折形デザイン研究所

d0087761_173416.jpgd0087761_174418.jpg
d0087761_110576.jpgd0087761_18950.jpg
d0087761_181944.jpgd0087761_18268.jpg
d0087761_183516.jpgd0087761_184232.jpg

南青山にある折形デザイン研究所に行ってきました。ここはグラフィックデザイナーの山口信博さんが主宰される折形デザインのお店、ギャラリー、小印刷所を兼ねたところです。元々、山口さんのデザイン事務所の方で展示されていたそうですが、数か月前にこちらの場所に独立して開設されたそうです。古い木造建ての家屋の1階の改装デザインは、プティキュの澄さんによるものだそうです。お店の中には、折形研究所でデザインされたいろいろな紙の折形や山口さんの装幀された書籍が並んでいます。紙で折られた紙幣包み、箸包み、ポチ袋などは、凛としてどれも日本の良き余白の活きた美しいものばかりです。部屋の片隅には、古い活版印刷機が置かれ、それによって印刷された文字の入った紙も見ることができます。その文字の余白や微妙な文字の押された紙の肉厚が感じられ、あらためて活版の良さを感じさせてくれます。青山とは思えない懐かしい雰囲気の中で、温かい照明の元で見る「紙」の美しさが再発見できる場所です。


折形デザイン研究所
港区南青山4-17-1  地図
shop 木・金・土 13:00―19:00
※ホームページはこちら


by sora_hikari | 2008-03-22 01:42 | 見て歩き

<< イイホシユミコさんの個展 熊谷幸治・冨沢恭子二人展 >>