手仕事雑貨屋 風土 

d0087761_1301679.jpgd0087761_1304761.jpg
d0087761_1312341.jpgd0087761_1315398.jpg
d0087761_1322366.jpgd0087761_1323531.jpg
d0087761_1325173.jpgd0087761_1342170.jpg

京都の北大路にある「手仕事雑貨屋 風土」へ行ってきました。ここは、京都の古い日本家屋をお店にしたところです。店名になっている通り、手作りの道具を扱うお店です。陶磁器、金属、ガラスの器、竹細工、布ものなど、作家によって作られた生活の用具が並んでいます。京都らしい古い建物ですが、格式ばった用品ではなくて、親しみ易い現代の作り手たちによる日常目線のものばかりです。そういう心の通った品々と日本の良き空間とのバランスが美しいお店になっています。店内の奥には坪庭もあり和情緒を一層演出しています。ご店主の浦田由美子さんは、ご夫婦でこのお店を運営されると同時に、フェルト作家としてもご活躍されていて、倉敷のクラフト展やクラフトフェア松本にもご出展されるマルチな才能をお持ちの方です。月に1回ほどのペースで企画展も開催されているそうです。またの機会があれば、いろいろな方の個展なども見てみたいものです。


手仕事雑貨屋 風土
京都市北区紫野西御所田町34-2
11:00~19:00  (定休日:水曜日 ※祝日を除く)
ホームページ


by sora_hikari | 2009-05-14 00:28 | 見て歩き

<< 草庭 sa vie sa vie >>