「小嶋亜創展 印判輪舞」 4日目

d0087761_0563022.jpg

小嶋亜創展 印判輪舞」(~12/10迄)の4日目。

上下左右の印判模様。東南アジアの紋章やペルシャの霊獣のように見えます。しかし時代や地域を特定しない無国籍な世界。鉄絵や線彫りなどの動的な模様の器に対して、印判は敢えて静止した様式的な絵柄を選んだところが小嶋さんの拘りでしょう。

※写真は売約済みです。


小嶋亜創展 ~印判輪舞(いんばんろんど)~
12月2日(土)~ 10日(日) 会期中無休
営業時間11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_22325011.jpgd0087761_22341835.jpg
 画像クリックで拡大

小嶋亜創プロフィール
1978年 長野県上田市で育つ。
1994年 山形県の自給自足を基盤とした高校に入る。
1997年 百姓を志し全国の農家に居候としながら旅をする。
2000年 独学で作陶、築窯開始。
2004年 長野県大町市に移住し半農半陶生活を営む。
2017年 現在、同地にて百姓と陶芸の日々を過ごす。


by sora_hikari | 2017-12-05 18:00 | 小嶋亜創2017

<< 「小嶋亜創展 印判輪舞」 5日目 「小嶋亜創展 印判輪舞」 3日目 >>