「梶原靖元・豊増一雄 二人展 唐津と有田」 梶原靖元・食器

梶原靖元・豊増一雄 二人展 唐津と有田」(~10/15迄)の7日目。

梶原靖元さんの食器。

絵唐津、斑唐津、朝鮮唐津などの唐津焼きは、今でも根強い人気を保っています。日本の多くの産地が、その土地の特徴を失いつつある中、唐津焼きは恵まれいるのです。それは即ち、その様式を評価する一定の顧客層に支持されているからです。

ただ、その様式に依存し過ぎてしまうと表層的な唐津スタイルに留まる危険性も伴います。お土産の唐津焼から、茶陶の唐津焼まで、窯元や作家ごとにアプローチは異なるでしょう。

梶原さんの場合は、いわゆる分かり易い唐津様式を全面的には取り入れいません。多くが無紋で素材の根っこから引きだすような作風です。一見すると地味なうつわに映る場合もありますが、むしろ唐津焼の原点を追求した奥行きのある器として、近年評価が高まっています。実際に料理と取り合わせることで、その良さが実感できるのではないでしょうか。

最初は素っ気ないぐらいの人の方が、長く付き合えるということも多いでしょう。ご本人の関心以上に、相手から望まれてしまうという羨ましい事実があるのです。

d0087761_11534311.jpg


d0087761_11535083.jpg


d0087761_11535779.jpg


d0087761_1154267.jpg


d0087761_1154939.jpg


d0087761_11541526.jpg


d0087761_11542132.jpg


d0087761_11542720.jpg


d0087761_11543475.jpg


d0087761_1154402.jpg



梶原靖元・豊増一雄 二人展 ~唐津と有田~
2017年10月7日(土)~15日(日) 会期中無休
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市小仙波町1-7-6)地図

d0087761_15164518.jpgd0087761_15165554.jpg
 画像クリックで拡大

梶原靖元プロフィール
1962年 佐賀県伊万里市生まれ
1980年 唐津焼太閤三ノ丸窯で修業
1986年 京都 平安陶苑に勤務
1989年 大丸北峰氏に師事
1997年 佐賀県唐津市相知町に築窯
2017年 現在、同地にて作陶

豊増一雄プロフィール
1963年 中国上海市生まれ
1990年 京都府立陶工訓練校 修了
1990年 八世高橋道八に師事
1993年 佐賀県有田町に戻り作陶
1994年 同地にて陶房七〇八を開窯
2017年 現在、佐賀県有田町にて作陶


by sora_hikari | 2017-10-13 11:58 | 梶原靖元・豊増一雄

<< 「梶原靖元・豊増一雄 二人展 ... 「梶原靖元・豊増一雄 二人展 ... >>