「安永正臣展 オリエントの記憶」3日目

安永正臣展 オリエントの記憶」の3日目。

砕(sai)と名付けられたシリーズ。ガラス質の素材を粘土状に成形し、砂に埋めて焼成しています。高さ10cm程のものが多く、椀形(わんなり)の手で包めるサイズです。手捻りで成形したフォルムが、砂を通した熱によって軟らかく溶け、欠片が付着し、意図せぬ景色を作り出します。土石とガラスを分けて捉えるのではなく、地球が何億年もかけて精製した鉱物の壮大なドラマの片鱗を感じさせます。

※ご紹介品の一部は売約済みです。

d0087761_1734436.jpg


d0087761_17345058.jpg


d0087761_17345835.jpg


d0087761_173557.jpg


d0087761_17351277.jpg


d0087761_17352025.jpg


d0087761_17352768.jpg


d0087761_17353453.jpg


d0087761_17354129.jpg


d0087761_17354831.jpg


d0087761_17355546.jpg


d0087761_1736577.jpg


d0087761_17361176.jpg



安永正臣展 オリエントの記憶
2018年1月27日(土)~2月4日(土) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_18112352.jpgd0087761_18114488.jpg

安永正臣プロフィール
1982年 大阪府生まれ
2006年 大阪産業大学大学院環境デザイン専攻修了
2007年 三重県伊賀市にて独立
2011年 薪窯築窯
2018年 現在 三重県伊賀市にて製作


by sora_hikari | 2018-01-29 18:17 | 安永正臣 展

<< 「安永正臣展 オリエントの記憶... 「安永正臣展 オリエントの記憶... >>