「大原光一展 纏う茶器」 茶器他

大原光一展 ~纏う茶器~」(11/26迄)の7日目。会期は残り2日となりました。

大原光一さんの茶器。蓋碗、絞り出し、茶台、湯冷まし、茶海、茶入(※一部売約済み)。急須の産地、常滑という土地柄もあり、煎茶や中国茶に関わる茶道具を作っています。

ここ数年、日本人作家による中国茶器の需要が高まっていますが、大原さんもその一人。今は現地の方と直接お取引する方が増えている中、大原さんは律儀に従来のお店を通じた取引を守っています。心情的に、そういう作り手と長く付き合っていきたいものです。

d0087761_1529487.jpg


d0087761_15295548.jpg


d0087761_1530375.jpg


d0087761_15301077.jpg


d0087761_15301741.jpg


d0087761_15302349.jpg


d0087761_153030100.jpg


d0087761_15303639.jpg


d0087761_15304245.jpg


d0087761_15304935.jpg


d0087761_15305630.jpg


d0087761_1531213.jpg


d0087761_15311160.jpg


d0087761_1531178.jpg


d0087761_15312420.jpg


d0087761_15313153.jpg


d0087761_15313895.jpg



大原光一展 ~纏う茶器~  
2017年11月18日(土)~26日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_17201966.jpgd0087761_17203483.jpg
 画像クリックで拡大

大原光一プロフィール
1974年  東京で生まれる。
1994年  大学で物理を学ぶも途中退学し、焼き物を始める。
1995年  日本の陶芸産地を訪ね歩く。
1996年  南山陶苑にて勤務。常滑に移住する。
1999年  同社を退社。独立。韓国の産地を訪ね歩く。
1999年~ 国内で個展、グループ展。韓国、米国などでも制作。
2017年  現在、愛知県常滑市で制作。


by sora_hikari | 2017-11-24 19:37 | 大原光一展

<< 「大原光一展 纏う茶器」 工房 「大原光一展 纏う茶器」 花器 >>