白州次郎と白洲正子展


d0087761_1372675.jpg

会場の様子(武相荘のHPへLINK

銀座の松屋で開催されている白州次郎と白洲正子展へ行ってきました。ダンディズムの白洲次郎、骨董美の白洲正子。お二人の暮らした様子や、身につけたもの、骨董の器、書簡などが展示されています。英国ケンブリッジ留学経験を持つ白州次郎さんの信念である「プリンシプル」。原則に忠実にという考えのもと、戦後日本の立場を臆せず堂々と米国に意見し、自らの生き方も貫いたことで知られています。また身につけるもの、暮らし方も、そして外見もダンディ。日本にこういう紳士がいたことに感心します。白洲正子さんは、伯爵家の令嬢という華麗な育ちを背景に、戦後は小林秀雄や青山二郎との親交を持ち、骨董への造詣の深さで知られています。会場には、二人が暮らした町田の武相荘の様子も紹介されています。人生に筋を通し、そして‘粋’に暮らしたお二人。そんなお二人のかっこよさに憧れを持って会場には多くの方が訪れていました。会場の出口では、千鳥ヶ淵のそばにある「暮らしのうつわ花田」さんの出張器販売コーナーもあり、染付などの良い器が並んでいます。


白州次郎と白洲正子展 [LINK]
2008年9月10日(水)-23日(火)
10:00-20:00(最終日は17:00まで)
一般1000円/高大生700円/中学生以下無料
松屋銀座8階

武相荘(旧白州邸) [LINK]
d0087761_1584268.gif

東京都町田市能ヶ谷町 1284
※こちらも素敵なところです。


by sora_hikari | 2008-09-13 00:33 | 見て歩き

<< WASARA こころを潤す紙... 広川絵麻さんの個展 >>