を昇って屋上まで辿りつくと、その異様な光景に驚きます。屋上には農園、池、放し飼いの鶏、そしてこのマンションの歴史を象徴するように手製の赤いクレーンがそびえ立っています。上層に続くスロープは、自動車が登れる造りで、後から付けられたそうです。セルフビルドの一軒家は良くある話ですが、全戸数68戸もある鉄筋コンクリート製のマンションを手造りした例は聞いたことがありません。自己を顕示するような天守閣のある城ならまだ理解できるのですが、人の住む集合住宅というのがユニークです。テレビ、雑誌などで紹介されることも多いと聞きましたが、実際にマンションの中に入り、その現実を目にするとこれを造り上げた沢田ご夫妻の執念にただただ感服します。小学校5年の時に既にアパート経営にあこがれ、その後は山の中で製材の仕事、そして木造の住宅やアパートを何軒も建てていたそうです。しかし建築に関しては専門教育は受けておらず、全て自ら積み上げた経験のみ。このマンションづくりに際しても図面はありません。しかし基礎工事から内装、設備工事まで一貫した手造りのSRC造りの本格派建造物。今の建築基準法には適合しませんが、その集合住宅の在り方には学ぶべきところも多いようです。全戸すべて違う間取り。各部屋を仕切るベランダの仕切りはなく、通路として人が行き交うことができます。住むのは20代の学生から90代の高齢者まで。沢田マンションというひとつの村であり、現代版の立体長屋といった様相です。外からの見学者も多く、敷地は自由に入ることができ、住民によるボランティアの館内ツアーも行われています。ご主人が亡くなる4日前に屋上に鉄骨の柱を設置したそうです。1971年建築当初の目標は10階建ての100世帯。さらに上層階を目指していたのか、最後までマンション造りにかけた思いの強さを感じるエピソードです。


沢田マンションに関する情報
マンション・ラボによるレポート
沢田マンションのWIKIPEDIA
沢田マンションのフェイスブック
建築マップのレポート

書籍:沢田マンション物語 2人で作った夢の城 (amazon
古庄弘枝 (著)  講談社プラスアルファ文庫(2009/9/17 ※単行本は2002年発売) 860円
d0087761_23164038.jpg


d0087761_2343548.jpg
〒781-0011 高知県高知市薊野北町1-10-3
1階にroom38というギャラリーがあります。


by sora_hikari | 2013-02-21 23:19 | 見て歩き

希水展 @ 築地・茶の実倶楽部

d0087761_23363161.jpgd0087761_23364788.jpg
d0087761_2337471.jpgd0087761_23373088.jpg
d0087761_23374886.jpgd0087761_1212313.jpg
d0087761_23382055.jpgd0087761_2338286.jpg
d0087761_23384112.jpgd0087761_23385820.jpg
d0087761_23391638.jpgd0087761_23392949.jpg
d0087761_23401275.jpgd0087761_23402452.jpg

築地の茶の実倶楽部で開催されている「希水展」に行ってきました。これは、書道家・中澤希水(きすい)さんの書作展です。中澤さんは1978年静岡生まれ。書道家の両親を持ち、書で知られる大学を卒業し、書の大家・成瀬映山さんに師事した経歴を持つ、いわば生粋の書道の世界を歩んできた方です。しかしある時、その正統な書の流派に属することを敢えて断ち、今は独立系の書道家として活動されています。書道は、小さい頃から学校で習い、お稽古の人口も多く、誰もが経験したことのある世界です。しかし、それを発展的に日常の中で書く、接する、鑑賞する、そして所有するという行為は、今は特殊な位置にあるかもしれません。特定の囲みの中で特定の評価が為される世界。近くて遠い書。そんな書のイメージを中澤さんは、より近しく魅力的なものだと伝えようとしているようです。今回の個展で取り上げられたのは、専門家でないと分からない難解なものではなく、平易で理解し易い言葉です。「福」、「雪月花」、「以心伝心」、「平凡」、「愛」、「丁寧」、「真実」など分かり易い言葉を敢えて選んでいます。それは意味解釈だけで書に接するのではなく、視覚的な美しさを伝えるための、目と心の直接的な接続を意図しているように思えます。今回は、その言葉を2通りの書体で表しています。ひとつは誰もが読める書体、もうひとつは甲骨文字()と呼ばれる古代中国の象形文字。どちらの書体も、筆の線が作りだす流麗な旋律と、墨のにじみが生み出す余韻が、紙の上で調和しています。抽象的な言い方ですが、そこには音楽的なリズムを感じます。中澤さんの書は、肉太で勢いのある書と違い、繊細で風通しの良い余白の美しい書です。激しいパフォーマンスに走るのではなく、静かな旋律のなかに見えてくる彩りの豊かさを大切にしているように思います。建築家・ミース・ファン・デル・ローエ()が唱えた「Less is more」、つまり「少ないことはより豊かなこと」を基本に据えている中澤さんの書の在り方を体現している展覧会でした。


