「 小泉直彦 絵画展 秩父の神様 」 開催のお知らせ

d0087761_18173448.jpg


1月13日(土)から21日(日)に開催する「 小泉直彦 絵画展 秩父の神様 」 のご案内です。

山、地平、空、顔の具象に見えながら、祈り、畏れを描いた心象風景。クラフト紙の封筒の裏に厚く塗り重ねられた絵具。孤独な精神世界を深く掘り下げていく様は、心の救いを求める行為に思える。

小泉直彦は埼玉県北西部にある秩父で生れ育ち、盆地特有の閉鎖的な風土が人格形成に影響を与えた。大学で日本史を学ぶも中退、以後絵を描き始める。縄文土器片を拾い集める風変わりな幼少期。いまだに古代の欠片が放つ不思議な力に触発される。

絶対的な存在に向けた祈りの造形。大きなものと小さきもの。山と自分。神と自分。描かれるのは常に対象と自己の対話である。時代が切り捨ててきた無駄なこと。だが効率化の中にあっても尚、抗えぬ大きな存在。それを手に感じて確かなものとして描く。何度も何度も塗り込めた絵具に彼の強い願いが伝わってくる。それは現代の呪術にも近い。

アールブリュットをはじめ、あらためて描くことの純粋性が問われている。何故彼は描かなければならないのか。生きるため?繋がるため?それは貴方の心にも届くだろうか。店主

d0087761_18174494.jpg


d0087761_181751100.jpg


d0087761_18175733.jpg


d0087761_1818288.jpg


d0087761_1818980.jpg


d0087761_18181550.jpg


小泉直彦プロフィール
1985年 埼玉県秩父生まれ
2007年 中央大学文学部日本史学科中退 絵を志す
2010年 信濃デッサン館館主窪島誠一郎に師事
2013年 以降 東京 神戸で個展 グループ展
2015年 独立
2018年 現在、秩父にて制作


小泉直彦 絵画展 秩父の神様
2018年1月13日(土)~21日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 1/13(土)・14(日)・20(土)・21(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図


d0087761_18183040.jpg




by sora_hikari | 2018-01-07 18:30 | 小泉直彦 絵画展

<< 「 小泉直彦 絵画展 秩父の神... 年末年始のご案内 >>