石崎正次さんの彫像展@What's

d0087761_2326325.jpgd0087761_23261392.jpg
d0087761_23262148.jpgd0087761_23262930.jpg
d0087761_2326427.jpgd0087761_23264951.jpg
d0087761_2327080.jpgd0087761_2327189.jpg
d0087761_23292148.jpgd0087761_2330122.jpg

目黒通り沿いのアンティーク店What'sで開催されている石崎正次さんの彫像展へ行ってきました。石崎さんは画家で絵本などの絵を描かれているそうです。絵を描く合間に作っておられるのがこの彫像です。元々What'sのお客様としてお店に通われていたそうですが、そのご縁でご店主の蝦名さんの目に留まり、この展示会の開催になったそうです。石崎さんの作品は、この彫像を見るのが初めてで絵画の方を知らないのですが、きっと絵の世界と彫刻の世界は繋がっているのだろうと思います。今回は「さまざまな天使」と題され、天使の姿の木彫が展示されています。しかし天使といっても、西洋の端正な姿のエンジェルではなく、静かで人間のような天使たちです。多くが上半身だけで腕が省略されているせいか、大きな動きはなくじっと遠くを見つめる静かな姿です。衣服の色合いは擦れた感じで懐かしい雰囲気がします。なんとなく寂びれた遊園地にいるような、華やかさの裏側にある哀しさを秘めたようにも感じます。しかしそんな忘れらた者だけにわかる、人へのいたわりや慈しみも同時に持ち合わせているように思います。立体物ですが正面性があるので肖像画のようでもあり、画家である石崎さんの絵画的要素が十分に表れているのではないでしょうか。華やかな祝福でなく、心の奥をぎゅっと締め付けるような少し感傷的な優しい天使たち。クリスマスも間近で良い時期の開催かもしれません。


画家・石崎正次 彫像展 「さまざまな天使」
2008年12月9日(火)~25日(木)  ※日曜・月曜・祝日定休
13時~19時
Antiques What's (東京・目黒) 
東京都目黒区目黒4-12-5 日東ビル101 (Google MAP
TEL. 03-3710-1550

d0087761_23302422.jpg



※雑誌Pen の2008年12/15号の「新発想のアンティーク店」という記事中にAntiques What'sが紹介されています。

d0087761_016248.jpg
Amazon


by sora_hikari | 2008-12-17 23:30 | 見て歩き

<< 古いパレット 棚橋祐介さんの個展@さる山 >>