「小嶋亜創展 印判輪舞」 8日目

小嶋亜創展 印判輪舞」の会期は明日12/10迄となります。今展の器は完売しておりますが、一部の売約済み展示品をご覧頂けるとともに、当店の常設品を販売しております。

長野県大町市の小嶋亜創さんの暮らしと仕事の現場。何度訪ねても、ここから伝わってくるのは、小嶋さんの強靭な思想と絶対的な労働から成り立つ暮らしの匂いです。農業も陶芸も大地の恵み。労働が糧となり食と貨幣に変換される。とてもシンプルな循環。しかし現代に於いてその実践が難しいことも事実でしょう。その生き方には嘘が入らない。そこから生れる健やかな美。ここに小嶋さんの器の真理が見えてくるのです。

d0087761_16374990.jpg


d0087761_1638697.jpg


d0087761_163812100.jpg


d0087761_16381987.jpg


d0087761_163826100.jpg


d0087761_16383293.jpg


d0087761_16383922.jpg


d0087761_1638466.jpg


d0087761_16385279.jpg


d0087761_16385997.jpg


d0087761_1639541.jpg


d0087761_16391237.jpg


d0087761_16391989.jpg


d0087761_16392520.jpg


d0087761_163931100.jpg


d0087761_16393824.jpg


d0087761_16394412.jpg


d0087761_16395284.jpg


小嶋亜創 陶芸と生活
2017/4/12
出版社: Kaikai Kiki Co., Ltd
2800円+税


小嶋亜創展 ~印判輪舞(いんばんろんど)~
12月2日(土)~ 10日(日) 会期中無休
営業時間11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_22325011.jpgd0087761_22341835.jpg
 画像クリックで拡大

小嶋亜創プロフィール
1978年 長野県上田市で育つ。
1994年 山形県の自給自足を基盤とした高校に入る。
1997年 百姓を志し全国の農家に居候としながら旅をする。
2000年 独学で作陶、築窯開始。
2004年 長野県大町市に移住し半農半陶生活を営む。
2017年 現在、同地にて百姓と陶芸の日々を過ごす。


by sora_hikari | 2017-12-09 17:41 | 小嶋亜創2017

<< 「小嶋亜創展 印判輪舞」 あり... 「小嶋亜創展 印判輪舞」 7日目 >>