「安永正臣展 オリエントの記憶」6日目

安永正臣展 オリエントの記憶」の6日目。

「箱の骨格」、「器の骨格」と題する作品。文字通り、焼き切って残った骨片のように。そう、うつわに骨があったんだ、、。観念的なうつわの骨。人々が価値づけた機能や美意識を剥ぎとって残るもの。本来の形を反転させることで、纏った外形の芯を見る。悠久の時を経て、やがて化石になった器たち。ああ、人の営みなど一炊の夢。夏草や兵どもが夢の跡。安永さんはロマンチストなんですね。

d0087761_16585411.jpg


d0087761_1659169.jpg


d0087761_1659954.jpg


d0087761_16591794.jpg


d0087761_16592484.jpg


d0087761_16593250.jpg





安永正臣展 オリエントの記憶
2018年1月27日(土)~2月4日(土) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_18112352.jpgd0087761_18114488.jpg

安永正臣プロフィール
1982年 大阪府生まれ
2006年 大阪産業大学大学院環境デザイン専攻修了
2007年 三重県伊賀市にて独立
2011年 薪窯築窯
2018年 現在 三重県伊賀市にて製作


by sora_hikari | 2018-02-01 18:13 | 安永正臣 展

<< 「安永正臣展 オリエントの記憶... 「安永正臣展 オリエントの記憶... >>