「大原光一展 纏う茶器」 飯碗・湯呑

大原光一展 ~纏う茶器~」(11/26迄)の5日目-2。

大原光一さんの飯碗と湯呑。日々使う食器の基本アイテム。灰釉を基本にして、様々な材料を加算することで表情を作り出す訳ですが、金属を含む場合、窯の温度の加減によって全く違った表情になってしまいます。最終段階のわずか数分の勝負。フィナーレの産物。経験値が大切なのです。

d0087761_14385669.jpg


d0087761_143931.jpg


d0087761_1439923.jpg


d0087761_14391565.jpg


d0087761_14392232.jpg


d0087761_14392919.jpg


d0087761_14393648.jpg


d0087761_14394440.jpg


d0087761_14395488.jpg


d0087761_1440099.jpg


d0087761_1440727.jpg


d0087761_1440145.jpg


d0087761_14402257.jpg


d0087761_1440292.jpg


d0087761_14403676.jpg


d0087761_14404242.jpg


d0087761_14404938.jpg



大原光一展 ~纏う茶器~  
2017年11月18日(土)~26日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_17201966.jpgd0087761_17203483.jpg
 画像クリックで拡大

大原光一プロフィール
1974年  東京で生まれる。
1994年  大学で物理を学ぶも途中退学し、焼き物を始める。
1995年  日本の陶芸産地を訪ね歩く。
1996年  南山陶苑にて勤務。常滑に移住する。
1999年  同社を退社。独立。韓国の産地を訪ね歩く。
1999年~ 国内で個展、グループ展。韓国、米国などでも制作。
2017年  現在、愛知県常滑市で制作。


by sora_hikari | 2017-11-22 20:30 | 大原光一展

<< 「大原光一展 纏う茶器」 酒器 「大原光一展 纏う茶器」 皿・鉢 >>