希水展
2013年1月7日(月)~12日(土)
11:00~18:00
築地・茶の実倶楽部5階 (東京・築地) ホームページ

d0087761_2248671.jpg


by sora_hikari | 2013-01-10 00:30 | 見て歩き

東京国立博物館 東洋館リニューアル

d0087761_2348656.jpgd0087761_23481883.jpg
d0087761_23483081.jpgd0087761_2348417.jpg
d0087761_2349317.jpgd0087761_23491449.jpg
d0087761_23492795.jpgd0087761_23493445.jpg
d0087761_23494587.jpgd0087761_23495553.jpg
d0087761_2350315.jpgd0087761_23501530.jpg

上野公園内にある東京博物館の東洋館に行ってきました。東洋館は2009年から耐震工事の為に休館していましたが、新年1月2日にようやくリニューアルオープンしました。東洋館のコレクションは2万件に及び質・量ともに国内随一だそうです。フロアは地下1階から5階まで。各階はステップフロアで繋がり、全13室で構成されています。展示物は中国の仏像・青銅器・書画・漆工、インド・ガンダーラの彫刻、西アジア・エジプト美術、朝鮮美術・陶磁、クメール彫刻、東南アジア陶磁、インド細密画など、日本を除く全アジアにまたがる地域の優品が陳列されています。古陶磁だけを取り上げても、中国・中東・朝鮮・東南アジアの器を楽しむことができます。また今回採用された低反射のガラスケースやLED照明も展示品を浮かび上がらせるように明暗が美しく工夫されています。東洋館本来の収蔵数からすれば、まだまだ展示されていないものもあるでしょうから、これから季節を変えて通えば、新たな発見がありそうです。また、トーハク本館の方では新春特別公開で、長谷川等伯の松林図屏風や、尾形光琳の風神雷神図屏風も展示されています。「博物館に初もうで ~トーハクと過ごすお正月~」と銘打って企画された内容は、とても見応えのある内容でした。

※改装についてのポイントはこちらのインタビュー(青い日記帳)が面白いです。

※総合文化展示品の撮影は許可されています(但し、禁止マークの展示品はNG。フラッシュ、三脚使用は禁止) 詳しくはFAQ参照


東京国立博物館 東洋館
2013年1月2日~ リニューアルオープン
9:30~17:00
月曜休館
観覧料:一般600円
ホームページ

d0087761_2332627.jpg





by sora_hikari | 2013-01-04 00:36 | 見て歩き

Oz Zingaro クリスマス展示

d0087761_2156231.jpgd0087761_21561555.jpg
d0087761_21562669.jpgd0087761_2156333.jpg
d0087761_21564521.jpgd0087761_21571074.jpg
d0087761_21573180.jpgd0087761_215722100.jpg

中野ブロードウェイ内のOz Zingaroで開催されているクリスマス展示に行ってきました。ここは現代アーチスト・村上隆さんの主宰するギャラリーです。今回はクリスマスシーズンに合わせて、村上さんの選んだ現代作家のうつわ、骨董、現代アートの作品を展示し販売するものです。通常、それぞれの流通チャネルは分かれていますが、ここではジャンルの垣根なく「モノ」の価値を並列に取り扱って見せているのがユニークです。本日は、3階のHidari Zingaroで村上さんの「骨董からうつわまで」をテーマにしたトークショーも開催され、展示会に厚みを増した内容になりました。展示会の方はクリスマスプレゼントという特集テーマですが、ギフトよりも自分自身へのプレゼントとする方も多いかもしれません。多くの人で賑わう中野ブロードウェイの中で、このような渋さの分かる品々を選択をするのはとても楽しい体験だと思います。


Oz Zingaroでクリスマスプレゼントを
2012年12月18日(火)~25日(火)
12:00~19:00
Oz Zingaro(東京・中野ブロードウェイ内) ホームページ

d0087761_21523618.jpg


by sora_hikari | 2012-12-23 22:17 | 見て歩き

上田勇児 すなば展 @ サンドリーズ

d0087761_23173990.jpgd0087761_23175810.jpg
d0087761_23181140.jpgd0087761_23181712.jpg
d0087761_23183181.jpgd0087761_23184282.jpg
d0087761_23185629.jpgd0087761_2319319.jpg
d0087761_23192498.jpgd0087761_23194651.jpg
d0087761_2321014.jpgd0087761_2321172.jpg

