「安永正臣展 オリエントの記憶」4日目

安永正臣展 オリエントの記憶」の4日目。

鳥や動物を象った造形。オブジェに対してもう一方の軸。石彫にも見えますが、これも釉薬の塊を砂に埋めて焼成している過程は同じです。釉薬に含まれる鉱物が溶け、表面を研磨することで、この淡く曖昧な色が生れます。

エジプト、メソポタミア、ペルシャなど古代オリエントの神獣を思わせる造形。遥か昔に大河流域に興った大文明。かつて栄華を誇った人々の暮らしがやがて土に埋まり、儚き営みを今に伝える欠片。消えらんとする輪郭は、シルクロードの幻想世界を思わせます。

※ご紹介品の一部は売約済みです。

d0087761_1713108.jpg


d0087761_17131823.jpg


d0087761_17132611.jpg


d0087761_17133215.jpg


d0087761_17134047.jpg


d0087761_17134929.jpg


d0087761_1714041.jpg


d0087761_1714743.jpg


d0087761_17141534.jpg


d0087761_1814573.jpg



安永正臣展 オリエントの記憶
2018年1月27日(土)~2月4日(土) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_18112352.jpgd0087761_18114488.jpg

安永正臣プロフィール
1982年 大阪府生まれ
2006年 大阪産業大学大学院環境デザイン専攻修了
2007年 三重県伊賀市にて独立
2011年 薪窯築窯
2018年 現在 三重県伊賀市にて製作


by sora_hikari | 2018-01-30 18:17 | 安永正臣 展

<< 「安永正臣展 オリエントの記憶... 「安永正臣展 オリエントの記憶... >>