南青山のサンドリーズで開催されている上田勇児さんの個展に行ってきました。上田さんは滋賀県信楽町で土のオブジェを作っています。1975年生まれ。これが東京での初個展です。上田さんの造形物は、土の塊や壷のような形態をしており、全て窯の中で焼成された「ヤキモノ」です。釉薬の素となる長石を塊のまま使ったり、粘土を表面に被せたものを、薪窯の炎の熱で意図的に崩壊させた物体です。破裂したような状態、パリパリと剥離した状態、ぐにゃりと溶け潰れた状態のものなど、土と陶石が熱によって変化するように、自然の力をコントロールして生み出した偶発と計算の産物です。それはヤキモノとして通常は失敗とされる亀裂や崩壊を、むしろ美しい自然の力学に目を向けた意識的な作品です。面白いのは、その前衛的なアプローチによって生まれた作品に、信楽焼きらしい焼〆窯変が垣間見えている点です。前衛と古典の融合。信楽の新風と言えるでしょうか。その物体は、どれひとつとして同じ形のものはなく、見る人ごとに違った思い入れの生まれるユニークな展示内容になっています。

※上田さんのプロフィールはOZ Zingaroのホームページに紹介されています。


上田勇児 すなば展
2012年12月4日(火)~9日(日)
12:00~19:00 
Sundries (東京都港区南青山4-10-15 / 03-5411-0799) 地図 
d0087761_23213677.jpg


by sora_hikari | 2012-12-07 23:51 | 見て歩き

畠田光枝 陶展 @ 器スタジオTRY

d0087761_2192331.jpgd0087761_2193049.jpg
d0087761_2195642.jpgd0087761_2110984.jpg
d0087761_21101727.jpgd0087761_21102584.jpg
d0087761_21103499.jpgd0087761_21105445.jpg
d0087761_21111078.jpgd0087761_21112764.jpg

中落合の器スタジオTRYで開催されている畠田光枝(はただみつえ)さんの個展に行ってきました。畠田さんは宮崎県で南蛮焼締めの器を作られています。和歌山の森岡成好さんの元で焼き物を学んだ後、薪窯の焚ける地を求めて宮崎に根を下ろしました。土地探し、窯作り、そして満足のいく焼きもの作り。そのために何年もの時間を費やし、今回ようやく満を持して初の個展開催となりました。その強い信念から生まれた焼き物は、まっすぐに基本を見つめた純粋さを感じる器です。土から生まれし自然の造形とでも言えばいいでしょうか。小細工の少ない「造り」と、しっかりと時間をかけた「焼き」が、ストレートに心の奥に伝わってきます。素朴で芯のある器は、多くの説明をするよりも、手にとって使うことでその良さが語ってくれるように思います。初々しくも心の奥に響いてくる展示会です。


畠田光枝 陶展
2012年12月5日(水)~13日(木)
11:00~18:00 ※最終日は17:00迄
器スタジオTRY (東京・中井) ホームページ

d0087761_2112227.jpg


by sora_hikari | 2012-12-07 21:25 | 見て歩き

そそぐ・うるおう・なごむ展 @ OVE

d0087761_1324966.jpgd0087761_1333985.jpg
d0087761_1335383.jpgd0087761_134777.jpg
d0087761_134157.jpgd0087761_1342696.jpg
d0087761_1343911.jpgd0087761_1344771.jpg
d0087761_135931.jpgd0087761_1352071.jpg

南青山のOVEで開催されている「そそぐ・うるおう・なごむ展」に行ってきました。これは、WEB上で優良なアートと工芸情報サイトを運営するpanorama(パノラマ)が主催する展示会です。通常、ネットを中心に運営されているpanoramaが取り上げた作家さんの器を中心にしたリアルな場での展示会。メンバーも錚々たる方々です。この展示会は「酒器」を横串しのテーマにして、作家の器やギャラリストの私物の展示、そしてお話会などの催しも盛り込まれています。きちんと編集・デザイン構成されたWEBの情報マガジンでもあり、販売も行っているpanorama。今の工芸の世界をどのように見渡し情報発信するのか、これからも注目したいと思います。


そそぐ・うるおう・なごむ展
2012年11月21日(水)~25日(日)
10:00~18:00 (最終日は17:00迄)
OVE (東京・南青山) 
主催 panorama  ホームページ

d0087761_1354889.jpg


by sora_hikari | 2012-11-23 01:54 | 見て歩き